就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

よくあるマタニティのうつ症状。原因や予防法、対策を知ろう!

よくあるマタニティのうつ症状。原因や予防法、対策を知ろう!

楽しい妊婦生活や幸せな育児生活に憧れていたはずなのに、理由もなくイライラしたり悲しくなったりしていませんか?もしかしたら、それはマタニティブルーという軽度のうつ状態かもしれません。マタニティブルーを解消させるために、マタニティブルーが起こる原因を知って最善の対策を考えていきましょう。

妊婦さんの30%が経験!マタニティブルー

具体的にはどんな症状?

マタニティブルーは、女性が妊娠している間、または出産を終えてから情緒不安定になる一過性の情動障害です。特に妊娠初期と妊娠後期、産後は出産してすぐから10日をピークにマタニティブルーに陥りやすいといわれています。

個人によって違いがありますが、不安になる、気力がなくなる、などの症状が現れます。また、些細なことでイライラしたり悲しくなったり、突然、理由もなく涙があふれてくることもマタニティブルーの症状です。

人によってマタニティブルーになる時期や期間も異なります。妊娠中だけマタニティブルーになる人もいれば、妊娠中は平気だったのに産後になる人、妊娠中から産後まで長期にわたって続く人などさまざまです。

原因はストレスやホルモンバランスの乱れ

マタニティブルーになる原因は一つではありません。さまざまなことがきっかけで起こりますが、妊娠・出産によって女性ホルモンのバランスが乱れることは大きな要因であるとされています。

また、妊娠中や産後のママには、過大なストレスやプレッシャーがかかってしまうことも一つの原因です。特に産後は、出産の疲れが癒えていない体で慣れない育児がすぐにはじまってしまうため、ママのストレスは最高潮に達してしまうのです。深刻なマタニティブルーは産後うつにつながるともいわれています。

さらに、根本的に几帳面であったり神経質であったりするといった、もともとのママの気質的なことも要因になると指摘する専門家の声もあります。

どうやったら予防できるのか

マタニティブルーを予防するには、原因を解消することが大きなポイントとなります。そのため、マタニティブルーの原因となるホルモンバランスの変化を予防することはむずかしいですが、ストレスを溜め込まないようにするという考え方は効果的です。

不安なことがあれば、パパや家族、友達に相談してみましょう。話を聞いてもらうだけでもストレス解消になりますよ。そして、まじめで責任感が強いママほど抵抗があるかもしれませんが、家事の手を抜いて頑張りすぎないようにするのもおすすめです。完璧を目指さず、ゆったりと過ごしましょう。

マタニティブルーは妊婦さんの10人に3人が経験しています。誰にでも起こり得るものであることを頭に入れておきたいですね。

1人で我慢しないで。対処法を知ろう!

スイミングやヨガなど適度な運動をする

運動によって適度に体を動かすことは、ストレスの発散になり心身をリラックスさせ、マタニティブルーの解消に役立ちます。運動をすることで、セロトニンなどの神経伝達物質が増加するため、気持ちがスッキリと前向きになれるのです。

そこでおすすめなのが、妊娠中から行えるマタニティスイミングやマタニティヨガです。スイミングは水の浮力を利用できるので、妊娠している体でも無理なく行えます。ヨガも、ゆっくりとした呼吸とゆっくりとした動作で行えますし、ヨガの呼吸法は出産の際の呼吸法として役立ちます。

スクールに通うようになれば、同じように妊娠中のママにも出会う機会が増えて、お互いの情報交換ができるというメリットもありますよ。

家族や友達に助けてもらおう!

