就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママチャリで子育てを快適に!自転車の正しい選び方と乗り方のご紹介

ママチャリで子育てを快適に!自転車の正しい選び方と乗り方のご紹介

子育て世代にとって、ママチャリは必需品ですよね。買い物や遊び、習い事へ連れて行くときにも利用できます。その上、自動車とは違い、エコでもありますね。そんな必要不可欠なママチャリの正しい選び方や手入れの仕方は、案外知られていないものです。ここで紹介したことをぜひ参考にしてみてくださいね。

ママチャリってどんな自転車のこと?

正式な名前は【シティサイクル】

よく道路上で見かけるママチャリの正式な名称は「シティサイクル」です。自転車屋さんのチラシなどを見ていると書いてありますので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

シティサイクル以外には、スポーツバイク(または、スポーツサイクル)などがあります。シティサイクルとスポーツバイクの大きな違いは、重量です。シティサイクルが18~20kgなのに対し、ロードバイクでは、7~9kg、クロスバイクは、9~11kgとなっています。

また、重さ以外の違いとしては、前かごとライトがついており、チェーンカバーもあります。そして、サドルが低く、ハンドルが近いため、前かがみにならずに運転できます。乗るときもまたぎやすくなっているのも特徴です。

男性の乗り物から進化し、ママチャリが誕生

自転車が日本の文献に初めて登場したのは、明治3年です。当初、自転車は高価な輸入品である上に、税金も課されていたため、普及しませんでした。その後、日本製も生産されましたが、重量があり、高価なことは変わらず、男性のものとして利用されていました。

少女漫画で女学生が袴を着て自転車に乗る場面を思い出す人もいるかもしれませんが、実際は女性が自転車に乗ることは、明治・大正ではおしとやかではないと受け入れられませんでした。

昭和20年代後半、エンジン付きバイクの拡大で減少した需要拡大のため、自転車を女性用に改良しました。昭和31年頃には、女性でも扱える重量の自転車が製造されるようになります。これが、ママチャリの始まりといわれています。

ママチャリのお値段は1万円くらいから

少し前から安いもだと、1万円を切るものも売っています。自転車を売っているのは、自転車専門店だけなく、大型自転車専門店、個人自転車店、スーパー、ホームセンターなどさまざまです。

店舗、メーカーをどこにするのかによっても値段は変わってきます。また、日本製と中国製でも値段に差が出てくるでしょう。自分がどこに重点を置くかで求めるものも違ってきます。

ホームセンターなどよりも専門店の方が高いことも多いでしょうが、実際のものを目で見て、乗って、相談しながら購入となると専門店の方がよいですし、のちのちのアフターケアもしてもらえますね。

すでに購入したい自転車が決まっていて、できるだけ安いものを求める場合は、ネットなどで比較検討するのがよいのではないでしょうか。

おしゃれヘルメット「nicco(ニコ)」で自転車デビューはいかが?

PR

子どもの通園通学やお出かけで利用する自転車。ママの後ろに乗る小さな頃からヘルメットが必要になります。子どもの安全を守り長く使う物だからこそ、ヘルメット選びにもこだわりたいですよね。今回は豊富なカラーとおしゃれなデザインが魅力の日本製ヘルメット「nicco(ニコ)」をご紹介。自転車コーデが楽しくなりますよ!

子育てママには子ども乗せ電動自転車が便利

電動自転車に乗るメリット

正式には「電動アシスト自転車」と呼びますが、一般的に電動自転車といわれていますので以下、電動自転車とします。

電動自転車の1番のメリットは、なんといっても普通の自転車より軽い力で走行できることでしょう。そのことにより、子どもを乗せていたり、重い荷物を積んでいたり、力のないお年寄りでも、小さな力で前に進むことができます。また、坂道が多い場所をよく利用する人にも楽でしょう。

子どもを乗せて買い物へ行き、坂道のある自宅へ帰るのは大変ですよね。そのようなときは、とてもありがたいものになるでしょう。

ただ、バッテリーが切れたり、倒れたりすると普通の自転車より重い分、扱いがかなり大変になることだけは注意しておきましょう。

電動自転車の値段は10万円前後から

電動自転車は、シティサイクルより高額になります。ヤマハのシティサイクル電動自転車は、8万円台からです。これは最新ではなく型落ちのものとなります。子ども乗せありは、13万円前後からになっています。

ブリヂストンのシティサイクル電動自転車が7万円台後半からで、子ども乗せありは、11万円台後半からとなっています。

パナソニックのシティサイクル電動自転車は、7万円台前半からとなります。また、子ども乗せありは、11万円台後半のものから見つけることができます。

またミヤタでは、マウンテンバイクタイプのものが販売されています。

変わったところでは、介護ベッドで有名なフランスベッドから電動アシスト三輪自転車が17万円台から販売されています。

電動自転車を選ぶときのポイント

電動アシスト自転車と電動自転車は違うと書きましたが、海外製ではその基準が曖昧なものがあります。その点、国内メーカーのパナソニック、ブリヂストン、ヤマハは、国内基準で製造しており、安心して選ぶことができるでしょう。

無名メーカーのものは、充電ができなくなるのが早かったり、すぐに故障したりするものも多いようです。また、新しいバッテリーを手に入れられない場合もあります。

電動自転車は、普通の自転車と違い、電気系統が故障することがありますから、自転車屋さんによっては、対応できないところもあります。できればそれにも精通したお店で買うと安心ですね。

高い買い物となりますので、失敗しないようにお店やメーカーを選びたいものです。

ママチャリを買う前に考えておきたいこと

乗る人の性別や年齢、乗せる荷物の量など

85 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC