就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てママはストレスがいっぱい!イライラを溜める前に解消する方法

子育てママはストレスがいっぱい!イライラを溜める前に解消する方法

子育てをしているママは、日々の忙しさでストレスを抱えていることが多いです。家庭のことだけではなくほかにも、ママ友などの人間関係に悩んでいる方もいますよね。ここでは、ママのストレスを少しでも減らして、今よりも毎日をいきいきとすごしていけるような方法をご紹介します。

ママはどんなストレスを感じているのか

家事や育児が思いどおりにいかない

育児中のママは忙しさで疲れているだけではなく、さまざまなことにストレスを感じながら生活しています。育児中のママに多いストレスの理由が、「育児と家事の両立がうまくいかない」ことではないでしょうか。

赤ちゃんが生まれると、おむつ替えや授乳だけでもあっという間に時間がすぎてしまいますよね。それだけではなく、赤ちゃんが泣くと抱っこをしてあやしますし、沐浴などもあります。

「やっと赤ちゃんが寝たから、夜ご飯の支度ができる」と料理を始めても、赤ちゃんがすぐに起きて泣き始めると、ママは中断せざるをえなくなります。そのようなことが毎日のように続くので、育児と家事が思いどおりにいかないことにストレスを感じてしまうのでしょう。

イライラや不安による自己嫌悪

子育てはママのイメージどおりにはうまくいかないことも多いので、子どもについ怒りすぎてしまうこともありますよね。また、「私は子育てに向いていないのではないか」「子どもが可愛いと思えないときがある」など、ネガティブなことを考えている自分に自己嫌悪になるママも少くありません。

友人の話では、初めての子育てで思いどおりにならないことにイライラして、子どもがいうことを聞かずに泣いてばかりいると「なんでママのいうことが聞けないの」と怒鳴ってしまうこともあったそうです。怒鳴ってしまったあとは「本当は子どもに笑顔で接してあげたいのに、どうしてできないの」と反省していたと話してくれました。

ストレスが溜まると、子どもに八つ当たりしてしまうこともあるのですね。

ママ友や職場、親族などの人間関係

子どもが生まれると、これまで関わってきた人との関係性が大きく変わりストレスを感じてしまうこともありますよね。また、子どもが生まれてからママ友ができると嬉しい反面、気を遣いすぎて疲れてしまうこともあるのではないでしょうか。

子どもが生まれたことで、親族から「子どもの顔をもっと見せて」「子育てはこうしたほうがいい」などと口出しをされることもあり、ママは「子育てしているのは私だから、放っといてほしい」と思ってしまいますよね。

最近では子どもが生まれても仕事を続けるママが増えてきていますが、職場に気を遣いながら仕事を続けているママも多く、まだまだママの働きやすい環境が整っている所は少ないかもしれません。

ママのストレスは子どもにも伝わる

実験でも証明されたストレスの与える影響

イライラしながら赤ちゃんのお世話をしているときもありますよね。「赤ちゃんにはイライラしていてもバレないから大丈夫」とホッとしていませんか?心理学の実験では人の「感情」は伝染するという結果が出ているので、赤ちゃんにもママのイライラは残念ながら伝わっているということです。

アメリカの研究者たちによって「ママがストレスを抱えると、赤ちゃんはどうなるのか」を調べる実験では、ストレスを抱えていないママとストレスを抱えているママが赤ちゃんを抱っこしたそうです。すると、ストレスを抱えているママに抱っこされた赤ちゃんは、心拍数が上昇し、ママのイライラが伝わっていることが分かったのです。

赤ちゃんがストレスを感じると、脳の発達に悪影響が出るともいわれていますよ。

子どもに伝わるなら幸せな気持ちを

ママは「赤ちゃんはまだなにも分からないだろう」と思っているかもしれません。しかし、赤ちゃんは言葉は理解できなくても、ママのイライラや緊張や不安などのさまざまな感情を、敏感に感じ取っていることを頭に入れておきましょう。

ネガティブな感情ばかりママから赤ちゃんに伝わってしまうと、「ママに愛されていないのかな」「ママは私といても楽しそうじゃない」など、赤ちゃんはママよりも不安な気持ちになってしまいますよね。

ストレスを感じてイライラすることもあるかもしれませんが、赤ちゃんと接するときは深呼吸して「生まれてきてくれてありがとう」「今日も可愛いね」などと、幸せな気持ちを赤ちゃんに伝えてあげましょう。

自分を大切にしてまずはママがハッピーに

ママのストレスは、赤ちゃんにも悪影響を与えてしまいますよね。しかし、ストレスゼロの生活は難しいので、ママがハッピーになれるような生活をしていくことを心がけましょう。

友人の話では、赤ちゃんが生まれた頃パパは単身赴任、実家にも頼れない状況で1人で頑張っていたそうです。しかし、育児のストレスや疲れが溜まっていき、赤ちゃんを可愛く思えなくなったそうです。

「このままではダメだ」と危機感を感じ、定期的にベビーシッターを呼んだり一時保育を活用したりして、ゆっくりする時間や1人で買い物や美容室に行く時間を作るようにしたと話してくれました。

自分のことを大切にしてからは、赤ちゃんとすごす時間がとても幸せに感じるようになり、毎日楽しいそうですよ。

自宅ですぐにできるストレス解消方法

自分のストレスの原因を書きだしてみる

赤ちゃんがいると、「なかなか1人で外出することもできない」というママも多いと思います。赤ちゃんと2人きりでお家にいる時間が長いと、ストレスを感じてしまうこともありますよね。ストレスを感じたときは、自分のストレスの原因をノートなどに書いてみましょう。

人は頭でばかり考えてしまうと、どんどんネガティブな方向に考えが偏ってしまうことがあります。しかし、ノートなどに箇条書きで書きだしてみるだけで気持ちの整理ができて、心が落ち着くことも少なくありません。

・自分の時間がない
・家事が全然進まない
・寝不足でしんどい
など、ストレスを感じていることを小さなことでもよいので書いてみましょう。見直してみると改善策も思いつくかもしれませんよ。

思い切り声を出してみる

育児のストレスは「私が我慢すればいい」と、ストレスを発散せずに溜め込んでいってしまうと、産後うつや育児ノイローゼを発症し育児どころではなくなってしまう危険性があります。ですから、ストレスを軽く考えずにうまく発散することが大切ですよ。

お家のなかでストレスを発散する方法はいくつかありますが、すぐにできる発散方法が、思い切り声を出すことです。大きな声を出すと、心がスカッとし心が晴れやかになるといわれていますよ。

「近所迷惑になるから、大きな声は出せない」という方は、枕に顔を伏せて大声を出す、トイレやお風呂場で大声を出すなど、工夫をしてみましょう。大声を出すときは、普段は人にいえない自分の思っていることを思いっきりいうと気持ちがよいですよ。

無心になって部屋を片付けてみる

ストレスの発散の仕方は、人によってさまざまですよね。ストレス発散方法として意外と多いのが、無心になって部屋の片付けをするという方法です。ストレスが発散できるだけでなく、部屋もきれいになるので一石二鳥ですね。

友人の話では、赤ちゃんの育児をしているとご飯をゆっくり食べることもできないので、日々ストレスを抱えているそうです。定期的に何も考えずに部屋の掃除をすることが、ストレス発散になると話してくれました。部屋がピカピカになると、心もスッキリして「明日から頑張ろう」と前向きになれるそうです。

また、断捨離もストレス発散にはよいそうですよ。いらないものを捨てると心がスッキリして、笑顔のママに戻れるとハッピーオーラ全開で話してくれました。

まとめ

子育てには休日がないので、ママは自分がストレスや疲れが溜まっていることに気づいていても、発散せずに頑張りすぎてしまう方も多いでしょう。しかし、子育てや家事を無理に頑張りすぎると、いつか限界がきてしまいます。

日々の人間関係や育児、家事などで感じるストレスは、自分に合ったストレス発散方法を見つけて上手に発散することが大切ですよ。ママはまず自分のことを大切にして、ハッピーな心で赤ちゃんに接してあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018