就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

骨なしチキンでXmasディナー!離乳食にもなる野菜たっぷりレシピ

骨なしチキンでXmasディナー!離乳食にもなる野菜たっぷりレシピ

クリスマスディナーのチキン、ボリュームある丸鶏も魅力的だけれど、手間暇を考えるとちょっと悩みますね。今年のクリスマスは鶏もも肉で野菜ピラフをくるくる巻いてつくるローストチキンはいかがですか?カラフルな野菜をたっぷりと入れてくるくる巻いて、フライパンやオーブンで焼くだけで出来上がります。骨がないから火どおりも早く、子どもにも食べやすいのも魅力ですよ。

国際中医薬膳管理師・調理師 みほ

国際中医薬膳管理師・調理師 みほ

スーパーで手に入る食材で、 季節・体調に合わせた薬膳料理やデザートを楽しむ料理教室を、大阪市内で開催しています。 子どもたちのちょっとした風邪やアレルギーなどの不調は、ひどくなる前に薬膳とアロマで解消。休日は家族でアウトドアライフを楽しんでいます。

手軽に作れるローストチキンのレシピ

野菜たっぷり柔らかローストチキンの作り方(4人分)

  • アレルゲン 鶏、乳、小麦
・鶏もも肉・・・2枚
・塩こしょう・・・適宜
・サラダオイル・・・大さじ1
・にんじん・・・1/4本
・玉ねぎ・・・1/8個
・ブロッコリー・・・1/4個
・ごはん・・・200g
・バター・・・10g ※乳製品アレルギーがある場合はサラダオイルまたはオリーブオイルで代用
・薄力粉・・・大さじ2 ※小麦アレルギーがある場合は、米粉で代用
・牛乳・・・300cc ※乳製品アレルギーがある場合は豆乳、アーモンドミルクやライスミルクで代用
・料理用タコ糸・・・約50cm(肉の縦長さの約3倍)

①にんじん、玉ねぎは皮をむき、半分を5mm角程度に、残りは一口大に切る。ブロッコリーは小房に分けて塩ゆでしておきます。

②鶏もも肉は筋や脂肪が気になる場合は切り取り厚みが均一になるように切りひろげ、塩とこしょうをふって味をつけます。
③フライパンにサラダオイルを熱し、①の5mm角に切った方のにんじん、玉ねぎを炒め、しんなりとしてきたらごはんをチャーハンのように炒め、塩とこしょうで味を薄めに調えます。(離乳食としても利用する場合は、特に味は薄めに仕上げてくださいね。)
④まな板にタコ糸を置き、長さの1/3程度の所に鶏肉を横長におきます。手前に③のごはんを細長いおにぎりのようにキュッとまとめて置き、くるっと巻きます。

⑤タコ糸を肉の左端から3cm程度のところで中央に回し、固むすびします。長い方の糸を3cmほど右にまわして固結びする。これを端まで繰り返し、短い方の糸を利用し、右端まで同様に結んでいき、両方の糸を結んで形を整えます。

⑥⑤をフライパンでころがしながら焼き、全体に焼き色がついたらオーブン200℃で10分程度焼くか、フライパンに一回り小さいふたをして蒸気を逃がしながら、肉に火が通るまで焼きます。

⑦きれいなフライパンにバターを熱し、残りのにんじん、玉ねぎを炒める。薄力粉を加え、さっと炒めたら牛乳を少しずつ加えながら、ダマにならないように伸ばします。
⑧⑥のタコ糸をはずし、鶏肉を切りわけ、皿に盛って⑦のソースを流し、ブロッコリーを添えて出来上がりです。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事