慣れない育児を一人で抱え込むことは大きな負担です。育児というものはママだけが抱え込まなくてはならないことではありません。我慢せずに家族や友達に相談して、ぜひ助けてもらってください。

特にパパはもっとも身近な存在で、育児の大切なパートナーです。話し合いの機会をできるだけ持って、マタニティブルーについて理解してもらいましょう。そのうえで、パパにも育児や家事を分担してもらい、協力しながら少しずつ育児に慣れていくこともマタニティブルーの解消につながります。

育児の不安は、子育て経験のある友達や自分の母親に相談するのもよいですね。アドバイスをもらったり話を聞いてもらったりするだけでも、モヤモヤとしていた心が軽くなるかもしれません。

症状がひどいようなら受診しよう

マタニティブルーは一過性のものであり、気がつけば乗り越えられていたというママが多いようです。自分に自覚はなくてもマタニティブルーになっていて、落ち着いたころに「あのときの私、少しおかしかったかも」と気づくというケースもあります。

このように、特別な対処をしなくても自然とマタニティブルーを乗り越えられるママがいる一方で、症状が長引いたり、悪化したりして苦しむママもいます。苦しいまま放置していると、出産や育児を楽しむどころか、うつやノイローゼなどさらに悪い方向へ発展してしまう可能性があります。

症状がひどく、不安感や孤独感に押しつぶされそうなほど辛さを感じるなら、重症化してしまう前に病院を受診しましょう。

少し違う。マタニティブルーと産後うつ

マタニティブルーは症状が短期間

出産を終えたママは、ホルモンバランスが一時的に大きく崩れることによってマタニティブルーを引き起こしやすくなります。それでも、体調が少しずつ戻り、それにともない少しずつ育児生活に慣れていくことで自然と回復していくことがほとんどです。

基本的に、マタニティブルーの症状が現れるのは短期間であるといわれています。しかし、数カ月以上経ってもマタニティブルーが続いて回復傾向が見られない場合、それは「産後うつ」に発展している可能性があります。

出産した女性の約10人に1人が産後うつになるといわれています。産後うつとマタニティブルーは違うので、マタニティブルーが長引いていると感じる場合には産後うつを疑いましょう。

産後うつは要治療!症状も長期間で深刻

産後うつになると、その症状は深刻で、死んでしまいたいと考えたり、赤ちゃんを傷つけたいと考えるようになることがあります。また、幻覚が見えたり、奇異な行動をとることもあります。

マタニティブルーであれば、周囲の協力などによって治療をせずとも時期が来れば治るとされています。しかし、産後うつであると診断されたら、専門家による治療が必要です。精神療法や抗うつ薬による治療で入院が必要になることもあります。

将来のことが不安になったり、育児に自信が持てずに赤ちゃんに愛情が持てなくなってしまったりと自分を追い詰めてしまうようであれば、無理をせずに早めに病院を受診して医師に相談しましょう。産後うつは早期診断、早期治療が大切です。

マタニティブルーのセルフチェック

マタニティブルーの症状は個人によって違いがありますが、代表的とされる10個の症状を下記に挙げてみました。当てはまる数が多いほど、マタニティブルーになっている可能性が高いといえます。

●理由もなく不安や焦りを感じる
●急に泣きたくなって涙があふれてくる
●気分が落ち込みやる気が出ない
●あまり眠れない
●常に体の疲れを感じる
●物事への集中力が続かない
●感情のコントロールができない
●周囲の人に八つ当たりしてしまう
●食欲不振
●体調不良を感じる

自分では気がついていないうちにマタニティブルーになっていることもあります。マタニティブルーになると心や体に変化が現れるので、自分自身に違和感を感じたらセルフチェックしてみましょう。

まとめ

マタニティブルーは妊娠中や出産直後の女性であれば誰でもなる可能性があります。症状には個人差がありますが、うつ状態から早く抜け出すために、まずは周囲に理解を求めて協力してもらうことが大切です。1人で抱え込もうとすると空回りして、マタニティブルーから産後うつに悪化してしまう心配があります。

マタニティブルーは一過性のものなので、無理せず症状が落ち着くのを待ちましょう。上手にストレスを発散しながらホルモンの変化をじっくりと待ちつつ、ゆったりとした気分で過ごしてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018