就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

脱マンネリ家族の朝ごはん!子どもも喜ぶ主食やおかずのアイデア

脱マンネリ家族の朝ごはん!子どもも喜ぶ主食やおかずのアイデア

子どもの朝ごはんの時短とマンネリ解消法

野菜はキャベツミックスや晩ごはんの残りで

朝ごはんの用意は時間との戦いでもあります。ここからはマンネリを解消しながら、時短できる方法をご紹介します。

「まな板と包丁を出すのがめんどくさい」「洗い物を増やしたくない」というママも多いですよね。時短のポイントは、朝に調理する時間を短くすることです。野菜は市販されているキャベツミックスを利用したり、晩ごはんの残りを出したりするとよいですよ。

晩ごはんの準備のときにカット野菜を食器に盛りつけておけば、朝冷蔵庫から出してドレッシングをかけるだけで、一品出来上がります。晩ごはんも次の日の朝ごはんのことを考えて多めに作っておくと、手軽にもう一品増やすことができますよ。野菜は不足しやすいので、摂取できる工夫をしていきましょう。

乳製品や冷凍ストックおかずを活用

ヨーグルトやチーズなどの乳製品は出すだけで、そのまま食べることができます。ほかの食材と組み合わせてアレンジもできる、万能な食材ですよ。ヨーグルトにはジャムやシリアルを組み合わせたり、パンにはチーズを乗せて焼いたりするのもよいですね。準備の手間も少なく、取り入れやすい食材ですよ。

また、冷凍ストックおかずは電子レンジで温めるだけでよいので、忙しい朝にピッタリです。スープも冷凍保存することが可能で、一食分ずつに分けてジップつきの冷凍保存袋に入れて、平らに寝かせて冷凍します。固まった後は縦にすれば、場所も取りませんよ。

冷凍ストックおかずは約1カ月もつので、休日にまとめて作っておけば、朝ごはんだけでなく、もう一品ほしいときに活躍しますよ。

ご飯やパンの幼児向け朝食レシピ

子どもは朝ごはんが食べにくいと食べ終わるまでに時間がかかってしまい、うまく食べられないからとイライラしてしまうこともあります。子どもがスムーズに食事ができる工夫をすることも大切ですよ。

ご飯とおかずの交互食べが苦手な子どもには、炊き込みご飯おにぎりが最適です。具材や味つけを工夫すれば、バリエーションを増やすことも可能ですよ。箸やフォークをうまく使いこなせないのであれば、食材を大きめにカットしたり、おやきにしたりすると、食べやすくなります。

また、食パンの上にジャムを乗せると、食べ終わるころには口や手がジャムでベタベタになってしまうことがありますよね。食パンはロールケーキのようにクルクル丸めると、口や手が汚れにくく、きれいに食べることができますよ。

まとめ

近年SNSが普及し、身近なママ友や有名人の朝ごはんを目にして、自分の家の朝食が見劣りしてしまうこともありますよね。朝ごはんがマンネリ化してしまうと、栄養が偏ってしまったり、見た目が地味になってしまったりすることもあり、改善策を模索しているママも多いようです。

ですが、マンネリ化は作り置きの常備菜や冷凍ストックおかずを活用すれば、簡単に脱出することができます。今回紹介したアレンジ方法は、手軽にできるものばかりです。日々の朝ごはん作りに活かしてみてくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND