就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが嘘をつく心理を知りたい!親がとるべき対処法とは

子どもが嘘をつく心理を知りたい!親がとるべき対処法とは

子どもに嘘をつかれると誰でもショックを受けます。それが自分の子どもならなおさらです。自分の子育てがいけなかったのかと、心配する人もいるでしょう。でも、心配しすぎないでください。子どもが嘘をつく理由と、どんな方法で受け止めてあげればよいのかをこれから探っていきましょう。きっとよい方法が見つかりますよ。

やめさせる必要のない嘘の種類を知ろう

空想の世界の話をしている

嘘はいけないこと、信用されなくなる、というのは確かにそうですが、嘘はすべていけないと決めつけないで、少し考えてみてください。

夜トイレにいくときに「暗い廊下にオバケがいるよ」と訴える子どもは嘘つきでしょうか。確かに実際にオバケは存在しないので、大人の目には見えません。でも、怖がるその子の心の中には、オバケがいるかもしれないのです。

子どもにとっては、空想の世界のこと、夢で見たこと、現実の世界で起きたことはどれも差がないのです。これを嘘といってしまうのは、子どもがかわいそうです。

成長するにつれて、空想や夢と現実の世界は違うことがわかるようになりますから、それまではそっとしておいてもよいでしょう。

なりたい自分の願望の話をする

子どもは成長すると、いろいろとやりたいことが出てきます。でも、子どもの願望がすぐ実行できるとは限りません。

ピアノをとても習いたがっている子どもが、まだ習っていないのに、お友だちには「もう、ピアノを習っているんだ。とっても楽しいよ」などと自慢するのは、よくあることです。

これは自分の願望が強くて、心が先走ってしまったと思われます。自分の心の中では、ピアノのレッスンが始まっていたのかもしれませんね。これは悪意のある嘘とは違います。だから、怒ったり問いつめたりしなくてもよいですよ。

このようなことは成長するにつれてなくなりますし、願望が強いのは悪いことではありません。やる気があって、その子の将来が楽しみになりますね。

背景に病気が隠れている可能性も

子どもと一緒に生活しているパパやママが、これはちょっとおかしい、と感じる嘘なら注意する必要があります。子どもの嘘の背景に病気や障害が隠れている可能性があるからです。

広汎性発達障害(アスペルガー症候群や自閉症が含まれます)の子どもは、嘘をつくことが多いそうです。障害のために、幼い頃から怒られたり、注意をされたりする機会が多いので、それから逃れたいという思いで嘘が増えてしまうのではないかといわれています。

おかしいと感じたら、健診のときなどに、医師や保健師に相談してみましょう。自治体に相談窓口がある場合もあります。しつけや育て方のせいではないかと、一人で抱え込むのはやめましょう。専門家に相談することで、よい対処法が見つかることもありますよ。

やめさせたほうがいい種類の嘘とは

叱られたくない保身のため

やめさせた方がよいのは、叱られたくない保身のためにつく嘘です。

子どもの叱られたくない気持ちはよくわかります。しかし嘘を見逃していると、肝心なときに本当のことをいい合えない関係になってしまいます。

子どもがなにかを壊したとか、誰かにケガをさせてしまったとき、親は叱るかもしれませんが、フォローもします。本当のことをいってもらえなければ、フォローのしようもなくなってしまいます。

それに、子どもに本当のことをいってもらえないのは、家族として寂しいですよね。

だから、本当のことをいってくれた子どもを感情的に叱るのはやめましょう。今からでも、子どもに本当のことをいってもらえる関係を作ってください。

興味を自分に向けて認められたい

次にやめさせた方がよいのは、自分に興味を向けて、認めてもらうための嘘です。

家族に注目される弟や妹ができたときに、子どもはそんな嘘をつくことが多いようです。自分への愛情が、弟や妹に奪われてしまったと思いこんだ子どもは、自信をなくしてしまいます。その結果、嘘をついてなんとか大人の興味を自分に向けようとするのです。

そんなとき、子どもの心の中は寂しさでいっぱいのはずです。周りの大人はその子どもの正直な気持ちを聞いて、受け止めてあげましょう。「あなたも大切な家族だから、嘘をつかなくても、ちゃんと見ているよ」と子どもに伝えられるとよいですね。

そのままの自分を受け止めてもらえれば、子どもは失っていた自信を取り戻して、嘘をつかなくなりますよ。

周囲の大人の真似をしている

周囲の大人が当然のように嘘をついていると、子どもはその真似をします。私たち大人は悪気がなくても、子どもに嘘をつくことがあります。

子どものために、予防注射なんかちっとも痛くないよ、などということはありませんか?

でも、子どもの心には、大人のいうことが真実と違ったという思いだけが残ります。そのうち子どもは大人のいうことと真実が違うことに慣れて、嘘は日常のことになってしまうのです。

そうなると嘘がいけないということをわかってもらうのが、難しくなってしまいます。子どもと生活をしていると、つい嘘をついて、その場をやり過ごしたくなることもあります。でも、そこをグッと我慢して正面から子どもに向き合ってみましょう。

嘘をつく子どもへの親がすべき対処法

頭ごなしに叱らないで理由を聞き出そう

子どもに嘘をつかれると、ショックだし腹も立ちますよね。厳しく叱りたくなる人は多いと思います。でも、頭ごなしに叱るのは、やめたほうがよいのです。

子ども自身、嘘をついている自覚がないことがほとんどですから、そこを頭ごなしに叱ってしまうと、周りの大人に対して心を閉ざしてしまう恐れがあります。

周りの大人は子どもの話をそのまま聞いてあげてください。たとえ嘘だと思っても、「そんなことあるわけない」などと反論せずに、まるごと受け止めてあげましょう。

じっくりと話を聞いているうちに、子どもの精神状態や、どうして子どもが嘘をつくのかがわかってきます。そうすると、嘘をつく子どもへの接し方もわかってくるでしょう。

保身のための嘘なら普段から褒め称えよう

子どもに対して厳しい態度をとりつづけていると、保身のための嘘が増えるようです。周りの大人は少し自分の態度を振り返ることが必要かもしれませんね。

弟や妹が生まれたことで、上の子としての自覚を持って欲しいと、厳しく接する人もいるかもしれませんが、子どもの人生はこれから先が長いのです。時間をかけてお兄さん、お姉さんになっていけばよいと思います。

それよりも、子どもを普段から褒めるように心がけましょう。毎日成長している子どもには、褒める点がたくさんあると思います。自分に自信を持ってもらうために、褒め称えるくらいの気持ちでいるとよいですね。

自信が持てれば、少しくらい叱られても大丈夫です。保身のための嘘をつく必要はなくなるのです。

謝って終わりにしない!納得いくまで話そう

嘘をついた子どもに、ごめんなさいと謝らせる人は多いと思います。悪いことをしたら、素直に謝るのは大切なことですが、謝って終わりにしてしまうのはよくありません。

子どもが嘘をつく必要がなくなることが大切なのです。だから、子どもがいつ、どんな種類の嘘をつくのかを大人が知って、子どもが嘘をつかなくてもよい環境を作ってあげましょう。

それには、先ほども書きましたが、子どもの話を聞くのが一番よい方法です。最初は大人が子どもの話を聞くだけかもしれませんが、話をするのが習慣になると、大人も子どももいいたいことがいえる関係になれるのです。

いいたいことがいえるなら、誰も嘘をつかないで済みます。だから子どもと、納得いくまで話してください。

まとめ

子どもが嘘をついたとき、周りの大人、特にパパやママはショックを受けるかもしれません。でも、この世に1度も嘘をついたことのない人間はいないと思います。

子どもが嘘をついたときは、気にしすぎずに、『子どもがサインを出してきたんだな』と思うようにしてください。自分たちの生活を見直す、ちょうどいい機会かもしれませんよ。この機会になんでも話せる嘘をつく必要のない家庭を目指しましょう。

それに、生まれたばかりの赤ちゃんに嘘はつけません。子どもが嘘をつくのも成長した証拠なのかもしれませんよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント