就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの服は乾燥機にかけられる?注意点と室内で早く乾かす方法

赤ちゃんの服は乾燥機にかけられる?注意点と室内で早く乾かす方法

洗濯物が乾きにくいシーズンに活躍する乾燥機があると、着替えの回数が多い赤ちゃんがいても安心ですよね。しかし、赤ちゃんの服のなかには乾燥機に向いていないものも多く、乾燥機を使うと傷んでしまうものもあります。今回は赤ちゃんの服を乾燥機にかけるときの注意点と、洗濯物を室内で早く乾かす方法を紹介します。

乾燥機にかけないほうがよい服の特徴とは

縮みやすい綿やガーゼ素材

赤ちゃんの服を選ぶとき、ポリエステルなどの化学繊維を使った服ではなく、綿100%などの天然素材にこだわっているというママは多いですよね。綿は肌触りがよく吸湿性や保温性に優れているため、肌が敏感な赤ちゃんの服にぴったりです。

しかし、綿をはじめとしたシルクやウールなどの天然素材は、一般的に熱や摩擦に弱く乾燥機にかけると傷みやすいという特徴があります。

また、綿は繊維が中空になっているため縮みやすく、乾燥機にかけると肌触りも低下します。綿でできているガーゼ素材も乾燥機の使用は避けたほうがよいでしょう。

ただし、5重ガーゼや6重ガーゼの場合、乾燥機にかけてもシワやごわつきは発生せず、天日干しするよりもふわふわに仕上がることもあるようです。

ニットなどの目が粗い生地

綿などの天然素材は「水分を含むと膨張し、乾燥すると収縮する」というのが大きな特徴です。乾燥が緩やかな天日干しでは、あまり繊維が縮みませんが、乾燥機にかけると繊維が収縮しすぎてしまいます。

一方、化学繊維は繊維が膨張しないため、乾燥機にかけても収縮しません。

しかし、ニットなどの目が粗い生地の場合、糸と糸の隙間に水分が入りこみ、生地全体が天然素材の繊維のように膨張します。そのため、化学繊維でできた生地でも乾燥機にかけると縮んでしまうことがあります。

また、目の粗い生地はヨレなどで型崩れしやすいというのも特徴です。水分を含んで膨張した状態にヨレが加わると繊維が絡みやすく、繊維が絡んだ状態で収縮するとゴワゴワした肌触りの生地になってしまいます。

刺繍、レースなどの装飾やプリント付き

一般的な乾燥機は、乾燥機のドラムを動かすことで衣類を回転させながら熱風を送り込むという方式になっています。

ドラム内で回転している衣類は熱が加わった状態で互いにこすれ合うため、熱に弱い素材や薄手の生地などは大きなストレスがかかります。レースなどの繊細な装飾の場合、型崩れや破損を招くかもしれません。

刺繍付きの服は急激な乾燥と熱によって刺繍糸の色が抜けたり、変色したりすることもあります。刺繍糸が摩擦で切れることもあるため、乾燥機の使用は避けたほうがよいでしょう。

Tシャツなどに多いプリントも高い熱が加わると剥がれたり、ひび割れたりすることがあります。ビーズやプラスチックのスナップボタンは溶けることもあるため注意が必要です。

乾燥機にかけるときに気をつけること

洗濯表示を確認して乾燥できるものを分ける

化学繊維の品質が向上している近年、手触りや外見では化学繊維と天然素材を区別できないケースも増えています。天然素材と化学繊維の混毛生地も多く、乾燥機にかけてもよいか判断しにくいケースもありますね。

こんなときは衣類のタグに書かれている「洗濯表示」をチェックしましょう。

洗濯表示とは、日本独自の「JIS規格」や世界共通の「ISO規格」によって定められたマークで、洗濯の方法や乾かし方、アイロンの当て方などを表したものです。四角のなかに丸が乾燥機のマークになります。

また、乾燥機のマークは2016年に新設されたマークですので、衣類によっては表示がない場合もあります。「タンブラー乾燥は使えません」などの注意書きがなければ乾燥機にかけることができます。

綿素材は乾いたバスタオルと一緒に短時間で

綿100%の服は乾燥機にかけないほうがよいとはいうものの、乾燥機を使わないと赤ちゃんの服が足りなくなってしまうというときもありますよね。

こんなときは乾いたバスタオルと一緒に短時間だけ乾燥機にかけてみましょう。バスタオルが蒸発した水分を吸収するため、短時間でも効率よく服を乾かすことができます。

綿素材が収縮するのは熱が加わり水分が蒸発しているときです。乾燥機にかける時間が短いと繊維が収縮する時間も短くなり、生地が受けるダメージを減らすことができます。

また、乾燥機だけで乾かそうとすると熱をかけすぎてしまいがちですので、少し湿っている程度で取り出すとよいでしょう。乾燥機をかけてから部屋干しすることで早く乾かすことができます。

お気に入りの服は生乾き状態で取りだして

繊維にとって高熱や摩擦は大きなストレスです。乾燥機にかける時間が長いと天然素材はもちろん化学繊維もダメージを受けてしまいます。

外出用のおしゃれ着や高価な服、お気に入りの服は乾燥機にかける時間を短めに設定し、生乾き状態で取り出しましょう。生地にかかるストレスが減り、服を長持ちさせることができます。

また、生乾き状態で取り出した服は熱が完全に冷める前に広げて干してください。丸まったまま熱が冷めると、内側にたまった湿気がうまく蒸発できません。

乾燥機にかけた衣類をすべて干していると、乾燥機が持つ「時短」というメリットが損なわれてしまいます。タオルや靴下などの消耗品は乾ききるまでかけるなど、用途に合わせて使い分けるとよいでしょう。

乾燥機を使わずに早く乾かすにはどうする?

間隔を広めにして風が通るように干す

廊下を挟んで向かい合わせにドアがある間取りをイメージしてください。ドアから同時に人が出てきたとき、廊下が狭いと部屋から出にくくなり、廊下にいる人が多いと思うように進めませんよね。

洗濯物の水分も同じように、洗濯物どうしの間隔が狭いとうまく蒸発することができません。湿気がこもって乾燥効率も低下します。

洗濯物を干すときは間隔を広めにとり、風が通るように干しましょう。間隔が広くなることで水分が蒸発しやすく、風通しをよくすることで湿気がこもるのを防げます。

また、ワイヤーハンガーのような薄いハンガーではなく厚みのあるハンガーを使用すると、衣類のなかに風が通り乾燥効率が高くなります。広げられるものはなるべく広げ、表面積を大きくするとよいでしょう。

布が重なる部分の干し方を工夫する

ハイネックのセーターやパーカーのフードなど、布が重なる部分は乾きにくく雑菌が繁殖しやすい場所です。雑菌が繁殖した衣類は悪臭がするほか、洗い直しても臭いがなかなか落ちません。

洗濯物を干すときは布が重なる部分ができないよう、干し方を工夫しましょう。

例えば、ハイネックのセーターやフード付きのパーカーは、ハンガーではなく洗濯バサミを使って逆さに吊るします。ポケットのあるズボンは裏返して、なかに空気が通るよう筒状に広げて干すとよいでしょう。

また、赤ちゃんのタオルケットやバスタオルはピンチハンガーを使ってじゃばら状に干すか、一方だけ長くなるように干ししましょう。1足でまとめがちな靴下も、1枚ずつに分けて干すと早く乾きますよ。

除湿機の乾燥機能や浴室乾燥機を利用する

乾燥機を使わず洗濯物を乾かす方法といえば、オーソドックスなのは天日で干す方法です。しかし、日照時間が短い冬は洗濯物が乾きにくく、雨の日は洗濯ができません。

こんなときに便利なのが、除湿機や空気清浄機の衣類乾燥機能や浴室乾燥機です。

衣類用の乾燥機に比べると乾くまでの時間は長くなりますが、熱で生地が傷んだり服が縮んだりしません。ただ干しただけのときよりも早く乾くため、雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。

また、洗濯物を外に干すと第三者に家族構成が分かってしまうほか、洗濯物に付着した花粉やPM2.5などを屋内に持ち込んでしまいます。除湿機などを使って室内干しすると、赤ちゃんを犯罪や有害物質から守ることができますよ。

まとめ

赤ちゃんの服は綿でできているものが多く、乾燥機にかけると生地が傷んだり縮んだりする可能性があります。

乾燥機の使用時間を短くすると生地のダメージを減らすことができますが、きれいな状態を保ちたい、下の子におさがりをしたいときなどは、乾燥機を使用しないほうがよいでしょう。

また、干し方を工夫したり、除湿機などを活用したりすると洗濯物を早く乾かすことができます。ワイヤーハンガーを変形させてオリジナルのハンガーを作ってもよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018