就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬の服装を選ぶポイントは?肌着や寝るときの服装について

赤ちゃんの冬の服装を選ぶポイントは?肌着や寝るときの服装について

寒さ厳しい冬の時期「赤ちゃんにどんな服を着せたらよいのか」「どんな素材がよいのか」「お出かけや寝るときの格好はどうすればよいのか」ママとしては迷いますよね。冬の肌着の種類や選び方、お出かけのときの服の着せ方、就寝時の服装のポイントなど、赤ちゃんの冬服についてご紹介したいと思います。

赤ちゃんの冬の肌着を選ぶポイント

赤ちゃんは敏感肌ということを意識して

赤ちゃんの肌はとても繊細。皮膚の薄さは大人の半分しかなく、皮膚内に水分を保つバリア機能も未熟です。

生後3カ月頃から、胎内でもらったママのホルモンが減少するのと同時に、肌を覆っていた皮脂の分泌量も減少します。皮脂には、肌の表面を保護する働きがあるため、減少すると肌が乾燥し、刺激に弱くなってしまいます。

また、あんなにも小さい体であるにもかかわらず、汗腺の数は大人と同じ。新陳代謝が活発で体温があがりやすいため、すぐ汗をかいてしまいます。敏感な肌に汗をかくと、あせもなどの肌トラブルにつながりやすくなります。

そんな敏感な肌にあわせる衣類。デザインだけでなく、肌にやさしい素材かどうか、通気性や吸湿性にすぐれているかも、気にしてあげたいですよね。

肌着の種類とそれぞれの特徴とは

一口に「肌着」といっても、その種類はたくさん。

「短肌着」は、半袖・お腹くらいの丈で、ボタンではなく紐で開閉します。甚平の上部分のような形です。「長肌着」は、膝くらいまでの長めの丈で、短肌着と同様、紐で脱ぎ着します。長袖と半袖があります。

「コンビ肌着」は、長肌着の形で股部分にスナップボタンがついているため、足をバタバタ動かすようになってもはだけることがありません。「ボディ肌着」は、丈の長いTシャツのような形で股部分をスナップボタンで留められます。短肌着などよりやや厚手の生地が多いです。

「ショートオール」は、半袖・半ズボンの丈感で股部分にスナップボタンがついています。前身頃にもスナップボタンがついていて、大きく開けるようになっています。

肌着の素材も意識してみよう

季節問わず、赤ちゃんの服に最適なのは、綿素材です。肌にやさしく通気性に優れ、適度に吸湿・放湿してくれる上に丈夫なので、積極的に選びたいですね。

同じ綿でも織り方により種類が異なります。吸水性と速乾性にすぐれた「ガーゼ」は通年重宝します。冬は、ソフトな肌触りで吸湿性・通気性にすぐれた「スムース」、やや厚手で保温が高い「フライス」などもおすすめです。

寒いからと、厚すぎる肌着を選ぶのは避けましょう。服を重ねたとき腕周辺がゴワゴワしたり、汗を吸水しづらく熱がこもりやすかったりします。肌着を厚手にするより、その上の服で調整しましょう。

また、寒い時期はヒートインナーなどの化繊の肌着を見かけますが、肌が敏感な赤ちゃんへは避けたほうがよいでしょう。

お出かけするときの赤ちゃんの冬の服装は?

赤ちゃんの防寒対策を意識しよう

冬の寒い日には「赤ちゃんを連れ出して風邪をひかせないか…」とお出かけするのに躊躇しますよね。寒いのが苦手なママは、自分自身がお出かけするのがおっくうになっているかもしれません。ですが、冬ならではの澄んだ空気を吸って、ママ自身も気分転換ができますし、赤ちゃんも冷たい空気を感じることで、肌や心臓が鍛えられて免疫力を高めることもできますよ。

防寒対策を意識して、洋服や小物を工夫することで快適にお出かけすることができます。風を通しにくいアウターやブランケットなどの小物は、寒い時期、お出かけする際の強い味方です。

また、気温が比較的高い正午から夕方までの時間を選んだり、公園の日は思いっきり遊べる天気のよい日に設定するなど、服装以外の工夫もしたいですね。

お出かけのときの冬の服装の組み合わせ

基本的には、室内で過ごすときの服装の上にアウターをはおり、必要に応じて帽子やレッグウォーマー、手袋をプラスするのがよいでしょう。寒そうだからと、厚手のものを何枚も着せるのはNGです。熱がこもる上に動きづらいため、快適とはいえません。

抱っこの場合は、赤ちゃんにアウターを着せる代わりに、抱っこ紐ごとすっぽり覆えるようなママコートや、抱っこ紐の上からかぶせる防寒ケープが活躍します。抱っこするとズボンやロンパースの裾が持ち上がり、足が出てしまうので、レッグウォーマーや長めの靴下をプラスするとよいでしょう。

ベビーカー移動の場合には、アウターを着せた上でブランケットをかけてあげましょう。抱っこ紐の防寒ケープをブランケットと兼用しているママも多いようです。

体温調整を意識することが大事

防寒対策ももちろん大切ですが、それに平行して意識をしたいのが、「体温調整のしやすさ」です。赤ちゃんは体温調節をつかさどる自律神経が未熟で、暑さ・寒さにすぐ影響されます。

外は寒くても、室内に入ると暖房が効いていて暑いということも多く、室内外の寒暖差が大きい冬の時期。赤ちゃんは、新陳代謝が活発で汗をかきやすく、室内に入ったとたんに汗をかいてしまうこともしばしばです。

厚手の肌着と厚手の洋服の2枚を着せるなら、薄手の肌着1枚に薄手の服を2枚という風に、1枚マイナス・プラスすることで体温調整が容易にできるよう考慮しましょう。ベストやカーディガン、レッグウォーマーは、脱ぎ着がラクで、かつ部分的に温められるため、体温調整にはおすすめのアイテムですよ。

赤ちゃんが寝るときの冬の服装について

基本は大人より1枚少ない重ね着

赤ちゃんの平熱は36.5~37.5℃と大人に比べて高め。その上、新陳代謝も活発で汗っかきです。「大人より1枚少なめ」「大人より薄手の素材」を意識しましょう。長肌着と短肌着の2枚がさねを基本とし、その上にカバーオール(ロンパース)やパジャマを着せるくらいで充分でしょう。

また、冬の時期、赤ちゃんが快適に感じる室温は18~22℃くらいです。大人にとっては少し肌寒いかもしれません。

エアコンの設定温度が高すぎていないか、暖房が効きすぎていないかも考慮する必要があります。温度設定や室温計の数値はあくまで目安なので、赤ちゃんに直接触って、顔や首周り、背中やお腹がほてっていたり汗をかいていたりしないかをチェックしてあげてくださいね。

部屋が適温なら靴下をはかせなくても大丈夫

「寒そうだから靴下を履かせたほうがよいかな…」「足がつめたくなっていてかわいそう」と、悩むママも多いと思います。

赤ちゃんは、体の末端である手足で体温調節をおこないます。暑いときは手足から熱を放出し、寒いときは体中の血流を中心部に集中させる代わりに、末端である手足の血流を少なくしてバランスを保っているのです。このため、足の先を覆ってしまう靴下を履くと熱が放出されずに体内にこもってしまい、最悪の場合、脱水などの症状を引き起こします。

手足が冷たくても、お腹や背中があたたかくて機嫌がよいのなら、あわてて靴下をはかせる必要はありません。お腹や背中が冷えているようならば、靴下よりも足先の出るレッグウォーマーを履かせてあげて、様子を見てくださいね。

寒くても着せすぎには注意しよう

夜や明け方は特に冷え込む冬。寝冷えしないようにとたくさん服を着せたくなりますが、好ましくありません。原因不明とされてきたSIDS(乳幼児突然死症候群)は、洋服の着すぎや寝具のかけすぎによって熱がこもり、高体温になることで起こる可能性があるという研究結果も報告されています。

布団から出てしまうのが心配ならば、スリーパーを着せてみてはいかがでしょうか。長いベストのような形状で、布団の役目を果たしてくれます。手足が出ているので、手足の先で温度調整をする赤ちゃんの体にとって、理にかなったアイテムですよ。

スリーパーを着せる場合は「薄手の布団にする」「室内の設定温度を1℃下げる」など、調整することを忘れずないようにしてくださいね。

まとめ

赤ちゃんと過ごす、初めての冬。どんな服装で過ごせばよいのか、どうやったら快適なのか、ママは気になりますよね。

赤ちゃんは、敏感肌で暑がりで汗っかきです。肌あたりのよい綿素材の肌着の上に、薄手の洋服を重ねて、体温調節がしやすいようにしてあげてください。お出かけのときは、冷たい風に負けない防風性にすぐれたアウターや、赤ちゃんをあたたかかく包んでくれるブランケットやケープで防寒対策をしっかりとしましょう。

肌にやさしく適度にあたたかい…、赤ちゃんが快適な服装で寒い冬を乗り切ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018