就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬用スリーパーはいつから?選び方や着せるときの注意点

赤ちゃんの冬用スリーパーはいつから?選び方や着せるときの注意点

寒くなってくると、寝るときにスリーパーを使うべきか迷うママは多いのではないでしょうか。「いつから使えるの?使ったほうがよいの?」「どんな素材がおすすめ?」など、初めての冬を迎え悩んでいるママのために、スリーパーの使い方や選び方、着用時の注意点をご案内します。

赤ちゃんが冬用スリーパーを使うのはいつ?

赤ちゃんが使うスリーパーについて

スリーパーとは、別名「着る布団」と呼ばれるねんねアイテムです。パジャマのような掛け布団、掛け布団のようなパジャマともいえるかもしれません。

スリーパーはベストのような前開きのデザインのものが一般的ですが、袖がついていたり丈が長く作られているものなど、様々なデザインがあります。股下にスナップボタンが付いているものなら、めくれ上がりませんし夜中のおむつ替えも容易です。

スリーパーのメリットは、足をバタバタさせても布団がはだけて身体が冷えてしまう心配がないことです。布団に覆われてしまう心配もないため、ママも安心して眠れるようになるでしょう。素材によっては一年中使えるものもあるため、1枚持っていると重宝するアイテムです。

生後3カ月頃から使うのがベスト

冬生まれの赤ちゃんだと、新生児のうちから使えるのか気になりますよね。スリーパーは布団が顔を覆ってしまう心配はありませんが、サイズが合わないと埋もれてしまい顔を覆ってしまう危険があります。

スリーパーのサイズ展開をみると、新生児には大きすぎることがほとんどです。新生児のうちは自分で布団を蹴ってしまう心配も少ないため、スリーパーは使わないほうがよいでしょう。

多くの赤ちゃんは生後1カ月頃から足をバタバタし始め、3カ月頃から動きが活発になり始めます。3カ月頃にはサイズもぴったりになってくることが多いため、スリーパーを安全に使うことができるでしょう。

赤ちゃんの成長や季節に合わせ、上手に取り入れていくとよいですね。

赤ちゃんが布団を蹴ってしまう

この記事は、布団を蹴ってしまって寝冷えが心配なママに向けての内容になっていますが、なぜ赤ちゃんは布団を蹴ってしまうのでしょうか。

実は赤ちゃんが布団を蹴ってしまう理由の一つに、「暑いから」ということがあります。赤ちゃんの体温はおとなよりも高いですよね。冷えないようにと布団をかけると、赤ちゃんにとっては暑い状態になっていることもあるのです。

手足が冷たくなっていると、ママやパパは「寒くないかな?」と心配になると思います。しかし、赤ちゃんの顔色がよくお腹や背中が冷えていなければ心配はいりません。

ということは、お腹は冷やさないほうがよいともいえます。手足が出てお腹は出ない、スリーパーは赤ちゃんとって合理的なアイテムなのです。

重宝する赤ちゃんの冬用スリーパーの選び方

スリーパーの素材を確認しよう

赤ちゃんが身につけるものですので、素材確認は大切です。赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。肌に優しい素材はもちろんのこと、寝汗で蒸れないように吸湿性にも優れているものが最適です。

肌に優しく吸湿速乾性に優れている素材として、赤ちゃんグッズによく使われる「ガーゼ」、お肌が敏感な赤ちゃんでも安心して使える「オーガニックコットン」があげられます。これらは一年を通して使えるため、1枚持っているとかなり重宝します。

冬用スリーパーでおすすめなのは、軽くて暖かいフリースや保温性に大変優れた羽毛などです。いずれも吸湿性がよいため、寒い冬でもサラッと暖かく着用することができます。

フリースを選ぶ際は、肌に触れる部分が綿素材になっているかもチェックすると安心ですよ。

着脱のしやすく気軽に洗濯できるものを選ぶ

赤ちゃんは眠たいとグズるもの。ママとしてはできるだけスムーズに寝かせたいですよね。そのためには、スリーパーはできるだけスムーズに着脱できるものを選ぶようにしましょう。

月齢を問わず使いやすいのは、寝てしまっても容易に着せることができる前開きのベストタイプです。寝返りが好きな赤ちゃんや、うつぶせ寝が多い赤ちゃんは、肩にスナップボタンが付いているタイプもおすすめです。夜中におむつ替えがある場合も、サッと開けることができると楽ですね。

さらに、洗濯しやすいかどうかもとても重要です。ベビー寝具は、おしっこ漏れや寝汗などから洗濯する機会が多いですよね。洗濯機で洗えて、冬でもすぐに乾くかどうかは重要なポイント。洗濯表示も要チェックですよ。

赤ちゃんに着せたい!厳選冬用スリーパー

上記のポイントを踏まえ、おすすめスリーパーを3点ご紹介します。

【ホッペッタ 6重ガーゼスリーパー】
洗濯するたびにふっくらするという特性があるホッペッタのスリーパー。男女問わず着用できるデザインはもちろん、冬は暖かく夏は涼しい通年素材なのも魅力的です。

【ベネットベビー ソフトボア生地暖かスリーパー】
フリースよりも暖かいソフトボアのため保温性に優れており、見た目もとてもキュート!Wジッパーでおむつ替えもラクラクです。

【ハンスパンプキン 秋冬用スリーパー ジッパー型】
キルティングタイプのスリーパーも冬には最適です。袖もついているため、肩の冷えも防ぐことができます。めくれ防止の股下スナップボタンを留めれば、脚まで暖かです。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版