就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代になったらスキンケアを変えよう!トラブル対策で美肌ママへ

30代になったらスキンケアを変えよう!トラブル対策で美肌ママへ

20代のころは特にスキンケアにこだわらなくても大丈夫だった人でも、30代を迎えると、急にお肌に変化が…。特に出産後のママはストレスや寝不足も多く、さらにスキンケアに手をかける時間もお金も限られてきますよね。そこで今回は忙しい30代ママ向けに、30代のスキンケア方法や美容成分の知識をお伝えします。

20代と30代のお肌はここが違う!

20代はニキビ、30代はシミやシワが悩みに

何歳でも女性にとってお肌のトラブルは、悩みの種の一つですよね。しかし、どんなお肌のトラブルに悩まされているかは、世代ごとに違ってくるようです。

20代のうちはニキビや毛穴について悩んでいる方が多いですが、30代になるとシミやシワについて悩んでいる方が多くなります。

20代のうちはお肌の水分量も多く、皮脂の分泌も多いため、ニキビができやすい方が多いです。ところが、30代になると、お肌の水分量が低下し乾燥することや、今まで紫外線にさらしてきたお肌がダメージを受け続けることなどで、シミやシワができます。

20代と30代ではお肌の状態が大きく変化します。お肌のトラブルの原因を理解し、30代からスキンケア方法を変える必要があります。

30代からターンオーバー周期が遅れ始める

化粧水や美容液でスキンケアもしっかりしているのに、なぜか効果がなかなか現れない30代。これは、30代からお肌のターンオーバー周期が遅れ始めることが原因かもしれません。

ターンオーバー周期とは、肌の奥の層で生まれた細胞が少しずつ成長して角質層となり、最後に垢となって排出されるまでの期間のことです。

20代のうちはこの周期が28日間であるのに対し、30代になると40日間にまで遅れます。そのため、新しい化粧水を使って効果が実感できるのは、20代のときより約2週間も遅れることに…。

これを知らずに化粧水を変えてしまうと、どれが自分に合うのかわからなくなってしまいます。30代は気長にスキンケアの効果を待ちましょう。

出産や育児の外部要因が肌荒れの原因にも

肌荒れは加齢以外の外部要因が影響している可能性があります。30代で経験する人が多い出産や育児、仕事のストレス、睡眠不足、偏った食事などが肌荒れの原因になっているかもしれません。

過度なストレスがかかると、男性ホルモンが多く分泌されるため、皮脂が多くなります。それによって毛穴がつまり、ニキビが出やすくなります。

睡眠不足は肌の免疫力を低下させ、外からの刺激にも弱くなります。また、お肌のターンオーバー周期も遅らせてしまうため、お肌がくすんでしまう原因にもなるようです。

育児に忙しいママは自分の食べるものは適当になってしまいがちですよね。インスタントの脂っこい食事が多くなると、皮脂が多くなり、ニキビの原因になります。

30代ママが意識したいスキンケアの基本

親子で一緒に保湿ケアで乾燥から守ろう

子育て中のママは、スキンケアにじっくりと時間をかけられないのが現実…。そんなママは、親子で一緒に保湿ケアをすると、時間や手間をはぶきながらスキンケアができますよ。

お風呂上り、子どもにボディークリームを塗るタイミングで、ママも同じボディークリームを塗りましょう。できれば、化粧水や乳液でお肌を保湿してから、最後にボディークリームで蓋をしてあげると効果的です。化粧水などの有効成分を封じ込めることができます。

ボディークリームは、子どものお肌に優しいものを選んであげるとよいですね。シリコン、合成着色料、パラベン、アルコールなどが無添加のもの、お顔にも使えるもの、植物性の保湿成分が使われているものは、赤ちゃんのお肌にも使えますよ。

外遊びやお散歩の日は紫外線カットを意識

子どもの外遊びやお散歩に付き合うことの多い30代ママは、紫外線カットを意識したスキンケアが大切です。

しかし、忙しいママにとってスキンケアに加えて日焼け止めを塗るのは手間ですよね。さらにお肌の乾燥や顔が白くなるのを気にするママもいるでしょう。そんなママにはUVカット乳液がおすすめです。

UVカット乳液とは、紫外線カットができる乳液です。つまり、紫外線カット効果と保湿効果を合わせ持つということです。セラミドやスクワランなどの保湿効果の高い成分が使われているものや、SPFやPAの数値が適切なものを選びましょう。

お散歩程度でしたらSPF20、PA++のもの、軽い外遊びの場合はSPF30、PA+++のものがおすすめです。

適度なピーリングでくすみ知らずの肌へ

お肌の色も30代になるとくすみがちになります。これは、お肌のターンオーバーが遅れてくることで、古い角質がたまりやすくなることが原因です。

古い角質がたまると、お肌のキメが整わなくなります。これによってお肌の透明感が失われ、お肌がくすんで見えるようです。

くすみをとるためには、古い角質を落とすことがポイントです。角質を落とすのに効果的な方法として、ピーリングがよく知られています。

適度なピーリングをするためには、天然のフルーツ酸を使用したジェルタイプのものがおすすめです。古い角質を程よく落とし、さらに保湿もしてくれます。しかし、毎日の使用はかえってお肌を傷つけてしまい、肌トラブルの原因にも。週に2回程度で十分なようです。

お肌の悩みに有効な美容成分を知りたい!

乾燥がひどくなってきたならコラーゲン

お肌は表面の表皮でターンオーバーを繰り返し、お肌を生まれ変わらせています。この表皮を下から支えているのが真皮ですが、その70%を構成しているのがコラーゲンです。

コラーゲンが網目のような構造を作り、その中に保湿成分であるヒアルロン酸やプロテオグリカンが結合することで、お肌の潤いと弾力を保っています。

コラーゲンは25歳頃から減少し、40歳頃にはほとんど作られなくなるようです。乾燥がひどくなってきた方は、コラーゲンの減少が原因かもしれません。コラーゲンを含んだ美容液でスキンケアを始めましょう。

中でも生コラーゲンは保湿の高い構造を保っているため、これを含んだ美容液がおすすめ。お肌になじみがよく、高い保湿効果があるようです。

目立ち始めたシミにはハイドロキノン

皮膚は紫外線を浴び続けると、皮膚の奥でメラニンの過剰な生成が止まらず、お肌のターンオーバーでも修復が追い付かなくなります。するとメラニンによって黒くなった皮膚は剥がれ落ちづらくなり、シミになります。

シミが目立ち始めたら、ハイドロキノンを使用してみませんか。ハイドロキノンはもともと写真現像の還元剤ですが、メラニンも還元することがわかっています。メラニンは還元されることで漂白され、シミが目立たなくなります。

しかし、ハイドロキノンは強い還元力を持つため、6%以上の高濃度のものを長期間使用し続けると、メラニンが生成されなくなり、皮膚が白く斑点状になることがあります。低濃度のものを3カ月を目安に使用するとよいでしょう。

肌本来の新陳代謝を高めるならプラセンタ

美容液でスキンケアをして、肌トラブルを改善することも大切です。しかし、お肌が本来もつ新陳代謝を高めてあげることで、その効果をより実感しやすくなります。

お肌の新陳代謝を高めることで注目されている成分が「プラセンタ」です。美容液に使用されるプラセンタは動物の胎盤から抽出され、アミノ酸やミネラル、成長因子が豊富に含まれています。

豊富なアミノ酸によって、お肌を保湿したり、バリア機能を高めます。また、成長因子によって皮膚細胞の増殖を促進したり、それによってターンオーバー機能も高めたりすることができます。プラセンタのみで、様々な肌トラブルが改善できますね。

天然成分なので、副作用の報告はされておらず、安心して使用することができますよ。

まとめ

30代になると、お肌を生まれ変わらせる機能が遅れてきます。これによってお肌の修復がうまくいかず、シワやシミの原因になることが多いようです。これを改善するためにも、日々のスキンケアは欠かせません。

忙しい30代ママのスキンケアは、お子さんと一緒のボディークリームを使ったり、日焼け止め効果のある乳液を使用したりするなど、普段のスキンケアと変わらずにできる工夫をしましょう。

新しい美容液を使用する場合は、必ずお肌のチェックテストをしてから使用し、自分のお肌に合うものを見つけてみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018