就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代ママのシミ対策スキンケア。できてしまったシミを薄くする方法

30代ママのシミ対策スキンケア。できてしまったシミを薄くする方法

30代になり、20代のころと比べ急にシミが気になりだしたというママもいると思います。実際、30代女性の肌に関する一番の悩みはシミというアンケート結果も出ています。そこで今回は、なぜ30代になると急にシミが増えるのか、その原因と増やさないための対策などについてお話しします。

30代になって急に増えたシミの原因

代謝の低下で遅れるターンオーバー 

「今まではシミなんてあまりなかったのに、どうして急に増えてきたんだろう」と疑問に思うママも多いことでしょう。その原因の一つに、20代までは活発だった肌の代謝機能が、30代になると次第に衰え始めることが挙げられます。

通常肌の細胞は30~45日周期で生まれ変わっているのですが、年齢とともに代謝の機能が落ちると、ターンオーバーの周期がずれることがあります。20代以前は、紫外線などの刺激によりシミのもとができても、肌に定着する前にターンオーバーにより排除されていました。

しかし30代になると、ターンオーバーのサイクルがずれてしまい、シミのもとが排除される前にまた新たにシミができてしまうので、肌に色素が沈着してしまうのです。

睡眠不足で乱れるホルモンバランス

30代というと、育児に忙しいママが多いことでしょう。特に子どもが小さいうちは、昼夜を問わず子どもの世話で忙しくしているので、夜も細切れ睡眠になってしまい、年中睡眠不足というママがほとんどだと思います。

さらに育児と家事で忙しすぎて自分の時間を持てないことにより、ストレスを感じているママも少なくありません。睡眠不足やストレスは、ママのホルモンバランスを崩してしまう原因となり、肌のターンオーバーが遅れ、シミの色素が定着してしまうのです。

きちんと睡眠がとれれば、自然とストレスも解消することができます。シミをこれ以上増やさないためにも、できるだけ体を休め睡眠不足を解消するように心がけてみてくださいね。

20代までに蓄積した紫外線が一気に現れる

10代、20代と美白にあまり興味がなく、日焼け止めも塗らないまま太陽に当たっていたというママもいるかもしれません。当時は代謝もよく、肌のターンオーバーにより表に出てこなかったシミが30代になり表に出てきたというケースもあります。

20代までに蓄積した紫外線が、30代になり一気に現れるなんてちょっとショックですよね。しかし、後悔先に立たずともいいます。すでに30代になっているママは後悔するよりも、これ以上シミを増やさないよう今からしっかりと対策をとりましょう。

そして自身の経験を踏まえ、子どもには小さいうちからしっかりと紫外線対策をとり、子どもが成長したときにできるだけシミで悩まないようにしてあげたいですね。

これ以上シミを増やさない方法とは

こまめに日焼け止めの塗り直しが大事

毎朝、メイク下地に日焼け止めをしっかり塗っているというママも多いことでしょう。一緒に手足など露出する部分にも塗っているかもしれません。しかし、朝塗ってそのままにしていませんか?

少しでもシミを防ぐためには、こまめに日焼け止めの塗り直しが大事です。日焼け止めは汗や水で濡れると落ちやすく、バッグや服との摩擦によっても落ちてしまいます。

小さいサイズの日焼け止めクリームを常にバッグに常備するようにして、外出先でも気がついたときにいつでもこまめに塗りなおせるようにしておくと安心ですよ。子ども用の日焼け止めもバッグに入れておき、ママが塗りなおすときに塗ってあげると、子どもを紫外線から守ることができますね。

たっぷりの泡洗顔でシミ予防

シミ予防のためには、肌の上に汚れを溜めないよう毎日きれいに洗顔することも大切です。忙しいからといって、手に取った洗顔料を直接顔の上で泡立ててしまうと、必要以上に皮脂が流れてしまい乾燥の原因になります。

洗顔するときは、ポンプを押すと泡になって出てくるタイプの洗顔料を使用するか、洗顔料をしっかりと洗顔用泡立てネットで泡立ててから使うようにしたいですね。洗顔用泡立てネットは、ドラッグストアもしくは100均などでも購入することができますよ。

洗顔のときは、泡でごしごしと肌をこするのではなく、泡を指や手のひらでそっと動かしながら優しく洗顔するように心がけましょう。正しい洗顔を心がければ、肌の代謝機能を促進しシミ予防につながります。

質のよい睡眠をとって内側から美肌に

美肌のためには、しっかりと睡眠をとることが大切なのをご存知のママも多いと思います。よく眠れた夜の翌朝は、肌のコンディションがよく化粧のノリも違いますよね。

睡眠はある程度の長さも必要ですが、その質も重要です。質の高い睡眠をとることができれば、体の内側から美肌作りをすることができますよ。

深い眠りに入ると、体内で成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは細胞の修復や新陳代謝を促進するので、ママの美容と健康のためにとても大切ですよ。

昔は夜の22~2時が成長ホルモンが最も分泌される肌のゴールデンタイムと呼ばれていましたが、最近の研究によると、実際は夜中0~3時ぐらいがベストだといわれています。できるだけこの時間に睡眠をとるようにしたいですね。

できてしまったシミに効果的な対策

美白成分の化粧水で直接働きかけよう

鏡を覗き込みながら、「このシミなんとかしたい!」と思っているママも少なくないと思います。レーザーなどの外的な治療よりも、自宅でなんとかしてみたいものですよね。まずは毎日使う化粧水を美白成分を含むものに変えてみましょう。美白成分には次のようなものがあります。

・フラーレン、リコピン、カテキン
抗酸化力が高い美白成分で、紫外線を受けて発生したシミの一因である活性酵素を無害にしてくれます。

・トラネキサム酸
シミの原因であるメラニンが作られるのを防ぐ効果があり、美白効果に有効な成分だといわれています。化粧水や美容液はもちろん、サプリで内服するのもありですよ。

化粧水を選ぶときは、これらの成分が含まれているかをチェックしてから購入しましょう。

ピーリングでターンオーバーを活性化

ピーリングについて聞いたことがるというママもいることでしょう。ピーリングとは、肌の上にある古い角質を専用の薬剤を使って溶かし、肌の新陳代謝を促すスキンケアのことです。

ピーリングにより、肌のターンオーバーを活性化することができるので、紫外線で刺激を受けてしまってもシミとして沈着する前に除去することができます。

ピーリングをするときは、専用の洗顔料やクリームを使い自宅ですることもできますし、美容皮膚科で処置することもできます。美容皮膚科の場合は自費での治療になるので注意しましょう。

敏感肌もしくは乾燥肌のママは、ピーリングにより刺激を受けてしまいがちなので、最初は少しずつ慣らすようにしたいですね。肌を傷めないように気をつけましょう。

飲むスキンケアで体内からシミ消しを

飲むスキンケアで体内からシミ消しをしてみるのもおすすめですよ。肌の上から美容液をつけると、敏感肌のママの場合肌に合わなくて荒れてしまうこともあるかもしれませんが、飲むスキンケアならそんなリスクも少なくてすみます。

美白に有効な成分としてはビタミンC、L-システイン、ビタミンB2、ビタミンEなどがあります。特にビタミンCは、シミの原因であるメラニンの発生を抑制してくれる効果があるだけでなく、メラニンを分解して体の外に出してくれたりしますよ。ビタミンCは鉄やたんぱく質と一緒にコラーゲンの材料にもなるので、体内からの美白やシミ消しには欠かせません。

自分に合った成分の入っている飲むスキンケアを見つけ、体内からきれいになりたいですね。

まとめ

今回は、30代になるとなぜ急にシミが増えるのか、その原因とシミを増やさない方法、できてしまったシミに効果的な対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

顔の上に新しいシミを見つけてしまうと、ちょっとショックですよね。しかし毎日の睡眠の質をアップし、日焼け止めをこまめに塗ることによってこれ以上シミを増やすことを防ぐことはできます。すでにできてしまったシミは、美白化粧水やシミ消しの飲み薬などを使って少しでも薄くなるように美白対策を立ててみてください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018