就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの雪遊びの服装を知ろう!雪遊びのメリットやアイデア

子どもの雪遊びの服装を知ろう!雪遊びのメリットやアイデア

大人にとってはちょっと困ることも多い「雪」。雪が降ると、子どもは「寒さなんて関係ない!」とばかりに大喜びして外に飛び出していきますよね。実は、「雪遊び」は子どもにとってメリットも多いのです。そこで今回は、雪遊びの服装のポイントや注意点とともに、おすすめの雪遊びアイデアを紹介してきます。

雪遊びの服装のポイントや注意点

スノーウェアは素材や機能性で選ぼう

子どもが雪遊びを存分に楽しむのなら、スノーウェアは必須アイテムです。普段着る服はデザイン重視で選んでいると思いますが、スノーウェアに関しては機能重視で選びましょう。

おすすめは「つなぎ」タイプのスノーウェア。上下セパレートタイプだと、動いているうちにどうしても上着がめくれて、雪が腰周りに侵入してくる恐れがあります。その点つなぎタイプなら、お腹や腰に雪が入る心配がないので安心です。

また、足首や手首が二重構造になっていて、中でしっかりとゴムが閉じて雪をガードしてくれるものがよいでしょう。撥水性・防水性・耐水性も重要です。ウェアの中に水分が染みてくると、体温が奪われて風邪をひいてしまう可能性大なので、しっかりとした素材を選ぶようにしましょう。

小物の防寒アイテムを活用しよう

スノーウェア以外にも、小物の防寒アイテムを用意して、小さな子どもを寒さからしっかりと守ってあげたいですね。

【雪遊びに必要な防寒小物】
・帽子…ウールのニット帽やフリース素材の帽子があたたかくてよいでしょう。
・手袋…普通の手袋ではすぐにびしょびしょになってしまいます。雪遊び用の防水手袋が必要です。
・スノーブーツ…短時間なら普通の長靴でも代用できますが、滑りやすいですし、すぐに足が冷え切ってしまいます。10分以上遊ぶならスノーブーツがよいですよ。ソールが厚くて雪に滑りにくくなっています。また、雪が入らないように履き口が紐やゴムで絞れるものもありますよ。

スノーアイテムは使用期間が短いので、お下がりがないか、周りに声をかけてみるのもよいですよ。

着替えや紫外線対策も忘れずに!

雪遊びは寒いときにするものですが、興奮して遊んでいたら知らぬ間に子どもが汗だく…ということもよくあります。特にスノーウェアは防水性・保温性を重視しているので、外に水分が逃げず、一度汗をかいて肌着が濡れてしまうとなかなか乾きません。

雪遊びをさせるときは、必ずインナーの着替えを数セット用意するようにしましょう。気を付けていても、袖口や足元から少し雪が入ってしまって「ママー、つめたいー」という事態になりかねません。多すぎるくらいに着替えがあると安心です。

また、真っ白な雪は太陽の光を反射して、下からも紫外線を浴びることになります。お天気がよい日に雪遊びするなら、紫外線対策として、顔に日焼け止めを塗っておきましょう。

子どもの雪遊びのメリットを知ろう

表現力や想像力が育ち感性が豊かになる

空から降ってきて、触れると溶けてなくなる不思議な「雪」。自由に形を変えることができるので、遊び方は無限です。雪遊びで、子どもの表現力や想像力はぐんぐん育つでしょう。

握った感触、踏んだ感触、上に投げてパラパラと落ちてくる感じ…雪にしかない特別な感覚に、子どもは興奮して遊びだします。最初からママが遊び方を教える必要はありません。子どもが自分で想像して、遊びたいように遊ばせることで感性が豊かになるのです。

うまくいかないとき、もっとよい方法があるときに、ママがそっとアドバイスするくらいがちょうどよいかもしれません。「雪でそんな遊び方をするんだね!」と、子どもの個性を感じられる機会にもなるでしょう。

体の感覚を育てることができる

雪の上は不安定で、普段歩いている道路や遊んでいる公園とはまったく違った感覚です。初めて雪の上を歩く子どもは少し戸惑うかもしれませんね。でこぼこ、ふかふか、べしゃべしゃ、つるつる…この歩きにくさが子どもにとっては新鮮で、遊具よりも楽しい遊び場かもしれません。

また、足元が不安定だからこそ、まっすぐ立っていられるように全身を使ってバランスをとる必要があります。次の一歩はどこに踏み出そうか、転ばないようにどんな風にバランスを取ろうか、頭と体をフル回転させて遊ぶはずです。

雪の上で遊ぶことで、体のバランス感覚を育てることができたら、ママも嬉しいですよね。しかも降り積もった雪の上なら転んでも安心です。たくさん転んで、雪まみれになる感覚を楽しむのもよいですよ。

体が強くなり風邪をひきにくくなる

「寒くて風邪をひいたらかわいそう…」と、冬はつい外遊びを避けがちです。ママ自身が外でじっと子どもを見ているのもつらいですしね。しかし、冬だからこそ外遊びが必要、という考え方もあります。

「風邪から守る」ということではなく、「風邪をひかない強い体をつくる」というポジティブな思考で考えれば、雪遊びはまさに強い体を作るのにもってこいの外遊びといえそうです。

冷たい外気を肌で感じることで体温調節機能が高まりますし、冷たい空気を吸えば心肺機能も高まります。基礎体力が上がって風に負けない強い免疫力を手に入れることができるでしょう。

ただし、冬とはいえ、汗による冷えには注意が必要ですし、こまめな水分補給もさせるようにしてくださいね。

何人でも楽しめる雪遊びのアイデア

ママと一緒にいろんな形の雪だるまづくり

たくさん降った日は、ベランダやお庭でママと一緒にいろんな形の雪だるまづくりが楽しいですよ。大・中・小の大きさ違いで雪だるまを作れば、「雪だるま家族」の完成です。

また、お家にあるボタンや野菜などを雪だるまに埋め込んで、思い思いのデザインにするのも楽しいですよ。顔ができると、雪だるまに命が宿ったような感覚になるから不思議です。天気がよいと溶けてなくなってしまうかもしれませんが、それもまた雪遊びの醍醐味です。

子どもと一緒に小さな雪だるまをたくさん作るのも楽しいですよ。仲間がいっぱいいると、なんだか雪だるまも嬉しそうに見えます。子どもの小さな手でも、おにぎりのように丸めていけば、上手に完成しますよ!

スキー場や安全な場所でソリ遊び!

雪がほとんど降らない、降っても遊べるほど降り積もらない、という地域も多いですよね。子どもに雪遊びをさせたいと思ったら、スキー場や雪のキッズパークがある施設などに出向いてみるのがよいでしょう。

ゲレンデの中に、子どもが安全に遊ぶことができるスペースのあるスキー場もたくさんあります。そういったところは子ども用のウェアやスノーグッズの貸し出しもあるでしょう。

スキー場にいったらぜひそり遊びを楽しみたいですね。大人も、きっと童心に帰って楽しむことができますよ。雪の上を滑り降りる感覚は、ほかにはないスリルと楽しさがあります。そり遊びは安全な場所でする必要があるので、体験してみたいときはゲレンデに出向くのがよいでしょう。

チーム戦で団結力が高まる雪合戦

5、6歳くらいの、ルールがわかる子どもと楽しむなら、雪合戦がおすすめです。「雪遊びといえば雪合戦」というイメージもありますよね。実は明確なルールがあるようですが、ここでは簡単なルールをご紹介します。

・2チームに分かれる
・お互いの陣地を決める(コートを描く)
・雪の玉が当たったら陣地から出る
・先に陣地から1人もいなくなった方のチームが負け

小さい子どもには、これくらいのルールがちょうどよいかもしれません。

チーム戦は団結力が高まって、また違った雪遊びの楽しさが味わえるでしょう。正しいルールでは7対7で行うそうですが、2対2でも、3対3でも楽しいと思いますよ。4歳くらいまでの小さな子どもは、ルールなしで、雪の玉の当て合いで十分楽しめます。

まとめ

雪遊びは、子どもの発達にも大きなメリットがあるとわかりましたね。しかし雪の中で遊ぶなら、それなりの準備が必要ということも知っていただけたと思います。普段着で長時間遊んでしまうと、風邪をひいたり、滑って転んでけがをしたりする可能性があって危険です。

また、スノーウェアは高価な割にすぐにサイズアウトしてしまうので、古着を活用するのがおすすめです。その方が汚れても気にしなくて済むのでストレスも少ないですよ。防水・防寒対策を万全にして、子どもに思いっきり雪遊びをさせてあげられるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR