就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児運動指針って何?運動の大切さと遊び方を知ろう

幼児運動指針って何?運動の大切さと遊び方を知ろう

からだを動かし遊ぶことが、子どもの発達に大切だと知っていますか?家の中や外で、日々楽しくからだを動かすことが幼児の子どもには必要なのです。そんな、からだの動きや遊びの必要性を教えてくれる幼児運動指針についての考え方やポイントなどをご紹介します。

幼児運動指針とは?重要性やポイント

幼児運動指針とはいったい何?

動く能力は、子どももひとりひとりに違いがありますよね。そんな動く能力は幼児期に基礎ができると知っていましたか?普段からだを動かすことで、からだは刺激されて子どもはのびます。

便利な世の中になったおかげか、少し前に比べて子どもの動きのレベルが落ちています。動きのレベルが落ちると心身の発達にも影響があるため、幼児期の子どものからだの動きの必要性を、文部科学省が子どものからだの動きの参考として出しています。

子どもたちのからだの適応力のレベル、積極性、認知能力、動き・体力の向上効果などが、からだを動かす意味が書かれています。子どもの心とからだの受ける効果や、からだの動きと発育の関係がポイントになります。

なぜ指針が必要になったのか

文部科学省が出した幼児運動指針は、なぜ必要なのでしょうか?それは幼児期の動きが大切だと分かってはいても、すべての子どもたちは暮らしながら幼いころに必要な動きがたくさん体験できる環境になっていないからなのです。

子どもは走ったり、跳んだり繰り返しながらふつうは自然にからだをつくり、心を発達させ、友達と遊びルールを学んで大きくなっていました。でも、今は暮らしが便利になり、子どももからだを動かす機会が少なくなり、動くスキルがいつの間にか低くなりました。

文部科学省は子どもたちの未来を考え、子どもたちが経験してほしい動きを幼児運動指針とし、幼稚園や保育園、公園などの日常の暮らしのなかで、できる動きを推奨しています。

幼児期運動指針のポイントとは?

子どもの発育で、からだの動きの目安なんてあるの?と思う人も多いはずですよね。実は、現代の便利な暮らしによって子どもの動きのレベルが低くなったため、3歳~6歳にしておきたいからだを動かす目安として幼児運動指針があります。

子どもたちが日々の暮らしの中で、いろいろとからだを動かし、健全なからだになっていくために幼稚園や保育園などの活動のなかでもからだを動かすこと取り込もうとしています。家庭で足りない動きをいろいろな場所でからだを動かすことで子どもはのびていきます。

からだの基礎をつくるためにも、幼児運動指針は子どもの発育に欠かせない動きの必要性を広めてくれています。子どもの発育を応援する動きの基準になります。

幼児期の運動により期待される成長は?

体力や運動能力の向上

幼児期に楽しくからだを動かすことは、子どもの成長によいことですよね。子どもの幼児期は、タイミングや力のコントロールの神経機能の発達が伸びる時期なのです。

幼児期には楽しく遊びながらからだを動かして、からだの動きを調節できる能力を高めていきましょう。動く能力が高まると、状況の判断や予測して行動ができるようになり、怪我や事故も分かるようになっていきます。

3歳~6歳までにからだを動かしている子どもたちは、自然にからだを動かす機能の基礎もそなわって、丈夫なからだをつくることができますよ。幼児期の子どもたちは、楽しく遊びながらいろいろとからだを動かしてあげましょう。

未来の子どもたちの健全なからだの基礎につながっていきます。

社会適応力の発達を促す

幼児期の子どもは、たくさんのお友達と一緒に遊ぶのも大切なことなのです。初めはひとりで遊んでいたとしても、ほかの子どもたちと仲良く遊びはじめると、だんだんと子ども同士で会話して友達になり、コミュニケーションがとれて仲良くなっていくはずです。

幼稚園や保育園などの集団活動、公園などでもルールやコミュニケ―ションが大事になっていきます。滑り台を滑るときの順番待ちや、ブランコのルールなどお友達とのコミュニケーションは社会適応力の発達につながります。

子どもたちも、はじめは分からなくても、自分をおさえる力もしだいに分かるようになります。幼児期の遊びは、これからの子どもたちの暮らしに大切なものになります。

認知的能力の発達を促す

からだは脳が状況を判断して、動かしていますよね。幼児期の子どもたちも同じように、楽しくからだを動かすことで脳を使っています。

方向をすばやくかえる身のこなしや、予測や状況判断しての動きは認知的能力の発達につながります。3歳~6歳ごろの子どもたちが楽しく遊びながらからだを動かすことで、認知的能力も高まるはずです。

家のなかに引きこもりっぱなしではなく、外で子どもと一緒に楽しく遊びながらからだを使った遊びをしましょう。最初はできなくても、遊びのなかでもいろいろと考えて行動ができるようになりますよ。

大人が決めつけたやり方の遊びだけではなく、子どもたちが楽しめる環境を作っていくことから始めましょう。

【年齢別】運動発達の特性とおすすめの遊び

「3歳~4歳」多様な動きを何度も繰り返す

3歳~4歳の幼児期の子どもたちには、いろいろな動き何度も繰りかえすことをおすすめします。マットを使った遊びや鉄棒、滑り台、ブランコなどを使いましょう。

まだ幼児期の子どもは、からだのバランスや移動方法も発達の途中です。バランス感覚となる、起きる、転がる、立つ、座る、寝ころぶ、ぶら下がる行動や、からだを移動させるための走る、跳ねる、歩く、跳ぶ、下りるなどの動きは遊びのなかで繰り返していくことがとても大事なことになります。

上手くできなくても、日々に何度も繰り返して遊ぶことで、子どもはからだを自分の思いどおりにコントロールできるようになっていきます。子どもが暮らしのなかで、からだを繰り返し動かすことが動きの発達にもつながります。

「4歳~5歳」かっこいいから真似したい!

4歳~5歳の幼児期の子どもは、遊びのなかでお友達とも遊べるようになっていき、からだのバランス感覚や移動する動きも安定してできるようになります。そのなかで、かっこいいから見て真似をすることにだんだんと興味が出てきて、遊びのなかでもボールを使った遊びやなわ跳びなどもできるようになります。

子どもの興味がある楽しいと思う気持ちを大事にしてあげましょう。今までの遊びから、だんだんと変わっていきますよ。

今までにやったことのない、運ぶ、持つ、押す、引く、掘るなどの遊びも経験をするとよいですよ。子どももできる遊びが増え、からだも子どもも考えながら遊ぶようになるので、ルールを決め今までの遊びからワンランク上の遊びになるはずです。

「5歳~6歳」 全力で走るのが楽しい!

5歳~6歳になってくると、子どもは日々の遊びのなかでもからだの余分な動きが減ってきて、からだを動かすことが今まで以上に上手になるはずです。お友達とのコミュニケーションも上手くなり、協力した遊びもだんだんと増えるはずです。

その中でも、かけっこするときに全力で走るのが楽しいと感じる子が出てきます。からだのバランスや移動、からだの動きで、用具やボールの扱いも上手くできるので、遊び方はアレンジでき楽しめます。

簡単な遊びから、お友達とルールを決めて考えながら行動できる遊びまで子どもに合わせて遊び方を工夫してあげると楽しめるはずです。遊びながらからだを動かすことで、子どもは心身ともに豊かに成長していきますよ。

まとめ

からだを動かすことは、幼い子どもの成長にとってとても大事なことです。3歳~6歳頃は成長にひつような動きを吸収しやすいので、いろいろな遊びでからだを動かしてあげることで動きを調節する力が自然にできるようになりますよ。

日々からだをたくさん使って遊ぶことが、子どもの成長の一番の近道かもしれないですね。子どもと一緒に遊びながら、からだのバランスや移動する動き、ものを操作する動きなど暮らしの中で一緒に取り組んでいきましょう。成長するお手伝いが少しでもできるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018