就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働きの子育てに疲れたママへ。少しでも楽になる方法を伝授します!

共働きの子育てに疲れたママへ。少しでも楽になる方法を伝授します!

共働きをしながら子育てをすることは、夫婦が協力して育児や家事をすれば何とかなるものの、パパが非協力でママが働きながら家事や育児をこなし、疲れきっている方も多いでしょう。ここでは、ママの素敵な笑顔がもどるように、子育てや家事の楽する方法を伝授いたします。

子育てに疲れたら実行したい「3ない運動」

夜ご飯を作らない!レトルトや冷食を使う

毎日の夜ご飯の支度は「今日は何を作ろう」「早く作らないと食べる時間が遅くなる」などママの悩みの種です。働いているママは、大忙しで夜ご飯を作っている方も多いですよね。「家事に追われて子どもに怒ってばかりいる」と育児に疲れているママは、夜ご飯を作らなくてもよいのですよ。

最近は、レトルトや冷凍食品も充実しています。美味しいメニューがたくさんあるので、疲れているときは便利な食材を使ってみましょう。

夜ご飯の支度をしなくてよいだけで、働いているママの家事の負担はかなり減りますよね。レトルトや冷凍食品は手間や時間がかからず洗い物も少なく済むので、帰宅したあとや夜ご飯を食べたあとに、ゆっくり子どもとふれあう時間をすごすこともできますよ。

掃除をしない!多少汚くても死なない

育児をしながらの料理や洗濯、掃除をすべて完ぺきにこなすことは、不可能に近いほど大変なことでしょう。仕事や育児で疲れているママは家事を手抜きすることで、少しでも疲れた体を休ませてほしいものです。

「料理や洗濯、掃除、どこを手抜きすればいいの」と悩む方も多いかもしれませんが、掃除は1日や2日やらなくても困る家事ではないので、掃除をしない日を作ってみてはいかがでしょうか。掃除をしない日が少しくらいあっても汚れが一気に溜まることはないですよね。お家が多少汚くても生活に支障がでることはないので、思い切って掃除を休んで体を休ませることも大切ですよ。

平日は掃除を手抜きにして、休日にパパと一緒に掃除をこなすのもよいでしょう。

寝かしつけをしない!一緒に寝ちゃう

子どもを毎日21時くらいには寝かしつけているというママでも、子どもが寝たあとに残っている家事をこなす方は多いでしょう。子どもが寝たあとに溜まっている家事をしていると、毎日寝るのが遅くなるので疲れてしまいますよね。

また、寝かしつけのあとに家事をやらなければならないと思うと、気持ちが焦ってしまい、子どもが寝てくれないと「早く寝なさい」とイライラすることもあるでしょう。イライラすると体だけでなく精神的にも疲れるので、たまには子どもと一緒に早く寝てみてはいかがでしょうか。

溜まっている疲れは、睡眠をゆっくりとると体が回復します。睡眠時間が足りていないと1日の疲れがとりきれずに朝を迎えてしまうので、毎朝の目覚めも悪くなりますよ。

共働き家庭は家事育児の負担も平等が理想

世間の共働き家庭の家事育児の負担割合は?

夫婦どちらもフルタイムで働いている家庭は、年々増加傾向にあります。夫婦どちらも仕事で忙しいと、子育てや家事を平等に分担できるのが理想でしょう。しかし、育メンが増えてきている日本でも、まだまだママの負担のほうが大きいのが現実です。

共働き家庭でもママがほとんどの家事をこなしている家庭は、平均すると66.0%もあるのです。パパと協力して家事を分担している家庭は平均で30.0%と、残念ながら半数にも満たない結果がでています。

若い夫婦ほど子育てや家事を分担している家庭は増えつつありますが、ママとパパ、平等に家事や育児をこなしている家庭はかなり少なく、パパがママのサポートを少ししている程度の家庭のほうが多いですよね。

平日はパパができることを頼んでいこう

仕事の勤務形態によって、家事や育児の分担の仕方は変わってきますよね。理想は夫婦で平等に家事や育児をこなしたいところですが、パパが残業などで帰りが遅い方もいるので、平日はパパができそうなことをお願いするようにしましょう。

たとえば、朝はゆっくりめの出勤で帰りが遅いタイプのパパは、ゴミだしや洗濯物を干す、朝ごはんの片付け、子どもの保育園の準備をして送っていくなど、朝にできる家事や育児はたくさんありますよね。

最初から朝の家事や育児をすべてパパに任せてしまうと、パパも焦ってしまいますし負担が大きいので、一つずつママが丁寧に教えてできるようになってから任せるようにすると、パパも自信をもって家事や育児をこなせるでしょう。

休日は夫婦で協力して子育てを楽しもう

共働き夫婦の場合は、平日は仕事や家事に忙しくて「気持ちに余裕がもてない」という方も多いでしょう。休日にもやらなければいけない家事は多いとは思いますが、休日は夫婦で手早く家事を協力してこなし、子どもとたくさんふれあう時間を作ることが大切ですよ。

先輩ママの話では、休日はパパと早起きして子どもの寝ている間に溜まっている家事をやり始めるそうです。朝早くから家事を始めるので午前中にはすべての家事を終わらせることができ、家族ですごす時間を楽しめていると話してくれました。

気持ちや時間に余裕ができると、子育ては本当に楽しいものになりますよね。家族ですごす時間はパパやママが癒やされるだけでなく、子どもに安心感を与えられますよ。

パパが当てにできない場合は人と物に頼る!

新3種の神器を使って子どもとの時間を作る

最近は共働きなどで忙しい家庭が多いので、時短家電が人気ですよね。時短家電のなかでも、新3種の神器というものを知っていますか?

時短家電の新3種の神器は、洗濯乾燥機・食洗機・お掃除ロボット(ルンバなど)です。この三つの家電を活用すれば、毎日の家事にかかる時間や手間が短縮できて忙しいママの疲れも癒やされますよ。

友人の話では、新3種の神器はお値段も高く購入するのには勇気がいったそうですが、購入したことで毎日の家事の負担がかなり減り、楽に家事を終わらすことができているので嬉しいと話してくれました。

とくに、夜ご飯のあとの片付けは疲れている体には負担が大きかったそうですが、食洗機にお任せできるので時間にも余裕ができたそうですよ。

ファミサポ利用で子育てを手伝ってもらう

「夫婦共働きで疲れが限界にきている」「仕事と子育ての両立に疲れてきてしまった」と悩むママもたくさんいますよね。ゆっくり休みたくてもパパやほかの人に頼れない方も多く、無理をして頑張ってしまい体調を崩す方も…。

「自分が頑張らないと」とママ1人で抱えこまず、ファミリーサポートを利用してみてはいかがでしょうか。ファミリーサポートは、保育園や幼稚園のお迎え、子どもと一緒に遊んでくれるなど、忙しいママのサポートをしてくれます。

「どんな人がきてくれるか不安」というママもいますが、登録すると担当する会員の方と事前にしっかり打ち合わせができるので、安心して子どもをお任せできるでしょう。子育てを手伝ってもらって、ママの心にゆとりがもてるとよいですよね。

最終手段は祖父母に協力してもらう

共働きをしているとパパとママ、どちらも忙しく働いているので、祖父母が子育てを手伝ってくれるととても助かりますよね。祖父母に頼りやすいように、妊娠中から仕事復帰後のことなどを相談しておくとよいかもしれません。

祖父母に子育てのサポートをお願いするときは、出産後から職場復帰のことを相談する・祖父母と子どもの交流をこまめにして、祖父母に慣れさせておく・預けるときはあまり口だしせず、感謝の気持ちをしっかり伝えるなどを心がけましょう。

祖父母とでは、育児のやり方に違いがあるのは仕方のないことです。あまり口だしすると祖父母が孫といる時間を楽しめないので、ある程度は祖父母に任せてママは子育てを忘れる時間を作ることも大切ですよ。

まとめ

共働きをしながらの子育ては、体が疲れるだけでなく時間や心にも余裕がなくなるので「子育てするのが辛い」と思うママもいますよね。「子育てが辛いと思うなんてママ失格だ」と落ち込むかもしれませんが、家事や子育ては工夫することで、一気に楽しめるものに!

家事や育児はパパとしっかり話し合い協力することで、ママの負担やストレスが少なく済むでしょう。家事はたまには手抜きして子どもとの時間を大切にすごしましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018