就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育ては家族みんなで協力しよう!ママ一人で抱えず負担を減らす方法

子育ては家族みんなで協力しよう!ママ一人で抱えず負担を減らす方法

子どもはかわいいものですが、とにかく大変!ママのことなんてお構いなし。泣きたいときに泣いて、甘えたいときに甘えてきます。頑張り屋さんのママは息抜きができず、育児が辛くなってしまうことも。「最近育児がしんどいな」と思っているママが少しでも元気になれるよう、育児の負担を減らす方法をご紹介します。

子育ては大変!思い通り行かない日々が続く

家事がスムーズに進まずイライラ

家事に育児に仕事にと、ママの頭の中はいつも時間に追われていませんか?帰ってきたら夕ご飯の準備をして、その間にお風呂も沸かしてなどなど。でもいつだって、思い描いたスケジュールどおりに進むことはありませんよね。

鍋を火にかけた途端に、「ママ~こっち来て」の声が掛かったり、「見てみて」の連続だったり、さらには兄弟喧嘩が始まってしまったり。そのせいでどうしても予定より時間が遅れてしまいます。

自分のリズムで物ごとが進まないことは、ママにとってイライラの原因になります。ここは一つ予定通りにいかないものと割り切って、自分に少し甘くすることも大切ですよ。タイムスケジュールを細かくたてるのではなく、大まかな時間配分でもよいのではないでしょうか。

頑張っても誰にも評価されないむなしさ

子育ては仕事と違い給与が発生するものでも、評価されるものでもないですよね。こんなに頑張っている育児なのに、評価の基準すらないのです。

ママの日々の努力のおかげで子どもは健康にスクスクと大きくなっているのですが、成長は子どもの成果であってママの成果とはあまりいわれません。でもケガをしてしまったときなどは、どうでしょう?ママの責任と見られることが多いのではないでしょうか。これが仕事だったらなんとも理不尽な話ですよね。

頑張っていることは、誰かに認められたいと思うのが自然です。なぜかわからないけれど気分が沈んでしまったり、育児に疲れを感じてしまったりするのは、「認めてもらえる満足感」が得られずにいることが原因かもしれません。

小さな幸せを見逃さないで

大変な育児の中でも、「幸せ」と感じるときがいくつかあると思います。忙しさに埋もれさせず、小さな幸せでもしっかりと実感できるママでいたいものです。

例えばこんなとき、小さな幸せを感じるかもしれません。
・子どもの寝顔を見ているとき
・成長を実感したときに
・パパでは泣き止まなくても、ママだと泣き止んでくれるとき
・子どもが嬉しいことがあると、誰よりも先にママに報告してくれるとき
・なにげなくぎゅっと手を握ってくるとき

これ以外に意識しないと気がつかないことであっても、見方を変えると実はとても幸せな瞬間だったりするかもしれません。小さな幸せを敏感に感じられる心でいたいですね。この幸せは、ママの心を満たす大きな幸せでもあるのです。

なんでも家族みんなで分け合おう

家事も育児も分け合う

家事や育児はママがやって当たり前ではありません。そこは夫婦や家族で「分け合う」ことをしましょう。家事の分担とよく言いますが、「分担」と「分け合い」では少し意味が違ってきます。

「分担」は料理はママ、お風呂掃除はパパといったはっきりとした線引きがあるイメージではないでしょうか。お互いに決めたことを、それぞれがやりましょうという感じです。そのためやっていないことがあると、相手に対して不満が生まれます。しかし「分け合い」は、二人で協力して行っていきましょう、という意味が強くなります。

線引きがはっきりしな分、ママの担当はパパの担当でもあるのです。これからは協力の意味をこめた「分け合い」でママもパパも家族で助けあえるとよいですね。

お互いの苦労をねぎらい合う

ママもパパも相手が「頑張っているな」と感じたときは、ねぎらいの言葉を意識して伝えるようにしてみましょう。ねぎらいの言葉は相手を気に掛け大切に思う気持ちだったり、感謝の気持ちだったりを伝えることができます。次にあげる言葉掛け、皆さんしているでしょうか。

・「今日も一日お疲れ様」
・「ありがとう」
・「なにか手伝えることある?」
・「頑張ってるね」
・「むりしないようにね」
・「ママ・パパのおかげで助かるよ」
・「一休みしたら」

こういった言葉は普段からいい慣れていないと、照れ臭いかもしれません。言われた方も照れ隠しでそっけなかったりするかもしれません。しかしお互いをねぎらうことで、いつもより相手に対して優しくなれることでしょう。

嬉しかったことを報告し合う

「今日はどうだった?」こんな会話を家族の中でしているでしょうか。特にパパとの間ではどうでしょう。「疲れているからまぁいいや」で会話が減ってしまっている、なんてことありませんか?

今日あった出来事一つでも構わないので、家族に報告してみましょう。嬉しかったことや面白かったことなどがよいですね。悩みごとや相談ごとは別として、単なる愚痴はできるだけ避けましょう。「こんなことがあったんだ」といって笑いあえれば、同じ時間・同じ場所にいなかったとしても、そのときの感情を分かちあうことができます。

気持ちを分かちあうことは家族にとってとても大切なことです。それができるからこそ、家族は安心やリラックスできる場所なのです。

便利なサービスやアイテムを使って気分転換

一時保育を使ってたまには自分にご褒美を

子どもが小さいうちの育児は24時間体勢で、ほっと一息つく暇もないですよね。精神的にも肉体的にも限界...そんなときは「一時保育」を利用してみてはどうでしょうか。

一時保育とは通常保育と違い、数時間だったり一日だけだったり短期間子どもを預けることができるものです。一般的に認可保育園や認証保育園、各自治体で実施しているところがあります。生後2カ月ぐらいから小学校就学前までの子どもを預かる場合が多いようですね。

預かり先によって料金や受け入れ人数など違ってきますので、事前に確認しましょう。ママ以外にも子どもを見守ってくれるところがあるというだけで、心の支えになりますよね。少し育児から離れて、心や体のリセットをしてみませんか?

ファミリーサポートを使ってみよう

ファミリーサポートとは子育てを応援してもらいたい側(依頼会員)と、子育てを応援したい側(提供会員)が協力しあって、地域で子育てを支援するシステムです。

利用する場合は各市区町村のファミリーサポートセンターへ連絡をし、実際に出向いて会員手続きを行う必要があります。その後、センターのコーディネーターによるマッチングのうえ、提供会員を紹介をしてもらいます。お互いが直接会って打ちあわせができるので、人となりもわかり安心ですよね。

利用料金が良心的であることや、幼稚園や学校などの預かり時間外でも対応してもらえることがあるため多くのママに利用されています。住んでいる地域で子育てを応援してくれるパートナーがいることは、心強いものです。

安心安全な冷凍食品を使って料理時間短縮

家事を少しでも楽にするために、食卓に冷凍食品を使っていますか?冷凍食品というと体に悪いとか手抜きしているとか、使うことをためらっているママもいるかもしれません。ですが、安全安心に使用できるものもあるのです。

冷凍食品には「冷凍食品認定証マーク」というものがあります。厳しい安全基準が定められていて、この基準をクリアした商品だけがマークを付けることができるのです。このマークがあるかどうか確認して使用すれば安心ですね。

また冷凍のため、保存料・着色料が不使用のものも多くあります。野菜などは旬の時期に急速冷凍しているので、栄養価の高いものを使用できるのです。冷凍食品は下処理が不要で、料理時間の短縮に一役かってくれることでしょう。

まとめ

多くのママが抱える育児に対する疲れ。思い通りにいかない子どもへのストレスだったり、ママへの負担が多すぎることだったりと原因は様々です。ストレスをため込み過ぎて、本来の自分自身を見失わないよう「ほっと一息」つくことを意識してみてください。

きっと子育ては振り返ってみればあっという間の時間です。あまり力を入れ過ぎず、穏やかにできるといいですね。

子どもは「親の気も知らずに楽しそうでいいわね」と思うこともあるかもしれません。もし子どもが毎日楽しく過ごせているならば、ママが頑張っている証拠なのです。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018