就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがいるママの仕事復帰。育児と仕事も大切にするための事前準備

子どもがいるママの仕事復帰。育児と仕事も大切にするための事前準備

ママは子どもが生まれてから、子どもにつきっきりで、ずっと大変な毎日。でも、育児も少しずつ落ち着いてきたので、そろそろ仕事復帰したい!ママが仕事復帰を考える時、どのようなメリットがあるのか、どのような事前準備が必要なのかを紹介したいと思います。

ママが仕事復帰するメリットとは?

社会と繋がり、新しい人間関係ができる

子どもとママ、二人だけでいる時間は、社会から疎外されているような孤独感を感じるママも意外と多いようです。

ママが誰かと会話するという場合、ママ友が多くなります。ママ友との交友関係は同年代、同性という狭いコミュニティの上、子どもも一緒に行動するので閉塞感は否めません。

その点仕事復帰すると、新しい人間関係が生まれ、社会と繋がっている実感を感じることができるでしょう。職場には年配の人、年下の人、結婚している人、独身の人等、色々な年代や環境の人がいます。

新しい人間関係は、ママが子どもが生まれてから話をする機会の少なかった人達です。職場の幅広い層の人との会話は、きっと新鮮に感じることができると思いますよ。

生活に金銭的な余裕ができる

ママの分の収入が増えるということは、金銭的な面で大きなメリットがあるといえます。

子どもがいると、なにかとお金がかかるもの。食費などの増大だけでなく、将来的な学費などの不安のためにも、金銭的な余裕を持ちたいですよね。

毎月の収入が少しであっても、一年間を通してみると大きな収入になります。毎月5万円の収入であっても、1年間で60万円、5年間だと300万円です。

そして、金銭的な余裕ができてくると、子どもの学費やマイホーム等、将来的なマネープランが立てやすくなります。

お金を貯めるということは、収入を増やすか、支出を減らすかしかありません。ママが収入を得るということは生活水準を維持・向上させながら、お金を貯めていくことができるのです。

一日の生活にメリハリがつく

子どもが幼稚園に行くまでは、ついつい親のペースに合わせた生活をしてしまうこともあるものです。

仕事復帰をすると、洗濯や掃除を仕事の前にしてしまおうとか、一日のタイムスケジュールを組んで行動するようになります。なぜなら一日の中でやらなければいけないことが多く、効率的な段取りで時間を使わないと、自分に返ってきてしまうからです。

仕事を始めたら忙しくて仕方がないと思うかもしれません。でも、 時間を考えた行動が取れるようになるので、一日の生活にメリハリが出てくるはずですよ。

一日をゆっくりと過ごすことは、なかなかできなくなるかもしれませんが、頑張った一日ほど、ほっと一息つける時間のありがたみを感じることができたりするものです。

仕事復帰するための事前準備【子ども編】

子どもの預け先を確保する

保育園は在職のママが優先になるので、幼稚園入園の頃から仕事復帰しようと思われるママも多いのではないでしょうか。

また、おじいちゃんおばあちゃんが近くにいて、預けられる環境ならば、仕事復帰も可能となるかもしれません。

子どもの預け先は幼稚園や親族だけではありません。職場に託児所がある会社も一部ではありますが存在します。

仕事復帰をするには、子どもの預け先の確保が必須となります。 幼稚園やおじいちゃんおばあちゃんも時間などに制約がありますので、預けられる環境を整えてから、仕事復帰を考えましょう。

勤務時間によっては、幼稚園などの延長保育により出費が増える可能性もありますので、預け先の事前確認をしておけるとよいですね。

パパや実家など家族の協力を得る

仕事復帰をして、家事や育児をママがすべて行うというのは、肉体的にも精神的にも大変なものです。 家事や育児の分担について、パパとよく話し合ってみましょう。

全て完璧に行うことは困難ですので、仕事の日の夕飯は出来合いの総菜等、家族の理解を得て、少しずつ手を抜く工夫もできるとよいですね。

そして、仕事復帰したときに困ってしまうのが子どもの体調です。子どもは突然体調を崩したりするもの。幼稚園の急な発熱などにより、お迎えに行かないといけないときの準備を、仕事復帰前にパパや実家など家族に相談しておいたほうが無難でしょう。

パパや実家の家族の理解と協力が得らると、ママの仕事復帰は一段としやすくなりますよ。

子どもの生活習慣や健康管理を見直す

子どもの生活習慣も、幼稚園が始まっていないときはパパに合わせて、夜遅くにご飯を食べたり、寝るのが遅くなってしまうことがありますよね。

ママが 仕事復帰をするということは、自分自身と子どもの健康管理も仕事の一環となります。

子どもの体調による、仕事の急な欠勤や早退は色々な人に迷惑をかけることになりますので、なるべく減らしたいものです。

体調管理には、やはり早寝早起きと三食を決まった時間にしっかり食べることが一番です。規則正しい生活を行なっていると、子どもも強い体ができてきます。

ママの仕事復帰をきっかけに、正しい生活習慣をつくり、家族みんなが健康な生活を送れるようになるとよいですね。

仕事復帰するための事前準備【仕事編】

時短や日数など働き方を決める

ママが仕事復帰すると、大変なのはやはり時間がないことです。全てを完璧にこなそうとすると、精神的にも肉体的にも疲労が溜まってしまいます。

家事の時短やパパとの分担、働く時間や日数を決めることで、時間を調整しましょう。

週3日勤務ならば、2日は集中的に家事を行うことができます。毎日出勤でも、家事や育児との兼ね合いが取れるように、1日の勤務時間を短くして調整するというのも一つの手であるといえます。

仕事をする日はご飯の作り置きを利用したり、惣菜の購入という時短テクニックでも大丈夫。完璧を求めすぎないで、少し手を抜くぐらいがちょうどよいかもしれません。

家事の時短や勤務時間や日数などバランスを調整しましょう。

一日のタイムスケジュールを決める

仕事をする日はタイムスケジュールを組んでおかないと、非効率だったり、家事が溜まってしまったりします。自由な時間が少ないからこそ、効率的に一日を使いたいですよね。

一日のタイムスケジュールを事前に決めておくと、一日を効率的に過ごすことができます。

オススメなのは、朝の出勤前に洗濯をして干しておくことです。どうしても洗濯物は、まとめて行おうとしても乾かなかったり、時間がかかってしまいますので、早い時間から行っておくと乾きます。

仕事が終わると、子どもを迎えに行って、洗濯物をとりこんで、夕飯の準備をして、子どもをお風呂に入れて等、やらなければいけないことがたくさんあります。でも、スケジュールに沿って一つ一つ行っていけば、いつかは終わるのです。

自分の中で優先順位を決める

家庭の状況や、ママの趣向によって何を優先したいかは異なります。収入を優先したければ、勤務日数、勤務時間が増える代わりに、家事を少し手を抜かないといけなくなるかもしれません。

「パパのためにも、家事はしっかりしておきたい」、「子どもとの時間をしっかり確保したい」なら、勤務日数・時間は少しにして、家事に支障のないように働くということでもよいと思います。

大切なのは、ママ自身が何を一番にしたいか、何を優先したいかという気持ちです。

自分の中で優先順位を決めて、家庭と仕事のバランスを調整しながら生活することが大切です。パパや家族に自分の気持ちを正直に話して、相談しながら仕事量は決めていきましょう。

まとめ

ママが仕事復帰する上で、必要な準備を色々ご紹介しましたが、特に大事なのはパパや家族とよく話し合うことです。

パパにとっても、ママが働いてくれれば世帯収入が大きく増えますので、家事や育児の分担について協力してもらえるよう、よく話し合いましょう。

仕事復帰する前の事前準備と毎日の準備ができれば、忙しい毎日も乗り越えていけます。そして、時間が足りない分、少し肩の力を抜いて効率的な行動を心掛けれるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018