就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後1カ月の赤ちゃんの生活は?ママの様子やスキンシップも紹介

産後1カ月の赤ちゃんの生活は?ママの様子やスキンシップも紹介

生後1カ月の赤ちゃんというと、まだまだ生まれたばかりでママも育児に慣れておらず、「毎日やり過ごすのに精一杯」という方も多いでしょう。ママの感じている不安やストレスが少しでも解消されるように、生後1カ月の赤ちゃんとの生活やママの心の変化などを見てみましょう。

生後1カ月の赤ちゃんの成長や生活リズムは

個人差もある体の成長について

赤ちゃんはお腹のなかにいるときから、体が大きな子、小さな子がいますよね。生まれてくる週数によっても体の大きさが違うので、生後1カ月の赤ちゃんといっても成長の仕方は赤ちゃんによってバラバラです。

ママは「赤ちゃんに元気に育ってほしい」という強い想いから、ついほかの赤ちゃんと成長を比べてしまうことがありますよね。しかし、ほかの赤ちゃんと比べてしまうと不安が増すこともありますよ。それぞれの赤ちゃんをよく見て、しっかり母乳(またはミルク)を飲めているか、排便の回数や色、元気に泣いているかなど確認しましょう。

「赤ちゃんが元気か心配」というママは、授乳やおむつ交換など、赤ちゃんの育児記録を残しておくとちょっとした異変に気づきやすいですよ。

「あ~」「う~」と声を出す子も

生まれたての赤ちゃんはほとんどの時間を寝て過ごし、起きているときは泣いているか無言で過ごしていることが多いですよね。生後1カ月になると、「あ~」「う~」などと、声を出し始める子もいますよ。

この時期の赤ちゃんはまだ目がよく見えてはいませんが、聴覚は発達しているのでパパやママの声やさまざまな音が聞こえています。赤ちゃんが「あ~」と声を出したときは「お話ししてるの。上手だね」などと、パパやママも話しかけるようにしましょう。

「あ~」「う~」などと話さない子もいますが、まだまだ心配しなくても大丈夫です。成長していくうちに声を出し始めるので、普段からたくさん赤ちゃんに話しかけてみて様子を見てみるとよいですよ。

まだまだ大変なこの時期の生活リズム

生まれてから1カ月経ったといっても、まだまだ生活リズムが整っているわけではなく、ママは24時間体制で赤ちゃんのお世話に奮闘していることでしょう。この時期の赤ちゃんは、授乳の間隔もまだ定まっていないことが多く、「30分~1時間おきに、おっぱいがほしくて泣くから大変」というママもいます。

また、うんちやおしっこの回数も、生まれたときと同じくらい多い子もたくさんいます。生後2~3カ月頃には授乳やおむつ交換の回数も落ち着いてくることが多いので、気長に待ちましょう。

子育ての疲れや寝不足などで辛いときはママひとりで頑張るのではなく、パパや家族、友だちなどに頼ることが重要です。ときどき息抜きをすることで、赤ちゃんとの生活も楽しいものになりますよ。

産後1カ月のママの体と心について

ママの体の状態や1カ月健診のこと

出産は、女性の体に大きなストレスを与えるものです。出産から1カ月くらいかけて少しずつ妊娠前の体の状態に回復していきますが、赤ちゃんのお世話で疲れていたり、ストレスを感じていたりすると思ったように回復できない場合もあります。

産後1カ月健診では、子宮の収縮具合や、悪露が残っていないかなどを先生に診てもらいます。なにか体で心配なことがある場合は、このときに一緒に相談してみましょう。

産後1カ月健診で異常がないからといって、無理をしてはいけません。まだまだもとの体に戻っていく途中なので無理をせず、なるべく家事はパパや家族に任せて赤ちゃんのお世話に専念できる環境を作れると、ママの負担も軽く済みますよ。

産後、ママの心が変化することも

妊娠中は「早く赤ちゃんを抱っこしたい」「赤ちゃんとの生活が楽しみで仕方がない」と思っていた方は多いのではないでしょうか。しかし、出産してしばらく経つと「妊娠中のときと心境がまったく違う」「赤ちゃんと1日中一緒にいるのが苦痛」など、心境の変化に落ち込むママもたくさんいます。

赤ちゃんのお世話は想像以上に大変なことが多いですよね。今までは自分に使えていた時間も赤ちゃんのために使うようになる、赤ちゃんのお世話で寝不足になるなど、ママの生活が激変することにより、心が追いついていかないのでしょう。

また、ホルモンバランスの乱れによっても心が不安定になりやすいです。産後しばらくはホルモンバランスが乱れているので、イライラしたり落ち込んだりすることがありますよ。

産後の育児ストレスを解消するには

産後の生活の変化によって抱えたストレスは、どのように解消すればよいのでしょうか。赤ちゃんと日中2人でいることが多いママは、ひとりでお出かけもできずストレスを発散することが難しいですよね。

「赤ちゃんと離れてひとりになりたい」という方は、パパや祖父母などに赤ちゃんを預けてみましょう。「ママだから赤ちゃんとずっと一緒にいなければならない」というわけではありません。赤ちゃんと笑顔でふれあうためにも、少し離れてリフレッシュすることも大切ですよ。

赤ちゃんを預けられない方は、地域の子育て支援センターの一時保育やベビーシッターをお願いするものよいでしょう。ストレスを溜め込みすぎると産後うつになる可能性もあるため、誰かに頼ることも必要なことですよね。

生後1カ月の赤ちゃんとのスキンシップは

赤ちゃんとのお風呂デビューの時期

新生児期の赤ちゃんは、ベビーバスなどを使って沐浴をしますよね。では、赤ちゃんとのお風呂デビューはいつ頃がよいのでしょうか。

多くの赤ちゃんは、生後1カ月頃にお風呂デビューをしています。「生後1カ月健診が異常なしで、先生にお風呂に入ってよいか聞いてから入った」という方が多いようです。入浴は赤ちゃんとたくさんスキンシップがとれる時間なので、一緒にお湯に浸かりながらリラックスできるとよいですよね。

「ひとりでお風呂に入れるのは大変」という方は、それまでどおり沐浴でも問題ないですよ。パパが休日のときや誰かに手伝ってもらえるときに、お風呂デビューにチャレンジしてみましょう。赤ちゃんが泣いても焦らずに、「大丈夫よ」と声掛けしましょう。

そろそろ外気浴を始めてみよう

生後1カ月健診が終わるまでは、赤ちゃんを外には出さず、お家のなかでずっと過ごしている方が多いのではないでしょうか。生後1カ月を過ぎてからは外気浴を始めてみると、赤ちゃんの刺激にもなりよいですよ。

外気浴といっても、お家のなかで簡単にできます。ベランダや窓を開けて、外の空気を取り込むだけでも十分なので、毎日少しずつ外気浴を取り入れてみてくださいね。

夏場や冬場は外気浴がしにくい季節ですよね。夏場は朝の早い時間、冬場は日中のまだ暖かい時間など、赤ちゃんの生まれた季節によって外気浴をする時間帯を考えてみましょう。始めは5分くらいの短い時間からにし、赤ちゃんの体に負担がかからない程度で終わらせることが大切ですよ。

ベビーマッサージで親子でリラックス

ベビーマッサージについて、聞いたことがあるママも多いですよね。ベビーマッサージは名前のとおり赤ちゃんにする優しいマッサージのことですが、赤ちゃんがリラックスするだけでなく、ママまで心地よくなれるものです。

赤ちゃんのやわらかいお肌に直接ふれながら、目と目を合わせてお話することで、ママの心は癒やされること間違いなしですよ。スキンシップをたくさんとると、赤ちゃんは「ママに愛されている」と実感することができます。

ベビーマッサージはお家のなかですぐにできるので、お風呂上がりや寝かしつけのときなど、毎日スキンシップをとる時間を作ってみましょう。歌に合わせてマッサージするのも、赤ちゃんの刺激になってよいですよ。

まとめ

生後1カ月の赤ちゃんと過ごしているママは、育児にもまだまだ慣れておらず体も回復できていない状態なので、心身ともに疲れている方も多いでしょう。なかには、心に余裕が持てず「赤ちゃんと一緒にいるのが辛い」と限界を感じている方もいるかもしれませんね。

「ママだから」と頑張りすぎず、周りの人に頼りながら休息を取ることも大切です。体や心がリフレッシュできると前向きに考えることができ、赤ちゃんにも笑顔でふれあえることでしょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj