就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

歩く練習に運動系おもちゃ!子どもの歩きたい気持ちにこたえよう

歩く練習に運動系おもちゃ!子どもの歩きたい気持ちにこたえよう

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになったら、歩き始めるまでもう少しです。赤ちゃんの歩行をサポートするために、歩行器や手押し車を検討しているママやパパも多いでしょう。この記事では、赤ちゃんの歩行を促すための方法や、おすすめの運動系おもちゃをご紹介していきます。歩き始めの時期にお役立てくださいね。

歩き始めはいつ?歩行を促す時期と方法

赤ちゃんが歩き始めるメカニズム

赤ちゃんが歩き出すまでには、まず仰向けから腹ばいになり、お座り、ハイハイ、膝立ち、つかまり立ち…というように、少しずつ発達段階を経て歩くために必要な筋力や体幹バランスを養っていくことが大切です。

仰向けでは主に腹筋を鍛えて、寝返りや腹ばいによって腹筋や背筋が鍛えられます。お座りをすることで、バランス感覚や体重移動を覚えて姿勢の変化に体が対応できるようになっていきます。さらに、ハイハイでは体幹の安定性、骨盤周りや手足の筋力強化と協調性が養われるのです。

さらに、膝立ちやつかまり立ちをすることで自分の体重を足で支えることを覚えていくのです。こうして筋力やバランス力が育まれ、1人歩きが可能になっていきます。

歩き始めの平均的な時期と個人差

赤ちゃんが1人で立てるようになるのは一般的には1歳前後が目安とされています。そして1歳半頃までには1人歩きを始めるとされています。

ただし、これはあくまで平均的な時期であり、歩き始めのタイミングには個人差があります。「1歳になれば立つ」「1歳半になれば歩く」など、その年齢だから必ずしもみんなができるというわけではないのです。

歩くという動作には、筋力の発達やバランス感覚など個人の発達度合いなども関連してきます。また、歩行バランスをとるために大脳や小脳など神経組織の発達も重要です。

なお、性格によっても違いはあります。比較的、好奇心旺盛な子よりも慎重派な子の方が歩くことに対しても慎重で、動作が遅い傾向がみられます。

遊びを通じて歩くことへの興味を引き出す

つかまり立ちができるのに、すぐに座ってしまったり移動はハイハイばかりだったりする場合は、歩き出しがスムーズになるようにママやパパがサポートしてあげましょう。

もちろん無理強いをするのではなく、遊びながら歩くことへ興味が持てるように工夫することがポイントです。

たとえば、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを少し遠くへ置いて、つたい歩きで取りに行かせたり、赤ちゃんがつかまり立ちしていたらママが少し離れた位置から「こっちへおいで~」と声をかけて、歩き出すきっかけを作ったりしてあげるなどです。

赤ちゃんをママやパパの足の甲に立たせて赤ちゃんを支えながらそのまま歩き、赤ちゃんに歩くことを体験させてあげるのもよいですね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

歩行器か手押し車か?発達に合わせて選ぼう

歩行器は特性を理解して上手に活用する

歩行器とは、歩き始めのころの赤ちゃんの歩行をサポートするアイテムです。

車輪がついているため、赤ちゃんが足を動かすだけでスイスイ進めます。歩行器に乗っている間は自分の思うように移動ができるため、比較的ご機嫌で過ごす赤ちゃんが多いようです。

歩行器には円形のテーブルがついているので、幅の狭い場所には入れませんし手をのばしても届く範囲に限界があります。そのため、危険な場所や物から遠ざけられるメリットがあるといえます。

一方で、毎日長時間乗せたままにするなど歩行器に頼りすぎた使い方を続けると、自力で動くことが少なくなってしまい、足腰の筋肉の発達を妨げる心配があるので注意しましょう。また、段差での転倒にも気をつけたいですね。

手押し車のメリットとデメリット

手押し車を使った場合には、まず赤ちゃんの視界が変わります。さらに自分で動けるようになることで、知的好奇心が刺激され「歩くこと」に赤ちゃんが興味を持ちやすくなります。

歩行に特化したおもちゃなので、まだつかまり立ちができない子や、つたい歩きはできるけど足が一歩踏み出せない子などの歩き始めるきっかけ作りに最適です。

赤ちゃんが手押し車を使えば、足腰の筋肉が自然に鍛えられるので、遊び感覚で歩行に必要なトレーニングができます。また、赤ちゃんの視界が広がるため、視覚によって距離感や立体感がつかみやすくなり、平衡感覚が養われていきます。

ただし、手押し車のスピードが出すぎてケガや事故につながる恐れがあるので気をつけましょう。

どんなときも必ず大人が見守って

赤ちゃんを歩行器に乗せたり手押し車で遊ばせたりするときには、必ずママやパパなど大人が見守るようにしましょう。

手押し車を押している赤ちゃんが、自分でスピードの調整ができずに思わぬ方向に進んでしまい、段差などで転倒してしまう危険性があります。また、歩行器に乗っている赤ちゃんが転倒したりいつもなら手の届かないものに手が届いて誤飲してしまったりという可能性も考えられます。

手押し車を外遊びで使用するときは、なにが起こるかわからないので交通事故などには特に注意したいですね。

なお、マンションなどで使用する際は、車輪の音が思いのほか階下に響くことがあります。カーペットや防音マットなどを敷いて、その上で使用するように工夫してみましょう。

あんよをサポートするおすすめ手押し車

木のぬくもりが優しい木製手押し車

木のぬくもりが感じられる手押し車としておすすめなのが、ワンダーワールドの「ホッピング・バニーウォーカー」です。ワンダーワールドは、15年以上もの間、世界中から人気を集める木製玩具ブランドです。

赤ちゃんが手押し車を押すたびに、2羽のかわいいウサギのぬいぐるみがカタカタ音を鳴らして交互にピョンピョンはねます。 ウサギは取り外しても使えますよ。

スピードを変える後輪調整ネジがついているので、赤ちゃんの成長に合わせてスピードを調整できて安心ですね。

ワンダーワールドの製品は、ヨーロッパやアメリカでの厳格な安全基準をクリアしている点もおすすめポイントです。ナチュラルウッドをベースに、やさしくカラフルな色使いでインテリアにもなじみます。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事