就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児のぐずりにイライラ。ぐずりの原因や対処法、子どもへの接し方

1歳児のぐずりにイライラ。ぐずりの原因や対処法、子どもへの接し方

赤ちゃんだったときに比べて、頼もしい成長ぶりを感じさせてくれる1歳頃。しかし、ちょうど同じ時期に出てくる「ぐずり」にお困りのママさんも多いのではないでしょうか。「なぜぐずってしまうの?」「どうしたらよいか分からない!」そんなママの悩みの種でもある、「ぐずり」の原因と対処法を一緒に学んでみませんか。

1歳児のぐずり、原因は大きく3つ

眠い、空腹などの不快感や体調不良

子どもが急にぐずぐずと泣き出してしまったときには、まずはその原因を探してあげることが大切です。

例えば…

・眠い
・お腹が空いている
・オムツが気持ち悪い
・寒すぎたり、暑すぎたりしている
・体調がすぐれない

もし、ぐずりの原因が眠気や空腹によるものであれば、少し寝かせてあげたり、何か食べさせてあげれば子どもも落ちつくことができますね。またそれ以外にも、オムツを替えて体温調節するなどして、子ども自身が快適になれば泣き止むこともあるでしょう。

しかし、なにをしても泣きやまないときには、ママも少し注意が必要です。その際は、熱やそのほかの症状が出ていないかを確認してみて、心配なときには病院に連れて行ってあげるようにしましょうね。

自分の思うようにできなくて悔しい

子どもが駄々をこねたり、「イヤ!」を連発するようになってくると、「まだ1歳なのに、もしかしてイヤイヤが始まったのかな?」なんて思うママもいるかもしれませんね。一般的にイヤイヤが始まるのは2歳前後といわれていますが、子どもによっては早めに始まる子もいるようです。

この頃には子どもにもだんだんと自我が形成されてきますから、いろいろなものに興味を示したり、なんでも自分でやりたがったりするようになるでしょう。しかし実際には、子どもが一人でできないことの方が多いですから、自分の思うようにならなくて癇癪を出すことも増えてきます。ママが手伝おうとするとかえって余計に泣きだすこともありますから、ママが対応に困ることが多くなる時期だともいえますね。

特に理由はないけれど泣きたい

子どもがぐずったときに、なぜ泣いているのかはっきりとした理由が分かっていれば、ママもあれこれ対応することができますが、理由が分からないときには、対応のしようもありませんからママも気が滅入ってしまいますよね。

ただ子どもが理由もなく泣くのは、ママに甘えたいだけのときもありますから、赤ちゃんの頃に戻ったものだと思って、ママもじっくりと付き合ってあげるようにしましょう。

また大人にも、気持ちの浮き沈みがあるときや、気分の乗らないことがあるでしょう。それは子どもも同じことで、自我が芽生えるにつれ、感情も豊かになってきている証でもあります。そのときには、子どもが気分転換できるようなことをママも一緒に探してみるとよいかもしれませんね。

1歳児のぐずりの対処法を教えて!

不快感や痛みなどが無いかチェックする

ママがあれこれ対処してみても、子どものぐずりが治らないときには、不快感や痛みなどが無いかチェックして心配なときには病院へ行くようにしましょう。

例えば…

・熱または鼻水が出ている…風邪の症状で不快に感じている。
・お尻の周りが赤い…オムツかぶれで痛みを感じている。
・便秘気味である…お腹が張ったように感じている。
・咳をしている…風邪をひいて喉に痛みを感じている。
・耳をよく触る…中耳炎で耳を痛がっている。
・じんましんが出ている…かゆみが不快で泣くこともある。

「いつもと違う泣き方をしているかどうか」というのも、重要なチェックポイントになります。日頃から子どもの泣き声を意識しておくことも大切ですね。

やりたいことを聞く、思うようにやらせる

時間に余裕があるときにはママも穏やかな気持ちで、子どものことを見守ることができますが、時間がないときなどにはつい、口や手を出して子どもを急かしてしまいますよね。

確かに、子どものしたいようにさせることは、なかなか難しいですが、子どもは子どもなりに「自分でできるのに」「邪魔しないでほしい」などと感じていることでしょう。そんなときにはまず、子どもがどうしたがっているのか、子どもの気持ちを聞いてあげることを心がけるとよいですね。

子どもが自分自身で思うようにやってみることで、気が済んでスッキリすることもありますし、ママも想像力を働かせながら子どもを観察することで、「なるほど、これがしたかったのね」と驚かされることもあるかもしれません。

ほかのことやものに興味を引かせる

子どものぐずぐずが治らないときには、子どもも、自分自身で感情をどうすればよいのか分からなくなってしまっていることが多いです。そんなときには、ほかのものやことで子どもの興味を引いてあげるようにするのもよいかもしれません。

大人と同じことをさせてあげれば子どもは喜びますから、家事などでなにか子どもでもできるような簡単なことをお手伝いさせてみたり、もし着替えを嫌がるのであれば、子どもの服を2パターンくらい用意してあげたりして、子ども自身に選ばせてあげたりするのもオススメです。

子どもがなにか新しいことやものに集中することで、嘘のようにピタリと泣き止む場合もありますから、ぐずりがなかなか治らないときにはぜひ試してみてくださいね。

ぐずりにイライラ。どう接すればいい?

どうしてもダメなら放っておくのもあり

子どもにたくさん泣かれてしまうと、ママはストレスに感じてしまいがちですが、子どもにとっては気持ちの発散になっていたり、心肺機能を向上させたりと、実はよいこともたくさんあるのです。

もし子どものぐずりがひどくて、「このままでは収集がつかない」とママが感じたときには、思い切って子どものことを放っておくのもよいでしょう。子どもが病気になっている様子もなく、誰かに迷惑がかかったり、特に危険が及ばない場所だったりするのであれば、少しの間放っておいても大丈夫です。

またこれくらいの年齢であれば言葉も通じてきますから、ママが日頃から言葉できちんとマナーやルールを伝えていくことも大切です。そして子ども自身にも、「泣いたりぐずったりすることだけでは、相手に気持ちは伝わらない」ということを学んでもらわなければなりませんから、あまりにわがままを言うようなときには、ママが突き放すことも必要なのかもしれませんね。

ただ放っておくときには、あくまでも子どものことを無視するのではなく、距離を置きながら見守るということを忘れないようにしましょうね。

ママが落ち着いたら抱きしめてスキンシップ

あまりに延々と子どもに泣き続けられると、ママにも感情がありますから、だんだんイライラしてきてしまいますよね。本当は子どものことを怒りたくないはずなのに、気がついたら自分でも驚くような感情が吹き出てくることもときにはあるかもしれません。

そんな場合には一呼吸おいて、まずはいったんその場を離れましょう。よっぽど危険のない限り、しばらくの間であれば子どもを一人にしていても大丈夫です。ママがきちんと子どもに向き合うことも大切ですが、なによりも、ママの心の負担が大きくなってしまうことの方が問題です。

ママが一人になることで心が落ち着いてくれば、おそらく子どものことが気になって、またすぐに子どもの元へ戻りたくなるでしょう。そしてママが戻ったころには、子どもはたくさん甘えたいでしょうから、ママも子どものことをたくさん抱きしめてあげてください。

もしぐずりがひどいと感じるときには、日頃から、ママも意識的にスキンシップするようにしてみるとよいでしょう。そうすれば子どもだけでなく、ママ自身の心の充電をすることができるようになるはずです。

まとめ

子どもが成長してある程度の意思疎通ができるようになってくると、ママもどうしても「言葉で言えば分かる」という想いを前提にしてしまいがちです。確かに、子どもはママの言葉を理解しているのかもしれませんが、子どもも子どもなりの想いを持つようになってくるでしょう。

もし子どものぐずりがひどいときには、まだ言葉の通じていなかった赤ちゃんの頃を思い出すようにしてみると、ママもイライラすることが減るかもしれません。子どもがもう少し大きくなるそのときまで、ママも上手に息抜きをしながら見守っていきましょうね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018