就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児と過ごす初めての冬。服装や室温など冬の過ごし方をご紹介

新生児と過ごす初めての冬。服装や室温など冬の過ごし方をご紹介

12月から2月生まれの赤ちゃんを迎える予定の方は、自宅でどのように寒さをやり過ごせばよいのか心配ですよね。産まれたばかりの赤ちゃんを、冬の寒さから守るために何を用意すればよいかなど、疑問もたくさんあるのではないでしょうか。赤ちゃんと初めて冬を過ごすコツをお伝えします。

新生児の冬。室温で考えたい洋服選びのコツ

乾燥しがちな季節は素材選びも大事

赤ちゃんを迎える準備、どんな洋服を着せようかとワクワクしますよね。冬生まれの新生児にはどのような服を用意しておけばよいのか悩む方も多いと思います。

冬は空気が乾燥しがちです。産まれたばかりの赤ちゃんは特に肌が敏感なので、綿100%の素材を選んであげましょう。さらに、同じ綿素材でも織り方によって暖かさは違います。寒い冬は、ニットやパイル織がおすすめです。空気をふんわりと含んで、赤ちゃんを暖かく包んでくれます。

赤ちゃんは汗をかきやすいので、暖房の温度にも気をつけてあげましょう。新生児はほとんど室内で過ごします。あまり着せこみすぎると汗でかぶれる可能性もあるので、ときどき肌の様子をチェックしましょう。

肌着は短肌着とコンビ肌着のセットを準備

新生児の肌着の形は、いくつか種類があります。

「短肌着」は赤ちゃんのお腹のあたりまでの長さの肌着です。重ね着に便利なので5〜6枚用意しておくとよいですね。「長肌着」は赤ちゃんの足のあたりまですっぽりと覆ってくれます。短肌着とセットで用意しておくことをおすすめするのが「コンビ肌着」です。足の部分と股下を留めるスナップボタンが付いており、はだけることを防止してくれます。

短肌着とコンビ肌着を重ねることで、より保温効果が増します。洋服を着せてあげたり、ブランケットで包んであげたりすることで寒い冬も暖か過ごせるでしょう。

コンビ肌着は、夏にも1枚で着せておくなどできて便利なので、洗い替えが4〜5枚あってもよいと思います。

洋服は2WAYオールを数枚用意しよう

肌着の上から着せる洋服ですが、新生児に着せるには「2WAYオール」が便利です。2WAYオールとは、股下のスナップボタンの留め方を変えるだけで、ワンピース型のと、カバーオール型との両方として使えることができるベビー服です。

新生児のおむつ替えは頻繁です。ワンピース型にしておけば、外出時にもおむつ替えを楽にすることができます。足を元気に動かし始めたら、カバーオール型の留め方にしておくと赤ちゃんも動かしやすく、服もはだけません。

こちらも洗い替えに数枚用意しておきましょう。サイズは50や60だとあっという間にサイズアウトしてしまいますので、70あたりで用意しておくと長く使えますよ。最初は大きすぎると思いますが、おくるみ感覚で使えます。

冬生まれの新生児。1日の過ごし方

理想の室温とおすすめの暖房器具

産まれたばかりの赤ちゃんは、体温調節機能が未発達です。そのため、洋服や室温の管理をして、大人が調節してあげましょう。

赤ちゃんが室内で過ごすのに快適な温度は、冬場は18〜22℃といわれています。赤ちゃんの過ごす部屋に、温湿度計を置いておくと室温も湿度も管理できますね。

暖房器具は、「エアコン」を一番よく使う方が多いのではないでしょうか。部屋全体を温めることができ、温度設定も簡単ですが、乾燥しやすいので注意してください。

「オイルヒーター」は排気も出ず、機具自体も熱くなりすぎません。部屋全体が温まるのに時間がかかるようなので、早めにつけてあげるとよいですよ。

暖房機能はもちろんですが、赤ちゃんの安全も考えて選びたいですね。

ママも身体を休めながら面倒を見よう

冬生まれの赤ちゃんは、普段のお世話に加えて先に書いたような体温調整も必要です。ママはなかなか気が休まらないですよね。

産後1カ月は産褥期といい、ママの体もまだ休ませることが大切な時期です。子宮の回復などにも大切な時期なので、無理は禁物です。赤ちゃんのお世話は第一ですが、ママ自身の体調管理も気をつけてくださいね。

もしも周りに頼ることができる家族がいるのなら、思い切って赤ちゃんのお世話を任せてしっかり横になって仮眠を取るとよいですね。新生児の赤ちゃんは、まだ昼夜の感覚ができておらず、夜中も2〜3時間おきに目を覚ますことが多いです。個人差はありますが、夜ほとんど眠ることができないママもいます。ママもしっかり休んで体力をつけましょう。

