就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代ママの子育ての悩みやコツは?息抜きにおしゃれを楽しもう

30代ママの子育ての悩みやコツは?息抜きにおしゃれを楽しもう

子育て中のママは次から次へと悩みが尽きることがなく、ストレスを溜めている方も多いでしょう。ここでは、30代のママの悩みを共有し、乗り切るためのコツを考えていきたいと思います。「私だけじゃなかったんだ」とホッとするような、明日から家事や子育てを少し楽にするポイント、ストレス発散方法をご紹介します。

30代のママが抱えている子育ての悩みとは

感情のコントロールができずに怒ってしまう

子どもに対して心穏やかに、笑顔で過ごしたいとママは思いますよね。しかし、現実は疲れから子どもにイライラしたり、ストレスを抱えたりしている方も多いでしょう。

「感情のコントロールがうまくできずに怒ってしまった」という経験は、どんなママでも一度はあるのではないでしょうか。ほかにも、例えばこんな経験はありませんか?

・子どもの過度ないたずらに、つい怒ってしまう
・子どもとずっと一緒にいると、感情の矛先をどこに向けてよいか分からない
・夜泣きなどで毎日のように寝不足が続いて心が不安定になる
・イヤイヤ期の子どもにイライラしてしまう

30代の子育て中のママの多くが、このような問題に悩みを抱えているようです。

仕事や家事、子育ての両立が難しい

仕事をしている30代のママにとって、大きな悩みの一つが仕事との両立です。フルタイム、時短勤務、パート、在宅など、働くスタイルは多様化しています。しかし、どんな働き方であっても仕事・家事・子育てを上手に両立するのは簡単なことではありません。

また、働きたくても保育園が見つからない、子どもが病気になったときに預けられる人がおらず自分が休むしかないなど、周りのサポートがないと両立は大変ですよね。子どもが病気になったときのママの負担はかなり大きいのでしょう。

看病からママも寝不足になり、仕事でミスをすることがあるかもしれません。仕事のストレスを抱え気持ちに余裕がないと、つい子どもを怒って自己嫌悪に陥るという悪循環も考えられます。

ママ友とうまくつき合えず人間関係が大変

「ママ友とうまくつき合いたい」と考えるママは多い一方、どのようにすれば上手につき合っていけるのかも悩みのタネでしょう。

仲のよいママ友とのつき合いや、よいグループに参加できると、子どもも友だちが増えたり、悩みも共有できたりとメリットも多いですよね。とはいえ、現実はよいこと・うまくことばかりではないのも既存の事実です。ママ友のグループに入るのが難しい、入っても微妙に居心地が悪いなど、うまく楽しめないママも少なくありません。

子育ての悩みを共有できるなどのメリットも多い一方で、「どうしたらママ友とうまくつき合えるのかな?」と悩んでいるママ友もたくさんいるでしょう。まずは気負い過ぎず、ほどよい距離感でつき合うことをおすすめします。

大変な子育てを頑張り過ぎないコツを知ろう

ひとりでやらずパパにも協力してもらおう

30代のママの中には、頑張り過ぎてしまう方も多いでしょう。だからこそ、何もかもひとりでやろうとし過ぎて疲れるときもありますよね。ひとりでつらいときは、パパに協力してもらいましょう。

海外では、家事や子育てを夫婦で協力するのは当たり前です。しかし、日本のパパは子育ての意識がまだまだ低いのが現状です。なるべく多く子育てや家事を経験してもらい、身をもって大変さを知ってもらうのも大切ですよ。

最初はパパの得意な家事からやってもらったり、「月・水・金は自分のことは自分でやってね」と決めてしまったりするのも一つの手段ではないでしょうか。求め過ぎるとお互いストレスになるので、少しずつパパが家事や子育てをする時間を増やせるとよいですね。

趣味などの気分転換できる時間も大切

大変な子育てをうまく乗り切るには、自分の好きなことや趣味の時間を確保するのも大切ですよね。毎日家事や子育てをするばかりでは、ママも精神的につらくなってしまうでしょう。

自分の時間を持てばリラックスできますし、「また頑張ろう」という気持ちになれるはずです。パパや家族に「この日の午後だけ時間が欲しい」などとお願いしたり、保育園の一時保育などを利用して積極的に自分の時間を持つのもよいですよ。

自分の時間を持つことに、罪悪感や後ろめたさを持つママも少なくありません。しかし、「ひとりの時間が欲しい」と思うのは、人間として自然で当たり前の欲求です。悪いことではないので、前向きな気持ちで自分の時間を持ちましょう。

家事が疲れたと感じたら手を抜こう

「家事が本当に疲れる」と思ったときは、一度手を抜いてみませんか。真面目な人ほど手を抜くことができない人が多いですが、よい意味での手抜きは効率的ともいえるでしょう。

例えば、1週間のうち2日、夕食をお惣菜やお弁当を買うのもよいですね。お惣菜だけでは栄養バランスが不安な場合、味噌汁だけ作るなどの方法もあります。ほかにも、休日にまとめて作り置きおかずを用意するのもおすすめです。

また、初期費用はかかりますが、食洗機を買うのも一つの方法です。1日30分ほどの時間の節約になり、心理的な負担も減るのは大きなメリットでしょう。家事代行サービスも、たまには使ってみてもよいですね。月に一度でも家事をお任せできたら、ママのリフレッシュになりますよ。

30代子育てママでもおしゃれで息抜きを!

プチプラなブランドをうまく取り入れよう

37 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND