就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産時期を逆算する方法はあるの?赤ちゃんを希望の月に産む方法

出産時期を逆算する方法はあるの?赤ちゃんを希望の月に産む方法

結婚したあとにかならず意識することになる、子どものこと。授かりものとはいえど、望んだ時期に妊娠・出産できれば嬉しいですよね。この記事では出産の逆算方法から、出産で利用できる制度、家族計画など妊娠・出産に関わる全般的な項目についてご説明します。

出産に適した月、出産が多い月はある?

出産、子育てしやすいのは夏生まれ

赤ちゃんは天からの授かりもの。授かっただけでありがたいものですが、希望した月に出産することができるともっとありがたいですよね。

大前提として、育児がまったく大変でない月はないものの、比較的に育児しやすいと感じたママが多いのは「夏生まれ」の赤ちゃんです。

まず、寒い時期と比べて薄着で過ごせるため、赤ちゃんが風邪をひく危険性が低いこと。沐浴をするさいにも安心ですね。また汚れ物が出た場合にも洗濯物が少なく済むうえ、赤ちゃんの着替えの手間もかかりません。

とはいえ、気温が高いことによって問題になることもあります。夏は紫外線が強いことも相まって、ムレによる「あせも」をはじめとした皮膚トラブルが起こりやすいため、注意も必要です。

税金や手当がお得になる出産月もある

赤ちゃんの生まれ月によって、かかる税金や支給される手当の額が違うのをご存知ですか?

一番差が出る児童手当は、子どもが15歳到達後、最初の3月まで月額1万円ずつ給付されるため、最大11万円の差が出ることになります。4月生まれ(4月1日生まれは一つ上の学年のため4月2日以降)の赤ちゃんがもっともお得です。

また医療費控除に関してお得なのは、秋から12月生まれの赤ちゃんです。家族全員の医療関係の支出が1月1日から12月31日の1年で、10万円を超えると受けられるため、同じ年に支出が集中した方が控除を受けやすくなります。

扶養控除の点でも早生まれの場合、1年分少なくなるので4〜12月生まれがお得になるため、総合的には早生まれを避けるとお得といえそうです。

実際には7月生まれの赤ちゃんが多い

統計的に何月生まれの赤ちゃんが多いのか、気になる女性もいるでしょう。総務省のデータによると、昔は冬生まれが圧倒的に多かったのに対して、近年では7〜8月生まれが多いです。

理由の一つに生活環境の変化があります。戦前・戦後は満足に食べることもままならず、寒さをしのぐ暖房器具もありませんでした。

そのため厳しい冬を乗り越えた春に妊娠し、冬に出産するママが多かったと考えられています。生活環境が安定し、楽に冬を越せるようになった昭和40年ごろから、夏生まれの赤ちゃんが増えたこともあわせてみると納得ですね。

女性の社会進出も一因です。仕事の環境が変わる春先より、仕事も気候も落ち着いた秋に余裕ができて妊娠し、夏に生まれる赤ちゃんが多くなりました。

計算で希望した月に赤ちゃんを出産できる?

よく聞く十月十日では逆算できない

いざ妊活をしようと思い立ったとき、多くの女性が思い浮かべるのが十月十日(とつきとおか)法ではないでしょうか。しかし残念ながら十月十日法では、正確な出産予定日を割り出すことはできません。

「妊娠0日から十月十日だから、◯月◯日に生まれるのね!」が正しかったのは昔のこと。十月十日は10カ月10日ではなく、かつて日本で用いられていた「数え」の考えを使用した、9カ月10日なのです。

両者の間には1カ月もの開きがあるため、うっかり10カ月10日だと思い込んで妊活をスタートさせてしまうと大変です。希望月にはカスリもしなかったと笑い話になればよいですが、「絶対◯月に産みたい!」「少しでも正確な逆算法が知りたい!」と燃えている女性には困りますよね。

一般的に用いられるネーゲレの概算方法

十月十日より正確に逆算できるとして知られているのが、「ネーゲレの概算方法」です。

まず最終月経のあった月の数から3を引く、または9を足します。次に最終月経の初日の日数に7を加えると、出産予定日を割り出すことができます。

たったこれだけの計算です。実際に計算してみると、以下のようになります。

最終月経が1月1日の場合の希望月は、1から3を引くと計算がめんどうになるため9を足して10。希望日は1に7を足すと8なので「10月8日」となります。

残念ながら、最終月経が月終わりの場合は地道に加算する必要があります。また、これは生理周期が28日の女性をもとにした計算方法のため、生理不順の女性はほかのアイテムと併用するほうがよいでしょう。

簡単で便利な計算ツールやカレンダー

妊活中には、何度も希望日を計算することがあると思います。できるだけ希望日に近づけたいけれど、毎回計算するのは面倒という女性もいるのではないでしょうか。

そんなときに便利なのが、出産予定日計算ツールです。ネットで検索すると複数の計算ツールが出てきますが、いずれも最終月経などいくつかの項目を入力するだけで簡単に出産予定日を計算することができます。

最近はアプリでも出産予定日の計算や妊娠カレンダー、出産カウントダウン機能がついたものがあります。「ちょっとチェックしたいな」と思い立ったときにすぐ確認できるのが嬉しいですね。

しかしネーゲレの概算方法と同じく、生理不順の女性には適していないため、参考程度にしておくのがよいでしょう。

出産予定日から実際どのくらいズレるの?

予定日よりも出産が早くなる場合

「赤ちゃんは予定日からほとんど誤差なく生まれるもの」と考えているママもいますが、これは正しくありません。正規産にもある程度の幅があり、37週0日から41週6日の間であれば正常とされています。

赤ちゃんが正規産の範囲よりも早く、22週0日から36週6日の間に生まれることを早産といいます。

第二子以降のママであれば、子宮頸管がやわらかくなりやすいため、出産が早くなる傾向があるといわれています。また初産のママであっても、双子や三つ子の多胎妊娠であれば、ママの身体への負担も大きいため出産が早まることが多くなります。

初産婦、経産婦に共通する要因としては、ママの体質や生活習慣、無理な運動、過剰なストレス、身体の冷えなどが考えられます。

予定日よりも出産が遅くなる場合

反対に、赤ちゃんがなかなか生まれてこないこともあります。予定日より出産が遅れる原因ははっきりしておらず、妊娠経過が順調だったママでも予定日を過ぎることはあります。

妊娠42週をこえても生まれない場合を過期妊娠(過期産)といい、赤ちゃん、ママ双方へのさまざまな影響が考えられます。

過期産でまず問題となるのが、胎盤の老化です。妊娠期間が長くなればなるほど胎盤は老化して機能が衰えていき、十分な栄養が行き届かなくなることから、赤ちゃんの健康を害してしまうことがあります。

また正規産と比べて赤ちゃんが大きくなり、出産のさいママの身体への負担が増します。そのため過期産が予想される場合、誘発分娩や帝王切開などを実施することが検討されます。

自然現象が陣痛を早めるいい伝え

過期産が心配なママは「どうすれば陣痛が早く来るのか」気になることでしょう。とくに初産のママは、過期産で赤ちゃんが大きくなりすぎ、出産の痛みが増してしまうことも心配ですよね。

正規産の時期に入って、陣痛を促すためにママができることは、大きく分けて二つあります。

まず一つ目は、身体をしっかり動かすこと。腹圧がかかって赤ちゃんの頭が進みやすくなるため、無理のない範囲でおこないましょう。

二つ目は、自然現象をチェックすること。昔から陣痛には低気圧や潮の満ち引き、月の満ち欠けが関係するといわれています。

古来より満潮は生、干潮は死を司ると信じられてきました。実際、干潮時に弱まっていた陣痛が満潮になると強くなって、そのまま出産したママもいるそうですよ。

計画的に出産するには排卵日の確認も重要

排卵の仕組みと排卵リズムについて

排卵とは、脳の下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)により成熟した卵子が、性腺刺激ホルモン(LH)を受けて卵巣から排出されることをいいます。ほかにも数多くのホルモンが関与することで、排卵や月経、妊娠が管理されています。

妊活のさいは「排卵周期を知る」ことが非常に重要です。自分の排卵時期を把握することで、より逆算しやすいためぜひ把握しておきましょう。

ではいつ排卵するのかというと、月経と月経の中間が目安です。生理周期が28日の場合、排卵は月経開始日から数えて14日目ごろに起こることになります。

その後、受精しなければ排卵から14日目ごろに再び月経が始まります。卵子が受精卵になって着床すれば、晴れて妊娠成立というわけです。

排卵と受精のタイミングを知っておこう

排卵の仕組みの次は、受精についてご説明します。毎月正常に排卵があり、妊活しているとしても、タイミングがズレると受精には結びつきません。

受精できるタイミングは限られており、もっとも受精しやすいのは、排卵日2日前から当日の3日間です。

卵子と精子は寿命も、活動できる期間にも差があります。卵子の寿命は1日(24時間)ですが、受精できる時間はもっと短く、およそ8時間程度です。

一方で精子の寿命は2日から3日と幅がありますが、精子は酸に弱い性質があり膣内の酸性環境に弱く、卵子の元にたどり着ける精子の数は多くありません。

卵子の寿命と精子の活動期間が合うタイミングで妊活することで、受精の確率をぐんと上げることができます。

排卵日の計算とチェックアイテム

生理周期が安定している人であれば「月経と月経の間が排卵日」と考えて問題ありません。しかし具体的に排卵日がいつなのか知りたい場合、または生理不順の場合にも、基礎体温表をつけることが望ましいです。

基礎体温は毎日決まった時間に、専用の婦人体温計で舌下体温を測ることでわかります。最低でも1カ月間、できれば妊娠するまでずっと測って記録しましょう。基礎体温表からは排卵日のほか妊娠しているかどうかも、ある程度判断することができるようになってきます。

また、排卵予測検査薬も有効です。ホルモン量を判定することで排卵について予測することができるため、基礎体温を測るのが面倒な人や、より正確に予測したい人にはもってこいのアイテムですよ。

夫婦でよく話し合い家族計画を進めよう

お互いが望む家族計画とは何かを考える

夫婦で人生設計をしっかり話し合っている家庭もあれば、そうでない家庭もあることでしょう。

家族計画に重要となるのが、夫婦の考え方をすり合わせることです。一刻も早く子どもが欲しい人もいれば、結婚後しばらくは夫婦2人で満喫したい人もいて、個人差が大きいですよね。

子どもは何人欲しいのか、何歳までに第一子を授かりたいのか、2人の想いを伝え合うことで将来についての道筋が見えてきます。

とはいえ家族計画通りに物事は運ぶとは限りません。子どもは授かりものですから、妊活後すぐに妊娠できない人も多くいます。

「絶対に◯歳までに◯人の子どもを授かる!」と意気込むと、計画が崩れたときにがっかりしてしまうため、ある程度の幅をもたせて計画しておくとよいですよ。

出産後の家事分担も決めておくこと!

女性の社会進出が進んだ一方で、「家事は妻がやるべき」と思っている人は少なくありません。これは男性はもちろん女性にも多い考え方ですが、女性が家事と育児とを100%完璧にこなすのは大変なことです。

大きなものから些細なことまで含めてすべての家事を項目化すると、驚くほどの量になります。たとえばゴミ出し一つをとっても、ゴミ収集日を確認し、収集場所に持っていく必要があります。

しかし口頭で家事の内容を理解してもらおうとしても、普段から家事に協力していなければ「何がそんなに大変なのか」と思われてしまうことも…。家事の内容と担当を記載した表を作成して家事分担を見える化することで、夫婦ともに当事者意識がもてるようになるかもしれません。

安心して子育てできる環境を作っておこう

赤ちゃんを授かったら、出産までに子どもが健やかに育つための環境を用意しておくとよいですよ。パパ・ママの仕事や経済状況、居住環境などをあらかじめ検討し、整えることで、出産してからバタバタすることもなくなります。

共働き家庭が多い現在では、妊娠・出産を期にママのライフスタイルは大きく変わります。出産とともに専業主婦になる人は38%程度で、子どもを保育園に預けて共働きに戻る家庭が多いようです。

産休に入るまでに会社が実施している制度の内容を確認しておくことで、会社に戻ったあとで、急に仕事を休まなければならなくなったとき、スムーズに手続きができますよ。

ママが何かあったときにも対応できるように、パパの会社の育休制度も確認しておくと、より安心ですね。

まとめ

大きくなればさほど問題にはなりませんが、幼いうちは同じ学年であっても、月齢によって発達状況に差が出ます。また妊娠する時期によって出産までのママの辛さが変わることもあり、何月生まれになるかはママにとって大きな関心ごとだと思います。

希望月になるかは妊娠・出産してみるまでわかりません。そもそも妊活したとしても、パパ・ママの体質などにより、すぐに妊娠できるかどうかも確かではありません。「ある程度はズレて当然」と気楽に構え、パパとの時間を楽しみながら、授かるのを心待ちにしてみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj