就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとの家遊びは1日どのくらい?ねんね期からたっち期の家遊び

赤ちゃんとの家遊びは1日どのくらい?ねんね期からたっち期の家遊び

家で赤ちゃんと遊びたいと思っても、ママは家事などのやることが多く長時間遊びにつき合うのは大変なものです。一般的に子育て中のママたちは、どれくらいの時間、赤ちゃんと家遊びをしているのでしょうか?赤ちゃんとの家遊びの平均時間や注意点、赤ちゃんの発達を促す効果的な遊びを紹介します。

赤ちゃんとの家遊びの平均時間や注意点

赤ちゃんと一緒に遊ぶ時間は平均1時間!

あるアンケートによるとママが赤ちゃんと家で遊ぶ平均時間は1時間という結果が出ています。生後1~3カ月の赤ちゃんの家遊びは30分程度、1歳前になると1時間以上しているようです。

生まれたばかりのころは視力や聴力の発達が未熟です。そのためママが赤ちゃんと遊ぼうとしても反応が感じられないことが多いでしょう。赤ちゃんの集中力も長く続かないので、30分以上遊び続けることは難しいものです。

生後6カ月ごろになると徐々に視力や聴力が発達してきます。集中力も続くようになるので、1時間程度は遊ぶことができるでしょう。

家遊びの時間は1歳ごろをピークに減っていきます。赤ちゃんが歩くようになると外出の機会が増え、家遊びの時間が少なくなるのです。

赤ちゃんにとって安全な環境を整えて

赤ちゃんは危険なことが判断できないため、ママが安全な環境を整えることが大切です。赤ちゃんと遊ぶときは「誤飲」や「ケガ」に注意しましょう。

赤ちゃんは手の届くところにあるものなら、なんでも口に入れてしまいます。小さなものはなめているうちに飲み込んでしまう恐れがあるので、赤ちゃんの手が届かない場所に置くようにしてください。

赤ちゃんの動きが活発になると、なにかの拍子に転んで家具の角に頭をぶつけたり扉で指を挟んでしまったりすることもあります。赤ちゃんから目を離さないようにしたいものです。

安全に過ごすためには日ごろから赤ちゃんの行動範囲を知っておくとよいですよ。危ないと思うものを、赤ちゃんから遠ざけておきましょう。

スキンシップをとりながら楽しもう

赤ちゃんのお世話をするときは、スキンシップをとりながら楽しみたいですね。スキンシップは、赤ちゃんの心の成長によい影響を与えるといわれています。

赤ちゃんが泣いているときは、やさしく抱っこしたりほほをくっつけたりしてみましょう。赤ちゃんはママが大好きなので、安心して泣きやむでしょう。

遊ぶときもスキンシップをとり入れるとよいですよ。ボディタッチをしたりやさしく話しかけたりしながら遊ぶと、赤ちゃんの情緒がさらに安定するはずです。

赤ちゃんとのスキンシップはママの心にもよい効果が現れるともいわれています。スキンシップで赤ちゃんの心臓の音やぬくもりを直接感じると、ほっとした気持ちになり、疲れた心が癒されてゆくでしょう。

ねんね期とおすわり期の家遊びのアイデア

【ねんね期】色んな物を握ると刺激になる

ねんね期の赤ちゃんと遊びたいと思うママは多いでしょう。赤ちゃんとの遊びは出産後の楽しみの一つですよね。

ママの指を赤ちゃんの手のひらにそっと置いてみてください。赤ちゃんがぎゅっと握り返してくれることがあります。

これは原始反射といって赤ちゃん特有の動きだそうです。手から色々な素材の物を感じることによって、赤ちゃんの発達が促されてゆきます。

やわらかい布やぬいぐるみだけでなく、カサカサする新聞紙やビニールなど素材の違う物を握らせてみるのもおすすめです。

【ねんね期】ベットメリーやベビージム

ぶら下がって揺れるベッドメリーやベビージムは、ねんね期の赤ちゃんが遊ぶのにぴったりのおもちゃです。メーカーによって違いはあるものの、鮮やかな色のものが多く赤ちゃんの視覚が刺激されるようになっています。

ベッドメリーは音楽が鳴りながら動くので、音楽に合わせて赤ちゃんと遊ぶことができます。赤ちゃんと一緒にリズムをとるなど簡単な遊びがおすすめです。

赤ちゃんが目の前にあるものに手を伸ばそうとし始めたらベビージムを与えてみましょう。ママも赤ちゃんと一緒に寝っ転がって遊ぶと楽しいですよ。

【おすわり期】いないいないばあ!

おすわり期になると声を上げて反応してくれる赤ちゃんもいるので、一緒に遊ぶのが楽しく感じられるでしょう。とくに「いないいないばあ!」の遊びは、赤ちゃんとのコミュニケーションがとりやすい遊びなのでおすすめですよ。

ママがハンカチや手で顔を隠して「いないいない…ばあ!」といいながら顔をみせると、赤ちゃんが笑顔になり喜んでくれることでしょう。楽しすぎて繰り返しをせがまれることもあると思います。

「いないいないばあ」は赤ちゃんの記憶力の発達を促してくれます。繰り返し遊んで記憶力を高めたいですね。

【おすわり期】積み木やボール遊び

支えなしでおすわりができるようになったら、体の前におもちゃを置いて遊びましょう。手を使って遊べる積み木やボール遊びがおすすめです。

積み木を重ねていくのは難しいかもしれません。ママが積み重ねたものを赤ちゃんが壊す遊びがおすすめです。「積み上げたものを壊すって精神的にどうなの?」と思うママがいるかもしれませんが、成長段階でのことなので心配しなくても大丈夫です。

ボールをコロコロ転がすのも楽しい遊びです。赤ちゃんに声をかけながらキャッチボールを楽しみましょう。

成長を促すたっち期の家遊びのアイデア

まねっこ遊びで心の発達を促そう

たっち期になると赤ちゃんとのコミュニケーションがさらにとりやすくなりますよ。赤ちゃんが「ちょうだい」や「ありがとう」のしぐさができるようになり表情も豊かになるので、一緒に遊んでいる実感がわいて楽しいと思います。

まわりの人が「バイバイ」と手を振ると、赤ちゃんがまねをして手を振り返してくれることもあるでしょう。歩くようになると、ママのまねをしておむつや着替えを運んできてくれることもあるかもしれません。

行動がかわいいと思う反面、赤ちゃんの行動範囲が広がり、パパやママはお世話が大変になってくる時期です。赤ちゃんの心や体が大きく成長している時期なので、温かく見守るようにしましょう。

音や動きに反応しやすいのでリズムのとりやすい音楽を聴くのがおすすめです。ママのまねをして体を揺すって遊ぶでしょう。

絵本を読み聞かせるのもおすすめです。読み聞かせを習慣にしていると、お気に入りの絵本が見つかり、その本の登場人物のまねをして遊ぶこともあるでしょう。

まねっこ遊びは子どもの想像力がふくらみ、心の発達を促す効果が期待できるのです。

ハイハイ鬼ごっこで社会性が身につく

ハイハイは体や脳の発達によい効果があるといわれています。成長の過程で、ハイハイは大切な期間なのです。

ハイハイがうまくできるようになったら、赤ちゃんとハイハイ鬼ごっこをして遊びましょう。ハイハイ鬼ごっこはハイハイをしている赤ちゃんを「まてまて~」と追いかける遊びです。

激しく追いかけると赤ちゃんが驚いてしまうので、始めはゆっくりと赤ちゃんの後を付いてゆく程度にしてくださいね。ハイハイ鬼ごっこは追いかける側と追いかけられる側の立場が経験できるので、小さいころから社会性が身についてゆくでしょう。

赤ちゃんがハイハイ鬼ごっこに慣れてきたらアレンジを加えて遊ぶと楽しいものです。ハイハイ鬼ごっこの途中で、パパやママが隠れたり座布団などの障害物をおいたりすると発達の刺激になります。

一緒に障害を乗り越える達成感を味わうことができるため、さらに社会性が身につくでしょう。

ハイハイ鬼ごっこをすると、赤ちゃんが楽しくて興奮してしまう場合もあります。急いで逃げようとして転んだりしないように注意してくださいね。

まとめ

赤ちゃんとの家遊びは1時間程度のママが多いようです。家事などで忙しいので無理しないように遊びたいものです。

ねんね期の赤ちゃんはベッドメリーやベビージムで遊ぶとよいですよ。ママが横で話しかけたり笑いかけたりして、スキンシップを心がけましょう。

おすわり期には「いないいないばあ」や積み木などで遊ぶのがおすすめです。ハイハイ鬼ごっこなどをして赤ちゃんの発達を促しながら遊びましょう。

赤ちゃんが歩くようになると外出の機会が増えるので、ねんね期からたっち期には、家で赤ちゃんとの遊びを楽しみましょう!

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018