就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ期の化粧品選びは慎重に!肌に優しいコスメを選ぼう

マタニティ期の化粧品選びは慎重に!肌に優しいコスメを選ぼう

妊娠するまではお肌の調子がよかったのに、「妊娠してから肌荒れが気になるようになった」という妊婦さんも多いですよね。妊娠すると、今まで使っていた化粧品が合わなくなってしまうこともあります。ここでは、マタニティ期の化粧品の選び方やおすすめのブランドなどをご紹介します。

マタニティ期の化粧品選びのコツ

マタニティ期は成分表示をチェクしよう

妊娠するまではスキンケア化粧品などを選ぶとき、成分よりも使い心地を重視している方が多いのではないでしょうか。しかし、妊娠するとママが使うものは赤ちゃんにも影響を及ぼすので、「どのような化粧品を選べばいいの?」と悩む方もいますよね。

マタニティ期は、ホルモンのバランスが乱れることによりお肌が敏感になる方も多いです。化粧品をつけることで肌荒れしないように、化粧品の後ろに表示されている成分表をチェックすると安心ですよ。

マタニティ期には刺激が強い成分をご紹介します。
・パラベン
・トレチノイン
・トルエン
・ハイドロキノン

などが、マタニティ期には刺激が強いので、使用を控えたほうがよいといわれています。

匂いがきつくないものを選ぼう

妊娠すると個人差はありますが、つわりに悩む妊婦さんも多いですよね。つわりは、いろいろな症状がでてきますが、とくに多い症状が「匂いで気分が悪くなる」ことではないでしょうか。

先輩ママの話では、妊娠初期の頃からつわりがあり、冷蔵庫の匂いやご飯の炊ける匂いなどで気分が悪くて大変だったそうです。妊娠前から気に入って使っている化粧品の匂いにも「臭い!」と感じるようになり、匂いが少ない化粧品に買い替えたと話してくれました。

冷蔵庫やご飯の炊く匂いで気分が悪くなるのはよく聞きますが、化粧品の匂いにまで敏感になる妊婦さんもたくさんいます。つわりの時期は、化粧品もなるべく匂いが少ないものを選ぶほうがよいでしょう。

赤ちゃん用化粧品で代用は注意が必要!

マタニティ期に、今まで使っていた化粧品が合わなくなるのは珍しいことではありません。「出産して落ち着けば、また使っていた化粧品を使えるから」といって赤ちゃん用化粧品を使っている妊婦さんはいませんか?

赤ちゃん用の化粧品は、赤ちゃんのお肌の状態に合わせて作られているので、大人のお肌には合わない可能性があります。赤ちゃん用の化粧品は安全第一で作られているので、「敏感肌の人も使える」と思っている方は多いですが、乾燥しがちな赤ちゃんのお肌のために、油分を多く含んでいる化粧品もあります。

油分の多い化粧品を大人が使い続けると、湿疹やニキビの原因になることも!赤ちゃんと大人のお肌とでは、肌質が全然違うので注意しましょう。

肌に優しい化粧品のメリットとデメリット

オーガニックのメリットとデメリット

最近は、オーガニック化粧品や無添加の化粧品など、お肌に優しい化粧品が女性に人気ですよね。しかし、お肌に優しいといわれている化粧品にもデメリットがあるということを頭に入れておきましょう。オーガニック化粧品のメリット、デメリットをご紹介します。

【メリット】
・天然のアロマ成分を使用しているので、心身ともにリラックスできる
・自然由来の成分なので、低刺激でお肌に優しい
・お肌がもつ「美しくなろう」という力をサポートする役割がある

【デメリット】
・ケミカルコスメと比べると、使い心地や効果が劣る可能性がある
・自然由来だからといって、すべての方のお肌に合うというわけではない
・日本にはオーガニックコスメの基準がなく、本当のオーガニックコスメを見分けにくい

無添加のメリットとデメリット

無添加化粧品と聞くと、安全でお肌に優しいというイメージをもつ方も多いのではないでしょうか。無添加化粧品とは、特定の成分を使っていない化粧品のことをいいます。ここでは、無添加化粧品のメリット、デメリットをご紹介します。

【メリット】
・アレルギーを引き起こすとされている成分などが入っていないので安心
・お肌への刺激が少ないので、お肌が敏感になっているマタニティ期には使いやすい
・香料を使用していないので、つわりの時期にも使用できる

【デメリット】
・防腐剤が入っていないので化粧品が腐りやすく、管理が難しい
・化粧品が酸化しやすい(酸化した化粧品を使うと色素沈着する可能性がある)ので、化粧品を早く使い切らないといけない

天然由来のメリットとデメリット

妊娠してから出産後しばらく経過するまでの長期間、お肌のトラブルに悩む方は多いですよね。お手入れをがんばっても肌荒れが治まらずモヤモヤする方もたくさんいます。ここでは、天然由来のメリットとデメリットをご紹介します。

【メリット】
・化学合成成分などがあまり入っていないので、お肌に優しく敏感な状態のお肌にも使いやすい
・アレルギー反応を起こすといわれている成分が入っていないので安心

【デメリット】
・オーガニックと同じように基準がないので、100%天然由来といって販売している化粧品でも化学成分を分かりにくいように小さく載せているものもある
・天然由来成分のみの化粧品は、防腐剤が入っていないので早く使い切らないといけない

マタニティ期にも安心して使える化粧品

無添加がうれしい「ファンケル」

妊娠すると、「妊娠前に使っていた化粧品が合わなくなってしまった」「使っている化粧品の匂いがきつくて、つわりの時期には使いづらい」という悩みがある方も多いですよね。妊娠中は肌トラブルも起こりやすいので、どのような化粧品を選べばよいか分からないという方もいます。ここでは、マタニティ期でも使いやすい化粧品をご紹介します。

・「ファンケル」
無添加化粧品が売りの「ファンケル」は、「無臭」の化粧品なのでつわりの時期でも安心して使用できますよ。お試しセットは1カ月分使えるものなので、「お肌に合うのかな」と心配な方でも使い始めやすいでしょう。

妊婦さんのお肌に負担をかけずに乾燥などの肌トラブルを解消してくれるので、出産してからも使い続ける方が多いですよ。

オーガニックで天然由来の「ウェリナ」

妊娠中は化粧品を選ぶとき、赤ちゃんへの影響なども考えないといけないので「妊娠中に安心して使える化粧品を探すのが難しい」と感じる妊婦さんも多いですよね。オーガニックの化粧品は基準がないので、本当に使っても安全なのか不安でしょう。

・「ウェリナ」
「ウェリナ」の化粧品は、ハワイ州の島々から厳選して集められた「厳選オーガニック植物原料」と「海洋深層水」をすべての化粧品に使用しています。防腐剤を使わず、天然100%にこだわっているので、お肌に刺激がなく、妊娠中も安心して使用できますよ。

注文するとハワイにある工場から作りたての化粧品を届けてくれるので、植物が本来持っているパワーを最大限に活かしてくれますし、新鮮な化粧品を使うことができますね。

赤ちゃんにも使える「エルバビーバ」

妊娠中は、お肌がカサカサする・シミやくすみが気になるなどの肌トラブルだけではなく、妊娠線に悩む妊婦さんも多いですよね。妊娠線は一度できてしまうとなかなか薄れてくれないので、妊娠線予防をすることが大切です。ここでは、妊娠線予防だけではなく、出産後に赤ちゃんと一緒に使える化粧品をご紹介します。

・「エルバビーバ」
「エルバビーバ」の化粧品のほとんどは、95~100%オーガニック原料で作られています。ですから、ママだけではなく赤ちゃんが使っても安心の化粧品です。とくに「ベビーバター」が人気で、顔や、妊娠線が気になる体、唇や髪の毛にまで使用でき、全身をしっかりと保湿してくれるので家族みんなで使えますよ。

まとめ

「妊娠中もキレイでいたい」と女性は思いますよね。しかし、マタニティ期は肌トラブルが起こりやすいので「妊娠中は、どんな化粧品を使えばいいのか分からない」と悩む妊婦さんも多いでしょう。

マタニティ期はお腹のなかの赤ちゃんのためにも、化粧品にはどのような成分が入っているのかしっかり確認しましょう。また、化粧品の正しい使い方を守り、妊娠中のトラブルを解消して楽しいマタニティライフをすごせるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018