就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家族で楽しめる簡単な料理レシピ!フランスのチーズ料理ラクレット

家族で楽しめる簡単な料理レシピ!フランスのチーズ料理ラクレット

チーズ大国であるフランスには様々なチーズ料理があります。中でもラクレットはフランス人が大好きなチーズ料理の一つであり、自宅で簡単に楽しめるのも大きな魅力です。そこで今回は、ラクレットはどんな料理なのか、その準備や食べ方、ママへのおすすめポイントなどについてご紹介します。

家族や友だちとワイワイ食べるラクレット

フランスのラクレットってどんな料理?

ラクレットは元をたどるとフランスのサヴォア地方およびスイスの料理で、冬になるとフランスの食卓テーブルに登場する人気料理です。フランス人なら誰でもラクレットグリルを持っているといわれるほどですよ。我が家でも、15年前に購入したラクレットグリルが毎冬活躍しています。

ラクレットはラクレット用のチーズを熱でトロトロに溶かして、茹でたじゃがいもと生ハムの上にかけて食べます。シンプルでありながらチーズの濃厚な味を存分に楽しむことができるので、日本人の口にも合いますよ。

ラクレットの合間にキュウリのピクルスをつまむのも定番です。日本人の箸休めのような感覚ですね。

ラクレットのお供にワインを選ぶフランス人も多いです。辛口の白ワインもしくは軽口の赤ワインがぴったりですよ。

ラクレットの簡単な下準備と食べ方

まずラクレットを楽しむには以下の材料を揃えましょう。
・ラクレット用のチーズ
・生ハム
・じゃがいも
・ピクルス

お酒が好きなママやパパはワインも忘れずに用意してくださいね。

下準備は、いくつかじゃがいもを丸ごと茹でるだけです。あとはチーズや生ハム、ピクルスをお皿に乗せて並べましょう。

茹でたジャガイモとそれ以外の食材が並んだらラクレット開始です。ラクレットグリルにカットしたチーズを乗せてトロトロに溶かします。必要以上にチーズを放置していると焦げてしまうので要注意です。

各自お皿の上に取り置いたじゃがいも、生ハムの上にチーズをかけていただきます。溶けたチーズで口の中を火傷しないように気をつけてくださいね。

最初にじゃがいもや生ハムをお皿の上で一口サイズに切ってからチーズをかけると、食べやすいですよ。
35 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版