就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後のお風呂はいつから入れる?注意点と気になるお湯漏れについて

出産後のお風呂はいつから入れる?注意点と気になるお湯漏れについて

出産でママの体は大きなダメージをうけており、体の回復期は様々な制約があります。ゆっくり湯船につかりたいママもいると思いますが、お風呂も気をつけなくてはいけないことの一つです。また、出産後特有な症状といわれている、お湯漏れに驚いているママもいるのでは。今回は出産後の入浴について説明していきます。

出産後のママがお風呂に入れない理由とは

大仕事を終えたママの体は弱っている

妊娠、出産という大仕事を終えたママの体には大きな負担がかかっています。産後の回復期は弱った体を休ませる大事な時期です。お風呂に入ると気持ちがよいですが、思った以上に体力を使います。なるべく赤ちゃんのお世話以外は、ゆっくり休むことが大切ですよ。

また、自然分娩(経腟分娩)をしたママは、子宮口が開いている状態です。湯船に浸かると開いた子宮口から細菌が入る恐れがあります。子宮内も傷がついているので、細菌が入ると細菌感染を起こすかもしれません。

帝王切開をしたママも、お腹を切った部分から細菌感染する可能性があります。産後は免疫力が落ちているため細菌に感染しやすく、感染すると産褥熱(さんじょくねつ)が出る場合があるので注意が必要です。

産後のシャワーは医師の許可を得てから

産後はシャワーをするにも医師の許可が必要です。病院の方針やママの状態によって異なりますが、3~4日後からシャワーを浴びてもよいと言われることが多いようですよ。

産後の体でシャワーを浴びるときは様々な注意が必要です。熱いシャワーは貧血を起こしやすくなるため、普段よりぬるめの温度で浴びるようにします。

また、出産後は肌も敏感なため、水圧は弱めに設定しましょう。水圧が強いと肌や傷口に刺激になってしまう可能性があります。体は石鹸を泡立て手で優しく洗い、泡が残らないよう流しましょう。

体力の消耗を防ぐためにシャワーはできるだけ短く済ませること、あらかじめシャワー室を温めておき体を冷やさないようにすることも忘れないでくださいね。

細菌感染が気になる場合は受診を

出産後は、ママの体が元に戻るための正しいケアや、順調な経過が気になりますよね。会陰切開の傷やおっぱいのケアなど色々ありますが、悪露(おろ)の状態にも注意が必要です。

悪露はママによって、量や期間に差があり心配がない場合がほとんどです。しかし、下腹部痛や発熱などの症状があるときは、感染を起こした可能性もあるので早急に受診しましょう。

出産経験があるため医師から入浴の指示を受け忘れ、産後1カ月を待たずに入浴してしまったというママもいます。下腹部が痛み出し心配で受診をしたら、細菌に感染していたというケースもあるようですよ。

また、悪露のためにあてているナプキンもこまめに替え、清潔な状態を保つよう心掛けましょう。

内祝いをする時に知っておきたい、おすすめギフトブック「Haresaki」

PR

出産のお祝いに対して「内祝い」をする時、何を贈ればいいのか悩みますよね。準備しようにも、出産後は赤ちゃん中心の生活で、買いに行くことも、時間的・体力的に大変です。今回は「内祝い」のマナーから、自宅で購入できるお祝い返しギフト専用サイトや人気の最新カタログ情報をお伝えします。

出産後にお風呂に入れる時期と注意点

お風呂に入る目安は1カ月健診後から

出産後、赤ちゃんのお世話に追われ、疲労が溜まっているママも多いでしょう。ゆっくりお風呂に入って疲れを軽くしたいですよね。

しかし、入浴は子宮口が閉じ悪露が少なくなるまで待つ必要があります。悪露が赤っぽい色から黄色っぽく変わり量が少なくなるまでは、一般的に3~4週間ほどかかるといわれています。悪露が早く無くなった場合でも、1カ月健診までは入浴は控えたほうがよいでしょう。

目安は1カ月健診後ですが、産院や医師から入浴に関して特別な指示があった場合は、その指示に従ってください。

1カ月健診で入浴の許可が出たら、この後紹介する入浴に関する注意点に気をつけながら、体の調子のよいときを選んでお風呂に入るようにしましょう。

できるだけ清潔なお湯につかろう

医師からのOKが出れば、待ちに待った湯船につかることができますね。先にも感染症について触れましたが、産後は体の免疫機能が弱まっているため、細菌などに感染しやすい状態です。

産後は一番風呂など、できるだけ清潔なお湯につかりましょう。家族が入った後の汚れたお湯につかると、傷口が化膿したり、感染症にかかったりする可能性があります。

清潔なお湯だからと安心せずに、お風呂に入る前は浴槽やお風呂場を綺麗に掃除してからお湯をためてくださいね。産後の安静が必要な間は、パパにお風呂掃除を頼みましょう。

体や髪を洗い終えてからもう一度湯船につかり、お風呂をあがるママもいますよね。最後に蛇口から出る清潔なお湯で体全体を流すようにしましょう。

ぬるま湯で適度な入浴時間を心掛けよう

久しぶりのお風呂でついつい長風呂をしてしまうかもしれません。また、熱めのお湯が好きというママもいますよね。

長くお風呂に入ると、悪露の出血が増えたり、貧血を起こしたりする可能性があります。体の状態がある程度落ち着くまでは、長風呂は避けたほうがよいでしょう。

熱めのお湯も長風呂同様、貧血や悪露が増える原因になります。熱めのお湯はさっぱりとした気分になりますが、こちらもしばらく待ったほうがよさそうですね。

熱めのお湯に長くつかると、新陳代謝が活発になり汗をかきます。健康な状態であれば嬉しい効果ですが、体力を消耗させてしまいます。ぬるま湯で短めな入浴は物足りない気持ちになるかもしれません。しかし、産後はママの体に負担にならない入浴を心掛けましょう。

お湯漏れでチェックできる産後の体の様子

お風呂の後に水が出てくるのはお湯漏れ

入浴後に、膣から水が出てきて「尿漏れ?」と慌ててしまうママもいます。これは、尿ではなく入浴時に膣に入ったお湯が流れ出てくるお湯漏れです。

お湯漏れは、妊娠出産で骨盤底筋群の筋力が低下して膣が緩くなったことや、出産時に開いた骨盤が閉じていないことなどが原因とされています。そのため、湯船に浸かっているときにゆるくなった膣にお湯が逆流して入ってしまいます。

湯船から出てすぐに出ることもあれば、少し時間をおいてから漏れてくることもあるようです。ちょろちょろ流れ出てくる場合やドバッと出てくる場合など、ママによって様々です。

着替えた後に出てくることも多いので、下着や服を濡らしてしまわないようナプキンをあてておくと安心ですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC