就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ期の化粧品選びは慎重に!肌に優しいコスメを選ぼう

マタニティ期の化粧品選びは慎重に!肌に優しいコスメを選ぼう

妊娠するまではお肌の調子がよかったのに、「妊娠してから肌荒れが気になるようになった」という妊婦さんも多いですよね。妊娠すると、今まで使っていた化粧品が合わなくなってしまうこともあります。ここでは、マタニティ期の化粧品の選び方やおすすめのブランドなどをご紹介します。

マタニティ期に起こりやすい肌荒れの原因

妊娠を維持するために必要なホルモンの影響

妊娠するとホルモンバランスが変化し、妊娠に必要なホルモンの分泌量が多くなります。皮脂の分泌量が増えたように感じるのは、その影響もあるかもしれませんね。毛穴が詰まりやすく肌荒れしたりニキビができたりなどの肌トラブルもよく聞きます。

また、毛穴が詰まることで肌のターンオーバーにも悪影響が出ます。古い角質が肌に溜まって、くすんだり、ごわついたり、乾燥したりなどの肌トラブルが起こることもあるでしょう。

マタニティ期に起こる生理的な現象なので、出産後にホルモンのバランスが安定してくると元の状態に戻るようです。ただ、この時期は肌が普段よりも敏感になっていて、化粧品によっては負担になる可能性もあるので、コスメ選びには気をつけましょう。

つわりによる栄養バランスの乱れ

妊娠してから、毎日フライドポテトが食べたくなった、ポテトチップスが食べたくなった、水が苦くて飲みたくなくなったというママの話を聞くことがありますよね。

医学的な原因は解明されていませんが、つわりで食べられない、食べたくなる、味覚の変化で特定のものばかり食べたくなるというママもいるでしょう。

つわりの時期は食べないよりも食べられるものを食べたほうがよいといわれています。食べたいものを食べていた結果、栄養バランスに偏りが出ることはよくあることです。

栄養バランスの乱れは肌荒れやニキビの原因になります。また、水分が不足すると乾燥になりやすいので、水分不足が原因で肌トラブルが起こるママも多いようです。

便秘で腸内環境が悪化している

マタニティ期は便秘になりがちですよね。これはホルモンバランスの変化によって起こる消化器官の働きの低下、子宮が大きくなることによる腸への圧迫、運動不足による腹筋の筋力低下などが原因となっています。

便秘になると腸内環境が悪くなり、体内に老廃物が溜まりやすくなるため、ニキビや吹き出物ができることが多いでしょう。

特に、つわり時期は食生活が乱れるママが多く、それによって起こる栄養バランスの偏りにより腸内環境が悪くなりやすいです。悪玉菌が増加し、血液を通して有害な物質が全身に運ばれるため、さらに肌の状態が悪化するという悪いサイクルが続きます。

マタニティ時期は食生活の改善が難しいので、肌荒れ改善のためにはやはり肌に優しいコスメ選びが重要になってきますね。

マタニティ期の化粧品選びのコツ

マタニティ期は成分表示をチェクしよう

妊娠するまではスキンケア化粧品などを選ぶとき、成分よりも使い心地を重視していたママが多いのではないでしょうか。しかし、妊娠するとママが使うものは赤ちゃんにも影響をおよぼすので、「どのような化粧品を選べばよいの?」と悩むかもしれませんね。

マタニティ期は、先ほどご説明したようにホルモンのバランスの乱れによりお肌が敏感になるママも多いです。化粧品をつけることで肌荒れしないように、化粧品の後ろに表示されている成分表をチェックすると安心ですよ。

マタニティ期には刺激が強い成分をご紹介します。
・パラベン
・トレチノイン
・トルエン
・ハイドロキノン

などが、マタニティ期には刺激が強いので、使用を控えたほうがよいといわれています。

匂いが強くないものを選ぼう

妊娠すると個人差はありますが、つわりに悩む妊婦さんも多いですよね。つわりは、色々な症状が出てきますが、特に多い症状が「匂いで気分が悪くなる」ことではないでしょうか。

先輩ママの話では、妊娠初期のころからつわりがあり、冷蔵庫の匂いやご飯の炊ける匂いなどで気分が悪くて大変だったそうです。妊娠前から気に入って使っている化粧品の匂いにも「臭い!」と感じるようになり、匂いが少ない化粧品に買い替えたと話してくれました。

冷蔵庫やご飯の炊く匂いで気分が悪くなるのはよく聞きますが、化粧品の匂いにまで敏感になる妊婦さんもたくさんいます。つわりの時期は、化粧品もなるべく匂いが少ないものを選ぶほうがよいでしょう。

赤ちゃん用化粧品で代用は注意が必要!

マタニティ期に、今まで使っていた化粧品が合わなくなるのは珍しいことではありません。「出産して落ち着けば、また使っていた化粧品を使えるから」といって赤ちゃん用化粧品を使っている妊婦さんはいませんか?

赤ちゃん用の化粧品は、赤ちゃんのお肌の状態に合わせて作られているので、大人のお肌には合わない可能性があります。赤ちゃん用の化粧品は安全第一で作られているので、「敏感肌の人も使える」と思っている方は多いですが、乾燥しがちな赤ちゃんのお肌のために、油分を多く含んでいる化粧品もあります。

油分の多い化粧品を大人が使い続けると、湿疹やニキビの原因になることも!赤ちゃんと大人のお肌とでは、肌質が全然違うので注意しましょう。
47 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版