就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て世代こそ健康づくりを大切に!食生活のコツや運動の方法を紹介

子育て世代こそ健康づくりを大切に!食生活のコツや運動の方法を紹介

最近は健康のために生活を見直すパパやママが増えてきています。共働きの家庭は、仕事をしながら家事と育児をこなしていくので、疲れやストレスが溜まりやすくなりますね。もし病気になると子育てができず困ってしまいます。この記事では忙しくてもできる運動やバランスの取れた食事をするコツなどを紹介していきます。

今すぐ始めよう!子育て世代の健康づくり

親が倒れると子どもが辛い思いをする

子育て中は子どものお世話だけでも大変です。夜中に子どもが寝てくれなければ、ママも休むことができず睡眠不足になってしまいます。

日中働いているママは、お昼寝もできないので疲れが溜まる一方です。疲労が溜まると病気になることもありますよ。

ママが入院すると家事や育児を誰がするのかという問題が起きます。パパが働きながらママの代わりをするのは難しいでしょう。育児をパパ以外の人にお願いすると、子どもが寂しい思いや肩身の狭い思いをするかもしれません。

子どもはどんなことでも自分を責めてしまう癖があります。ママが病気になった子どもは「自分のせいだ。自分に手がかかるから病気になった」と勝手に思い込むことがあるようなので気を付けましょう。

日常に気を配ることが病気の予防に

病気にならないためには日常から気を配ることが大切です。バランスのよい食事と適度な運動、十分な睡眠は、健康な生活を送るうえで欠かせません。

必要な栄養を摂るために食べた食品を記録しておきましょう。栄養の偏りに気づきやすくなりますよ。

「子育て中は動くことが多いので、運動は十分できている」と安心しているママも多いかもしれませんね。育児中は動いているようでも、実際は子どもに合わせた動きなので、ママの運動量は足りないことがあります。運動ができているかどうかわかりづらいときは、万歩計などで計ってみるとよいですよ。

子育て中は子どもが寝た後がママのフリータイムですね。やりたいことが多くても、美容と健康のために早めの就寝を心がけましょう。

家族みんなで健康づくりに取り組もう

健康づくりは家族みんなで取り組むと効果が現れやすいといわれています。とくに会話を大切にしている家族は病気にかかりにくいようです。

健康志向の高いママは、食事にも気を使っているでしょう。子どもにも「お肉だけでなく、お野菜を食べようね」と言葉かけをするはずです。

健康のために自ら運動をしているパパは、子どもが家の中ばかりでいると、「体を動かすと気持ちいいよ」と声をかけて、子どもを公園へ誘うこともあるでしょう。

パパやママが室内でストレッチをしていると、子どもが真似して体を動かし始めるかもしれませんね。パパやママが健康に気を付けていると、自然に家族が健康になるものです。

家族で声をかけながら健康づくりに取り組みましょう。

手間なくできるバランスのよい食生活のコツ

バランスのよい食事のイメージをつかもう

バランスのよい食生活とはどのようなものでしょうか?いろいろな食べ物があるので、なにをどれくらい食べるとよいかわかりづらいですよね。

基本の食事量は、厚生労働省と農林水産省が決めた「食事バランスガイド」で確認することができます。幼児の食事量は、東京都福祉保健局のサイトにある幼児向けのバランスガイドを参考にしてくださいね。

「食事バランスガイド」は1日の食事を五つのグループに分けていて、摂取量をイラストでわかりやすく表しています。五つのグループとは次のとおりです。

・主食 ごはん・パンなど
・副菜 野菜・海藻
・主菜 肉・魚など
・牛乳・乳製品
・果物

健康を保つためには、これらをバランスよく摂ることが大切だといわれています。

お米に玄米や押し麦を混ぜてみよう

おもに白米や小麦のパンを食べて、ほかの主食はあまり食べないという家庭もあるかもしれませんね。白米に玄米や押し麦を混ぜると、栄養価がさらにアップするのでおすすめですよ。

玄米と押し麦の混ぜ方や炊き方は簡単です。白米と玄米、押し麦をそれぞれ1:1:1になるようにブレンドしてください。そして通常の白米と同じように、2~3回水を変えながら洗います。

洗い終わったら、白米だけを炊くときと同じ量の水を入れます。炊飯器でいつもどおり炊けばできあがりです。

精米された白米は、栄養のある胚芽部分を取り除いていることがあります。玄米や押し麦は、白米に足りない栄養を補ってくれますよ。お腹やお肌の調子も整えてくれるので、食事に取り入れてみましょう。

栄養調整食品も上手に利用しよう

バランスのとれた食事を心がけていても、忙しいときや体調が悪いときは料理ができないですよね。そんなときはドラッグストアなどで販売されている栄養調整食品を利用してみてはいかがでしょうか。

栄養調整食品は栄養補給を目的に作られているので、不足しがちな栄養を簡単に摂ることができますよ。手軽に食べられるカロリーメイトもその一つです。ショートタブレットやゼリー、ドリンクなどいろいろなタイプがあります。

カロリーメイトには、体に必要なビタミンやミネラル、たんぱく質などがバランスよく含まれています。たまには朝食やおやつに食べるのもおすすめです。

時間がないときは無理せず栄養調整食品などを利用しながら、バランスよく栄養を摂るようにしましょう。

忙しいママでもできる「ながら運動」の方法

掃除機をかけながら全身運動

子育て中は、「家庭のことだけで精いっぱい。まとまって運動する時間が持てない!」というママも多いでしょう。家事をしながら運動ができれば、時間を有効に使えそうですね。

掃除機をかけながら運動できる方法があるので紹介します。

まず両足を揃えたまま掃除機を前後に動かします。掃除機を動かすリズムに合わせて、ひざを上下に動かしましょう。背筋は伸ばしたまま、ひざはつま先より前に突き出さないようにするのがポイントです。

また足を前後に開き、腰にひねりを加えながら掃除機を左右に動かすのもよい運動になりますよ。脇腹などのストレッチになるのでおすすめです。

部屋がキレイになるだけでなく、全身の運動にもなるのでぜひ試してみてくださいね。

料理をしながら下半身をトレーニング

掃除機を使ったエクササイズをお伝えしましたが、最近は「掃除はお掃除ロボがしてくれる」という家庭も多いでしょう。自動で床の掃除をしてくれる、ルンバなどのロボットは便利なアイテムですよね。

子育て中はミルクや離乳食、幼児食などを作るためにキッチンにいる時間が多いと思います。料理をしながらできる運動もあるので紹介します。

料理中、左右のつま先を外に開いて立ちます。ひざを軽く曲げ、そのままの状態からつま先を内側に移動させます。

おしりを持ち上げるようにすると下半身のよいトレーニングになりますよ。10秒くらいそのままの姿勢を保つとより効果的です。

キッチンに立つたびにやってみるとよい運動になりますよ。美脚効果も期待できるでしょう。

入浴しながらお腹周りをエクササイズ

入浴しながらエクササイズをすればリラックス効果も期待できるのでよいですよ。とはいえ子どもが小さいときは、お風呂にゆっくり浸かることが難しいかもしれませんね。

バスタブの中で子どもを支えておかなければ心配な時期もありますよね。パパが子どもをお風呂に入れてくれたときなどに、運動をしてみてくださいね。

入浴しながらのエクササイズは簡単です。バスタブに浸かったら、ひざを立てて座りましょう。体より後ろに両手を付き、おしりを浮かせてみてください。

効果的なポイントはひじを曲げないことと、息を吐きながらゆったりした気持ちでおしりを持ち上げることです。おしりを上げたまま、左右に動かすと、さらにお腹周りの運動になりますよ。

まとめ

最近は子育て世代の健康志向が高まっているようです。共働きで子育てをするのは忙しく大変なものです。疲労やストレスが溜まることもあるでしょう。

パパやママが病気になってしまうと、子どもが辛い思いをするので健康を保ちたいですね。バランスのよい食事と適度な運動、よい睡眠を心がけましょう。

忙しいときは栄養調整食品を利用するのも一つの方法です。忙しくて運動する時間が取れないママは、家事をしながら体を動かすとよいですよ。

家族で会話をしながら健康づくりに取り組みましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj