就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家で過ごす赤ちゃんが快適な防寒を!服装と部屋の寒さ対策と注意点

家で過ごす赤ちゃんが快適な防寒を!服装と部屋の寒さ対策と注意点

朝晩の冷え込みが厳しくなるにつれて気になるのが、赤ちゃんの防寒対策ですよね。外出時の防寒も大切ですが、1日の大半を家の中で過ごす赤ちゃんは室内の防寒対策も必要です。赤ちゃんを冬の寒さから守るためにどのような方法が有効なのか、気をつけたいポイントは何なのか、などについてご紹介します。

家の中で快適に防寒できる服の着せ方

フリースの下には吸水性のよい綿の肌着を

「赤ちゃんの寒さ対策をどのようにすればよいのだろうか?」と悩むママは多いもの。体温調整機能が未熟な赤ちゃんは寒さに弱いため、外出時だけでなく室内においても防寒対策が欠かせません。

最近では赤ちゃん用の服でもフリースやボアのものが増えてきたため、赤ちゃんが寒くないようにと着せる方が多いのですが、それらは通気性が悪い素材ですので暖房がきいた室内で着せるときには注意が必要です。

通気性がないので熱がこもって汗をかいたりあせもができたりする、赤ちゃんの体質によってはフリース素材で肌荒れをおこしてしまう、などのトラブルも聞かれます。肌荒れやかぶれを起こしては大変ですから、フリースを着せたい場合には吸水性に優れた綿100%の肌着を下に着せるようにしましょう。

ベストやカーデの重ね着で調節しやすく

赤ちゃんは口に出して寒いということができません。寒い環境下でいつのまにか身体を冷やしてしまっていては大変ですから、まわりの大人がこまめに赤ちゃんの衣服の枚数や部屋の温湿度を調整してあげることが大切です。

寒い季節の赤ちゃんの服装は重ね着が基本。分厚い服を1枚着せたほうが暖かいように思われるかもしれませんが、赤ちゃんは一年を通して汗をかきやすいため、冬でも通気性のよい肌着に薄めの服を重ねてあげるほうがよいのです。

トップスを選ぶ際には重ね着をしても赤ちゃんの動きを妨げることがないよう、ぴったりサイズよりも少し大きめのものにしてあげましょう。寒さが気になるときにはさらにその上にベストやカーデを重ねるなど、臨機応変に対応してあげるとよいですよ。

足元の防寒は靴下よりもレッグウォーマーで

赤ちゃんを冬の寒さから守るための便利アイテムは多くありますが、中でもベビー用のレッグウォーマーは大変優秀なグッズです。

「わざわざレッグウォーマーを購入しなくても靴下で十分」と思われる方もおられるかもしれませんが、赤ちゃんは主に手足から熱を放出することで体温調整をしているため、あまり覆わないほうがよいとされています。

赤ちゃんの放熱を阻害しないように、また伝い歩きやひとり歩きをはじめた赤ちゃんがすべって転ばないように、室内では靴下の着用を避けた方が無難でしょう。年中使える綿素材のものから暖かい素材のものまで多様に揃いますので、着脱がかんたんでハイハイのときに膝を保護することにも使えるレッグウォーマーを数枚用意しておくと助かりますよ。

寒い部屋の防寒対策はどうする?

断熱効果のあるカーテンを取り付ける

1日の大半を家の中で過ごす赤ちゃんのために、部屋の防寒対策も必要ですよね。赤ちゃんは体温調整が苦手なため、厚着をさせすぎたり部屋の温度を高くしたりするのはよくありません。それ以外の方法で室内の寒さ対策をしていくことが大切です。

まず部屋の防寒の基本として、「たとえ窓を閉めていても窓枠のサッシから冷気が侵入してくる」ことから対策していくとよいでしょう。冬場はカーテンを厚手のものに替える方もおられますが、日中もずっと締め切っておくわけにはいかないですよね。

そこでおすすめしたいのが「防寒用のレースカーテン」です。外からの冷気を遮断しつつ室内の暖かい空気を逃さないようにできますし、結露防止効果も期待できるのでよいですよ。

床にはジョイントマットやカーペットを敷く

ハイハイしたり座って遊んだりと、床の近くで行動することの多い赤ちゃん。いくら暖房で部屋を暖めても冷たい空気は足元にたまってしまうため、冷たい床で赤ちゃんが身体を冷やさないだろうかと心配するママは少なくないでしょう。

床の寒さ対策にはジョイントマットやカーペットなどの敷物がおすすめです。防音やキズの防止、転倒時の安全対策にと大活躍の敷物は、実は寒さ対策にも一役かってくれるのです。

汚れたら継ぎ目を外して洗えるジョイントマット、ふかふかで暖かいジョイントラグなどは、床の寒さが直接赤ちゃんに伝わらないのでよいですよ。薄いカーペットやキルトラグなどを敷きたい方は、その下にアルミ断熱シートを敷くと保温性が高まるのでおすすめです。

エアコンを使って快適な温度に調節する

一口に暖房器具といっても多様にありますが、電気カーペットや床暖房などは低温やけどの恐れがありますし、石油ストーブなどは伝い歩きや1人歩きをしだした赤ちゃんがうっかり触ってやけどをしてしまう可能性があるため、乳幼児のいる家庭の暖房器具選びは難しいですよね。

床に置いて使うタイプの暖房器具を選ぶ際には、触ってもやけどをしにくい、チャイルドロックや転倒時自動停止機能がついている、など安全面にこだわる必要もあります。

その点エアコンは高い位置に設置されているため、やけどやケガの心配がありません。空気が乾燥しやすくなるため加湿器などでの乾燥対策が欠かせませんが、赤ちゃんが快適に過ごせるように、20〜23℃の室温になるように調整してあげましょう。

室内で防寒対策するときの注意点

暖かい室内は服の着せすぎに気を付けて

寒い季節に赤ちゃんが体調を崩してしまわないようにと、たくさん重ね着をさせてあげたくなるのが親心。しかし赤ちゃんは体温をうまくコントロールすることができないため、厚着をさせると体温が上昇してしまいます。反対に薄着にし過ぎても体温が下がってしまうため、服の枚数調整には注意が必要なのです。

とくに暖房のきいた室内にいるときは身体を動かすだけでも汗をかいてしまうので、「冬用の肌着1枚(または2枚)+ベビーウェア1枚」で十分でしょう。

「大人より1枚少なめに着せるのがよい」とよくいわれますが、部屋の温湿度やお住まいの地域、赤ちゃんが暑がりかどうかなどにもよるでしょう。赤ちゃんの様子を見ながら適宜調整してあげてくださいね。

室温は赤ちゃんが過ごす位置でチェックを

赤ちゃんの手足が冷たいとつい服を何枚も重ねたり靴下を履かせてあげたりしたくなるかもしれませんが、赤ちゃんは熱を放出するために手足が冷たくなりやすいので、お腹や背中が温かいのであれば問題ありません。

赤ちゃんが過ごす冬の室内は、室温20〜23℃程度が理想的な環境だといわれています。赤ちゃんのための部屋の防寒対策は服を何枚も重ねたり靴下を履かせたりするのではなく、赤ちゃんの動きを妨げないような服装を心がけ、暖房などを使って室温を調節してあげることが大切なのです。

部屋の中でも過ごす位置によって温度は異なりますので、上記の温度が保てているかどうかを赤ちゃんの高さに合わせてこまめにはかって確認するようにしましょう。

定期的な換気や適度な加湿を忘れずに

冬場に暖房機器は欠かせませんが、つけ続けていると空気が乾燥してしまいますよね。湿度が下がることでインフルエンザなどのウイルスが活性化しやすくなる、鼻や口の粘膜が乾燥して風邪をひきやすくなる、脱水症状を起こしてしまう、などの可能性が高まります。

冬場の室内の湿度は40〜60%程度が理想的だとされていますので、加湿器を使ったり室内に洗濯物を干したりするなど工夫をして適度に加湿をしましょう。

また石油ストーブやガスファンヒーターなどの開放型暖房器具を使用する場合、柵やストーブガードでやけど対策をすることはもちろん、一酸化炭素中毒にならないよう定期的に換気をすることも大切です。1〜2時間に1回、5〜10分程度窓を開けて換気をしてくださいね。

まとめ

朝晩の冷え込みが厳しくなるにつれて、寒さで赤ちゃんが体調を崩してしまわないだろうかと心配になってしまうママは少なくないでしょう。

赤ちゃんは体温調整が苦手なため、重ね着や防寒グッズ、暖房器具を用いて寒さから守ってあげる必要がありますが、寒さの感じ方や汗のかき方が大人とは異なるため、こまめな調整が必要となります。

着せすぎや暖房器具での暖めすぎ、また部屋の乾燥などに注意していただきながら、赤ちゃんが冬場の室内でも快適に過ごせるよう工夫をしてみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR