就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後の家事はいつから始める?安静期間と産後の家事の注意点

産後の家事はいつから始める?安静期間と産後の家事の注意点

「産後はできるだけ安静にしていたほうがよいとはいわれるけれど、いつからなら家事を始めてよいのだろう」と悩んでしまうママは多いもの。自然分娩の場合と帝王切開の場合それぞれに、いつから家事をしてもよいのか、また家事をするうえでの注意点や家事ができないときの乗り越え方についてもご紹介します。

産後の安静期間と家事の再開目安は?

個人差はあるがおおよそ3週間で体は回復

はじめての妊娠、出産であれば、産後の生活についても未知のもの。「産後は安静に」という話は母親学級などでも耳にするほど、産後に母体を休めることは実はとても大切なことなのです。

出産時の疲れや、子宮、骨盤底筋が十分に回復するには、個人差はありますが、おおむね3週間から1カ月はかかるといわれています。産後のママの回復具合や赤ちゃんの成長スピードは人それぞれですし、自然分娩なのか、帝王切開なのか、どれほど出産時に筋肉や腱がダメージを受けたのかによっても、安静にしていたほうがよい期間は変わってきます。

赤ちゃんも1カ月健診までは外出を控えて家の中で過ごしたほうがよいので、ママも赤ちゃんのお世話以外は無理せずに休むよう努めましょう。

3週間を過ぎたら少しずつ軽い家事から

赤ちゃんや家族のお世話、家事などを退院後に無理してやってしまうママは少なくありません。つい自分のことは後回しにしてしまいがちですが、この期間にきちんと体を休めておかないと、のちのち体調を崩してしまいかねないので注意が必要です。

産後1〜2週間は、赤ちゃんのお世話以外は起き上がらずに寝て過ごし、母体の回復に専念しましょう。家事についてはパパやほかの人にサポートをお願いするとよいですよ。

産後3週間ほどしてある程度調子がよいのであれば、洗濯物をたたむなどの軽い家事から少しずつはじめてみるのもよいでしょう。まだ体は回復途中なため、無理のない範囲ですることが大切です。お腹に力が入ってしまわないよう、重いものは持たないようにしてくださいね。

帝王切開でも傷の痛み以外の回復は同じ

帝王切開の傷あとの痛みのピークは術後の2〜3日。1週間から10日ほどすれば、痛みどめも必要なくなる方が多いようです。

帝王切開のあとは傷口や子宮の回復具合に合わせて無理のない範囲で少しずつ運動をすると、子宮の癒着(ゆちゃく)を防いだり、傷口の回復が早まったりするといわれています。

とはいえ、人によって回復スピードは異なりますし、腹筋に力を入れると痛みを感じてしまうもの。自然分娩のママと同じく、退院後は赤ちゃんのお世話以外は無理をしないで安静に過ごし、少しでも疲れたときには休むようにしましょう。赤ちゃんが寝ているときに一緒に横になって休んだり、家事は周りの方にお願いしたりするようにしてください。

産後の家事の注意点を理解しよう

母体が回復する「産褥期」とは?

産後から容赦なくはじまる育児は、まさに目のまわるような忙しさです。2〜3時間おきの授乳やミルク、頻繁なオムツ替え、寝かしつけ、沐浴などの赤ちゃんのお世話をしながら、悪露や会陰切開の痛み、帝王切開の傷口の痛み、骨盤底筋や子宮の回復などに対応していかなければなりません。

たとえ安産だったとしても、母体へのダメージは相当なもの。妊娠や分娩によって変化した子宮が、もとの大きさにもどるまでの産後6〜8週間のことを「産褥期(さんじょくき)」といいますが、この期間をいかに安静に過ごすかによって母体の回復スピードが変わってきます。

産褥期の間はお布団を敷きっぱなしにして、少しでも時間ができたときには横になるよう努めましょう。

家事は手抜きでママと赤ちゃんが最優先

待ちに待った赤ちゃんとの感動の対面を果たしたのもつかの間、退院後は大変なことがたくさん。里帰り出産などで全面的にサポートをしてもらえるママもいれば、周りに頼れる親戚も友人もいなくて不安なママもいることでしょう。

どのような環境でも、産後は体が思うように動かないことも多々ありますし、疲れやすいもの。体力面だけでなく、産後のホルモンバランスの影響で産後うつになることもあるので、無理は禁物です。

「産後の時期だけはとことん手抜きをするとき」だと割り切って、赤ちゃんのお世話やママの休息を最優先にしましょう。パパや周りのサポートしてくれる方に申し訳ないと思うかもしれませんが、まずは体を元に戻すことが1番の仕事ですよ。

疲れたらすぐ休むようにしよう

昔から「床上げ」といわれる産後1カ月までの間は、水をさわらない、重いものをもたない、地域によっては洗髪しない、というルールがあるほど、母体の回復が優先されてきました。

核家族化が進んだ現代では、なかなか難しい面もありますが、産後の弱った体は十分に休息させたいところ。産後3週間以降であれば、体の回復具合をみながら徐々に以下のようなかんたんな家事をしていくことは可能です。
  • 洗濯物をたたむ
  • モップでかるく掃除する
  • 短時間で調理できるご飯づくり
ちょっとぐらい無理をしても大丈夫だろうと甘く考えてしまうと、のちのちの自分の体にはねかえってきてしまいます。産後の家事は「決して無理のない範囲で」をモットーに、できるだけ手抜きをしましょう。

産後に家事ができないときのサービスを紹介

宅配サービスやネットスーパーを活用しよう

出産で疲れきった体を休めるひまもなく始まる、はじめての育児。寝不足で疲労困ぱいの中、できるだけ無理をしないほうがよいとは頭ではわかりつつも、家族の健康のため、少しでもきれいな部屋にするために、つい家事をしてしまうママは多いのではないでしょうか。

数ある家事の中でも比較的重要度が高いのが食事。良質な母乳のため、母体の回復のためにも、一汁三菜には及ばずともできるだけ栄養豊富なメニューを用意したいものですよね。とはいっても、小さい赤ちゃんを抱えて食材の買い出しをするのは大変ですので、ママ向けの各種サービスを利用してみるのがおすすめですよ。

【ネットスーパー】
食材だけでなく、お米や水などの重いもの、オムツなどのかさばるもの、粉ミルクやおしりふきなどの赤ちゃんのお世話に必要なものまでたくさんの品ぞろえがあり、玄関まで運んでもらえるので助かりますよ。

【食材の宅配サービス】
調理の時短ができるカット済みの食材、湯せんやレンジで温めるだけで食べられる食材が人気の、コープやオイシックスなどの宅配。おためしの内容がよければ検討してみてはいかがでしょうか。

家事代行サービスを利用しよう

産後は体力が落ちているため、無理して家事をするのは考えもの。赤ちゃんのお世話をしながらすべての家事をママ1人でするのは無理なので、まずは家事の優先順位を決め、作業の効率化をはかったり、パパに協力してもらったりすることが大切です。掃除、洗濯、買い物などであれば、パパにも分担してもらいやすいかもしれませんね。

パパや実家の協力が得にくい場合には、以下の方法も検討してみてはいかがでしょうか。

【家事代行サービス】
産後ドゥーラなどの産後のママ向けのサービスでは、産後ヘルパーの方が掃除や洗濯などの家事や、赤ちゃんの沐浴やオムツ替えなどの育児のお手伝いをしてくれます。多少お金はかかりますが、家の中を片付けてもらったり育児相談にのってもらったりすることで、ママの心に余裕がうまれますよ。お住まいの自治体で補助がある場合もありますので、各市町村のホームページにて確認してくださいね。

【便利な家電】
食洗機、乾燥機能付き洗濯機、自動掃除機、浴室暖房などは、子育て中のママの強い味方になってくれます。利用できるものはどんどん利用し、少しでも休むようにしてください。

まとめ

産後のママの体はとても疲れています。赤ちゃんのお世話をしつつ、自分の体もしっかりいたわってあげてくださいね。上記の家事をはじめる時期については、あくまで目安ですので、自分の体調に合わせて動き、少しでも疲れを感じたら無理せずに横になることが大切です。

パパやほかの家族の協力を得たり、便利なサポートサービスやネットスーパーなどを利用したりしながら、無理のない範囲で家事と育児の両立を少しずつ始めてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018