就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

つわり中パパが仕事で忙しいとき。つらさを伝えて夫婦で乗り越えよう

つわり中パパが仕事で忙しいとき。つらさを伝えて夫婦で乗り越えよう

つわりが軽減する方法を試してみる

毎日の生活の中でもできる、つわりを軽減する方法も試してみましょう。よくいわれているのは、食事を何回かに分けて取る方法ですね。空腹時には血糖値が下がり吐き気を感じやすくなるので、すぐにつまめるものを常備して置き、1日5~6食程度に食事を小分けにします。

普段は気にならない水の匂いまで気になるというママは、ストローで水を飲むと匂いを感じにくくなります。ビタミンBには吐き気を抑える効果があり、なかでもビタミンB6が効果的といわれています。ビタミンB6は鮭やキャベツ、ささ身肉などに多く含まれています。また、葉酸も吐き気を抑える効果がありますよ。

就寝時につわりがつらい場合は、抱き枕に体をもたれかけると楽になることがあるので試してみましょう。

無理をせず家事代行などの利用も検討する

パパの仕事が忙しく思うように手助けをお願いできないときには、無理をせずに祖父母や友だちに手助けを依頼することも考えましょう。または、家事代行などのサービスを利用してみるのもおすすめです。

家事代行サービスでは、ゴミ出しや買い物、掃除や洗濯などの家事もお願いできます。無理をして体調に響いてしまうよりは、パパの仕事が落ち着いてお手伝いをお願いできるようになるまでは、サービスを利用してみるのもよいですね。

民間の家事代行サービスのほかに、自治体のファミリーサポートセンターでも地域によって産前の家事代行サービスを受けつけていることがあります。また、自治体から家事代行サービスの割引券などが発行されているケースもありますので、一度確認してみましょう。

まとめ

つわりで体調がすぐれないときには、無理をせずにパパに手助けをしてもらうことも大切です。つわり中に家事を手助けすることは、パパにとっても出産後の家事と育児の手助けをする準備や練習にもなります。

パパが忙しいときにはママが無理をして頑張ってしまうことも多いですが、赤ちゃんと自分の体のためにも無理はせず、医師に相談をして必要な処置やお薬をもらったり、つわりを軽減する方法を取り入れたり、家事代行などのサービスを利用するなどして、ゆったりと過ごすように心がけましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版