就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代ママの子育ての悩みやコツは?息抜きにおしゃれを楽しもう

30代ママの子育ての悩みやコツは?息抜きにおしゃれを楽しもう

子育て中は次から次へと悩みが尽きることはないように思えます。ここでは30代のママにフォーカスしてその悩みを共有し、乗り切るためのコツを考えていきたいと思います。「私だけじゃなかったんだ」とホッとしてもらえるような、明日から家事や育児を少し楽にするポイントをみていきましょう。

30代のママが抱えている子育ての悩みとは

感情のコントロールができずに怒ってしまう

子育ては誰だって心穏やかに、できれば笑顔で過ごしていたいものです。しかし現実は…どうしてもイライラしてしまったり、ストレスを抱えてしまったりしますよね。

感情のコントロールがうまくできずに、つい怒ってしまったという経験はどんなママでも1度はあるのではないでしょうか。ほかにも例えばこんな経験はありませんか?

・子どもの過度ないたずらに、つい怒ってしまう。
・子どもとずっといっしょにいると、感情の矛先をどこに向けてよいかわからない。
・夜泣きなどで、毎日のように寝不足が続いて心が不安定になる。
・イヤイヤ期の子どもに、ついイライラしてしまう。

あなただけではなく、30代の子育てママの多くがこのような問題に悩んでいるのです。

仕事や家事と育児の両立が難しい

仕事をしている30代の子育てママにとって、大きな悩みの一つが「仕事との両立」です。1日8時間ほどのフルタイム、時短勤務、パート、在宅など勤務時間やスタイルは多様化してはいますが、皆それぞれ仕事・家事・育児を回すのにとても苦労しています。

また、働きたくても保育園がみつからなかったり、子どもが病気になったりした場合など仕事や家事、育児を両立させるのは難しいと感じるママが多いようでうす。

子どもが病気になったときのママの負担は大きいものです。ママも寝不足になって、仕事でミスをしてしまうこともあるでしょう。仕事のストレスを抱え、気持ちに余裕がないと、つい子どもを怒ってしまい自己嫌悪に陥る、などという悪循環も考えられます。

ママ友とうまく付き合えず人間関係が大変

「ママ友とうまく付きい合いたい!」と考える子育てママは多い一方、ママ友との付き合いも悩みのタネです。

仲のよいママ友との付き合いや、よいグループに参加できると、子どもも友だちが増えたり、悩みも共有できたりと、メリットも多いですよね。とはいえ、現実はよいこと・うまくことばかりではないのも事実。既存のママ友のグループに入るのが難しかったり、入っても微妙に居心地が悪かったり…うまく楽しめないママも、少なくありません。

子育ての悩みを共有できるなど、メリットも多い一方で、「どうしたらママ友とうまく付き合えるのかな?」と悩んでいるママ友も、じつに多いのです。まずは気負いすぎず、程よい距離感で付き合うことをおすすめします。

大変な子育てを頑張りすぎないコツを知ろう

1人でやらずパパにも協力してもらおう

30代の子育てママは、頑張りやさんが多いのかもしれません。だからこそ、なんでもかんでも1人でやろうとしすぎて、疲れてしまう…。そんなときは、ぜひパパに協力してもらいましょう。

海外では家事・育児を夫婦でいっしょにやることが当たり前。ですが、日本のパパは育児の意識がまだまだ低いのが現状です。なるべく多く育児と家事を経験させて、身をもって大変さを知ってもらうことがとても大切です。

はじめはパパの得意な家事からやってもらったり、「月・水・金は自分のことは自分でやってね」と決めてしまったりするのも一つの手段。最初から求めすぎるとお互いストレスのもとになるので、少しずつパパが家事・育児をする時間を増やしていきましょう!

趣味などの気分転換できる時間も大切

大変な子育てをうまく乗り切るには、自分の好きなことや趣味の時間を確保することも大切ですよね。

毎日家事や育児をして、子どものことばかり…それだけではやはり辛いもの。自分の時間を持てばリラックスできますし「また頑張ろう!」という気持ちになれるはずです。パパや家族に「この日の午後だけ時間ちょうだい」などお願いできればよいですが、保育園の一時保育などを使って積極的に自分の時間を持つ姿勢も必要です。

自分の時間を持つことに罪悪感や後ろめたさを持つママも少なくありません。でも「1人の時間が欲しい」と思うのは、人間として自然で当たり前の欲求です。まったく悪いことではないので、ぜひ前向きな気持ちで自分の時間を持ちましょう!

家事が疲れたと感じたら手を抜こう

「家事がほんとうに疲れる…」そう思ったら、一度手を抜いてみるのもおすすめです。真面目な人ほど「手を抜く」ことができない人が多いのですが、よい意味での手抜きは効率的でよいことです。

例えば1習慣のうち2日、夕食をお惣菜やできあいのものにする。お惣菜だけでは栄養バランスが不安な場合、味噌汁だけ作る、などのプランもありです。あるいは、一気に2日分作ってしまうなど。

お金・初期費用はかかりますが、食洗機を買うのも一つの手です。1日30分ほどの節約になり、心理的な負担も減るのは大きなメリットです。家事代行サービスも、1度試しに使ってみるのもアリです。パパと相談して、月に1度でもできたらかなり嬉しいですし、ラクになるはずです。

30代子育てママでもおしゃれで息抜きを!

プチプラなブランドをうまく取り入れよう

29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC