就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの秋に着せる寝巻きの選び方!おすすめ寝巻きや注意点

赤ちゃんの秋に着せる寝巻きの選び方!おすすめ寝巻きや注意点

秋になると夜風が涼しくなってきて、今まで半袖や肌着で寝ていた赤ちゃんに何を着せればよいのか悩みますよね。なるべく赤ちゃんに快適に寝てもらうためには、どのような寝巻きを用意してあげればよいのでしょうか。また、快適に眠ってもらうための環境についてもご紹介します。

赤ちゃんの秋の寝巻きの選び方のポイント

吸収性の高い肌触りのよい素材を選ぼう

赤ちゃんは大人と比べても、睡眠時によく汗をかきます。赤ちゃんが着る寝巻きは吸水性が高いものを選んであげるとよいでしょう。また普段の服を選ぶときにも同じことがいえますが、肌にやさしくやわらかい素材であることも大事なポイントになります。

秋になって間もない頃はまだ気温が高い日が多いので、通気性がよくてさらっとしたガーゼ生地のパジャマを着せてあげましょう。反対に、冬に近い時期であれば夜は冷えることが多いので、空気を含んで暖かいキルティング生地の寝巻きがおすすめです。

また、新しい寝巻きを買ってきたら着せる前に洗うとよいでしょう。一度水通しをすることで生地がやわらかくなり、肌触りもよくなりますよ。

お腹が出ないデザインの寝巻きを選択する

赤ちゃんは基本的に寝相が悪く、眠っている間に布団を蹴飛ばしたりすることがよくあります。そんなとき、特にセパレートの服を着せていると、お腹が出て冷えてしまうかもしれないと心配になりますよね。

睡眠中に掛け布団がはがれてしまうのはある程度仕方のないことなので、お腹の出ないようになっている寝巻きを選びましょう。たとえばロンパースやカバーオールであれば、上下が繋がったデザインのためお腹が出てしまうことはないですよね。

また、セパレートの寝巻きであれば、ズボンに腹巻がついているタイプのものがあります。普通のズボンだと布団や服がめくれてお腹が出てしまうこともありますが、腹巻があればそんな心配はありませんね。

薄手素材の長袖タイプが秋にぴったり!

秋になると、夜はだいぶ冷え込んできますよね。夏は半袖や肌着で眠っていた赤ちゃんも、いつまでも半袖では肌寒く感じてしまいます。ぜひ寝巻きは長袖のものに変えてあげましょう。

しかしいくら冷えるといっても、着せすぎると暑くて赤ちゃんも寝苦しくなってしまいます。汗だくではリラックスして眠れないので、冬並みに低い気温でないのであれば、ベストなどで重ね着ができる薄手の素材がおすすめです。

赤ちゃんの背中に手をいれてみたり、汗をかいていないかなどをよく観察して、気温に合わせて赤ちゃんの寝巻きを選んであげられるとよいですね。あくまでも、赤ちゃんがリラックスできる服装であることをぜひ意識してみてください。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんの秋にぴったりな寝巻き3選

着心地抜群なファミリアの秋冬用寝巻き

ファミリアの寝巻きは、赤ちゃんのぽっこりしたお腹を締め付けないために、ゆるめのウエストゴムが使われています。丈夫でやわらかな綿素材の生地は汗をしっかりと吸ってくれて着心地も抜群です。

また赤ちゃんサイズの寝巻きには上着とズボンを留めるためのボタンが取り付けられています。少し長めに作られている上着をズボンに留めれば、眠っているときもお腹が出ないので、パパ、ママにとっても嬉しいデザインですね。

長袖の寝巻きは70cmから取り扱いがあります。少しお値段は高めですが、成長に応じてご自身で調節しながら長く着ることもできます。できるだけ上質な寝巻きを赤ちゃんに用意したいなと考えているのであればおすすめですよ。

腹巻き付きで柄もおしゃれなバースデイ

バースデイはしまむら系列のベビー用品店です。2,000円未満と安価なところが魅力なのはもちろんですが、展開されているオリジナルブランドはデザイン性が高くおしゃれな柄のものや、キャラクターコラボ商品が多いのが嬉しいですね。

バースデイの寝巻きもズボンに腹巻がついており、お腹を冷やさないデザインになっています。ウエスト部分はリブでできていて締め付けも強すぎず、ゆったりと履くことができますよ。

バースデイは現在通販を行っていません。ホームページには80cmからと記載されていますが、店舗によっては70cmから取り扱いがあります。ぜひお近くの実店舗へ足を運んで素敵なデザインのものを探してみてくださいね。

肌着としても使用できるロンパース

セパレート寝巻きをいくつかご紹介しましたが、もちろんロンパースでも寝巻きとして着ていただけます。ロンパースには長袖のものもありますし、様々なブランドから販売されているのでデザインが豊富なところも魅力の一つです。

足が出ているのが気になるのであれば、薄手のズボンを履かせてあげてもよいでしょう。
ロンパースは上下が繋がっているので、もちろんお腹を出してしまって冷える心配もありません。

季節が進んで冬になれば肌着としても活用できるので、すぐに着られなくなる寝巻きをわざわざ購入するのはもったいないと考えているパパ、ママにもおすすめできます。好きなデザインのものを何着か購入して、その日の気分で選んでもよいですね。

秋に赤ちゃんが寝るときの注意点

肌着を着せてから寝かせよう

27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事