就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬コーデ男の子はどう着こなすの?選び方のヒント

赤ちゃんの冬コーデ男の子はどう着こなすの?選び方のヒント

日によって寒暖差の激しい冬の時期は、赤ちゃんが体調を崩してしまわないように防寒対策をしていかなければならないですよね。今回はとくに、冬場の男の子のコーディネートはどうすればよいのか、防寒アイテムはどのようなものを揃えればよいのか、などについてご紹介していきます。

0歳児の生活に合う冬服のコーデとは

生後1~3カ月はおむつ替えの楽な服装を

ねんね期の赤ちゃんは寝て起きての繰り返し。インフルエンザなどの感染症にかかることを避けるためにも1日の大半を室内で過ごすことが多くなりますよね。おむつ替えの回数やミルクの吐き戻しなどで着替える頻度も高くなる時期ですから、ママのお世話のしやすさを優先した服装にするとよいでしょう。

暖房のきいた室内にいるときであれば、「短肌着1枚+長肌着またはコンビ肌着1枚+ツーウェイオール」で十分です。赤ちゃんは体温調整が苦手ですから、汗のかき具合を見ながら衣服の枚数を適宜調整する必要があります。

外に出かけるときには、この上にカバーオールやジャンプスーツを着せたり、おくるみで包んであげたりすると、冷たい冬の風から守ってあげることができますよ。

4~6カ月は動きを妨げないものが一番

寝返りやずりばい、伝い歩きをするなど、ねんね期のころよりも動きが出てくる生後4〜6カ月ごろの赤ちゃん。寝返りをしながら部屋中を移動するなど活発に動くため、赤ちゃんの動きを妨げないような服装にしてあげることが大切です。

ただでさえ汗っかきの赤ちゃんは、暖房のきいた室内で活発に動きまわるうちに汗をかいてしまいますので、「前開きのボディースーツ型肌着+カバーオール」程度の服装がおすすめです。

外出時にはカバーオールやジャンプスーツも便利ですが、首がすわったあとの赤ちゃんであればベビーポンチョもよいですよ。寒さが気になるときにサッと羽織らせることができ、暑そうであれば簡単に脱がせることができるため重宝します。

7カ月以降はセパレートタイプが便利

腰がすわりはじめる生後7カ月ごろにもなると、かぶせるタイプのボディースーツ型の肌着に上下セパレートの服を着せる方が増えてきます。ずりばいやハイハイ、伝い歩きなどでの移動も活発になりますので、サッと脱ぎ着できるものが便利ですよ。

冬場は赤ちゃんが風邪をひいてしまわないようにと、つい分厚くもこもことした服を着せてあげたくなるかもしれませんが、汗っかきな赤ちゃんの服装は重ね着が基本です。通気性のよい綿素材の肌着にウェアを重ね、汗をかいたら脱がせるようにしましょう。

元気な男の子は外出時に動きまわることが増えますので、伸縮性に優れた動きやすいトップスやボトムスに、軽くてあたたかい中綿のベストを合わせるコーディネートがおすすめですよ。

冬を迎えるにあたっての場面別コーデ術

室内での服装は素材を重視して

寒暖差の激しい冬の季節は、かよわい赤ちゃんが体調を崩してしまわないだろうかと心配になりますよね。はじめての育児であればなおさら、どんな服を着せればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

普段から体温の高い赤ちゃんは冬でも汗をかきやすいため、素材を重視した服装選びが大切です。「子どもは大人より1枚少なめに着せるほうがよい」ともいわれるほどですので、暖房のきいた室内で過ごすのであれば、吸水性や保温性、伸縮性にすぐれたスムースやフライスなどの肌着に、動きやすい長袖の服を重ねるとよいですよ。

生地が分厚いものやもこもことしたものは赤ちゃんの動きを妨げてしまうだけでなく、汗をかいて逆に身体を冷やしてしまう恐れがあるので避けた方が無難です。

寒い屋外でのホットな組み合わせ

冬のアウター選びは難しいもの。素材や分厚さが適していないとすぐにあせもができてしまいますし、薄すぎれば身体が冷えて風邪をひいてしまいます。その日の気温や出かける場所に合わせたアウターを選びましょう。

季節の変わり目にはベスト、肌寒いときには防寒用のカバーオールやポンチョ、真冬は中綿ダウンやジャンプスーツなどと使い分けることも必要です。お世話がしやすい前開きのもの、サッと羽織らせやすいもの、活発な赤ちゃんの動きを妨げないものなど、機能面も大切ですね。

赤ちゃんが寒くないようにとつい厚着をさせてしまうかもしれませんが、好奇心いっぱいに動きまわる男の子は薄手のアウターで十分なことも多々ありますので、適宜調整してあげてください。

安眠に誘う寝具、スリーパーの揃え方

日中は暖房のきいた部屋で過ごすことができても、夜間までつけっぱなしにすることは難しいですよね。冷え込む寝室ではお布団に手足を入れて寝てほしいものですが、気づいたら布団を蹴飛ばしているということもめずらしくないでしょう。

何度も布団をかけなおすのは大変ですので、寝冷えが気になるときにはパジャマの上に着せるベストタイプの「スリーパー」を活用してみるとよいですよ。丈が長いため、どんなに寝相の悪い赤ちゃんでもはだける心配がありません。

ただし、あくまでスリーパーは防寒具ですので、スリーパーの上からいつもより1枚少なめにしたベビー布団をかけてあげましょう。赤ちゃんにとってちょうどよいあたたかさになるので、スムーズに眠りについてくれますよ。

赤ちゃんにぴったりな防寒アイテムの紹介

おでこや後頭部の冷えを帽子で防ぐ

赤ちゃんの小さな頭に合わせて作られた帽子はかわいらしいデザインのものが多く、見ているだけでも楽しい気持ちにさせてくれますよね。

赤ちゃんの頭には大泉門というやわらかい部分があり、ここがふさがりはじめるのは1歳半ごろのこと。大泉門を外部の衝撃から守るためにも、帽子は取り入れたいベビーアイテムです。

またそれ以外にも、防寒対策や紫外線対策として1年を通して活躍してくれます。とくに寒い時期にはカバーオールやジャンプスーツ、フットマフなどで身体をあたためてあげることは可能ですが、頭は冷たい外気にさらされてしまいますよね。髪の毛の少ない赤ちゃんの頭部やおでこの冷えを防ぐためにも、冬用の帽子をかぶせてあげるとよいですよ。

手や爪を守るお役立ち手袋

いつのまにか自分の爪で顔をひっかいて傷をつくってしまう赤ちゃん。ひっかいたり爪が欠けたりするのを防いでくれる赤ちゃん用のミトンは、見た目が小さくかわいらしいため、出産祝いなどでもよくいただきますよね。

ミトンは月齢の低いころにしか使えないものではありますが、赤ちゃんの防寒対策にも活用できる優れものです。デリケートな赤ちゃんの肌に直接着けるものですので、フライスやガーゼ、オーガニックコットンなど、肌にやさしい素材のものがおすすめですよ。

吸湿性のよいタオル地のものや、あたたかいニットのものは冬場のお出かけにも重宝します。洗濯がしやすく清潔を保ちやすい、チクチクしないように縫い目が外側にある、などにもこだわって選ぶとよいでしょう。

よく動かす足先や膝をカバーするには

体温調整機能が未熟な赤ちゃんは、寒いからと厚着をさせれば体温が上がってしまいますし、反対に薄着にしすぎると身体が冷えて風邪をひいてしまうため、衣服の枚数や部屋の温湿度に配慮するなどのサポートが欠かせません。

とはいえ、その日の気温や赤ちゃんの運動量、室内か室外かによっても防寒対策は異なるもの。よく動きまわる男の子であれば肌着に薄手の服を着せ、レッグウォーマーで足元をあたためるだけでも十分かもしれませんよ。ずりばいやハイハイをする赤ちゃんの膝のカバーにもなりますので、数枚用意しておくとよいでしょう。

足先の防寒には靴下も便利ですが、伝い歩きやひとり歩きをする赤ちゃんに室内で履かせると転倒の恐れがありますので注意してくださいね。

まとめ

乳児期の赤ちゃんは体温調整が苦手なため、冬場はとくに防寒対策に頭を悩ませてしまいますよね。はじめての育児であればなおさら、どのように服や防寒グッズを揃えていけばよいのか迷ってしまうことでしょう。

赤ちゃんの月齢やお住まいの地域、どれほど汗をかきやすいかなどによって必要なものは異なるかもしれませんが、ぜひ記事を参考にコーディネートを考えていただき、動きの活発な男の子が屋内外で快適に過ごせるようにしてあげてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018