就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと賃貸に住むなら1階に!くらしを快適にする方法と注意点

赤ちゃんと賃貸に住むなら1階に!くらしを快適にする方法と注意点

赤ちゃんと一緒に暮らすための賃貸物件を探していると1階がよいという声をよく聞きます。移動のスムーズさや生活音のことを考えると1階が便利だからでしょう。ただ、防犯面や周りからの目なども気になりますよね。そこで今回は、1階のメリット・デメリットや快適に暮らすための方法などをご紹介します。

賃貸ぐらしなら1階がベターな理由とは

やがてくる騒音問題に対応しやすい

子育て家庭が賃貸マンションやアパートなどで暮らすときに、とくに気になるのが騒音問題ではないでしょうか。赤ちゃんが今後大きくなって部屋のなかを走り回って遊びはじめたときに、足音がうるさくて迷惑をかけないか心配ですよね。

走り回ったときの足音が1番響いて迷惑になってしまうのは、下の階に住んでいる家庭です。防音のカーペットやマットなどで対応しても、子どもが走り回る足音は大きく響きます。1階に住めば足音で迷惑をかける心配が少ないです。

また、自宅を出入りするときに、朝早かったり夜遅かったりすると周りにけっこう響きます。階段を歩く足音だけで「うるさい」と感じる人もいるようです。1階ならそのような心配が少ないでしょう。

子どもの転落事故の心配が少ない

最近たまに、子どもがベランダから落ちるという転落事故をテレビのニュースや新聞などでも目にすることがありますよね。ママが日頃から気をつけていても、少し目を離しただけで、思わぬ事故につながってしまうこともあります。

子どもの安全面を考えると、1階は転落事故の心配が少ないというメリットがあります。実際、掃除や洗濯、料理をしながら、つねに子どもを見守っていることは難しいですよね。また、乳児のころには手が届かなかったベランダの鍵やドアノブなどにもあっという間に手が届くようになります。

また、階段でもよく転んでいる子どもを見かけます。大人にとっては小さな段差でも子どもにとっては大きな段差です。1階に住めば少しでも転落事故のリスクを減らすことができるでしょう。

外出が億劫にならない点は案外大切

赤ちゃんを抱っこした状態での階段の昇り降りはけっこう大変ですよね。抱っこ紐を使うにしても、赤ちゃんを抱っこしていると下が見えないので、1段1段降りていると時間がかかってしまいます。その点、1階なら多少階段があったとしても少しだけなので外出に便利です。

赤ちゃんをベビーカーに乗せてお出かけするときにも2階以上のところに住んでいると、1階に降りるまでは赤ちゃんを抱っこしながらベビーカーも持って降りることになります。両手が塞がって、荷物を持つことも考えると大変です。

週末のまとめ買いで買い物袋をたくさん持っているときや、旅行で荷物が多いときなども、少しでも早く部屋に入れる1階のほうが便利かもしれませんね。

賃貸の1階に住む上で注意したいこと

1階でも音に気をつけないと苦情になる

1階に住んでいるからといっても音には気をつけないと苦情になることもあります。

たとえば、先ほどご説明した足音ですが、イスやソファから飛び降りたりジャンプしたりしたときのような大きな音だと、響くのは下だけではありません。お隣さんに響くこともありますし、構造によっては上の階に響くことも考えられますので気をつけましょう。

ほかにも、1階でも自宅に着くまでに廊下を歩いてほかの家のドアの前を通る場合、バタバタ足音を立てて歩いたり大声でしゃべりながら歩いたりすると、近所迷惑になります。

周りは同じような子育て家庭ばかりではないということを考えて、ちょっとした騒音にも気をつけて迷惑をかけないようにしましょう。

防犯面では少し弱いので注意しよう

1階で暮らすときに注意したいのが防犯面です。子育て家庭には1階で便利なことが多いですが、防犯面では少し弱いということを注意しながら生活する必要があります。

たとえば、暑い日だと風通しをよくするために窓を開けたい日がありますよね。しかし、窓を開けていると泥棒に狙われる可能性があり危険です。部屋にいないときは窓の鍵を閉めるようにしましょう。