沐浴も可能なら暖かい昼間がベスト

毎日の赤ちゃんのお世話の中に、「沐浴」があります。まだ首もすわっていない赤ちゃんをお風呂に入れるのはとても緊張しますよね。産院でも沐浴指導はほとんどの所であると思いますが、数日の練習では不安が残る方も多いと思います。

冬の沐浴で気をつけるのは、沐浴をする場所の室温です。お風呂でしっかり温まっても、室温が低いと赤ちゃんの体は一気に冷えて風邪を引いてしまうかもしれません。沐浴をする部屋全体を温めるのが不可能でも、ヒーターなどを使って赤ちゃんに服を着せる場所を暖かくしておきましょう。

お風呂で気持ちよさそうにしている赤ちゃんはとってもかわいいですよね。最初はママも慣れずに焦ることもあると思いますが、沐浴の時間を赤ちゃんと一緒に楽しみたいですね。

冬生まれの新生児に気を付けたいこと

かけ布団のかけ過ぎに注意

冬場の就寝時、赤ちゃんが寒くないか心配で、ついついかけ布団を何枚も重ねてしまうママもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんは体の中に熱がこもりやすく、あまり布団が多いと暑くて汗をかいてしまいます。また、布団が重いと手足が動かしにくく、寝苦しく感じることもあるでしょう。

赤ちゃんに最適な布団の枚数は、バスタオルと毛布、もしくは布団とブランケットの2枚程度で十分です。布団はベビー布団のような軽めのものが赤ちゃんも寝やすいでしょう。あまりにふかふかの重い布団は、窒息の原因にもなりかねないので注意してくださいね。

また、吐き戻しやお漏らしの対策に、敷布団にもバスタオルを敷いておくと、すぐに洗えて便利です。

肌が乾燥しやすいので乾燥対策をしよう

新生児の肌はとてもデリケートで、乾燥しやすいです。放っておくと、乾燥が原因で湿疹ができることもあります。日々注意して肌の様子を観察し、お手入れをしてあげたいですね。

乾燥対策は、加湿器をつけて部屋の湿度を保つことが一番です。湿度計があるのなら、40〜60%前後を保つようにしましょう。加湿器の代わりに、洗濯物を室内に干したり、洗面器にお湯を張って赤ちゃんの近くに置いてあげたりするだけでも湿度を上げることはできます。

また肌の乾燥が気になってきたら早めに、ベビーオイルなどでケアをしてあげましょう。お風呂上がりに暖かい場所でぬってあげると赤ちゃんも気持ちよいでしょう。乾燥がひどいときは病院に相談すると、保湿剤をもらえることがあります。

夜間の授乳に備えて寝室も暖かくしよう

冬の夜間授乳は、寒さが辛いという方が多いです。赤ちゃんが暑くなりすぎないように、夜間は暖房を消している方もいるようですが、授乳中は本当に寒いです。ママも風邪をひいてしまわないように、夜間に暖房をつけておくのもよいでしょう。ただし、その場合は赤ちゃんのパジャマや布団の調整をして、赤ちゃんが暑くなりすぎないようにしましょう。

エアコンが効きすぎるので就寝時は暖房を消したいという方は、授乳中に自分の方や赤ちゃんを包むことができる大きめのブランケットなどを枕元に置いておくと便利です。

また、小さめの赤外線ヒーターなどで授乳中だけママと赤ちゃんが寒くないように温めるのもよいでしょう。

就寝時の部屋の大きさなどに合わせて夜間授乳の対策をしてくださいね。

たくさんある冬小物。必要な物だけ買おう

ベストは寒さの微調整で重宝する

出産前の準備、かわいい冬小物が多くて買いすぎてしまいそうですよね。赤ちゃんの小物はどんどん増えていきますので、必要なものだけを買うようにできるとよいですね。

「ベスト」は寒さの微調整をするときにとても便利です。新生児の赤ちゃんも意外と手足をよく動かし、かけていた布団がずれてしまったりします。ベストを着せておけば、赤ちゃんが動いてもはだけずに体を冷やしません。

また、逆に赤ちゃんが少し暑そうだなと感じたときは、ベストを脱がせるだけで体温調節ができるので楽ですよ。

フリースでできた素材や、厚手のガーゼ素材など、暖かい生地で作られたものがいろいろあります。肌が弱い子は綿素材を選ぶのが無難でしょう。洗い替えも兼ねて、2〜3枚用意しておくと重宝しますよ。

ベビーミトンは基本的にはいらない

寝ている赤ちゃんの手を握ると、驚くほど冷たいことがあります。「ベビーミトン」で温めてあげたほうがよいのでは?と悩むママも多いのではないでしょうか。

実は赤ちゃんの手は体温調節にとても大切な役割があり、冷たいときは体内の熱が逃げ出さないように、毛細血管を収縮しているのです。そのためミトンで手を温めすぎると、溜まった体内の熱が外に逃げ出してしまうことになります。

そのため、あえてミトンで温めてあげる必要はないように思います。しかし、手が冷たいのは熱が上がっているときであることもあるので、体全体の温度も触って確認してあげてくださいね。

基本的にはベビーミトンはいらないと思いますが、顔をかきむしって傷つけてしまったりするのを防ぐために使うのはよいでしょう。

帽子や靴下は外出しないなら必要なし

赤ちゃん用の小さな帽子や靴下は、かわいくて見ているだけでも心が温まります。いったいどのくらい用意すればよいのでしょうか。

室内で過ごすのに、帽子や靴下は基本的にはいりません。頭には多くの汗腺があり、室内で帽子をかぶせると暑くて汗をかいてしまいます。赤ちゃんも不快に感じるでしょう。靴下についても、先に書いたミトンと同様に、赤ちゃんの体温調節の妨げになりかねないので、基本的にはいりません。

お宮参りなどで外出するときは、赤ちゃんを外の寒さから守るためにあるとよいので、新生児のときは一つ用意しておくだけでも間に合うでしょう。

帽子や靴下をつけている姿はかわいいですが、赤ちゃんが心地よい状態になっているかを確認してくださいね。

冬生まれならではの用意したいアイテム

暖房は必須!赤ちゃんの快適な部屋作り

退院してきた赤ちゃんを迎えるため、必須アイテムといえるものは暖房器具です。多くの家庭に何らかの暖房器具はあると思いますが、赤ちゃんが過ごす部屋にはどのようなものがあるとよいのでしょう。

日中はリビングにベビーベットや布団を敷いて赤ちゃんの居場所にと考えている方も多いですよね、エアコンは部屋全体を温めることができて赤ちゃんが器具を触ってけがをする心配もありません。乾燥しやすいので湿度に気を配るようにしましょう。

電気毛布やホットカーペットは、手軽に赤ちゃんの居場所だけを温めやすいですが、付けっぱなしにしておくと低温やけどをする可能性もあります。赤ちゃんが使うときまでに温めておいて、電源は切るようにしたほうがよさそうです。

加湿器は親子で風邪予防に役に立つ

暖房器具とともに必要なものは「加湿器」です。部屋を温めるとどうしても空気は乾燥しがちになります。部屋の湿度が40%を切ると、インフルエンザの菌が活発に動き出すようになってしまいます。

新生児の喉は粘膜が弱く、乾燥すると菌に感染しやすいです。部屋を加湿することは、肌の乾燥を防ぐだけではなく、喉の粘膜を守る役割もあるのです。

赤ちゃんだけではなく、もちろん大人の風邪などへの感染も防ぎます。風邪を引いた状態、ましてやインフルエンザに感染すると、赤ちゃんのお世話はより大変になってしまいます。赤ちゃんにうつしてしまう可能性も高く、心配ですよね。

加湿器を利用して、部屋の湿度を最適な状態に保ち、親子で風邪予防しましょう。

夜の授乳にも使えるおくるみ

夜の授乳のとき、あると便利なアイテムに「おくるみ」があります。おくるみとは、赤ちゃんをすっぽりと包み込めるように作られた保温アイテムです。一枚の布状の形をしたもの、手足を入れるポケットが成形されているものなどがあります。素材もガーゼやふわふわのニット素材など色々作られています。

夜間の授乳は、起きた赤ちゃんを布団から出してすることが多いと思います。布団の中との温度差が大きいと、赤ちゃんもびっくりしてしまいますよね。体もすぐに冷えてしまうので、そんなときにはおくるみでさっと包んであげましょう。

おくるみがない場合は、バスタオルやブランケットでも代用できます。少し厚手のものを用意しておくとよいですね。

まとめ

冬生まれの赤ちゃんは、冬生まれならではのアイテムも必要になります。本当に必要なものを選択して、赤ちゃんを寒さや乾燥から守るために、出産前に準備しておきたいですね。

冬の夜間授乳は寒くて大変に感じることもあると思いますが、授乳できるのも赤ちゃんとのコミュニケーションの一つです。少しでも暖かい環境にして、赤ちゃんとの大切な時間を楽しめるとよいですね。

暖房器具や加湿器をうまく使って、寒い冬を乗り越えましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018