就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の五感はどうなっているの?赤ちゃんの五感の不思議

新生児の五感はどうなっているの?赤ちゃんの五感の不思議

赤ちゃんは、お腹の中にいる10カ月の間に、体や臓器だけでなく「五感」の感覚も成長していきます。五感の中には、生まれた時点で、大人よりも優れた感覚もあるといわれています。今回は、子どもの成長に不可欠な「五感」の発達のしかたや、五感を刺激する早期教育、五感を育てるために大切なことについても紹介します。

生まれた時から持っている五感

お腹の中の胎児には五感はある?

妊娠中、赤ちゃんに話しかけたり、お腹を撫でてあげたり、音楽を聞かせたりと、お腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションをとるようにするとよいと、助産師さんや先生に言われたことはありませんか?

実は、赤ちゃんの五感(視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚)は、胎内にいる間に、ある程度形成されているそうです。お腹にいる短い期間に、赤ちゃんの様々な機能が並行して発達し、五感が機能するようになると、外の様子を感じながら胎内で過ごし、やがて誕生を迎えます。

そのため、妊娠中にパパやママが赤ちゃんに対し、積極的に話しかけたり、コミュニケーションをとったりすることは、親子の信頼関係や愛情を育むステップの1つなので、積極的にできるといいですね。

新生児の触覚・聴覚の発達

赤ちゃんの五感はどのように育っていくのでしょうか?順番に紹介していきます。

【触覚】痛みや温度を感じる皮膚感覚などの「触覚」は、他の五感が妊娠20週頃から発達するのに比べ、妊娠8週から育ち始めます。これは胎児が自分の手で、顔や体に触れたり、指を吸ったりする動きから確認できます。足や手を動かして周りに触れることで、脳に刺激が伝わり、神経回路が発達しいくのです。


【聴覚】ほぼ胎内でできあがっている「聴覚」。妊娠20週頃に、ママの血流の音や心音、28週を過ぎると、胎内にいても人の話し声や外の音、高音・低音の聞き分けもできます。産後、ママの声やよく聞いていた音楽に反応するのは、発達が進んでいた証拠でもあります。

視覚・味覚・嗅覚の発達

【視覚】赤ちゃんの生まれた直後の視力は、0.01~0.02ほど。全く見えないわけではなく、明暗の認識はわかりますが、物や色、輪郭を認識することはできていません。生後3~4カ月頃になれば、視力が発達し、物の認識ができるようになります。

【味覚】妊娠28週以降に「甘味」「苦味」、その後「酸味」が、「旨味」「塩味」は生まれてから発達していきます。味を感じる味蕾(みらい)は生後3カ月頃が一番多く、味に敏感になりますが、だんだん減少します。

【嗅覚】生まれた時、大人と同じくらい鋭いのが「嗅覚」。食べ物の腐敗などの目で確認できないリスクから身を守るため、早くから発達しています。視力が弱い中、母乳を飲むためにも必要な感覚です。

赤ちゃんからの早期教育と五感

早期教育と五感の関係性

赤ちゃんは生まれてから、身の回りのことをどんどん吸収しながら成長していきます。昨日できなかったことが、今日、急にできるようになったという話もよく耳にします。

なんでも吸収しどんどん成長していく時期に学習を始めると、新生児の発育にメリットがあるとして「早期教育」に注目が集まり、関連する習い事教室や教材が多く生まれています。

「脳の80%が育つ3歳までにインプットしたことは、脳の土台となり、子どもの能力を左右する」と考える早期教育では、小さな頃から、五感をフルに使った様々な活動が取り入れられています。五感を使った体験をし、子どもに様々な良い刺激を与えることで、脳の土台を広げることができるのです。

早期教育ってどんなことをしているの

早期教育の内容は、英語、数字などの語学を中心とした「勉強」のようなものから、運動能力、芸術・感性を育ているものまで幅広くあります。

幼児教室の場合、文字・漢字・言葉・数・図形などを、高速で大量に見せ脳を刺激するフラッシュカードや、パズル・タングラム、つみきなど指先を使った遊びなど、子どもの発達に合わせた活動を行っています。また、ママとのふれあいも大切にし、手遊びなどの活動を取り入れている教室もあります。

子どもが育つ方向性は、教室により様々ですが、ほとんどで、赤ちゃんが遊びながら楽しく体験できるよう工夫されています。教室によって合う合わないもあるので、体験教室などの機会を利用するといいですね。

事前に大人も勉強が必要

早期教育にはメリットもありますが、反面、子どもや家族への弊害も懸念されています。

<懸念される弊害の例>

・基礎学力が身につき、将来の可能性は広がるが、自然な成長の中で育まれる「感情」「個性」は育つのか?
・早期教育に時間をかけるため、いろいろな人と接する時間が減り、コミュニケーション能力を育む機会が減らないか?
・親の期待に応えようと、子どもがストレスを感じないか?
・パパやママ自身が、精神的に追い詰められないか?

早期教育を検討する際は、懸念される部分を理解し、活動の内容や先生や子どもの様子など話を聞いておくと安心です。大人も早期教育について知り、子どもの発達、家族の生活に合った無理のない方法を見つけてきましょう。

子どもの五感の発達に大切なこと

親子のスキンシップを楽しむ

早期教育を行わなくても、子どもの五感は様々なことで育てることができます。

例えば、ベビーマッサージやベビーダンスなど、赤ちゃんとのスキンシップを楽しむこともその一つです。赤ちゃんは、肌の刺激が直接脳の刺激になります。ママに触れることで安心感を感じることができ、自己肯定感などへも繋がるといわれています。市民センターなどの公共施設で開催している講座のほか、教室も多いので一度体験にいってみてもいいですね。

もちろん特別なことをしなくても、子どもに積極的に語りかける、たくさん触れてあげる、時間ができた時に絵本や手遊びなどを一緒にするなどもよいでしょう。無理なく楽しくスキンシップするだけで、触覚なども育ちます。

五感を育てるおもちゃで遊ぶ

新生児の場合、目もよく見えておらず、体も十分に動かすことはできません。ただ、耳は発達しているため、「音」が出るおもちゃで遊んであげると、音に反応し好奇心を示します。生後2〜3カ月もすれば、視覚も発達してくるため、ベッドメリーや音の出るモビールなど、ベットに吊るしておくのもいいですね。

色、形、感触など、いろいろな種類のおもちゃがあると、見た目の違い、感触の違いなど感じることができ、指先や手で持ったり、掴んだりしているうちに、体の運動機能もバランスよく育っていきますよ。

なんでも口に入れてしまうので、天然素材で作られている、洗濯や手洗いができて清潔を保てるなど、安全面・衛生面もチェックしておきましょう。

いろんなものを食べ、出かける

生活習慣に影響を与え健康にも繋がる「味覚」は、いろいろな食べ物を味わった経験で育ちます。例えば「旨味」は、離乳食で出汁を使うことが多い日本人が、成長の中で覚えた感覚です。小さい頃から、いろいろな素材そのものを食べ、味わうことは、様々な味覚を知り、幅を広げることで、安心な食生活に繋がります。

また、赤ちゃんの「嗅覚」は、動物ほどではないですが、大人以上だといわれています。人工的な匂いより、花や木など自然の匂いに触れる機会をつくるとよいでしょう。いつもの散歩もコースを変えるだけで、いろんな匂いに出会うことができます。

様々な体験が、赤ちゃんの五感にとって良い刺激になるため、いろいろな味、匂いを感じる機会を作ってあげたいですね。

まとめ

「五感」は、人が生きるために必要な力の基礎となります。

想像力を豊かにし、視野を広く持てるようになる、感情が豊かになり、自分の気持ち、直感に気がつきやすくなる、自分を表現できるなど、いずれ社会で生きていくために必要な力に繋がります。

脳の土台を作ろうと強く意識する必要はありませんが、子どもの生きる力を育むためにも、普段の生活の中に少しだけ「五感」を意識して、子どもと過ごしてみるといいかもしれません。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

南 朝子

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018