就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

負担の少ない卒乳方法を知ろう!タイミングやおっぱいのケア

負担の少ない卒乳方法を知ろう!タイミングやおっぱいのケア

子どもの成長には個人差があるため、わが子に合った卒乳方法やタイミングを知りたい方も多いのではないでしょうか。そこで、ママにも子どもにも負担の少ない卒乳方法から、卒乳後のママのおっぱいのケアまで、いくつかの方法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

卒乳前に知っておきたい3つのこと

卒乳と断乳の違いを知ろう

授乳中のママは、卒乳や断乳という言葉を耳にしたことがあるでしょう。どちらも同じように思われがちですが、実は方法や経緯が違うのをご存知ですか。

卒乳とは、子どもが自分の意思でおっぱいを飲まなくなることをいいます。離乳食が進み、食べ物やお茶などの飲み物でお腹が満たされると、自然におっぱいを欲しがらなくなる子どももいます。

断乳とは、ママの意思でおっぱいをやめることをいいます。ママの仕事や薬の服用、子どもの離乳食が進まないなどの理由から、子どもとママが強い気持ちで取り組みます。

どちらも、赤ちゃんが成長する上で大切なことです。それぞれの育児スタイルと子どもの成長に合わせて、どちらか選択できるとよいですね。

卒乳に対する現在の考え方

離乳食にも慣れて、食べ物から栄養をとれるようになると、いつまで子どもにおっぱいを飲ませてよいのか悩む方もいるでしょう。

少し前までは、「1歳くらいになると卒乳する」という方が多かったようですが、現在では「子どもがおっぱいを欲しがらなくなるまで飲ませる」という考えが増えています。

子どもはお腹が空いたとき以外でも、不安なときやさみしいときにおっぱいを欲しがります。そうすることで、ママとのスキンシップをはかり、精神的なバランスを安定させるといわれています。

ママや子どもに授乳をやめる理由がなければ、子どもが自らおっぱいを必要としなくなるときまで、思う存分飲ませるのも一つの方法かもしれませんね。

卒乳のタイミングはいつ頃?

子どもの成長に個人差があるように、卒乳のタイミングも人それぞれ違います。生後10カ月ころから食べ物や遊びなどに興味を持つようになり、おっぱいへの欲求が減り始めることから、自然に卒乳できるお子さんもいるようです。

子どもの発育状況として、毎回の食事でしっかり栄養を摂取できていれば、卒乳を検討しても大丈夫でしょう。食べ物から栄養がとれるようになると、空腹の心配もなくなり安心ですよね。

そのほか、ママの話している内容がある程度理解できることが大切です。授乳の回数が少なくなってきている場合は「○○までにおっぱいとバイバイしようね」などと話しておくと、子どもも気持ちの準備をして、卒乳の日を迎えることができるでしょう。

ママと子どもに負担の少ない卒乳を目指そう

状況を見て減らしていく「部分的卒乳」

部分的卒乳とは、特定の時間帯のみ授乳を控えることをいいます。ママが仕事で子どもを預けるときや、体調不良で身体を休めるときに部分的卒乳を行う方が多いようです。子どもの発育が順調で、離乳食も進んでいるようであれば、少しずつおっぱいの回数を減らしていくとよいでしょう。

また卒乳に向けて、子どもの気持ちの準備ができていない場合は、部分的卒乳で授乳の回数を減らすことで、おっぱいへの執着も抑えられ、子どもへの負担も少なくすむかもしれません。

そして部分的卒乳を行うときに気をつけたいのは、おっぱいのトラブルです。授乳間隔があくとおっぱいが張って、乳腺炎などのトラブルになりやすいため、様子をみながら適度に搾乳することをおすすめします。

段階的に減らしていく「計画的卒乳」

計画的卒乳とは、予め決めておいた日に向けて、授乳の回数や時間を減らしていくことをいいます。まずは、子どもがたくさん遊ぶ昼間から取り組む方が多いようです。

例えば、授乳をするタイミングで散歩に出かけてみたり、おっぱいを欲しがったときに、おやつや飲み物をあたえて気を紛らわせたりと、授乳をする回数を少しずつ減らしていけるとよいですね。これらのくり返しにより、子どもも慣れて自然に卒乳へと向かっていけるのではないでしょうか。

授乳はママと子どもの大切なスキンシップです。授乳の回数が減ることで、不安や寂しさを感じるお子さんもいるかもしれませんので、はじめにきちんと話して、子どもが納得した上で進められるとよいですね。

欲しがらなくなるまで与える「自然卒乳」

自然卒乳とは、子どもが自らおっぱいを欲しがらなくなることをいいます。成長に個人差があるように、子どものおっぱいに対する気持ちもそれぞれ違うので、卒乳の時期はさまざまでしょう。

スムーズに自然卒乳するためには、子どもが納得するまで、思う存分おっぱいをあたえて、子どもの気持ちを満足させてあげることが大切です。そして、おっぱい以外のことで、子どもが安心感を持つことができるようになれば、卒乳時期が近いかもしれませんね。

卒乳間近になると、授乳の回数が自然と少なくなることから、ママのおっぱいも頻繁に張ることはなくなるでしょう。子どもの授乳の回数に比例して、ママのおっぱいのトラブルも減り、お互いに負担の少ない卒乳が目指せそうですね。

卒乳後に自分でできるおっぱいケア

母乳を出し切る搾乳方法

卒乳後は、ママのおっぱいをきちんとケアした方がよいことをご存知ですか。乳腺に母乳が残らないよう搾乳して出し切ると、後々トラブルも起こらず安心ですよ。

搾乳の方法は、両手の手の平でおにぎりを握るようにおっぱいを包んで絞り出します。このとき乳頭を指で挟んで絞ると、乳腺が刺激されるため避けた方がよいでしょう。母乳は絞り方を間違えると更に分泌されてしまい逆効果になります。搾乳の方法には十分気をつけてくださいね。

搾乳間隔は卒乳の3日後、次は1週間後と少しずつ期間をあけていくとよいでしょう。絞るときは、しっかりと絞り切ることが大切です。

卒乳は子どもだけでなく、ママのケアも最後まで丁寧に行えるとよいですね。

おっぱいの張りを鎮める冷湿布

母乳の分泌が多い方は卒乳後、おっぱいの張りに悩まされることがあるでしょう。おっぱいが張って痛みを伴う場合は、冷やすことで張りがおさまり痛みが軽減します。

おっぱいを冷やす方法には、濡れタオルや野菜、アロマオイルなどを使う方法があります。濡れタオルを冷やして、ペパーミントのアロマオイルを数滴たらすとより効果的でおすすめです。野菜は冷やしたキャベツの葉を湿布のようにおっぱいに貼るとよいようです。冷やすものはいくつか準備しておき、まとめて保存袋に入れて冷蔵庫に保管しておくと、すぐに取り替えることができて便利ですね。

ほかにもいろいろな方法がありますが、保冷剤や氷嚢による冷やし過ぎは血行不良になるため、避けた方がよいですよ。

母乳の分泌を抑えるハーブティー

おっぱいのケアには、搾乳方法や冷却方法などのほかに、身体の内側から作用するハーブティーを飲む方法があります。ハーブティーにはいろいろな種類がありますが、中でもペパーミントティーやセージ茶が効果的と言われています。

母乳は血液からできているため、食べる物によって大きく変化します。油っこいものや甘いものは血液をドロドロにしてしまい、乳腺をつまらせる原因になるでしょう。そのようなことにならないためにも、ハーブティーを飲んでサラサラの母乳にしておきたいですね。

近ごろは、母乳のトラブルに悩んでいる方向けに、さまざまなハーブをブレンドしたものが販売されています。負担なく続けられるよう、自分に合ったハーブティーが見つかるとよいですね。

まとめ

卒乳は「子どもの成長の証し」と言われますが、実際に卒乳の日を迎えると寂しくなってしまうママもいるでしょう。子どもはママのおっぱいを飲むことで安心感を得られるため、子どもが納得した上で、無理のない卒乳ができるとよいですね。

そして卒乳後は、子どもとたくさんスキンシップをとって心のケアをすると同時に、ママのおっぱいケアも忘れずに行いましょう。

それぞれの育児スタイルに合わせた、ママと子どもに負担の少ない卒乳ができることを願っています。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018