就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ワーママの息抜きはいつする?息抜きのコツと家事を楽にする方法

ワーママの息抜きはいつする?息抜きのコツと家事を楽にする方法

家事や育児と仕事の両立をしているワーキングママ。忙しい毎日のなかで息つく暇もなく、頑張りすぎて疲れてしまっていませんか。家事や育児と仕事を両立しているワーママはうまく息抜きをしています。ストレスを溜めずに、息抜きするコツや家事を楽にする方法をご紹介します。

ワーママがストレスを感じるとき

息抜きする時間が取れない

ワーママは家事や育児をしながら仕事もしているので、毎日が忙しくなかなか自由な時間を確保することができません。どうしても息抜きする時間を取れないので、ストレスを感じてしまうワーママも多いのではないでしょうか。

ワーママの忙しい1日のスケジュールをのぞいてみましょう。朝は洗濯をしながら、自分の化粧や子どもを送る準備をします。子どもを送って仕事に行き、仕事帰りに子どもを迎えに行きます。夕飯の準備やお風呂など子どもの寝る準備をして、食器や洗濯物の片付けをして、やっと自分の時間を少し取れるのです。

やらなければいけないことが多い上、時間に追われてしまうので、息抜きをする時間が取れずストレスを感じてしまうかもしれません。

パパが家事を手伝ってくれない

ワーママが家事を忙しくこなしていても、パパが積極的に家事を手伝ってくれれば乗り越えられますよね。でも、なかなかパパが家事を手伝ってくれないとママの負担とストレスは溜まる一方です。

パパも毎日仕事が大変で疲れているかもしれませんが、ママも働いているのです。しっかりパパと話し合って家事や育児の協力をしてもらいましょう。

ママが働いていることは金銭面では世帯収入が大きく増えるというメリットがあります。ママが専業主婦であれば、ほとんどの育児や家事をすることができるかもしれませんが、収入はパパ一人に頼らなければなりません。子どもの将来の教育資金やマイホーム資金などのためにも、パパに理解してもらい、家事や育児を協力してもらいましょう。

育児ストレスも抱えがち

子どもの毎日のお世話も大変です。仕事から帰ってきても、お風呂に入れたり、ご飯を食べさせたり、子どものためにしなくてはいけないことはたくさんあります。仕事で疲れて帰ってきて、育児でも疲れてしまうのでストレスを感じてしまうかもしれません。

また、子どもがいうことをきかず、ついイライラしてしまうということは誰もが経験することでしょう。お風呂やご飯をたべようとしても「いやだ」と駄々をこねたり、ぐずったりされると、早く計画的に進めたい気持ちが強いほど、イライラしてしまうものです。

思い通りにいかないことが繰り返されると、育児ストレスを抱えていってしまいます。「育児は思い通りにいかなくて当然」と開き直って考えると気持ちが楽になりますよ。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

辛いときは自分にご褒美を!息抜きのコツ

とりあえず睡眠を多く取る

眠いけどもう一回洗濯しておこう、アイロンがけをしておこうと、ついついワーママは頑張りすぎてしまいます。頑張りすぎると知らず知らずのうちに、体に疲れが蓄積されてしまうものです。

辛いときは心も体も休めるだけ休んでしまいましょう。最低限の育児と家事を行い、休日にまわせば大丈夫。無理をせず睡眠を多く取って体を休めるだけでも違います。

体が元気だと心も元気になります。まずは体を休めることが大切です。睡眠不足は次の日の元気を奪いますし、免疫が低下し風邪などもひきやすくなってしまいます。

子どもが起きている間はなかなか一人で寝るわけにはいきませんが、子どもの寝かしつけをしながら一緒に寝てしまえば、睡眠時間を確保することができますよ。

子どもを預けて一人時間を作る

休日にはときどきパパや家族に子どもを預けて、一人だけの時間を作れるとリフレッシュできるもの。事前にパパや家族と相談して、一人の時間を作らせてもらいましょう。

毎日頑張っているママを、パパや家族は見ていますので、きっと快く受け入れてくれるはずです。普段は子どもが四六時中近くにいるので、一人の時間を作らせてもらえるとうれしいですよね。

おすすめは数ヵ月に一度の美容院の日。美容院に行くついでに一人でふらっとショッピングやエステなど、一人で自由気ままな時間を満喫すると、平日また頑張ろうと思えたりするものです。

帰ってきたらパパや家族に感謝の言葉を忘れずに。そして、子どもと少し離れるだけでも、新鮮な気持ちで接することができるかもしれませんね。

甘いものを食べて幸せ気分になろう

甘いものが大好きなママは、疲れたときのご褒美に甘いものを食べてもよいでしょう。甘いものを食べて幸せ気分を味わえば、疲れやイライラを忘れさせてくれます。

実際に肉体や脳が疲れると糖分を消費し疲労感を感じるものです。甘いものを食べると素早く糖分を補給でき、疲労感を減らす効果があるといわれています。

チョコやアイスなど手軽に食べれるデザートを冷蔵庫の中に保管しておくと、好きなときに食べることができるので便利です。とても気軽な息抜き方法ですよね。

甘いものは子どもも大好き。一緒に楽しく食べる時間はちょっとした幸せ気分を味わえます。ただし、夜遅い時間に甘いものを食べたり、ご飯前に食べすぎたりしないよう注意しましょう。

料理や掃除などの家事を楽にする方法

献立作成を時短!先に献立を作ろう

食事作りも毎日のことになると、「今日は何を作ろうかな?」と考えることも、だんだんいやになってくるかもしれません。一週間分の献立を先に作ってしまうと、献立を考える時間を短縮することができます。

スーパーで買い物した際、安いからといって買った食材を使わずに傷めてしまった経験はありませんか?買った食材をどう調理しようかと毎日献立を考えていると、うまく使いきれないこともあるものです。

休日に食材の買い出しをする前に一週間分の献立を考えておくと、買い物で必要な食材だけを購入することができます。必要な食材だけを購入すれば食材を傷めることもありませんし、献立を考えるのも1回だけなので、家事の時短になるのです。
26 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND