就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産の流れを知っておこう!安心してお産に臨むための注意や準備

出産の流れを知っておこう!安心してお産に臨むための注意や準備

長い間お腹の中の赤ちゃんとの対面を楽しみに待っていたママ。嬉しさとともに、出産に対して少し不安もあるのではないでしょうか。出産の流れや注意しておくべきことを知って、落ち着いてお産に挑めるように、今から準備しておきましょう。また、臨月の有意義な過ごし方も、あわせて紹介していきます。

陣痛前に現れる症状「おしるし」

おしるしが起こる理由や時期を知ろう

「おしるし」は、赤ちゃんがもうすぐ生まれるサインといわれています。子宮が収縮することで子宮壁から卵膜が剥がれ、少量の出血がおきます。その出血したものとおりものが混ざって出てくるのが「おしるし」といわれる分泌物なのです。色はピンク色や茶褐色など、個人差があります。

一般的なおしるしは、正期産で出産間近というママに起こるもの。もっと早い時期に起こる「不正出血」とは違うので、注意してくださいね。おしるしがあると、お産が近いことは間違いないのですが、いつ陣痛が来るかは、はっきりとはわかりません。

おしるしがあってから数日後に陣痛が来たというママもいます。「おしるしかな?」と思っても、焦らず、落ち着いて心の準備をし始めましょう。

個人差が大きいため、おしるしがないママも

おしるしの色や量には個人差があります。ピンク色や茶褐色の人もいれば、「鮮血のようなおしるしだった」というママもいます。量も、はっきりとおしるしとわからないほど少量の場合もありますし、生理の出血くらい多いこともあるようです。

また、そもそも「おしるしがなかった」というママも少なくありません。おしるしは一般的なお産の過程のひとつとして起こるものですが、ないからといってなにか問題があるわけではないので、心配しなくても大丈夫ですよ。

おしるしが起こるタイミングには個人差がありますので、あまり気にしすぎないようにしましょう。おしるしかどうか判断がつかないときは、念のため病院へ確認をしたり、入院にむけての準備をしたりすることをおすすめします。

おしるしの量が多い場合は要注意!

おしるしに関して注意する必要があるのは「出血の量が多い場合」です。量の目安としては、「生理の2日目よりも多いほどの出血」と思っておくとよいでしょう。

臨月の大量出血で考えられるのは
・前置胎盤
・常位胎盤早期剝離

などの状態にあることです。どちらも大量出血をともない、ママも赤ちゃんも、どちらにも危険が及ぶ可能性があります。このような大量出血が見られた場合には、一刻も早く産院に連絡し、適切な処置をほどこしてもらうことが大切です。

臨月を迎えて、出産まであと少しですが、お産は最後までなにが起こるかわかりません。気を抜かずに、いつもと違う様子を感じたらできるだけ冷静に対処できるように、知識を持っておくとよいですね。

陣痛開始から出産までの流れを知ろう

子宮口が全開大になるまでの分娩第1期

出産に対する漠然とした不安は、出産の流れを知ることで軽減できるかもしれませんよ。赤ちゃんを生み出すことを「分娩(ぶんべん)」といい、分娩が完了するまでの過程は三つに分類されています。

分娩第1期は、10分間隔の規則正しい陣痛が開始してから、子宮口が全開大(10cm大)になるまでの時期をいいます。初産婦で10~12時間、経産婦で4~6時間ほどかかります。お産の過程の中でも、とくに長く苦しい時間かもしれません。

赤ちゃんもお腹の中でゆっくりと旋回し、外に出る準備をしています。ママは時々いきみたくなりますが、子宮口が十分に開くまでは「いきみ逃し」で耐えましょう。また、第1期の終盤に「破水」が起こるのが一般的です。

母体に危険が起こりやすい分娩第2期

第2分娩期とは、子宮口が全開大になってから、赤ちゃんが完全に外に出てくる(娩出・べんしゅつ)までをいいます。初産婦で1~2時間、経産婦で30分~1時間ほどかかるのが一般的です。

分娩台に上がるのは、この第2分娩期に入ってから。いよいよ、ママがいきんで赤ちゃんを外に押し出すときです。しかし、いきむタイミングは助産師や医師の指示を待ちましょう。無理やりいきむと「会陰裂傷」が起こることもあります。

長時間の陣痛に疲弊してママのからだに危険が及ばないように、病院スタッフがこまめに状態をチェックしてくれます。うまく娩出できず、母体や赤ちゃんに危険が及びそうなときは、吸引分娩や鉗子分娩、帝王切開分娩をおこなうこともあります。

赤ちゃんが産まれたあとの分娩第3期

赤ちゃんが産まれたあと、お腹の中に残っている「卵膜」「さい帯」「胎盤」など、赤ちゃんが残していったものをすべて娩出します。「後産」とも呼ばれ、赤ちゃんを産んだあと、少ししてから再び軽い陣痛のような痛みがあって、少量の血液とともに娩出されます。

赤ちゃんを産んだときの痛みと、やっと生まれた!という興奮から、このときお腹に痛みをほとんど感じなかった、というママも多いようです。助産師の指示で再び何度かいきんだり、お腹を圧迫されたりして、残らず娩出します。

この時期を第3分娩期と呼びます。所要時間は初産婦で15~30分、経産婦で10~20分程度とされています。まれに卵膜や胎盤などが子宮内に残っていて、後日摘出処置をおこなうこともあります。

帰されることも多い初産ママの出産

初産の平均分娩時間は15時間

赤ちゃんが産道を通って、外の世界に生まれ出てくるまでのステップを紹介してきました。個人差はありますが、一般的に初産婦は経産婦よりも分娩時間が長引く傾向にあるといわれています。

経産婦で、赤ちゃんが一度産道を通ったことがあると、比較的お産が進みやすいようです。一方、初めてのお産を控えたママは、どれだけの時間がかかるのか、不安になりますよね。

初産の平均分娩時間は11~15時間程度です。例えば夜に陣痛が始まった場合、翌日の朝からお昼ころに赤ちゃんが産まれるという計算ですね。長丁場になりますが、同時に赤ちゃんも頑張っている時間です。「安産」といわれる15時間以内のお産を目指して、今からできることはしておきたいですね。

前駆陣痛と本陣痛を見極めよう

臨月に入り、いつもよりもお腹の張りが強くて、なんだか規則的に痛みがあるような気がする…「もしかしてこれが陣痛!?」と、初産のママはドキドキしてしまいますよね。

さっそく時間を計ってみると、15分、10分と、間隔が短くなってきて、いよいよかもしれないと覚悟したら、その後20分、30分間隔になって、とうとう痛みが遠のいてしまった…。これは、「前駆陣痛」と呼ばれる、本陣痛の前の予行練習のようなものなのです。

前駆陣痛はお産が近いサインですが、個人差があり、数日続くことも多いです。初産で前駆陣痛と本陣痛を見極めるのは少し難しいですが、規則的な痛みが数時間続くようであれば、本陣痛の可能性が高いので、一度産院に連絡してみるとよいかもしれません。

初産だからまだまだと我慢のしすぎは禁物

陣痛が10分間隔になり、産院で内診してもらっても、「子宮口はまだ1cmですよ」といわれてすぐに帰されてしまったという話はよく聞きます。ママとしてはがっくりしてしまうかもしれませんが、念のため産院で見てもらうことは間違いではありません。

「初産は時間がかかる」というのは一般論で、実際は初めての出産でもスピード出産だった、というママも多くいます。陣痛アプリなどを使って、陣痛間隔を計測し、規則正しくなってきたと思ったら、まずは産院に連絡を入れましょう。

初産だからと我慢しすぎて、万が一お産が早く進んでいたら大変です。中には産院に到着する前に赤ちゃんの頭が見えてきてしまった、というママもいます。帰されたら辛いですが、お産に慎重になることはよいことですよ。

余裕をもって挑みたい経産婦ママの出産

経産婦の分娩時間は1人目の半分程度に

一回以上出産を経験したことがある妊婦さんのことを「経産婦」と呼び、初めての出産になる「初産婦」と区別して呼ばれることがありますね。経産婦は一度出産したことで、産道や骨盤の組織が柔らかくなりやすいため、お産にかかる時間が短くなる傾向にあります。

初産婦の平均分娩時間が11~15時間であるのに対して、経産婦の平均分娩時間は5~8時間程度と、約半分の時間になっています。ただし、時間が短いからといって、痛みが軽いというわけではないようです。

また、経産婦の特徴として、子宮が元に戻るときの痛みである「後陣痛」が、初産時よりも強いということがあげられます。子宮の戻りが早いことがその要因なので、心配はいりません。無理せず、痛み止めを処方してもらいましょう。

上の子を預けたり準備に時間がかかる

初産婦と経産婦の大きな違いは、やはり「上の子がいる」という点ではないでしょうか。上の子と2人きりのときに、急な入院が必要になると、預け先を手配するのに時間がかかり大変です。

赤ちゃんが予定日通りに生まれてくれる保証はないので、上の子の幼稚園や学校、習い事など、関係先には事前に状況を伝えておきましょう。上の子がある程度自分のことは自分でできるようになっていればよいですが、1、2歳で手がかかる年齢の場合、緊急事態に備えて上の子を預ける準備もしておく必要がありますね。

経産婦の入院は、初産婦よりも少し短くて済む場合がありますが、それでも数日は入院が必要です。上の子の心のケアもママの大切な役目ですね。上の子にもしっかりと目を向けてあげましょう。

 1人目と年数があいていても関係ない

上の子と年数が開いて出産する場合、1人目を出産したときのことを忘れてしまい、気持ち的にも「初産婦」のような感じがするかもしれません。しかし、お産が何年あいていても、「経産婦」であることには変わりがないのです。

忘れかけていたとしても、陣痛が始まると「あ、こんな感じだったな!」と、徐々に身体が思い出させてくれるでしょう。経験がある分、余裕が出てしまうので、「まだまだこんなもんじゃないはず」と我慢しすぎてしまいがちですが、経産婦はお産の進みが早いので注意が必要です。

上の子のことなど、対処すべきことがいろいろあって大変だと思いますが、無理しすぎてしまうのは危険です。数年ぶりの出産でも、経産婦であることを忘れずに過ごしましょう。

痛みを逃がすための上手な呼吸法を知ろう

上手な呼吸は安産への近道

どんなママも、「安産」での出産を望んでいると思います。「安産」とは、時間がかからないお産のことをいうわけではありません。たとえ時間がかかったとしても、赤ちゃんとママが無事で、「よいお産だった」と思えれば「安産」なのです。

スムーズにお産を進めるポイントは「呼吸」です。陣痛が長引いたり、激痛でパニックになったりすると、浅く早い呼吸になりがちです。赤ちゃんにたくさん酸素を送ってあげるイメージで、深くゆっくりとした呼吸を心がけましょう。

鼻から吸って、口から吐く。呼吸することに集中すると、ママもリラックスすることができますよ。本番でうまく呼吸ができるように、今から練習しておくことをおすすめします。

いきみ逃しの呼吸法を動画で学ぼう

分娩第2期の後半、いよいよ赤ちゃんが出てきそう!となるまで、いきんではいけないのを知っていましたか?力を入れておもいっきりいきんでもよいのは最後の数回の陣痛だけ。子宮口が全開し、赤ちゃんが下りてきて、会陰付近が十分に柔らかくなってからでないといきめません。

無理やりいきむと赤ちゃんが苦しくなったり、会陰裂傷がおきたりして危険です。出産の際は、いきみたい気持ちを抑えるための「いきみ逃し」がとても重要になります。

出産は突然やってくることもあります。当日焦らないためにも、正期産である37週を過ぎたら、「いきみ逃し」の呼吸法を学んでおきましょう。YouTubeなどで「いきみ逃し」と検索すると、手順をわかりやすく説明してくれる動画がたくさん出てきますよ。

痛みの軽減にはリラックスすることも大切

出産は激痛をともなうもので、中にはパニックを起こしてしまうママもいます。焦ったり、不安になったりすると、身体が緊張してお産がうまく進まない可能性があります。

出産の際は、できるだけ気持ちをリラックスさせることが大切です。深い呼吸に集中する以外にも、方法は色々あると思います。自分に合ったリラックス方法を見つけられるとよいですね。

【出産時のリラックス法】
・アロマを焚く
・好きな音楽を聴く
・楽な姿勢をとる
・水分補給する
・パパや助産師さんと会話する
・体を温める
・骨盤や肛門付近を圧迫する など

痛みが完全に消えることはありませんが、身体の緊張をほぐすことで産道が柔らかくなり、赤ちゃんが進みやすくなるでしょう。

出産までに注意しておきたい破水の症状

陣痛がきてから破水するのが適時破水

「破水」とは、赤ちゃんや羊水を包んでいる「卵膜」が破れて、羊水が体外に漏れだすことをいいます。羊水は赤ちゃんがママのお腹の中で、安全で快適に過ごせるようにする大切な役割を持っています。

【羊水の役割】
・外界からの衝撃を和らげてくれる
・赤ちゃんが呼吸の練習をする(肺や腎臓機能を発達させる)
・胎内で運動しやすくする
・陣痛の子宮収縮から赤ちゃんを守る
・分娩時、赤ちゃんが産道を通りやすくする など

陣痛がおきて、子宮口全開大の頃に破水することを「適時破水」といいます。子宮の収縮により、赤ちゃんの頭が子宮口付近に降りてきて、強い圧力がかかることで破水がおきるのです。破水することよって赤ちゃんが外に出やすくなります。

気付きにくい高位破水に注意しよう

破水は、卵膜が破れる位置によって2種類に分けられています。子宮の下部、子宮口付近が破れる破水を「低位破水」、子宮口から離れた高い位置で破れる場合を「高位破水」と呼びます。

低位破水は子宮口付近で卵膜が破れるため、羊水が一気に外に流れ出ます。尿漏れやおりものとは違った感覚があるので、「破水だ!」と気付くママが多いようです。いっぽう高位破水は子宮口から離れた高い位置での破水なので、子宮壁にふさがれて少しずつ羊水が流れ出ます。

破水だと気付かないママも多いといいます。急激に羊水が減ることはないので、低位破水に比べて緊急性はないですが、子宮内への細菌感染リスクが高まるため、破水かなと思ったら、産院へ連絡するようにしましょう。

破水に気付かないと赤ちゃんにリスクが

高位破水などによって、破水が起きていることに気付かず過ごしてしまうと、赤ちゃんに様々なリスクが生じます。

【細菌感染】
破水は赤ちゃんを守っている卵膜が破れてしまう状態。外界とつながることで、細菌感染症のリスクが高まります。

【胎児の成熟障害】
妊娠37週未満の早産期に破水がおきると、赤ちゃんの内臓機能などに成熟障害が起こる恐れがあります。

【臍帯脱出(さいたいだっしゅつ)】
羊水が極端に少なくなることで、赤ちゃんが子宮口まで下がってくるよりも先に臍帯が外に出てきてしまう状態です。臍帯が産道と赤ちゃんに挟まれて、十分に栄養や酸素がいきわたらず、赤ちゃんの「無酸素症」や「胎児仮死」などのリスクが高まります。

出産に必要なグッズは早めの準備が肝心!

ママの入院と産後に必要なもの

予定通りの出産になるときもあれば、緊急入院が必要になる場合もあるでしょう。赤ちゃんが予定日通りに生まれてきてくれるとは限らないので、入院・出産準備は早めに済ませておくことをおすすめします。

【入院中必要なもの】
・母子手帳
・保険証、診察券
・小銭
・印鑑
・パジャマ
・産褥ショーツ
・産褥パッド
・授乳ブラジャー
・母乳パッド
・シャワーセット
・タオル
・靴下、スリッパ など

【産後のママに必要なもの】
・授乳クッション
・ドーナツクッション
・授乳服
・マザーズバッグ など

出産・入院する病院によっては、ほとんどの入院グッズを用意しておいてくれるところもあります。事前に何が必要か、チェックしておきましょう。

産まれてすぐに必要な赤ちゃんのもの

【産後すぐの赤ちゃんに必要なもの】
・新生児用おむつ、おしりふき
・産着
・外出用ベビー服
・おくるみ
・ガーゼハンカチ
・ベビー布団
・ベビーバス
・ベビーオイル、ベビーローション
・ベビー用爪切り
・鼻水吸い器
・沐浴用品
・哺乳瓶、ミルク
・チャイルドシート
・ベビーカー
・抱っこ紐 など

お家のつくりやライフスタイル、赤ちゃんの発育などによって必要かどうかは変わってきます。最初からすべて揃える必要はないので、赤ちゃんが産まれてから、必要に応じて買い足していくというやり方でも大丈夫ですよ。

ただし、どこにどんなものが売っているのかを事前に把握しておきましょう。突然必要になったときに、パパや家族に買ってきてもらうことができますよ。

2人目以降は上の子の準備も欠かさずに

2人目以降の出産では、ママが入院になったとき、上の子のお世話をどうするのかを考えておく必要があります。上の子の年齢にもよりますが、日中に入院になる場合と、夜中に入院になる場合の両方をシミュレーションしておくと安心です。

【上の子の準備】
・日中の預け先
・保育園や幼稚園に通っている場合は送迎をどうするか
・習いごとをしている場合の送迎
・入院中、夜は誰にお世話をお願いするか
・入院中の食事や身の回りのお世話はどうするか など

また、上の子が「赤ちゃんが産まれる」ということを理解できる年齢であれば、前もって心の準備をさせておくことも大切です。お兄ちゃん、お姉ちゃんになることを説明して、そのためにママは数日入院することを納得してもらいましょう。

臨月になったら!出産まで有意義に過ごそう

家に閉じこもらず身体を動かそう

妊娠中は赤ちゃんのため、ママの身体のためにと、外出や運動を控えがちです。しかし家に閉じこもっていては気分もふさぎますし、なにより筋力が衰えて出産のときに苦労することになるかもしれません。

妊娠37週を過ぎると、赤ちゃんはお腹の中で十分に発達し、いつ生まれてきても大丈夫な状態まで成長しています。それまで運動を控えていたママも、ぜひ積極的に身体を動かすことを心がけてみてください。

マタニティヨガやウオーキングなど、お腹に負担がかかりすぎないスポーツがおすすめです。万が一のため、病院まで1時間以内で行ける場所でなら、ランチやショッピングに出かけるのも気分転換になってよいかもしれません。産後、子育てで忙しくなる前に、1人の時間を満喫しておきましょう。

漫画を読んで出産の勉強をしよう

よりリアルな出産体験を知りたいのであれば、「漫画」を読むのもおすすめです。最近ではTwitterなどのSNSやブログなどで漫画を公開している作者さんも多く、「出産 漫画」などで検索してみるとたくさんヒットします。

ここではおすすめの漫画を1作品紹介します。

【おすすめの出産体験漫画】
「出産の仕方がわからない!」カザマアヤミ著
不妊治療を経て妊娠した作者。初めての妊娠出産に体当たりする姿がとてもリアルに、コミカルに描かれていて共感できます。出産直前の不安な気持ちや、いきみ方がわからなくて戸惑う姿など、作者の体験をあますところなくリポートしています。出産の疑似体験ができる作品としておすすめです。

産後のために作り置きできるおかずを作ろう

産後のママは、約1カ月はできるだけ横になって安静に過ごすようにと産院でも指導されますよね。しかし、場合によっては家族の協力が得られない、ということもあると思います。

そういうママにぜひ出産前に準備しておいてほしいのが、「料理の作り置き」です。レンジでチンするだけや、汁物に入れるだけなど、簡単なひと手間ですぐに食べられる状態にしておくのです。

入院前に準備するので、長期間保存できる「冷凍」で作り置きするとよいですよ。お肉や魚を一口大に切って、調味料や野菜と一緒に一食分に分けてパックして冷凍しておきます。また、ご飯も一食分、またはおにぎりなどにして冷凍しておくと、毎日炊く手間がないので便利です。

まとめ

どんなママでも、初めての出産は多かれ少なかれ不安ですよね。その不安を少しでも解消するためには、正しい知識を得ることと、準備をしっかりとしておくということが大切なのではないでしょうか。

落ち着いてよいお産が迎えられるように、呼吸法やリラックス法、いきみ逃しの方法などを練習しておきましょう。

出産はママにとって大仕事ですが、決して「ゴール」ではありません。むしろ出産が、長い育児の「スタート」になるといえます。皆さんの出産が、よいお産になることを祈っています。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018