就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の成長や遊びを知ろう!幼児食や習い事、保育園についても紹介

幼児期の成長や遊びを知ろう!幼児食や習い事、保育園についても紹介

乳児期から幼児期になると性格がはっきりとしてきて、ひとりの「人間」としてコミュニケーションがとれるようになってきます。この時期の子どもの成長にはかなり個人差がありますが、一般的にどのような成長を遂げるのか、気になるポイントと併せてご紹介していきます。

幼児って何歳を指すの?年齢と体重を知ろう

何歳までを幼児というの?

育児をしていると、「乳児」や「幼児」といった言葉をよく目にすると思います。いろいろな呼び名があっても、「乳児」と「幼児」の違いや、それぞれ何歳くらいの子どものことをさしているのか、具体的に知っている人は少ないのではないでしょうか。「児童福祉法」によると、

乳児…1歳未満の者
幼児…1歳から小学校就学の始期に達するまでの者
少年…小学校就学の始期から18歳に達するまでの者
児童…18歳未満の者

と定義されています。つまり法律上「幼児」とは、簡単に言うと1歳から小学校入学前までの時期、ということになります。育児に関する情報を調べたり、子どものための特典を得たりするときに知っておくと、なにかと役に立ちそうですね。

成長曲線と一緒に肥満度もチェック!

母子手帳にある成長曲線で、子どもの発育状況をチェックすることができますね。性別ごとのグラフに描かれている数値と比較して、「うちの子ちょっと小さいかな?」とか、「ちょっと太りすぎ?」と心配になるママもいると思います。

しかし乳幼児期の子どもは発育に個人差があるので、グラフに沿っていなくてもあまり気にし過ぎない方がよいかもしれません。ただし短期間で体重が大きく増減するなどの際は医師に相談してみてもよいと思います。

また、身長・体重だけでなく、子どもの肥満度をチェックできる「カウプ指数」も知っておくとよいでしょう。求める計算式があるのですが、最近では年齢・身長・体重を入力するだけで自動計算して数値を出してくれるサイトもあるので、ぜひ試してみてください。

ポッコリおなかの幼児体型。これって肥満?

歩き出す前の赤ちゃんは全体がぽっちゃりしていてとってもかわいいですよね。歩き始めることで運動量が増え、手足が引き締まってきます。また幼児食に移行することでアゴまわりもシャープになっていくでしょう。

しかし、なぜかポッコリ突き出たおなかだけはそのまま…。もしかして肥満?と不安になるママも多いのではないでしょうか。じつは、幼児期は腹筋が十分に発達していないことでおなかが出てしまいがちなのだそうです。

先ほどご紹介した「成長曲線」や「カウプ指数」でチェックして、許容範囲内であれば問題ないと思います。ただ、おなかが硬く張っているなど異常を感じる際は医療機関を受診してくださいね。いわゆる「幼児体型」は短い間の可愛い姿だと思って、気長に見守ってみてください。

幼児期の成長を知ろう!~運動面~

1歳で歩き、2歳になるとジャンプもできる

何歳くらいで、どんなことができるようになるのか、運動面での一般的な発達を見ていきましょう。

【1歳】
歩く…よちよち歩き
走る…1歳半過ぎからトコトコ走る   
跳ぶ…少しの段差からとび降りる
投げる・捕る…握ったボールを下に向かって投げるが、捕ることは難しい
転がる…寝た状態で自由に転がることができる

【2歳】
歩く…安定した歩き
走る…腕の振りはぎこちないが、しっかりと走る
跳ぶ…その場でぴょんぴょんジャンプする
投げる・捕る…前に向かって投げ、優しく投げたボールを両手で捕れる
蹴る…ボールにちょこんと足を当てたり、前に押し出したりする
ぶら下がる…鉄棒などにしっかりとぶら下がることができる

3歳~4歳では公園の遊具をほぼマスター

【3歳】
歩く…大人とほぼ同じような形で歩ける
走る…スピードが出せる
跳ぶ…上ではなく、前方向に跳ぶ
投げる・捕る…全身で投げようとする、捕ったボールは胸の前でかかえる
ぶら下がる…鉄棒にぶら下がり、体を揺らすことができる
転がる…前転ができる

【4歳】
走る…腕と足がバランスよく連動して走れる   
跳ぶ…跳ぶときに腕の振りを使うことができる
投げる・捕る…腕を振りかぶって投げる、ボールが落ちてくるところを予測して捕ることができる
蹴る…足を後ろに振り上げてから蹴る
ぶら下がる…前まわりができる
転がる…前転の後立ち上がることができる

全身をバランスよく動かせるようになり、公園の遊具を上手に使って遊べるようになります。

補助輪付き自転車も挑戦!5歳~6歳

【5~6歳】
走る…歩幅の大きな安定した走りができる    
跳ぶ…腕の振りを使って遠くに跳ぶことができる
投げる・捕る…片手で遠くに投げられる、ボールを追いかけて捕ることができる
蹴る…足だけでなく、体全体の力をボールに伝えて蹴りだせる
ぶら下がる…逆上がりができる、うんていができる

この頃になると大人と同じような動きができるようになってきます。バランス感覚もよくなってくるので、スケートボードやローラースケートのようなもので遊び始めます。

補助輪付き自転車に乗る子どもが多くなる時期ですが、本格的な自転車の前に、キックバイクのようなペダルのないタイプに乗っていると、補助輪がなくてもすぐに乗りこなせる場合が多いようです。

幼児期の成長を知ろう~言語面~

言葉をまねる1歳。2語文が出始める2歳

言語面での成長には、「聞きとる力」=「理解力」と「話す力」=「表現力」の発達があります。

【1歳】
<理解力>
「ちょうだい」「はいどうぞ」などの簡単な言葉を理解して動作で答える
子どもの名前を呼ぶと振り返ったり、「はい!」と手をあげたりする
<表現力>
「ママ」「ワンワン」「ブーブー」などの繰り返し言葉がいえる
はっきりではないが、「のんたん」「あんぱんまん」などのキャラクター名がいえる

【2歳】
<理解力>
「ねこちゃんかわいいね」などの簡単な文章が理解できる
ものの「大小」がわかるようになる
<表現力>
「でんしゃ、きたよ」など、2語の文が話せる
自分の名前がいえる
大人の言葉をまねしてすぐにつかう

動詞の種類や抽象的表現も増える3歳~4歳

【3歳】
<理解力>
大人同士の会話でも一部を理解して質問してくることがある
「飲みもの」「書くもの」など抽象的な言葉が理解できる
<表現力>
今日あった出来事を、とぎれとぎれに説明できる
「お茶をついで」「早く走ろう」など、動詞を名詞や形容詞などとつなげて使える

【4歳】
<理解力>
アニメなどを見て、大まかなストーリーが理解できる
「おばあちゃん」が「ママのママ」ということが理解できる
<表現力>
自分のことを「~ちゃん」や「わたし」「ぼく」などの主語を使ってたくさん話す
話すことが一種の遊びのような感覚で、大人にたくさん話しかけてくる

この時期、言葉はめまぐるしく発達していきます。子どもとたくさん会話することを心がけたいですね。

文章表現が上達する5歳~6歳

【5歳】
<理解力>
大人のいっていることがだいたい理解できる
言葉のキャッチボールがスムーズになってくる
<表現力>
「だってね」「でもね」など、「いいわけ」ができるようになる
「3時だからおやつ食べよう」「うるさいから静かにして」など理由をつけた文章がいえる

【6歳】
<理解力>
「時間」「数字」「ひらがな・かたかな」などが理解でき、大人とスムーズに会話できる
「過去」「未来」の概念が理解でき、過去形・未来形で話すことができる
<表現力>
身近な大人の文章表現をまねて、適切に使うことができる
滑舌がよくなり、正しい発音で話せる

この時期の子どもは大人の話し言葉をよく聞いてすぐに「まね」をするので、ママは言葉遣いに気を付けた方がよいでしょう。

幼児の便秘・下痢はどう対処すればよい?

便秘や下痢の原因を知りたい

幼児期は消化器官が未発達で便秘や下痢を起こしやすい時期です。原因は一概にはいえませんが、考えられるいくつかの例をあげておきたいと思います。

【便秘】
偏った食生活によるもの
不規則な生活習慣
1~2歳頃…トイレトレーニングによるストレス(怒られることが嫌など)
3~6歳頃…幼稚園や保育園など集団生活の中で排便するタイミングがうまくいかない、恥ずかしい

【下痢】
ウイルスや細菌に胃や腸が感染することでおこる(発熱・嘔吐をともなうこともある)
「乳糖不耐症」という乳製品の「乳糖」を消化できずにおこる症状
ストレス
食物アレルギー
過度な疲労
食べ過ぎ・飲みすぎ(特に冷たいもの)
プールや冷房で体が冷える、寝冷え

便秘の解消法を知り、備えておこう。

排便の回数には個人差があるので、1日2回や、3日に1回などさまざまです。回数だけでなく、おなかが張っていたり排便時に苦しそうにしている場合など、普段のうんちの様子と違うなと感じたら「便秘」を疑ってもよいかもしれません。「便秘かな?」と思ったときに、お家で簡単にできる解消法をご紹介します。

【「の」の字マッサージ】
おヘソのあたりに手のひらを乗せ、優しい力でひらがなの「の」を書くように時計回りにマッサージする。

【綿棒浣腸】
大人用の綿棒にベビーワセリンやオリーブオイルなどをたっぷりと付け、肛門から1~2cmほど入れて「の」の字を書くように回す。

【市販の浣腸】
上記の方法でも効果がなければ市販の浣腸を試してみてもよいでしょう。

下痢が続く場合は病院へ行くべき?

下痢が数日続いても、発熱やおう吐などほかの症状が見られず、元気で食欲がある場合には、少しお家で様子を見てもよいでしょう。下痢のほかに下記のような症状が出た場合は、早めに病院で診てもらうことをおすすめします。

1週間以上下痢が続いている
1日10回くらい下痢をする
発熱・嘔吐
食欲不振
激しい腹痛
ぐったりして元気がない
顔色が悪い
うんちに血がまじっている
じんましんなどの発疹がある
息苦しそうにしている

下痢が続くときは脱水症状にも気を付けなくてはいけません。経口補水液などでこまめに水分補給をしてください。また、何度も下痢をすると肛門が切れたりただれたりすることがあります。様子を見ておしりをお湯で洗うなどしてみてください。

いつから?どうやって?幼児のしつけ

叱るのは可哀そう?しつけのスタート時期

「しつけ=躾」とは、大人になって社会生活を営む上で必要な「礼儀」や「作法」を身に付けさせることをいいます。時代や国、文化によって内容はかわりますが、親が子どもに「将来幸せに暮らせるように」訓練することといってよいでしょう。

小さい子どもを叱るのは可哀そうと感じるママもいるかもしれませんが、「叱る」ことと「怒る」ことはまったく違います。「叱る」は相手を想って指導すること、「怒る」は自分の都合や気分で感情をぶつけることです。

しつけを始めるのは早くて0歳からといわれています。初めは「叱る」というよりは「教える」感じで、生活リズムや危険を避ける方法を指導していきます。大きくなるにつれて、マナーや基本的生活習慣を教えていきましょう。

親の価値観を押しつけ過ぎないのがコツ

いざ「しつけ」を始めたときに、子どもにいっていることが「押しつけ」になっていないか、ときどき立ち止まって確認してみてください。親が「よい」と思っていることを、必ずしも子どもが「よい」と感じているとは限りません。

子どもがすることにも、なにかしらの理由があるものです。そのことを考えずに、親の価値観で頭ごなしに叱ってしまうと、子どもの想像力や個性を伸ばせなくなってしまうかもしれません。

しつけの一環として社会規範を教えることは大切ですが、これからの時代は「多様性」が重視されるようになってくるので、凝り固まった価値観を押しつけるのは避けたいところ。親子とはいえ、ママと子どもは「別の人格」であるということを忘れないようにしたいですね。

子どものやる気につながる声かけをしよう

頭ではよくないとわかっていても、家事育児に追われて忙しいママはつい「はやくして!」「ちゃんとして!」「だめでしょ!」と声を荒げてしまうこともありますよね。しかし、このような声かけでは何度いってもあまり効果は期待できないでしょう。

子どもにやる気を出させるには、できるだけ具体的に伝えることが大切です。なにをどう「ちゃんと」すればいいのか、子どもがイメージできるように伝えるとよいでしょう。

また、否定的な言葉もできるだけ避けた方がよさそうです。できないことより、できたことを見つけて具体的に褒めてあげてください。嬉しくなって自主的に行動するきっかけになるかもしれません。いろいろな声かけを試して、子どもの「やる気スイッチ」を見つけてみてくださいね。

幼児と一緒に遊ぼう!~おそと編~

1歳児はお外に出て多くの刺激を受けよう

1歳を過ぎると生活リズムが安定してきて、ママも子どもとの外出を楽しめるようになってきますね。赤ちゃんにとって、お外は興味のあるものであふれています。

1歳くらいだとまったく目が離せないので、お外遊びとなるとママは大変かもしれません。でも赤ちゃんにとっては、風や砂や雑草など、なんでもないものが新鮮で刺激になるのです。ケガをしないように見守りつつ、できるだけ自由に遊ばせてみてください。

春には花を見て、夏には水遊びをして、秋には落ち葉を踏んで、冬には雪遊びなど、季節を感じる遊びをすると、ママも赤ちゃんも一緒に成長を楽しむことができていいですね。お天気の日は短時間でもいいので、ぜひ散歩や外遊びに出かけましょう。

2歳過ぎたら少しずつ遊具にも挑戦!

2歳を過ぎると歩きもしっかりとしてきて、少しずつ公園の遊具でも遊べるようになってきます。まだまだ目は離せませんが、自我が芽生え始めるこの頃の外遊びでは、子どもの個性が発見できて面白いと思います。

おすすめは砂場遊びです。男女ともに楽しめますし、子どもの想像力にママが驚くことがあるかもしれません。一緒に山を作ったり、穴を掘ったり、水を流して川にしてもいいですね。

また、ママが下で待っていれば、滑り台もひとりで滑ることができるようになります。気に入ると何度も繰り返し滑りますが、気長に付き合ってあげてください。ブランコ、シーソー、鉄棒、ジャングルジムなども、ママと一緒にチャレンジしてみると親子で楽しめるでしょう。

3歳以降は昔ながらの難しい遊びに挑戦!

3歳以降はルールのある遊びができるようになってきます。また、コミュニケーション能力が付いてくる時期なので、1人ではなく公園内にいるほかの子どもと一緒に遊ぶこともできるようになります。

昔懐かしい遊びは現代の子どもにも人気です。定番の「鬼ごっこ」のほかに、「色鬼」「氷鬼」「高鬼」など、子どもの頃を思い出していろいろな鬼ごっこを教えてあげてください。

「かくれんぼ」や「だるまさんがころんだ」などはルールが簡単なので、比較的小さいうちから楽しむことができます。そのほかにも、子どもたち自身が独自のルールを作って、新しい遊びを作り出すことがあります。大人が見て感心してしまうこともあるかもしれませんね。

幼児と一緒に遊ぼう!~おうち編~

2歳まではこんな遊びがおすすめ

小さいうちは、男女ともにおままごとのような大人のまねっこをするのが大好き。お料理をしたり、お掃除したり、生活の中のできごとをごっこ遊びで体験させましょう。

この頃は徐々に手先が器用になってくる時期です。ブロック遊びや積み木遊びなどで、考えて手を動かす訓練ができるでしょう。ただ、造ったものを「崩す」「壊す」というのが大好きな時期でもあるので、せっかく積み上げた積み木を壊されても一緒に笑って楽しんであげてくださいね。

おうち遊びを楽しむなら、お絵描きもおすすめです。子どもが舐めても安全なクレヨンなどを用意して、大きな紙に自由に色を付けさせてみてください。子どもが好きな雨の日の遊びをいくつか用意しておくと安心ですね。

3歳以降は想像を膨らませる遊びがおすすめ

3歳以降は、ごっこ遊びがより具体的で本格的なものになっていきます。アニメのキャラクターなどをまねて衣装を着たり、自分でアイテムを作ったりして楽しむことができるでしょう。

イスやソファーを使ってお城や基地を作り、自分でストーリーを考えて遊ぶ姿はとても微笑ましいものです。ママも物語の登場人物になりきって、一緒にごっこ遊びを楽しむと、子どもはとても喜びます。

また、わざわざおもちゃを買わなくても、段ボールやマジックペン、テープやはさみなどを使って、どうすれば本物のようなアイテムが作れるか考えさせると想像力が養われます。できあがりは大人が見ると微妙だったりしますが、子どもにとっては宝物。間違っても勝手に捨てるようなことはしないでくださいね!

4歳以降は簡単なルールのある遊びをしよう

4歳を過ぎると簡単なルールが覚えられるので、カードゲームなどができるようになります。幼稚園や保育園で体験している子どもも多いと思いますが、「かるた」や「すごろく」などは、遊びながらひらがなも覚えられて一石二鳥です。

トランプは、枚数を少なくして「神経衰弱」をするのがおすすめです。最初はほどよく手を抜いて子どもを勝たせてあげると、やる気が出てどんどん記憶力がよくなってくるかもしれません。

また、「お手紙ごっこ」もおすすめです。文字が上手に書けなくても、ママの似顔絵を描いてもらったり、折り紙やシールを同封してもらったりして、ママ宛てに配達してもらいます。ティッシュペーパーの空き箱などで郵便ポストを作ると、リアルな雰囲気になって楽しめますよ。

幼稚園と保育園のどちらがいいの?

まずは基本的な違いをチェックしよう

子どもを持つまでは幼稚園と保育園の違いをあまり知らなかったというママも多いのではないでしょうか。文部科学省が公開している文書をもとに基本的な違いをチェックしてみましょう。

【幼稚園】
管轄…文部科学省
目的…幼児を保育し、心身の発達を助長する
年齢…満3歳の春~小学校入学前の幼児
保育料…園が定める
保育時間…1日標準4時間以上、9時~14時頃まで、春・夏・冬休みなど長期休業あり
給食…任意
先生…幼稚園教諭

【保育園】
管轄…厚生労働省
目的…保育に欠ける乳幼児を保育する
年齢…0歳から小学校入学前の乳幼児
保育料…所得に応じて市町村が定める
保育時間…1日原則8時間、7時半~18時頃まで、長期休業なし
給食…義務
先生…保育士

幼稚園は教育が行われる?学力面の違い

「幼稚園は教育」「保育園は保育」というイメージを持つ人もいると思います。でも実際、幼稚園と保育園で学力に差はあるのでしょうか?

幼稚園は文科省の「幼稚園教育要領」に基づいて指導されますが、その内容は「自立心や好奇心を育てる」や「感じたことを自分の言葉で表現する」といったもので、読み書きや計算などを必ずしも教えるというわけではありません。

もちろん勉強に力を入れている幼稚園もありますが、自然に触れながら想像力や行動力を養うことに力を入れる幼稚園などもあるようです。保育園にも同じようなことがいえるので、学力面でどちらを選ぶ方がよいということはないでしょう。就学前に読み書き計算ができるようにしたければ、家庭での指導が必要といえそうです。

実は一番気になる部分。費用面の違い

幼稚園と保育園どちらを選ぶか悩んだとき、一番気になるのは費用面ではないでしょうか。

【幼稚園】
3年間にかかる平均保育費用は以下の通りです。
私立…約110万円
公立…約50万円
収入にかかわらず、園によって一律の保育料ですが、所得に応じて就園奨励助成制度(国からの補助金)があります。

【保育園】
保育料は条件によって大きく変わってきます。
・世帯所得が多いほど高くなる
・地方と都市部では大きな差がある
・子どもの年齢が小さいほど高くなる
・兄弟が同時に保育園に入っている場合、2人目から割安になる
・保育時間「最長8時間」と「最長11時間」の2つの区分がある
保育料月2~3万円という世帯が多いので、3年間では約70~100万円かかると想定できます。

大人と同じ?幼児食について知りたい!

幼児食をスタートする目安とは?

離乳食完了期で、決まった時間に1日3回の食事とおやつが食べられるようになったら「幼児食」を始めていきます。スタート時期の目安としては、奥歯が生え始める1歳半頃がよいとされています。

奥歯でしっかりと噛んですりつぶせるようになると、食べられる食材もぐっと増えます。ただ、生え始めは噛み合わせられる部分が少ないので、厚みのある肉や繊維質の野菜などは小さく切ってから食べさせるように注意が必要です。

また、「コップ飲み」「手づかみ食べ」「スプーンやフォークを使って自分で食べる」などができるようになっていることも目安になります。食べこぼしの洗濯やお掃除でママは大変ですが、子どもが自分で食べたい!と思うようになってくるとスムーズにすすむでしょう。

幼児食の進め方のポイント

幼児食では、成長期に必要な栄養素をバランスよく採れるような献立を心がけましょう。特に「鉄」や「カルシウム」は不足しがちなので、気にかけながらメニューを考えることをおすすめします。

しかし幼児期は好き嫌いが多く、気分や体調で食べる量が変わることもあります。思いどおりに進まないかもしれませんが、気長にかまえてくださいね。また、箸の持ち方や食事中のマナー、食後の片づけなど、早い時期から教えておくことも大切です。

子どもが自分で食べだすようになると注意したいのは「食材をのどに詰まらせる」ということです。小さく切っていても、たくさん口の中に詰め込んでしまうことがあるので、食事中はできるだけ目を離さないようにしたいですね。

献立の悩みは大人からの取り分けで解決!

食べられる食材が増え、離乳食のように子ども専用に調理しなくても、大人の食事からの取り分けで作ることができるようになります。子どものために毎日の献立を考えるのも、だいぶ楽になりますね。

取り分けの仕方は簡単です。普段通り大人の食事を作り、味付けをする前に取り分けて、子ども用に薄味に仕上げるだけ。特に汁物や煮物は取り分けで簡単に作ることができます。子どもが噛みにくいと感じる食材があるときは、キッチンばさみを使って小さく切ると手間が省けます。

また、子どもが苦手な食材でも、切り方や盛り付け方を工夫するだけで、喜んで食べてくれることもあります。大人とは別にワンプレートのような形にして食卓に置くと、特別感が出て完食してくれることがあるのでおすすめです。

習い事のスタートは幼児期がおすすめ!

幼児期に習い事を始めるメリットは?

子どものために、これからどんな習い事を始めるか迷っているママも多いのではないでしょうか。幼いうちから習い事を始めるメリットをいくつかご紹介します。

先入観なくすんなりと受け入れられる
将来の可能性を広げるきっかけになる
同じ月齢の子どもとコミュニケーションがとれる
先生やコーチの話を聞くことで集中力が増す
成功体験をすることで自信につながる

また、自我が芽生え始めた幼児期の子どもは、親のいうことを素直に受け入れないという場合があります。しかし先生やコーチの指導には素直に従うことが多いので、自宅で子どもに無理強いしながら教えるよりも、スクールに通わせた方が上達しやすいというメリットもあります。

運動系で人気の習い事をチェック!

運動系の習い事で一番人気があるのは、男女ともに「スイミング」です。ケガの心配も少ないですし、体力がついて病気になりにくくなるのではと考えるのが人気の理由のようです。0歳児から習うことができるスクールもあり、中学に上がる前くらいまで長く習っている子どもが多いようです。

スイミングに次いで人気があるのは「体操教室」です。スポーツクラブなどで基礎から丁寧に指導してくれる教室もありますし、市民体育館などで比較的安価で気軽に始められるものもあります。鉄棒・マット運動・跳び箱などが小学校に上がる前にできていると、運動への苦手意識がなくなってよいかもしれません。

また最近では小中学校で必須科目になっているため、「ダンス系」も人気のようです。

いまは必須科目!英語学習を早めに開始する

現在小学校5年生から必須科目の英語は、2020年度より、3年生から必須化されることが決まっています。グローバル化、IT化が進む現代では、苦手意識を持つ前から英語学習を始めさせたいと思うママも多いのではないでしょうか。

言語能力が大きく発達する幼児期に始めることで、「勉強」としての英語ではなく、「コミュニケーションツール」として英語が身につくとされています。文法などは大きくなってからでも学べますが、基本的な発音や聞き取りはこの時期に学んでおかないとネイティブのように使いこなすことは難しいかもしれません。

ただ、子どもが「楽しい」「やりたい」と感じていないのに、親が無理強いして習わせてしまうと逆効果かもしれません。ぜひ子どもの意思も尊重してくださいね。

まとめ

幼児期は手のかかる大変な時期ですが、長い子育て期間を考えると、短い間のほんとうに可愛い時期でもあります。しかし、よくないとわかっていても、ついつい周りの子どもと比べてしまったり、インターネットの情報に翻弄されて悩んだりすることもあると思います。

でもそれは、ママが一生懸命子どもに向き合っているからこその悩みなのではないでしょうか。泣いたり悩んだりしながら、子どもと一緒に成長する気持ちで子育てを楽しめるといいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018