就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てを通じて地域とつながりを持とう!役立つ情報や関わり方を紹介

子育てを通じて地域とつながりを持とう!役立つ情報や関わり方を紹介

子どもが生まれると、今までよりも地域の人とつながりをもつことも増えていきます。「地域とつながることは子育てのなにに役立つのか」「子育てサークルってどういうものなの?」「ファミリーサポートではどういう支援があるの?」などについて調べてみました。

地域とつながりを持つことは子育てに役立つ

地域の目が子どもの防犯対策になります

地域の人が子どもに関心をもつことは、子どもの安全を見守るためにとても重要なことです。関心がないと注意して子どもを見ることがありません。不審者が子どもに声をかけていても気づかず、子どもが事件に巻き込まれるかしれませんよね。

「知らない人から声をかけられたら逃げるように教えているので、マンション内の挨拶を禁止して欲しい」という話がでたマンションがあるようです。確かに知らない人から話しかけられたら注意をしなければいけないのですが、「この人は近所の人だ」と子どもが認識することで万が一のときに子どもが安心して頼ることもできますよね。

誰が知っている人で、誰が知らない人なのか子ども自身が理解することで、犯罪に巻き込まれる可能性も可能性も少なくなるでしょう。

家族以外との関わりが社会性をつちかいます

子どもが家族以外の地域の人と関わり関わりをもつことで、人間関係の範囲が広がり社会性を育てることもできます。

自分の考えと異なる考えがあると知ったり、子ども同士のトラブルを自分たちで解決したりすることもあるでしょう。いろいろなことを経験することで、「相手を思いやる心」や「マナーやルールを学ぶこと」ができますよね。

さまざまな人と接することで、いろいろな価値観があることやどうやって人と関わるかを学ぶことができますよ。

グローバル社会のなかでは「文化の多様性を受け入れること」や「周りの人と協力をして物事を解決すること」などが必要になります。家族以外の人との関わりは、それらの大切な基礎を築くことにもなるといわれていますよ。

困っている人を助ける心がはぐくまれます

地域の人とつながりをもつことで、自然とお互いに助け合う気持ちが育まれていきます。「相手を助ける」「自分が助けられる」ことはお互いに支えあうということです。

家族はもちろん地域の人との関係が良好であれば、相手を思いやる気持ちが育まれ、周りの人たちへ心くばりできる態度が形成されたとするデータもありました。この思いやる気持ちが、「悪いことは絶対にしない(相手が困ることはしない)」という誘惑に負けない心も育ててくれます。

周りの人に優しくしてもらうことで、「自分自身も困っている人がいたら助けてあげよう」という気持ちになりますよね。誰かを助けることで、「人の役にたった」という喜びを実感することもできますよ。

子育てサークルで気軽に地域とつながろう

子育てサークルにはどんな種類があるの?

子育てサークルとは子育て中のママが中心となって、子育てを楽しんだり、子育てに関する悩みや不安を相談したり、お互いに支えあう活動になります。

活動内容も、親子遊びメインだったり、子どもは託児でママの勉強会をしたり、ボランティアによる絵本の読み聞かせだったりいろいろあります。地域によって子育てサークルの活動内容には特徴があるようです。妊娠中から活動ができるサークルや、双子や三つ子など多胎児ママ限定のサークル、転勤族向けの子育てサークルなどもあります。

サークルの運営者も以下のように、個人から団体までさまざまです。

・子育て支援センター
・特定非営利活動法人
・地域有志の仲間づくりサークル
・児童館内にある子育てサロン
・病院内での育児サークル

子育てサークルはどうやって探すの?

育てサークルの探し方としては、市役所や児童館、子育て支援センターに、サークルが作成したチラシが置いてあったり、掲示してあったりするのでそれを見る方法があります。自治体によっては、子育てサークルの一覧表や、どういう活動内容なのかなどをまとめた冊子を作成しているところもあるようです。

インターネット上で探すこともできます。「〇〇(自治体名) 子育てサークル」などで検索をすれば、近くの子育てサークルを探すことができます。一覧になっていたり、サークルがやっているHPやブログなどがあります。

代表者の名前や電話番号、メールアドレスなどが記載されていて、直接問い合わせをできるところが多いので、気になるサークルがあれば一度連絡をしてみてくださいね。

トラブルはないの?人見知りでも大丈夫?

「なにかトラブルに巻き込まれないか」や「人見知りだけど大丈夫かな」と参加をする前は心配なことがありますよね。

大きなトラブルが起こることはあまりないようですが、人間同士なので、多少嫌な思いをすることはあるかもしれません。サークルに参加したことのあるママからは「トラブルなく楽しめた」という意見が多くありました。

人見知りのママもしんどいなと思うことはあったようですが、「子どもが楽しんでいる姿を見ることもできたし、同じ幼稚園に行くママ友もできたので、参加してよかったと思う」という声もありましたよ。

子育てサークルはいくつもあるので、一度お試しで参加をしてみて合わないなと思ったら、また別のサークルに行ってみるなど、気軽に参加すると楽ですよ。

地域の子育てサービス、ファミリーサポート

ファミリーサポートってどんなサービス?

ファミリーサポートとは、育児などの助けをして欲しい「依頼会員」とお手伝いのできる「援助会員」が、それぞれ助け合うものです。

設立や運営は各自治体ごとにおこなわれています。平成28年度の実績として、833の市区町村でファミリーサポートが実施されています。

利用をするには登録が必要です。依頼会員は各自治体のセンターで登録をおこないます。そのときに印鑑や顔写真が必要なことが多いようですが、登録料は必要ありません。援助会員は登録の前に各自治体で実施される講習会に参加をする必要があります。

依頼会員の希望する援助ができる援助会員をファミリーサポートセンターが紹介し、事前に顔合わせなどをおこなってからサポートが実施されます。

登録するとどんな支援が受けられるの?

支援の基本は子どもの「送り迎え」と「預かり」になります。

送り迎えでは、保育園や幼稚園、習いごとなどへの送り迎えができないときに、援助会員がパパやママの代わりに子どもの送り迎えをします。

預かりでは、保育園や幼稚園、学校、学童保育などが終わってからの時間や、病院や冠婚葬祭などパパやママの用事があるときに子どもを預かってもらえます。買い物や美容院など、子どもと離れてリフレッシュをしたいときに利用することもできますよ。一部にはなりますが、病児や病後児の預かり、深夜や早朝の緊急預かりにも対応している自治体もあります。

自治体ごとに受けられる支援の内容は異なるので、ファミリーサポートセンターなどで聞いてみてくださいね。

料金や利用にあたっての注意点は?

利用料金は各自治体によって異なります。平日1時間当たりの基本料金は700円台が44.2%と最も多く、600円台が33.3%、500円台が11.8%となっています。土日祝や早朝、深夜などは基本料金+割増料金になることもあります。

知らない人に子どもを預けることになるので、「問題はないのだろうか」と心配になりますよね。顔合わせのときに、安心して預けられる人かどうか確認するようにしましょう。また伝えておきたいことがあれば、しっかり話しておくと心配ごとも少なくなりますよ。

保育園や幼稚園の送り迎えをお願いする場合、園によってはパパやママ、家族以外の送り迎えを禁止していることもあります。送り迎えをお願いしたいときは事前に園に確認をするとよいですね。

まとめ

地域とつながりをもつことは、パパやママにとっても、子どもにとっても役立つことがたくさんあります。

子育てサークルを利用することで、子どもやパパ、ママに友だちができ、いろいろな話をすることで息抜きをすることもできますよ。また、ファミリーサポートを上手に利用して、育児の負担を軽減してみてくださいね。

ただ人との関わりになるので、トラブルが起こることもあるでしょう。もしストレスを感じるときには無理をしてまで関係性を保つ必要はありません。適度な距離感で、地域とつながりながら子育てを楽しみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018