就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

熊本で子育てすることに。住む地域を選ぶポイントと子育て情報

熊本で子育てすることに。住む地域を選ぶポイントと子育て情報

結婚や引っ越しなどを機に熊本県で子育てをする予定の女性や、すでに子育て中のママは、どこが子育てのしやすい地域なのか、どのような子育て支援があるのかなどいろいろ気になりますよね。今回は、熊本県に限らず子育てしやすい街の選び方や、熊本県内での子育て情報をご紹介します。

子育てしやすい街を選ぶポイント

教育や医療などの施設が充実している

子育てしやすい街選びでまず考えられる施設は病院です。子どもは病気になったりケガをしたりすることが多く、病院を利用する機会がよくあります。また、予防接種や定期健診で病院に行くこともあるでしょう。

とくに、小さい子どもは風邪をひいて高熱がでたり、急にお腹をこわしたりして、体調が悪くなることがあり慌てるママも多いのではないでしょうか。そのような場合に、近所にあるかかりつけの小児科以外に、夜間診療や急病診療などを受けつけてくれる病院があると安心ですね。

つぎに、保育園や幼稚園など教育施設です。保育園・幼稚園ともに生活力やコミュニケーション能力向上など、成長のサポートになります。また、共働きの場合、保育園に預けることを想定して選びましょう。

子育てや医療の支援制度が充実している

子育てや医療の支援制度が充実しているかは、子育てするにあたって大切なポイントになります。

たとえば、保育料の助成、待機児童対策への取り組みがおこなわれているか、親子・ママ同士で交流を深め友達づくりができる場所やイベントはあるのかなどの子育て支援情報があると助かりますよね。

また、子どもは、免疫機能が未熟で病気になりやすいですし、ケガをすることも多いので、医療費の助成制度があるのか、どのぐらい負担してくれるのかなども重要です。このような制度を利用できれば、子育てにかかる費用を大きく軽減できます。

長く住み続けることを考えて、子育てを考えている街の支援や助成制度などは、詳しく確認したほうがよいでしょう。

治安や交通の便がよいこと

子育て家庭にとって子どもの生活に大きく影響する治安のよさは、住む場所を選ぶときに大切なポイントになります。繁華街やゲームセンター多い地域では、子どもがトラブルに巻き込まれたり、不良のたまり場になったりしている可能性もありますので、あまりおすすめできません。

また、子どもが成長して公園に行くようになったり、習いごとに通わせたりする時期になると、治安がよく近所の人たちとも顔見知りで見守ってくれるような温かい地域が安心です。

ほかにも、交通の便がよいと家族でお出かけしやすく、パパ・ママが仕事に行くのにも便利。近くに駅やバス停があるか、高速道路や整備された道があるかどうかも住む街を選ぶときに考慮しましょう。

熊本で住みやすいおすすめな場所は合志市!

住みよさランキングで2年連続九州1位!

住みよさランキングは公的統計をもとにランキングされたもので、それぞれの地域の「安心度」「利便度」「富裕度」「居住水準充実度」の5つの分類に分けて総合評価されたものです。

合志市は、熊本市に隣接していて熊本市の中心部まで車ですぐ行けますし、熊本電鉄も通っていますので交通の便がよいです。利便度だけでみると断トツの高評価で全国1位となっています。また、郊外ですが比較的富裕度が高いことでも、住みやすい街としての人気が伺えます。

市内には「熊本県農業公園」や「元気の森公園」など、自然散策を楽しめるスポットがありますよ。お弁当を持って家族でお出かけしたり、敷地内の芝生広場や遊具で遊んだりでき、大人も子どもも1日楽しむことができます。

子育ての様々な手当てや助成制度が充実

合志市では、0歳~中学校卒業まで(15歳の誕生日後、最初の3月31日まで)の子どもがいる家庭には、児童手当として以下の金額が支給されます。

・3歳未満…一律15,000円
・3歳~小学校修了前…第1子・第2子10,000円、第3子以降15,000円
・中学生…一律10,000円
・保護者の所得が所得制限限度額以上の場合…10,000円となります。

ほかにも、子どもの疾病を早期治療し健康を促進する目的と、子育て家庭の経済的負担を軽減する目的で「合志市こども医療費助成制度」を実施しています。これは、0歳~中学校3年生までが対象で、医療保険適用のすべての疾病に対して支給されます。

子育て支援日本一を目指す街、というだけありますね。

合志市に分譲地が次々と誕生している

合志市には子育て世帯におすすめのファミリー向け分譲地が次々と誕生しています。買い物、通勤、家族でのお出かけなどに便利なだけでなく、徒歩圏内に保育園や小学校などがありますので、共働き家庭にも人気の分譲地です。

地域内には、スーパーやドラッグストアなどがところどころにあり、大型ショッピングモールのある光の森までも車で10分程度で行くことができます。生活必需品の買い物で困ることはないかもしれませんね。

分譲地は地盤調査や改良工事が済んでいるので安心ですし、道幅が広く整備されているので車での出入りがしやすいところがほとんどです。また、ある程度の外観制限がありますので、街並みがきれいで統一感があるのも魅力です。

地元のママたちが勧める人気のエリア

熊本市内で子育てしやすい東区

東区は住みやすい地域として子育て家庭にも人気が高く、熊本駅まではやや距離がありますが九州自動車道の高速インターが近いので、車を持っている方なら不便さを感じません。

また、JR豊肥本線が近くを通っていますので電車での移動にも便利です。頻繁に利用することはないかもしれませんが、熊本空港にも近いので、飛行機での旅行や帰省のときは近くてよかったと思えますよ。

子連れにおすすめは水前寺江津湖公園です。江津湖の周辺一帯に広がる自然が豊かな公園で、アスレチックや散歩道が整備されていたり、湖でボートに乗ったりできるので、一日遊んでも退屈しませんよ。園内のトイレはきれいでオムツ交換のスペースがありますので、赤ちゃん連れでも安心です。

菊池郡に住むなら菊陽町光の森が便利

菊池郡菊陽町光の森は、JR豊肥本線「光の森」駅の北側にある静かでのどかなエリアです。

徒歩圏内にある大型ショッピングモール「ゆめタウン」は、家族連れで楽しむのにもってこいの場所。ゆめタウンには食料品のほかにも、日用品、ファッションブランドのショップ、雑貨売場、映画館、ゲームセンターなどがあります。広めのフードコートもありますので、買い物の途中に休憩ができ、子連れのママも安心して買い物ができますよ。

ゆめタウン以外にも近くに飲食店、ドラッグストア、大型電気店が立ち並んでいて買い物に困りません。わざわざ遠出をしなくてもここで十分買い物が済ませられます。また、子育てファミリーも多いエリアですので、治安も悪くないのでおすすめです。

阿蘇の大地でのびのび子育て

阿蘇は豊かな農地と草原が多く、つねに大自然を肌で感じることのできる広大な大地です。子育て家庭におすすめのポイントは牧場の多さで、JR宮地駅や阿蘇駅から車で20~30分ぐらいで行ける場所にあります。

たとえば、うぶやま牧場では馬やヤギなどの動物とふれあえたり、バター・アイスクリームの手作り体験をできたりと子どもたちに大人気。また、ほとんどの牧場では乗馬体験ができますので、小さい子どもにもおすすめで1日中楽しく過ごせますよ。

阿蘇には、子連れで楽しめるカフェやレストランも充実しています。阿蘇の自然豊かな大地で育った食材や、大草原の中でのびのびと育った牛などを活用した料理を、子どもと一緒に食べて満喫してください。

まとめ

熊本県は山や海に隣接していることもあり、どのエリアに住んでも自然を体感できるところが多くあります。自然を感じながら生活し、子どもがのびのびと成長できる環境が整っているのではないでしょうか。

子育て支援や交通の便などは事前に調べることができます。興味のある場所があれば実際に行って自分の目で見て確認することをおすすめします。行くだけでも街の雰囲気や子どもたちの様子などが分かるので、子育てにぴったりな地域を見つけることができるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018