就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

山梨県に子どもと遊びに行こう!大人も童心に戻って一緒に楽しもう

山梨県に子どもと遊びに行こう!大人も童心に戻って一緒に楽しもう

山梨県といえば豊かな自然があり、クワガタや魚などが採れて、生き物が好きな子どもには魅力的な遊び場がいっぱいあるイメージがありますね。でも、山梨には雨の日でも子どもが楽しめる屋内施設や、ほかではなかなか見ることができない施設もあるのですよ。早速、子どもと一緒に楽しめるスポットを見てみましょう。

自然の中にある山梨のスポットで遊ぼう

緑あふれる「山梨県立愛宕山こどもの国」

JR「甲府駅」北口から徒歩で30分の愛宕町にある里山で、緑豊かな自然公園になっています。「30分歩くのはちょっと」というママには、中央自動車道「一宮御坂IC」から車で約30分のアクセスです。入園も駐車場も無料なのがうれしいですね。

駐車場から入園するとすぐの所に、子どもたちの遊び場として人気の「自由広場」があります。ローラーすべり台やアスレチック遊具、迷路など、地形を生かした大型遊具が設置されています。なわとびや竹馬、輪投げなどで遊ぶこともできますよ。

園内の夢見山の奥には、3人乗りや4人乗りなどの変わった形の自転車に乗れる「変形自転車広場」があります。そのほかにも「ライオンの池」での水遊びや、キャンプ場でお泊り体験も楽しそうですね。

自然公園「白州・尾白の森名水公園べるが」

「須玉IC」から車で約20分に位置する、昭和の名水百選に選ばれた尾白川に隣接した広大な自然公園です。その面積は6万坪と、東京ドームなら優に4個は入る広さ!雄大な自然の中で、森と水との触れ合いを楽しめますよ。

駐車場から入ると、尾白の森キャンプ場がある「キャンピングゾーン」、小川の散策路やウォータースライダーがある「リバーサイドゾーン」、森の散策路やイベント広場がある「フォレストゾーン」など、子どもが喜ぶ自然がいっぱいです。

「セントラルゾーン」には総合受付やレストランがあります。駐車場の裏手には「ソルトスパゾーン」があるので、ママも温泉でリラックスして帰ることができますよ。季節ごとにイベントも開催していて、GWや夏休み期間以外は入園無料です。

動物とも触れ合える「富士すばるランド」

2018年にオープンから50年を迎えた「富士スバルランド」は、「河口湖IC」から車で5分ほどの場所にある、富士山の麓の大自然の中に広がる約10万㎡ほどあるテーマパークです。

子どもに人気の「フォレストぱーく」には、新アトラクションの「ビージーと虫の妖精達トロッコイデ」が登場しました。約60mのレールの上でトロッコを漕ぎながら、隠れている10匹の虫たちを探してゴールを目指すアトラクションです。

そのほかにも、「ようせいの家」や「ボックルの森立体迷路」「ジャンボ滑り台」など、はしゃぎ回る子どもたちでいっぱいです。レンタル犬と遊べる「ドギーパーク」もありますよ。

入園料は大人(中学生以上)1,500円、子ども(4歳以上)900円です。冬場は300円安くなるのでお得ですね。

雨でもたくさん遊べるお助けスポット

一日中遊べる「山梨県笛吹川フルーツ公園」

フルーツ公園というと、果物があちこちにある公園をイメージすることでしょう。入園無料の「山梨県笛吹川フルーツ公園」は、果物だけではなく一年中花や草木を楽しめて、子ども向けの遊具もあるスポットです。

特に暑い夏場には「アクアアスレチック」がおすすめです。滝のある川で、子どもたちが水着ではしゃぎ回っていますよ。遊具やアスレチックもあるので、一日中楽しめます。

雨の日なら、「わんぱくドーム」の大型ネット遊具や滑り台で遊びましょう。敷地が広いので、「ロードトレイン」で移動するとよいですね。1日乗車券なら大人600円、4歳以上の子ども300円で乗り放題です。

ライトアップされた温室ドームの奥に広がる甲府盆地の夜景は、新日本三大夜景に選ばれていて感動的ですよ。

公園もある「山梨県立富士湧水の里水族館」

水と森のテーマパーク「さかな公園」内には、雨の日でも淡水魚を見たり触れたりして楽しめる「山梨県立富士湧水の里水族館」があります。「山中湖IC」から車で5分の桂川沿いです。

富士の湧水を使った水槽は透明度が高く、渓流の魚たちがまるで空中を飛んでいるかのように錯覚してしまいます。「二重回遊水槽」は二重構造になっているため、イトウやニジマスなどの大きい魚と小魚が同じスペースで泳いでいるように感じますよ。

エサやり体験やドクターフィッシュと触れ合えるコーナーもあります。2階には、淡水魚の生態を紹介する「シアターホール」やプランクトンなどを顕微鏡で観察できる「マイクロアクアリウムコーナー」があり、ちびっ子博士も大満足!入館料は大人420円、幼児は無料です。

プラネタリウムが綺麗「山梨県立科学館」

晴れた日は県内最大の大型望遠鏡で天体観測を体験できて、雨の日には室内の科学展示・体験で楽しめるのが「山梨県立科学館」です。愛宕山こどもの国の南端にあるので、時間に余裕があれば子どもの国と一緒に楽しめますね。

1階の常設展示だけでも十分楽しめて、「ふしぎなジャングルジム」「ふしぎ洞窟」などが子どもたちを待っていますよ。ニュートンやアインシュタインなどの科学者10人が案内役をしてくれて、南極よりも寒い世界や月面歩行などを体験できます。

2階には美しいドーム映像とプラネタリウムの星空の「スペースシアター(有料)」や「科学実験教室」「科学工作教室」などがあって、大人も子どもと一緒に楽しめますよ。入館料は大人510円、小中高校生は210円、幼児は無料です!

山梨にしかない!珍しいスポット3選

32 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND