就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生理で仕事がしんどいときはどうすれば?対処法と注意点について

生理で仕事がしんどいときはどうすれば?対処法と注意点について

どうしても辛いときは職場へ相談を

生理の影響でどうしても起きられないときもあります。そんなときに無理をして出勤をしても、集中して普段どおりの仕事をこなすのは難しいと思います。

本当につらいとき、仕事を休む際の理由として、正直に「生理痛がひどいため」と会社に申告をしてお休みをしましょう。最近では、生理休暇というものを採用している企業が増えてきていますし、女性が社会進出している現代、生理痛に関しての認識も広まっていますので、男性の上司でも分かるはずです。

そもそも生理痛で会社を休むことは、労働基準法でも認められていることです。無理をせずにお休みをしましょう。女性にとって長い付き合いとなる生理。少しでも生理痛を和らげられるよう日頃から身体を冷やさないなど、気を付けて生活してみましょう。

痛みがはげしく異変を感じたらすぐに病院へ

生理痛が毎回ひどいときは「月経困難症」が考えられます。月経困難症には下腹部痛や腰痛、頭痛、下痢、食欲不振、イライラするなどの症状があります。

生理痛はほとんどの女性に起きるものですが、毎月ひどい生理痛があるような人は、「子宮内膜症」が疑われます。生理のとき以外にも下腹部が痛くなる、なんとなく違和感があるといった症状や、排便時や性交時にも痛むような場合です。

また「子宮内膜症」は、生理がくるたびに生理痛がひどくなります。鎮痛薬が効かなくなったり、歩くこともできないほどの強い痛みに襲われたりするときは、「子宮内膜症」の疑いがあるので、すぐに病院へ行きましょう。

いつもの生理痛だと油断をせずに、早めの受診をおすすめします。

まとめ

1カ月に1回やってくる生理。生理前の憂鬱な症状、生理中の下腹部痛、腰痛などへの対策をまとめましたがいかがでしたでしょうか?

生理痛には身体を冷やさないことが大事です。いつもスカートをはいていたけど、ズボンをはくようになって生理痛が和らいだ、という方もいらっしゃいます。

冷えは女性の大敵です。寒くなる季節、身体を冷やさないよう着る物を考えたり、身体を動かしたりして過ごすようにしてみてください。

そして、ひどい痛みが毎回ある方は我慢をせずに早めに病院を受診してくださいね。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版