就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の生活リズム作りが重要!今日から始められるコツを紹介

1歳児の生活リズム作りが重要!今日から始められるコツを紹介

一般的に、赤ちゃんは1歳を過ぎる頃から、1日の生活リズムが整ってくるといわれています。なぜリズムを作ることが大事なのか、どのようにしてリズムを整えていくとよいか、などについてポイントをまとめました。健やかな育児のために参考にして頂ければと思います。 

1歳児の生活リズムの基本知識を知ろう

1歳になると生活リズムが整ってくる  

生後間もない赤ちゃんは、頻繁に授乳を必要としますよね。日によっては、頻繁な授乳とその合間のおむつ替えなどで、赤ちゃんのお世話以外のことに手が回らず、クタクタに疲れてしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

夜泣きなどもあると、睡眠不足にもなりがちですが、休めるときにできるだけ休んで、家族の協力も得ながら、赤ちゃんと一緒にゆっくりとペースをつかんでいきましょう。

1歳を超える頃になると、離乳食のペースにも随分と慣れてきて、1日の生活リズムがだんだんと落ち着いてくる赤ちゃんが多くなってきます。

自然とペースが安定してくるこの時期に、食事、授乳、お昼寝などを含めた1日のリズムをある程度決めるようにすると、それにともなって睡眠時間も大体決まってくるようになります。

もちろん個人差はありますので、赤ちゃんが1歳を過ぎてもなかなか生活リズムが安定しない、ということもあります。ミルクをたくさん飲んで、起きている間にご機嫌なようであれば、深く考える必要はないですよ。

赤ちゃんとママのペースを大事にしてくださいね。

大人と同じ生活リズムで生活するようになる

離乳食、ミルク、昼寝、遊びの時間など1日のリズムができてくる1歳頃になると、大人とほぼ同じようなペースで1日を過ごすことができるようになってきます。

夜にまとめて睡眠を取るようになり、夜中の授乳回数がだんだん減ってくるということです。ママにとってはうれしい変化ですね。

食事やミルク、遊びや昼寝の時間をある程度決めて、それに合わせてお出かけなどの予定を立てるようにすると、赤ちゃんにとってもリズムが作りやすくなります。

リズム通りに1日を過ごしても、夜なかなか寝付いてくれない日もあるかもしれません。日々成長を続ける赤ちゃんには当然のことですから、気長にやっていきましょう。

友人のママに聞いてみたところ、彼女もやはり、毎日同じようなリズムで過ごすことに気をつけたということです。必要以外は遠出などは避け、赤ちゃんがいつも同じ時間帯に同じような状態の中で食事や昼寝ができるようにしたそうです。

また、生活リズム作りは、赤ちゃんだけでなくママにとっても、リラックスして育児のできる環境を作るのに、とてもよかったといっていました。

1歳児の理想的な1日の生活リズムとは

しっかりと遊び、食べて、寝ることが大切

満腹感や疲労感があると、人は眠くなりますよね。赤ちゃんも同じです。きちんとした食事の時間と、体を動かして遊ぶ時間を作ってあげると、朝寝と昼寝のリズムが決まります。メリハリをつけた生活をするということが大切なんですね。

健康的なメニューを心がけ、いつも大体同じような時間帯に朝、昼、晩の食事を摂るようにしましょう。また起きている時間帯には、買い物に出かけるなどすると、家事を少し片付けられますし、お散歩に出てフレッシュな外の空気を楽しむのもよいですね。

疲れているのにゆっくり休めない状態だと、赤ちゃんは逆に機嫌をそこねてしまい、うまく朝寝や昼寝ができなくなってしまいます。この時期は、外出はまだ短時間にしておくのが無難でしょう。

1歳児にはこんな生活リズムが理想的  

では具体的にどのように1日を過ごすとよいのでしょう?夜まとめて寝るようになると、午前6~7時に目覚める赤ちゃんが多いようです。離乳食とフォローアップの授乳で、まず朝の食事です。食事の後は遊んであげましょう。

ぐずり出すようであれば、短い朝寝がまだ必要かもしれません。30分~1時間ほど休ませてあげましょう。起きたら、朝晩の食事時間との兼ね合いを考えつつ、昼の食事をあげましょう。

そしてまた遊びの時間を作ります。午後3時までには昼寝を終えるようにすると、夜の睡眠時間に影響が出にくいですね。

夕食は夕方5~6時頃が理想的でしょう。その後、お風呂と遊びの時間を作ると、程よい疲労が出て、夜の寝かしつけもスムーズにいくことが多いようです。

困ったら、保育園の生活リズムを参考に   

まだわかりにくいという場合は、保育園の1日のリズムを参考にされてみてはいかがでしょうか?保育園では複数の赤ちゃんのお世話をするため、1日の生活リズムをとても大切にしていますから、役立つはずですよ!

ほとんどの保育園は、朝寝と昼寝が必要な赤ちゃん用と昼寝だけでよい赤ちゃん用の2パターンのスケジュールがあるようです。あなたのお子さんはどちらのパターンですか?

大まかにいうと、朝寝と昼寝をする赤ちゃんの場合は、その2回の睡眠時間の間に昼食、昼寝の後におやつ、というスケジュールです。たっぷり昼寝をする赤ちゃんは、午前中の間ずっと起きているので、朝食と昼食の間におやつ、お昼寝が終わったらおやつ、というのが大体の流れのようです。

1歳児の規則正しい生活リズム作りのコツ

朝と夜は毎日同じ時間に起こし、寝かせよう

何度も繰り返しますが、毎日を同じようなリズムで過ごすことが、1歳児の育児にはとても重要なことです。

それまでは、お腹がすいたらいつでもミルク、睡眠は数時間というリズムだったものが、食事や運動ができるようになり、大人と似たようなリズムで1日を過ごせるようになってきます。この時期に、きちんと習慣づけることで、その後の育児も楽になってきます。

朝、同じ時間に起きると、1日のリズムが整えやすくなります。そこから、食事、運動をこれまたリズムよくこなし、朝寝や昼寝で適度な休息を取った赤ちゃんは、夜、同じ時間に寝つきやすくなる、というよい循環が生まれます。

できるだけ毎日同じ時間に同じことをする、ということが鍵になってくるわけですね。

お昼寝は午後3時まで!2時間前後が理想

2人の娘さんを育てた友人ママさんによると、1人目のお子さんは何時間昼寝をしても夜は同じ時間に寝ついてくれたけれど、2人目のお子さんは昼寝を長くした分だけ、夜はなかなか寝ついてくれなかった、ということでした。みんなそれぞれ違いますから、こういうことはありますよね。

一般的には、昼寝は2時間前後で、午後3時頃までに終わらせるのが理想的といわれています。朝寝もする赤ちゃんの場合は、昼寝は1時間ほどになるかもしれませんね。

午後9時に寝るという考え方ではなく、昼寝から4~5時間程経っているか、昼寝の後、きちんと食事を摂り、活発に運動をしたか、ということが夜の寝かしつけをするにあたって大切になってくるということです。

午前中にしっかりと体を動かして遊ぼう  

朝食が終わって、少し落ち着いたら、天気のよい日には外へ出かけましょう。子どもの成長にとって、太陽に当たったり、外の空気に触れたりといったことも大切であることを忘れてはいけませんよね。

芝生の上でハイハイさせたり、公園の赤ちゃん用のブランコに乗せてあげたり、またベビーカーに乗ってお散歩したり、もよいですよね。まだ動きに制限のある赤ちゃんでも、外に出て太陽の光を浴びる機会を作ってあげましょう。

歩き始めの子どもであれば、転んでも大きなケガをしないように、柔らかい地面のある場所に出かけて、遊ぶ時間を作りましょう。体を動かすという目的も一つですが、自分の周りにある色々なものに興味を持たせてあげることも大切ですね。

生活リズムができるとママも楽になる

1日のスケジュールがたてやすくなる   

このように、子どもが朝起きてから、夜寝るまでのリズムが安定してくると、ママやパパ自身のスケジュールもたてやすくなります。これまでは、赤ちゃんが泣いた→おむつ&授乳、もしくは寝かしつけ、と後追いだったものが、1日のリズムがある程度決まっているおかげで、先読みをして行動ができるようになるからです。

子どもが機嫌よく起きている間に、ちょっとした家事を済ませたり、1時間以上寝てくれるとわかっている昼寝の時間に、自分のために時間を使ったり、育児以外のことのバランスも取りやすくなってきます。

そうすると自分自身に余裕も出てきて、育児をさらに楽しめるようになるのではないでしょうか?ママも赤ちゃんとともに成長していく、といったところですね。

事前に準備やスムーズな対応ができる   

食事の時間をある程度決めていると、その準備もスムーズにできますよね。たとえば、多めに作って小分け冷凍をした離乳食などを、加熱して冷ますにはそれなりに時間がかかります。

赤ちゃんがお腹がすいた、と泣き始めてから調理を始めると、早くしようと焦って失敗したり、すぐに食事をもらえない赤ちゃんのイライラが募ったり、それを感じるママ自身もイライラしたり、と悪循環になってしまいます。余裕を持って準備を行っておくと、食事もゆったりとした気分で楽しめます。

また昼寝の時間がもうそろそろだな、と思ったら、赤ちゃんが寝つきやすいような静かな環境を作ってあげるなど、先読み行動をすることで、リズムをキープしやすくなりますよね。 

夜泣きがなくなり、まとめて寝てくれる  

満腹になり、お風呂でさっぱりとし、少し遊んで程よく疲れた赤ちゃんは、夜まとめて寝てくれるようになります。深い睡眠に入っているので、夜泣きをすることもほとんどなくなってくるでしょう。

お風呂に入ってから寝るまでの間の行動も、毎日大体同じようにして、子どもが安心して寝入ることのできる環境を作るようにしましょう。絵本を読んであげたり、歌を歌ってあげたりという習慣を作るのもよいですね。

日中活発に遊んだことで、少し興奮が残っていて、夜に急に泣き出す、ということもあるかもしれませんが、優しく抱きしめてママの体温を感じさせてあげたり、そっと手を握ってあげたりすると、安心して眠ってくれるでしょう。必要なときには添い寝もしてあげてください。

1歳児の生活リズムで忘れてはいけないこと

整えないといけない!と無理をしないこと 

ここまで、生活リズムを作り、それをキープすることが1歳児の育児にとって大切であることについてお話ししてきました。中には、全部やってみたけど、それでもリズムが安定しない、と感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。

それぞれに生活環境が違いますし、赤ちゃんの性格などもありますから、うまくいかないこともあるかもしれませんが、ほかの赤ちゃんやママと比べる必要はありません。もちろん、睡眠のリズムが整わないと体力的にしんどいこともあるかと思います。

ただそこで、自分や赤ちゃんがわるいというような気持ちにならず、そういうときこそよりポジティブに、どんと構えて育児を楽しむことを忘れないでくださいね。

ママのイライラや焦り、疲れは赤ちゃんにも伝わってしまいます。なかなか寝付かない赤ちゃんを相手にイライラが募ると、それを感じ取った赤ちゃんが余計に寝てくれない、といった経験のあるママも多いのではないでしょうか?

多少リズムが崩れても、また徐々に戻していけばいい、というくらいの気持ちで、無理のない育児を心がけましょう。

個人差があるのでその子に合わせて  

食事や運動、睡眠に関しては、生活環境や赤ちゃんの性格や体質によって個人差があります。朝早めに起きて、朝寝を多めにとる赤ちゃんもいれば、朝遅めに起きて、昼食の後の昼寝まで活動的な赤ちゃんもいるでしょう。

保育園の生活リズムについて紹介しましたが、これも参考までに、ということです。わが子のことを1番よくわかっているのはママです。

赤ちゃんがご機嫌で、健康でいられる状態を作ってあげることが大切ですから、一般的なリズムと多少ずれていても気にすることはありません。

一般的なリズムに合わせることだけにとらわれず、毎日育児をする中でわかってくるわが子のリズムをくみ取りましょう。ほかと違っても、同じようなリズムで毎日快適に過ごしているのなら、それがその子の生活リズムなのです。

もう少し大きくなって活動範囲が広がったり、できることが増えてくると、それにともなってリズムも変わってきますから、焦らず、自分と赤ちゃんのペースを第一に考えるようにしましょう。

赤ちゃんが健やかに育つこと、これが何より大切だということを忘れないようにしましょう。

まとめ

安定した生活リズムをキープすると、育児が少し楽になってきます。けれど、生活リズムキープのために、イライラしたり、自己嫌悪に陥ったりなどということになると、本末転倒になってしまいます。

育児をしていると本当にたくさんのことを学びますよね。初めての育児ならなおさらのことです。新米ママはみんな同じような気持ちです。

ときにはストレス発散もしながら、ママ自身が育児を楽しめる環境を作ることも心がけて、笑顔いっぱいの毎日を過ごしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018