就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

離乳食後期のレシピ!優しい味のミルクリゾットで一品で栄養ばっちり

離乳食後期のレシピ!優しい味のミルクリゾットで一品で栄養ばっちり

ママへのおすすめポイント

一度にバランスのよいごはんが作れる

このリゾットは、エネルギー源になる炭水化物、体を作るたんぱく質、体の調子を整えるビタミンなどを一度にバランスよくとることができます。例えば、おかゆ、じゃがいもは炭水化物を多く含み、たくさん活動する子どもには必須の栄養源です。

次に、粉ミルク、鶏肉はたんぱく質を含むため、血液や骨、筋肉や皮膚のもとになります。そして、にんじん、たまねぎ、ブロッコリーはビタミンやミネラルを多く含みます。

にんじんはカロテンが豊富で免疫力を高め、ブロッコリーはキャベツの4倍といわれるビタミンCを含み、抗がん作用もあります。また、玉ねぎには特有の栄養素もあり、血液をサラサラにする効果があります。

離乳食後期になると、栄養の50~70%は離乳食からとるようになるため、このようにバランスの整った食事を一度に作れるメニューは、子育て中の忙しいママには助かるのではないでしょうか。

赤ちゃんが親しみやすいミルクの味

今回のレシピに使用した粉ミルクは、赤ちゃんが離乳食以前から飲んでいて、また完全母乳の場合も母乳に近いとされているので、赤ちゃんにも親しみやすい味なのではないかと思います。1歳ごろになれば、牛乳もそのまま飲むことができるようになりますが、特にそれまでの期間において、粉ミルクは離乳食でも活用できます。

味も牛乳に比べてほのかに甘みが感じられます。さらに、粉ミルクはカルシウムなども多く含まれています。

そして完全栄養食品であり、現在では大人用の粉ミルクも発売されるなど、大人にも注目されているようですよ。

野菜をたくさんとることができる

毎日、離乳食のメニューを考えるのはとても大変ですよね。このリゾットは4種類の野菜を使っており、たくさんの野菜をとることができます。

離乳食後期の終わりごろには、それまでみじん切りだった野菜の切り方も角切りほどの大きさになり、食感を楽しむことができるようになります。楽しんで食べることのできる野菜が増えると、それだけで食事が充実したものになるのではないでしょうか。

まとめ

離乳食後期は与える回数が1日3回になり、2回のころよりもさらに忙しく感じるママも少なくないのではないかと思います。そんなときに、色々な具材をごはんと一緒に煮込んで、一度で簡単にバランスが整うリゾットはママの心強い味方です。

優しい粉ミルクの味なので、子どもも比較的食べやすいかと思われます。また、離乳食後期は食材の食感を味わうことができるようになるころでもあるので、ママも楽しんで離乳食作りをしていきたいものですね。
27 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND