就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

寝る前に読みたい6歳児向け絵本。心に残る本、勉強になる本9選

寝る前に読みたい6歳児向け絵本。心に残る本、勉強になる本9選

夜寝る前に本の読み聞かせをしているご家庭も多いですよね。眠りに入る前に、親子でゆったりした時間をつくることは、子どもの成長に影響するともいわれています。6歳はいろんな話も理解でき、興味や世界が広がっている年ごろ。ここでは6歳の子どもに、寝る前に読み聞かせてあげたいおすすめの絵本を紹介します!

寝る前の心に残る6歳向けのおすすめ絵本

美しい物語「ぼくのともだち おつきさま」

「ぼくのともだち おつきさま」は、月と「ぼく」が友達になるという美しいストーリーであることだけでなく、ページいっぱいに描かれている優しい色使いの絵が特徴の絵本です。作者のアンドレ・ダーハンは、パリの実術学校の教師でもあり、彼女の描いた絵本は、キャンパスに描かれたひとつの絵と同じくらい、各ページが丁寧に描きあげられています。

世界中で愛されているこの絵本ですが、国によっては、ストーリーがかかれていません。絵だけの絵本です。絵を見て、子どもが自由に言葉を思い浮かべ、ページをめくっていくというスタイルの絵本なのです。

夜寝る前に、夜の世界の象徴でもある月と友達になれるこの絵本で、子どもたちは安心して眠りに入ることができますね。

狐と人との触れ合い「手ぶくろを買いに」

「手ぶくろを買いに」は、ママも子どもの頃に読んだ記憶があるのではないでしょうか。寒い冬、冷たい手をしたわが子のために、手ぶくろを買いたいと思う母狐と、一匹でがんばって人間の店に手ぶくろを買いに行く子狐の、愛情にあふれた物語です。

人間を恐れていた母狐でしたが、子狐が間違って狐の手を出しても、お店の人が捕まえなかったことを知り、本当は人間はいい人なのかもしれないと思います。人間と動物のありかたも考えさせてくれますね。

作者の新美南吉は「ごんぎつね」などほかにも有名な本を作りました。30歳の若さで結核でなくなりましたが、その人生の中で作り出した数々の絵本は、美しい日本語で語られていて、子どもに読み聞かせたいと思う親たちから、今も支持され続けています。

一度は読みたい「100万回生きたねこ」

「100万回生きたねこ」は、印象的な猫のイラストで子どもを楽しませると同時に、読んだ後に大人をジーンと感動させてくれます。作者の佐野洋子は武蔵野美術大学を卒業し、物語と絵の両方を自分で作っていて、多くの作品で賞も受賞しています。

100万回も飼い主が変わり、死んで生きてを繰り返し、愛を知らずに生きていた猫が、のら猫になりました。そして出会った真っ白なメス猫に初めて恋をしました。子どもができ、家族もできました。幸せだったとき、自分が愛し、自分を愛してくれたメス猫が死にました。100万回死んでも生き返り、愛を知らなかった猫が、悲しくて辛くて、もう生き返ることはありませんでした。

子どものために読んだけど「これは大人向けの本だ」という口コミも多いですね。

寝る前に知識を!6歳向け勉強になる本

「チックタック じかんってなあに?」

学校での勉強が気になり始める6歳児には「チックタック じかんってなあに?」を読めば、時間について学ぶことができます。1秒、1分、1時間といった時間の長さや、過去、現在、未来といった時間軸についても、子どもに伝わりやすい優しい語り口で書かれています。

「時間ってなに?」と子どもに聞かれたら、どう説明すればよいのか困ってしまうママもいるでしょう。目に見えないし、口で説明しにくいですよね。でもこの本があれば、赤ちゃんが育って大きくなり、ママやパパになって、おばあちゃんやおじいちゃんになってと、人の時間の流れも教えてくれます。

作者のベス・ユーマン・グレイクも絵のハーベイ・ワイスも、ともにニューヨーク生まれ。世界中の子どもたちに向けた絵本を作っています。

分かりやすいと評判「十二支のはじまり」

毎年お正月になると「今年は何年?」と話題になりますよね。動物なので子どもにも親しみやすいですし、どうして毎年動物が変わるのかと疑問に思っているでしょう。

「十二支のはじまり」は、子どもに分かりやすいように干支について説明してくれます。どんな12の動物がいるのか、順番はどうなのか、可愛らしい絵でユーモアたっぷりに教えてくれます。自分はどの干支なのか、ママはパパはどの干支なのか、動物が分かると、それだけでも何だか楽しくなってしまいますよね。

作者のやまちかずひろは、ロシアの人気絵本「チェブラーシカ」の日本語版も手掛けています。絵の荒井良二は、多くの絵本を描き、賞も受賞しています。音楽活動もするマルチタレントな方です。

初めての伝記に「ライト兄弟」

子どもの夢を大きく広げるのがこの絵本「ライト兄弟」です。空を鳥のように飛んでみたいと、子どもは願っていますよね。そんな子どものころからの空への憧れを実現するため、自分たちで飛行機を作ってしまった兄弟の話が、この本にはとても分かりやすく描かれています。

お父さんが買ってくれたおもちゃの飛行機で遊び、自分たちでも凧や飛行機を作ってみて、どんどん改良して自分たちが乗れるような飛行機まで作ってしまった、そんな兄弟の話は、子どもたちにも身近で、なんだか自分もできそうな気持にさせてくれます。

「伝記絵本ライブラリー」という偉業をなした人たちについて書かれた絵本がまだありますので、子どもにあった偉人を選んであげることもできますよ。

寝る前が楽しみになる6歳向け絵本

「エルマーのぼうけん」シリーズ

「エルマーのぼうけん」は、子どもを冒険の世界へ連れて行ってくれます。9歳のエルマーは、友達になったのら猫から、どうぶつ島に捕らえられているかわいそうなりゅうの子の話を聞きます。りゅうの子を助けるために、エルマーはのら猫と一緒に船に乗るため港に向かいます。

エルマーが旅に出るためにリュックに入れたのは、チューインガム、桃色の棒付きキャンディー2ダース、輪ゴム1箱、黒いゴム長靴、磁石1つ、虫めがね6つ、違った色のリボン7本、「クランべり行き」と書いた大きなからの袋などなど。何の役に立つのだろうかと思ってしまうこれらの物が、旅の途中でうまく使われていきます。

子ども心をくすぐるこの絵本を読めば、自分が主人公になった大冒険の夢が見れそうですね。

「おしりたんてい」シリーズ

「おしりたんてい」は、見た目もインパクトあるお尻の顔をした探偵が、冷静沈着に謎を推理し解決していきます。子どもってお尻が好きな子多いですよね。それだけで、もう子どもの気持ちを掴んでいます。

内容もしっかり楽しめる内容です。絵本に書かれているストーリーや証言、時間などを考慮して、子どもが自分で推理したり、迷路に挑戦したりして、正に探偵になった気分です。イラストも細かく書き込まれていて、毎回違った発見もあり、じっくり見たり調べたりする力も育ててくれそうですね。

そしてお尻探偵の「しつれい こかせていただきます」という決めゼリフが何とも面白く、格好いいのか悪いのか、子どもに大人気です。楽しく推理できる絵本で、スッキリした気分で寝ることができますね。

「からすのパンやさん」シリーズ

1973年に発行された「からすのパンやさん」は40年以上たっても変わらず、子どもたちに読まれ続けています。4人の子どもを持つカラスの一家の、忙しいけど愛のある様子が描かれています。

4匹の子どもの世話でパン屋の仕事が回らなくなってしまったお父さんとお母さん。お店は散らかって、お客さんも来なくなってしまいました。貧乏になって、売れ残ったパンや焦げパンは、子どもたちのおやつに。その子たちのおやつが評判になり、お客さんが増えてきました。カラスの一家はみんなで協力してパンを作ります。

忙しいお父さんとお母さん、元気いっぱいの子どもたち、大変だけど幸せな一家を見ながら、読んでいるママもほっこり幸せになって、明日もがんばろうという気持ちになれますね。

まとめ

ヨーロッパでは昔から、寝る前に子どもに本を読み聞かせる習慣があります。電子図書が広まった現代でも、本は子どもへの素敵なプレゼントとして愛されていて、ママとパパに読んでもらうのを楽しみにしている子も多いようです。

忙しくて時間がないママも、寝る前は子どもと一緒にベッドに座り、同じ絵本を覗き込んで同じ世界に浸ります。仕事から帰ってきたばかりのパパが、絵本だけは一緒に読むというのもいいですよね。親子の大事な時間になりますよ。

子どもの興味にあった絵本を選んで、素敵な夜にしてあげましょう!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018