就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働きで残業のある日の夕食。素早く済ませるための対策とコツ

共働きで残業のある日の夕食。素早く済ませるための対策とコツ

働くママにとって、帰宅してから子どもが寝るまでの時間はわずか数時間とはいえ毎日バタバタ。そんな毎日の中でも、特に負担が大きいのが食事の支度ではないでしょうか。献立を考え、買い物をして調理をして洗い物をして…。そんな負担の大きい夕食の準備を少しでも楽にする方法について紹介します。

夕食を早く済ませるための三つの方法

作り置き食材や料理キットでサッと自炊する

残業で帰宅が遅くなってしまった場合、夕食の調理にかける時間は少しでも短くしたいところ。そんなとき役に立つのが作り置きの食材や料理キットです。

週末の負担は少し増えますが、時間のある週末にまとめて作り置きをしておくことで、平日がぐっと楽になります。最初から全部を作り置きしようとはせずに、副菜だけ作り置きをしておくのでも、平日に主菜を一品作るだけなので、時短になりますよ。

ほかにも、宅配サービスの料理キットを使う方法もあります。メニューを考える必要もなく、必要な食材がカットされて届くので、レシピのとおりにさっと調理するだけで、栄養満点の食事が作れます。

時間はかけられないけれど、なるべく自炊をしたいと考えるママにはおすすめですよ。

スーパーなどでお惣菜を買って来て中食する

時間がなくて内食(手作りの料理を自宅で食べること)は難しいけれど、外食はあまりしたくない…。そんなときは、中食(なかしょく・ちゅうしょく)も検討してみてはいかがでしょうか。

中食とは、外で買ったお惣菜やお弁当を持ち帰り、自宅で食べることをいいます。外食と内食の間のイメージですね。外食となるとどうしてもメニューが偏ってしまうこともありますが、お惣菜であればメニューも豊富で子どもの好みと栄養バランスの双方を意識して選ぶことができますね。

また、おかずはお惣菜だけどお味噌汁だけは作るなど、お惣菜をうまく活用しながらも無理のない範囲で自炊をすることもできます。最近はスーパーのお惣菜も種類が豊富でヘルシーなものも増えてきていますよ。

洗い物も面倒!子どもと外食しちゃう

料理キットもお惣菜も、全部自炊するよりは時間もかからないし楽ではありますが、洗い物はどうしても生じますよね。仕事が忙しく、疲れてしまった日は洗い物すらも面倒…そんなときは無理せずに子どもと一緒に外食をしてしまいましょう。

どうしても外食というと栄養バランスなどの面からも罪悪感をもってしまうママもいるかもしれません。しかし、その分朝食で品数を多くしたり、別の日に野菜を多く摂ったりと、1日の中または数日の中でバランスのとれた食事を心がければ問題はありません。

たまには無理せずに外食に頼ることで、ママの負担を軽減するだけでなく、帰宅後に家事に追われずに子どもとしっかりと向き合う時間がとれることも、外食のメリットといえます。

家で夕食を食べるときのアドバイス

常備菜や冷凍食材を準備しておこう

急な残業で自炊の時間がなくなったとき、疲れて何もしたくないときもありますよね。そんなときにあると安心なのが常備菜と冷凍食材です。

日持ちのする食材や、日持ちのする調理法をうまく活用して休日や比較的余裕のある平日に常備菜を準備しておくとよいでしょう。野菜を使った常備菜を用意しておき、平日はお肉や魚を焼くだけで立派な夕食の完成です。

冷凍食材も上手に活用していきましょう。スーパーなどで売っている冷凍食品をそのまま使ってももちろんよいですし、例えば冷凍チキンライスを使ってオムライスを作るなど、アレンジをしてもよいですね。そのほかにも、下味をつけたお肉や魚、野菜を冷凍しておいて、帰宅後に解凍して焼くだけの状態にしておくのもおすすめです。

缶詰は時短に欠かせない便利食材

日持ちする食材といえば缶詰です。缶詰を常備しておくと防災備蓄としても有効なので、普段から少し多めにストックをしておき、残りが少なくなってきたら買い足していくことを意識してみてはいかがでしょうか。ここでは、特に使い勝手のよい缶詰について、ご紹介します。

まずは、「トマト缶」です。トマトは栄養豊富ですし、家にある野菜やお肉などと一緒に煮込むだけで、簡単に味が決まります。ほかにも、DHAが豊富な「サバ缶」もおすすめです。最初から作ろうと思うと下処理など意外と手間がかかりますが、缶詰ならば手軽に出すことができますね。

そのほかにも、「やきとり缶」や「ツナ缶」「鮭缶」なども手軽にアレンジしやすい缶詰ですので、ぜひ一度試してみてください。

料理キットを上手に利用しよう

調理の時間ももちろんですが、結構な負担になっているのが献立決めと買い出しではないでしょうか。そんなときは宅配サービスの料理キットを上手に利用してみてください。

主菜・副菜と栄養バランスのとれた献立が決められていて、しかも食材も必要な分だけがカットされた状態で届くのでママの負担は格段に楽になりますね。また、食材をカットする必要もなく、レシピもついているので、忙しいママのかわりにパパにもお願いしやすいのもメリットです。

生協やOisix、ヨシケイなど多くの会社で料理キットを提供しています。配達可能地域や献立の特徴、配達可能日時などは会社によって異なります。比較検討をしたうえで、それぞれの家庭にあった料理キットを探してみてください。

子どもと一緒に外食する際の注意点

子どもが行っても大丈夫な店を選ぼう

夕食を作る時間もないし、疲れて洗い物すらも大変…。そんなときは子どもと一緒に外食で済ませてしまうのもよいですね。そのときは、子連れでも大丈夫なお店を選ばないと、周りに気を遣いすぎてかえって疲れてしまうことにもなりかねません。

子どもが行っても問題がないお店というと、やはりフードコートやファミリーレストランが安心です。子ども用の椅子や食器が用意されているようなお店については、基本的に子どもと行っても大丈夫なお店と考えて問題ないでしょう。

子どもが行っても問題のないようなお店の場合、離乳食が売られていたり、子ども用のメニューがあったりすることが多いです。いざというときのために、お気に入りのお店を探しておくのもよいですね。

子どもの食事道具は慣れたものを持ち込む

外食を問題なく済ませるためには、普段使い慣れた食事道具を持ち込むことも重要です。

食べこぼしの多い年齢の場合、お食事スタイが役に立ちます。紙製のスタイを用意しているお店もありますが、紙製だと破けてしまったり、気になってわざと破いてしまったりする子どもも多いですよね。

お店によってはガラスの食器や金属製のスプーンが用意されていることもあり、慣れていないと割ってしまう危険もあります。そのため、心配な場合はプラスチック製の食器やスプーンを持って行くと安心ですね。

また、注文から料理が運ばれるまでの間、夕方の疲れている時間ということもあり、ぐずってしまう可能性もありますので、ちょっとしたおもちゃや本などを持参してもよいですね。

お店に確認して市販の離乳食を持ち込む

まだお子さまメニューも食べられない月齢の子どもや、上の子は食べられるけど下の子はまだ離乳食…という場合は離乳食を持ち込むことも可能です。

お店によっては市販の離乳食を販売しているため、離乳食の持ち込みができないこともあります。必ず事前にお店に離乳食の持ち込みが可能かを確認するようにしましょうね。

普段と違う環境での食事になるので、もしかしたらいつもより食べてくれないかもしれません。そのため、離乳食を持ち込む際は、普段食べ慣れているお気に入りの離乳食を持ち込むとよいでしょう。

持ち込みが可能であっても、離乳食のごみや食べ残しや持ち帰って処分するなど、マナーにも気を遣い、楽しく食事ができるとよいですね。

まとめ

毎日仕事と家事に忙しいママにとって夕食をいかに素早く済ませるかは大切なポイントですよね。なるべく栄養バランスに気を配り、手作りのご飯を食べさせてあげたいと頑張りすぎてしまうママも多いと思います。

しかし、あまり頑張りすぎずに、たまには手を抜くことも考えてみてください。その分、子どもと向き合って一緒に遊ぶことも大切な時間ですし、何よりも疲れたママの顔よりも、笑顔のママの顔の方が子どもは喜びますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018