就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの身長がなかなか伸びない。成長の悩みを楽しく解決する方法

赤ちゃんの身長がなかなか伸びない。成長の悩みを楽しく解決する方法

赤ちゃんが成長してくれると嬉しいですよね。しかしなかなか身長や体重が増えず、成長曲線が気になってしまい、悩んでいるママもいると思います。ここでは、体重の増え方や身長が伸びない原因、さらに身長を伸ばすための方法など紹介していきますね。ママの悩みが少しでも解消されるといいですね

赤ちゃんの平均身長は?どう成長していくの?

成長曲線ってどんなもの?

赤ちゃんが生まれると身長や体重が計測され、その記録は母子手帳に記載されます。また母子手帳の後ろにある成長曲線に記載することも可能です。赤ちゃんがどのくらい成長しているかを、この成長曲線で判断するお医者さんや看護師さんは多いと思います。ところで成長曲線とはどういうものなのでしょうか。

成長曲線とは、さまざまな年齢の子どもを男女別に多数集めて身長や体重を測定し、年齢別の平均値を曲線でつないだものです。子どもが生まれてから思春期頃の成長が止まるまで、身長や体重がどのように増加していくのかがよく分かります。成長曲線にお子さんの身長や体重の測定値を記載することで、平均値と比較ができ、身長と体重の成長度合いをひと目で見ることができますよ。

月齢があがっていけばいくほど、子どもがどのくらい大きくなったのかが気になりますよね。成長曲線からひと目で成長の度合いが分かるのは、ママ達にとっても便利なのではないでしょうか。自分の子どもが、グラフのどの辺りにいるかで安心することも、病院などで相談することもできますよね。

赤ちゃんの身長を計ってみよう

赤ちゃんが生まれたとき、看護師さんが身長・体重・頭囲・腹囲の計測をしてくれたと思います。出生時の平均身長は、44~52㎝だそうですよ。

赤ちゃんは生まれてから1カ月の期間が最も身長が伸びます。「そんなに伸びるの?」とびっくりしてしまいますよ。その後は緩やかになりますが、1歳の誕生日までに身長は出生身長の1.5倍になる赤ちゃんが多いそうです。もし成長曲線よりも明らかに下回っている場合や、ほぼ伸びていない場合は小児科や保健センターに相談しましょう。

健診がないとなかなか身長を測る機会がないと思いますが、小児科に予防接種で行ったときや、児童館へ遊びに行ったついでに測ってもらうことが可能です。あっという間に大きくなってしまう1年間だからこそ、頻繁に測って記録に残せるとよいですね。

1歳までなかなか身長が伸びなかったのに、離乳食をしっかり食べるようになったらぐんぐん伸びたという話も聞きますので、周りの子どもの成長に惑わされないようにしましょうね。個人差が大きく出る時期でもありますので、気になるときは様子をみてみましょう。

生まれてからねんねの間の体重増加は?

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

生まれて間もない生後0~1カ月の頃

生まれてからしばらくの間は、ミルクを飲んで寝ての繰り返しだけの日々になりますが、この時期の赤ちゃんの体重はどのくらい増えるのでしょうか。

生まれたばかりの赤ちゃんの体重は約2,500~3,000gです。生後4~5日後に生理的体重減少があり出生時の約1割が減ります。しかしその後ミルクを飲み始め、量も増えてくるので気にすることはありませんよ。

生まれてから2週間で1日平均30~40g増えていれば、ミルクを飲むことができていることになります。1カ月健診の頃には、出生体重にプラス700g~1㎏増えているのだそうです。

赤ちゃんにはそれぞれ個人差があり、まだ上手くミルクを飲めない子、吸う力の弱い子などいますので、あまり気にしないようにしましょう。

ぽっちゃりになる2カ月頃

赤ちゃんが生後2カ月頃は、1回で飲むミルクの量も140mlに増え、1日に840mlくらい飲むようになります。ミルクの飲み方も上手になっていて、飲むスピードも速くなってきているでしょう。

生後2カ月の平均体重は4.5~7kgで、1日25~30gの増加が目安です。まだ動けない時期なので、生活としては「飲んで寝て」を繰り返しています。この頃からミルクの栄養がどんどん蓄えられていきますので、出生時の小さかった体の面影はなくなってきます。

ミルクを急に飲まなくなってしまった、ミルクを飲むのに体重が減ってしまったなど、明らかに様子がおかしいときは、すぐに小児科や救急病院に行ってください。脱水症状にならないように気をつけてくださいね。

体重増加が緩やかになる3~5カ月頃

3カ月になると、出生体重の2倍になります。赤ちゃんは首がすわり始め、昼夜のリズムができ始めて、ママも少し楽になってくる頃ではないでしょうか。

5カ月になると、完全に首がすわっていて、寝がえりをする子が増えてきます。そして今までミルクを飲んだら寝ていた赤ちゃんが、昼間起きている時間が長くなり、寝がえりやズリバイの練習に励んでいることでしょう。

ミルクも1度にたくさん飲めるようになり授乳の間隔があいてきます。そのため、授乳の回数が減ることから、体重がなかなか増えないようになります。しかし心配することはありません。増えなくても減っていなければ大丈夫ですよ。赤ちゃんが大人の食事に興味を示しているようであれば、離乳食を開始してもよい頃かもしれませんね。

動けるようになった後の体重増加は?

寝返りが始まる6~7カ月頃

生後6カ月の赤ちゃんは、お座りができるようになる子が増えてきます。しかし、まだ安定はしていないので、バランスを崩して頭を打たないように気をつけて見守ってあげましょう。

生後6カ月の体重は6kg~9.5kgと幅広く、個人差が出てきています。成長も緩やかになってきており、生後5カ月と体重があまり変わらない赤ちゃんもいます。

生後7カ月になるとお座りも安定してきて、ズリバイを始める赤ちゃんもいます。行動範囲が広がりますので、ますます体重増加が緩やかになるでしょう。平均値として6.7kg~9.8kgです。

ミルクを飲んで離乳食も食べているのに体重が増えないと心配になりますが、いつもと変わらず元気であれば問題ありませんよ。

ハイハイが始まる8~9カ月頃

生後8~9カ月になると、離乳食も3回食になる子が増えてくるでしょう。そして、ズリバイからハイハイへ変わる子もいるのではないでしょうか。ズリバイやハイハイは全員がするものではありませんので、しないからといって不安になることはありませんよ。

体重の平均は7kg~10.0kgです。ハイハイをするかしないか、離乳食3回をしっかりと完食しているかでも体重の増減が大きく異なってきます。離乳食を多く食べてミルクを飲まない日や、その逆の日もありますが、赤ちゃんの欲するままあげましょう。離乳食を食べる量が増えれば、おっぱいやミルクの量・回数が自然と減ってきますよ。

つかみ食べも始まりますので、赤ちゃんが食べやすいメニュー、持ちやすい工夫をしてあげましょうね。
40 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事