そして子どもを1人で部屋で遊ばせているときも、ママやパパがそばにいない場合には窓の鍵を閉めておくと安心です。

また、窓が道路に面していると、部屋の中が丸見えになってしまうこともあるでしょう。そんなときは外から部屋の中が見えないようにカーテンを閉めたり、透けにくいレースカーテンつけたりするとよいですよ。

地面が近いため自然が敵になることがある

場所にもよりますが1階に住んでいると地面が近いため自然が敵になることがあります。たとえば虫の侵入です。洗濯物を取り込んだときに洗濯物にくっついていることが多かったり、窓を開けたときに飛んできたりすることもあるでしょう。

マンションの1階に住んでいる友人ママの話では、ベランダの前にマンションの植木がたくさんあるため、ベランダに出ると虫が多く、洗濯物を急いで取り込んでもすぐに何匹か部屋のなかに入ってきてしまうそうです。マンションの庭に木が植えられているところは少し注意が必要ですね。

ほかにも、地面から近いので冬になると地面からくる冷気で部屋が寒くなりやすいです。また、湿気の影響を受けやすく、雨の日は部屋の中が湿気でじめじめしやすいかもしれません。

1階住まいを快適にするための方法

防犯グッズを導入して安全に暮らそう

先ほどお話したように、1階は防犯面が少し弱いということで不安に感じるママも多いでしょう。そこで防犯グッズを導入してみるのはいかがでしょうか。防犯グッズを活用すれば少しでも安全に暮らせるかもしれないですよ。

たとえば、ベランダや玄関前に防犯カメラを設置すると泥棒が近づきにくくなります。カメラがあるというだけで防犯になりますので、目立つところに設置するのがおすすめです。安いものなら2,000円ぐらいで販売されていますよ。また、ダミーカメラでも防犯に役立つのでチェックしてみてくださいね。

ほかに、窓に防犯フィルムを貼ったり、アルミサッシの窓につけられていることの多いクレセント錠を防犯用の鍵に変更したりするなどの防犯対策もおすすめです。

虫を寄せつけない環境づくりをしよう

1階で暮らしていると気になるのが虫の侵入です。窓や玄関など、侵入経路はたくさんあります。虫を寄せつけない環境づくりをして快適に暮らしたいですね。

ベランダに植物を置いている場合は、鉢植えを乗せているお皿に水が溜まらないようにしましょう。水を溜まったままにしているとコバエや蚊が発生しやすくなります。

ベランダにゴミ箱を置くときは密閉できるものにして、なかの臭いがもれないようにしないとゴキブリが寄ってきやすいです。

換気口や換気扇も虫が侵入しやすいのでフィルターを貼るとよいでしょう。湿気が多いお風呂の換気扇にフィルターを貼るのはちょっと…という場合には、ときどき換気扇に向かって虫除けスプレーをすると虫の侵入を防げますよ。

冬の寒さ対策を部屋の中からしていく

部屋が寒いときは、窓や床などに寒さ対策をするのがおすすめです。ここで簡単にできる方法をいくつかご紹介しますので参考にしてくださいね。

・窓に断熱シートを貼る
窓ガラスが大きければ大きいほど暖かい空気が外へ逃げてしまいます。窓に直接貼りつけるタイプよりもカーテンのように空間を開けて貼れるタイプのほうが寒さ対策になりますよ。

・床にカーペットやフロアマットを敷く
床に直接触れるときに感じる足の冷たさを軽減できます。赤ちゃんがハイハイする場所はフロアマットがよいですよ。転んでも痛くないですし、汚れても掃除が簡単です。

・玄関ドアに隙間テープ
玄関のドアは少し隙間が開いているところが多いです。隙間テープを貼るだけでも保温効果が高まります。

まとめ

1階は赤ちゃんのいる家庭にとってたくさんのメリットがありますが、いくつかデメリットもありますよね。ただ、デメリットは工夫次第でなんとか改善することができるものなので、あまり気にする必要はないかと思います。

転落事故や子どもの騒音問題のことを考えると、子育て家庭には1階がおすすめです。騒音で注意されるのはやはり上の階ですし、音に気を遣いながら生活するのは子どもにとってもストレスになります。安全で快適に暮らせるように少し工夫をして、1階での生活を楽しんでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018