就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 1歳児はどんどん成長する!1歳児育児において知っておきたいこと

 1歳児はどんどん成長する!1歳児育児において知っておきたいこと

ついこの間までネンネの赤ちゃんだったのに、気付けばもう1歳!自我がめばえ、ひとりの人間として成長していく様子を見るのはほんとうに楽しみですね。でも寝てばかりだった赤ちゃんとは違い、動き回る1歳児のお世話は大変です。1歳児がどんなふうに成長をしていくのか、育児の注意点やポイントをご紹介していきます。

1歳児の発達を知ろう!運動や精神の発達

あんよや小走り!運動能力に関する発達

まずはじめにお伝えしておきたいのは、この時期の子どもの成長には非常に個人差があるということです。同じ月齢のお友達が上手に歩いているからといって、なかなか歩きださない我が子をむやみに心配する必要はありません。

平均的な1歳児の発達としては、1歳3カ月頃にはよちよちと歩きだし、1歳半を過ぎたあたりから小走りができるようになります。自由に歩けるようになると、興味があるものを見つけて近づいていきます。

また、指先も器用になってくるので、小さいものをつまんだり、絵本をめくったりすることができます。子ども自身にできることが日に日に増えて、ママとのコミュニケーションもますます楽しいものになっていくでしょう。

自己主張が増える。精神的な発達

運動能力が発達するにつれて、見るものや触れるものが増え、精神面でも劇的に発達していきます。「好き」「きらい」といった気持ちがはっきりしてきて、自己主張をするようになる時期です。

早い子どもでは1歳を過ぎたあたりから「イヤイヤ」が始まってくるかもしれません。自分の気持ちを伝えたいけれど、うまく伝わらないといったときに癇癪のような状態をおこしたりします。

それもまた成長過程のひとつなので、焦らずに子どもの主張に耳を傾けてみてください。大好きなママやパパにわかってもらえたと理解できれば、精神的にも安定します。「イヤイヤ」ばかりでなく、「大すき!」といった気持ちもストレートに表現するようになってくるので、大変さと可愛さが交互にやってくる感じですね。

1歳児の言葉の発達が知りたい

1歳になると「ワンワン」「ママ」「バーバ」など、意味のある短い言葉を話し始めます。話せる言葉の数はまだ少ないですが、聞き取る力はだいぶついてくる時期です。

「ちょうだい」といったら物を渡してくれたり、「もしもし」と行ったら電話をするマネをしたりと、いっていることを理解することができてきます。

ただし、運動や精神の発達と同じように、言葉の発達にはかなり個人差があるようです。なかなか話さないと不安に思うママもいると思いますが、3歳くらいまではのんびりと見守ってあげるようにしてください。絵本を読んであげたり、積極的に子どもの気持ちを代弁して話したりすることで、ことばの発達を促すことにつながるようです。

一升餅や選び取り、記念撮影で1歳を祝おう

スタジオに写真を撮りに行こう!

最近ではスマートフォンが普及しているので、日々の何気ないしぐさも気軽に写真に撮っているというママも多いと思います。でも、記念日にはやっぱりスタジオでプロに撮ってもらいたいですね。

大手の写真スタジオなどでは、レンタル衣装は無料というところが多いようです。衣装のサイズやデザインも豊富で、子どもよりもママが興奮してしまうかもしれませんね。子どもだけではなく、ママやパパと一緒に家族写真を撮るのもおすすめです。

スタジオによっては、持参したカメラでの撮影はNGでも、動画ならOKというところもあるようです。貴重な1歳の記念写真ができあがると同時に、家族にとっても楽しいイベントの思い出になると思います。

一升餅の言い伝えや入手方法を確認しよう

1歳の誕生日イベントといえば「一升餅を背負う」というのが有名ですね。しかしなぜ重たいお餅を背負わせるのか、由来を知っていますか?

「一升餅」は「食べるものに一生困らないように」という願いを込めて始められたといわれています。一升は約1.8キロなので、1歳児には重たい荷物です。転んだり泣いたりしするかもしれませんが、それもまたいい思い出ですね。

和菓子屋さんなどで一升餅を注文すると、昔ながらの大きな紅白の丸餅を購入できます。最近ではインターネットで食べやすいサイズに加工してあるものや、背負いやすいようにリュックとセットになったものなどが販売されています。

ちなみに1.8キロのお餅を食べきるのは大変なので、余った分は冷凍保存することをおすすめします。

新たな伝統?選び取りについて

一升餅と並んで、1歳のお誕生日イベントで有名なのが「選び取り」です。子どもの前にいろいろな品を置いて選び取らせ、選んだものでその子の将来を占うという儀式です。

選び取りにはあまり細かい決まり事などなく、品物も家族で相談して好きなものを選んでいるようです。中でも伝統的な3つはこちら。

お金…裕福、お金に困らない
そろばん…商売がうまくいく、計算が得意
筆…勉強ができる、芸術家になる

このほかにも、

ボール…スポーツが得意
楽器…楽器が得意
お米…食べるのに困らない

など、各ご家庭で楽しみながら選び取りの品物を決めてみてください。中には「はさみ」や「包丁」といった刃物を加える風習もあるようですが、安全には十分配慮してくださいね。

あと少しで離乳食卒業!完了期について

与える回数や時間、1食あたりの量について

母乳や粉ミルク以外からしっかりと栄養が取れるようになったころを、「離乳食完了期」といいます。歯が生えそろい始め、形のある食べ物が上手に噛めるようになってくる時期でもあります。

完了期では、1日の食事回数は3回、捕食としておやつなどを1,2回程とることを目安にします。ここで大切なのは生活リズムです。朝、昼、夜、とできるだけ決まった時間に食事をするようにしましょう。

【1食あたりの食事量の目安例】
主食…やわらかめなご飯80~90g
主菜…肉や魚15~20g
副菜…野菜や果物40~50g

主食には麺類やパンだけでなく、ホットケーキや芋など、日によってバリエーションを持たせると子どもも飽きずに食べられますね。

取り分けをして準備を簡単に

離乳食初期から中期に比べ、完了期では食べられる食材が増えてくるので、大人の食事からの取り分けができるようになります。ママの食事の支度もグッと楽になりますね。

薄味に仕上げるため、大人用に味付けする前に子どもの食べる分を取り分けます。根菜など硬めな食材の煮物の時は、あらかじめザルや茶こしなどの網に子ども用の野菜を入れて、少し早めに火を通し、その後大人の分を煮始めると1つのお鍋で作ることができておすすめです。

取り分けた後は、離乳食の進み具合によって、切ったり軽くつぶしたりして子どもの食べやすいようにひと手間かけて加工してください。取り分けによって少しでも家事が時間短縮になれば、ママにとっては嬉しいことですよね。

使いやすいスプーンで自分で食べてみよう

この時期の子どもは手先も器用になってきて、できないことでも自分でやってみたい!と思い始めます。ママやパパがスプーンやフォークで食べている姿を見て、マネをしたがるかもしれません。

ステップとしては、まず子ども自身に「手づかみ食べ」をさせ、食べ物の感触や温度などを感じさせてみます。手から伝わる感触は脳に刺激を与え、食事に対する興味を湧かせ、「自分で食べたい」と思うようになります。

手づかみ食べが慣れてきたら、赤ちゃん用のスプーンやフォークを持たせてみてください。すぐに上手に食べることは難しいと思いますが、食べにくそうだなと感じるときは、子どもにとって使いやすい形状のスプーンをいろいろ試してみてもいいと思います。

幼児食へ移行してみよう!開始時期と注意点

幼児食を開始する目安を知りたい

離乳食完了期と大人の食事の間に位置するのが「幼児食」ですが、その境目に明確な違いはないので子どもの発達に合わせて進めていく、ということになると思います。開始時期は、奥歯が生え始める1歳半頃がひとつの目安となります。

固形物を上手に飲み込むには、前歯で噛み切って、奥歯で噛んですりつぶす必要があるからです。奥歯が生えてきても、まだ噛み合わせる部分は少ないので、厚みのあるお肉や繊維のある生野菜などを食べるのは難しい時期なので注意が必要です。

味付けは大人食よりも薄味で、油分が多すぎるものは避けた方がよいでしょう。幼児食で大切なのは「食事は楽しい」と思ってもらうことです。家族で食卓を囲み、子どもが進んで食べられるような環境を整えたいですね。

幼児食をすすめる上での注意点

いろいろな食材に挑戦していく時期ですが、食物アレルギーには十分に注意が必要です。離乳食期と同じく、始めて口にする食材は平日の午前中に食べる方がよいでしょう。

子どもは一度美味しいと思うと、それを覚えていて何度も食べたがります。マヨネーズ、ソース、ケチャップ、しょうゆなどの調味料はできるだけかけずに食べさせることをおすすめします。

また、固形物が食べられるようになり、同時に自分で手づかみ食べすようになると気を付けたいのは「のどに詰まらせる」ことです。自分では適量がわからず、口の中にたくさん詰め込んでしまうことがあるからです。ママも育児に慣れ始めてくる時期かもしれませんが、食事の際は子どもから目を離さないよう気を付けてください。

不足しがちな栄養素を積極的に取り入れよう

大人にもいえることですが、幼児食でもバランスの良い食事が大切です。成長期に特に必要とされる栄養素の「鉄」と「カルシウム」は幼児食では不足しがちといわれています。

「鉄」は血をつくり脳の発達を助けます。「カルシウム」は丈夫な骨をつくり、成長には不可欠です。ほかにも必要な栄養素はたくさんありますが、この二つは特に積極的に取ることをおすすめします。

「イヤイヤ」が始まる時期と重なって、幼児食の進み方には個人差があります。しっかりと栄養が取れていないと感じるときはフォローアップミルクなどで補ってください。手作りの食事だけにこだわりすぎるとママのストレスになるかもしれないので、たまにはレトルト食品を取り入れるなど、気負わず気長に進めていってくださいね。

食べすぎの悩み。適量と食欲を抑える方法

食欲旺盛の原因を知ろう

厚生労働省によると、1~2歳児の1日のカロリー摂取量は900~950kcalが目安とされています。成人の場合は平均して1,800~2,000kcalなので、約半分ということになります。

小さい子どもがぽっちゃりしている姿は可愛いですが、過剰に太りすぎると健康への影響が出てくるかもしれないので気を付けたいですね。食べ過ぎの原因としては、

運動量が多い(消費カロリーが大きい)
満腹中枢の未発達
ストレス
食材が柔らかすぎる

などが考えられます。たくさん動いて消費した分をたくさん食べるのであればよいでしょう。それ以外の原因が思い当りそうなママは注意が必要かもしれません。まずはバランスの良い献立と適切な量に気を付けてみてください。

適切な量と、簡単に目安の量を準備する方法

では「適切な量」とはどれくらいなのでしょうか。先ほど900~950kcalと書きましたが、カロリーの数値だけでは分かりにくいですね。

農林水産省が「1食に何をどれだけ食べたらよいかについてだれもが理解し、実行しやすいように開発された食事づくりのものさし」として「3・1・2弁当箱法」というものを提案しているのでご紹介します。

1.1歳児に合うサイズの弁当箱を用意する(300ml以下がよいでしょう)
2.主食、主菜、副菜を3:1:2の割合につめる
3.同じ調理法(特に油を使った料理)は1品だけ
4.しっかりつめる
5.おいしそうにつめる

この方法で適量がおおよそわかると思います。慣れてきたら通常の食器にもどしましょう。

食べすぎの場合、食欲を抑える方法は?

作った料理をおいしそうに食べてくれるのは、ママとしては嬉しいことですが、やはり食べ過ぎには注意が必要です。食欲を抑える方法をいくつかご紹介していきます。

噛み応えのある食材を多く使う
食べるのに時間のかかるメニューにする
汁物でお腹を満たす
自分で食べさせる
好きなものばかり出さない
好きなものは最後に出す
太りにくいメニューを心がける
「いただきます」と「ごちそうさま」の意味を教える(だらだら食べない)

方法はこれ以外にもいろいろあると思いますし、子どもによっても効き目があるものとないものも違ってくると思います。また、1日で変わるわけではないので、子どもの様子を見ながらいろいろ工夫して試してみてください。

1歳からの保育園。メリットとデメリット

3歳未満の入園も今は可哀そうではない!

幼いうちから保育園に預けることを「かわいそう」と思う人がいるのは事実です。周りにもそういった声は聞こえてきます。しかし、保育園で育つことは必ずしも「かわいそう」ではありません。

一昔前までは「3歳児神話」などといわれ、3歳までは家でママが育てるべきとされていましたが、最近の研究では3歳児神話の根拠はないということがわかってきています。3歳頃までは「たっぷりと愛情を受けるべき時期」ということは間違っていません。

愛情を与えてくれる人は、ママであっても保育士さんであってもよいのです。本当は働きたいのに、子どもとずっと家にいる状況をストレスに感じるというママもいると思います。そういう場合は無理をせず、保育園に預けることも選択肢のひとつではないでしょうか。

早く保育園に入園することのメリット

早く保育園に入園することで、家庭でするのは大変だとママの多くが思うことが、できるようになって帰ってきてくれます。例えば、

はみがきの練習
コップ飲みの練習
スプーンやフォークの練習
バランスの良い食事
おむつはずし(トイレトレーニング)
適度な運動
お昼寝のリズム

などです。もちろんお家での指導も不可欠ですが、保育園の先生は保育のプロなので、困ったときには適切にアドバイスしてくれるのもありがたい点ですね。

また、早いうちから集団生活に慣れることで、コミュニケーション能力が発達するきかっけにもなるようです。預けている間は子どもと離れているので、ママの精神的な負担を減らすことにもなるでしょう。

デメリットも知って事前に対策をしておこう

保育園に預けることで大変とよく耳にするのは、「病気をもらってくる」ということではないでしょうか。とくに小さいうちはちょっとした風邪が悪化してしまうことも考えられます。月齢ごとに定められた予防接種はしっかりと受けておくことをおすすめします。

日中のお世話は保育園でしてもらえますが、夕方以降は家事と育児でバタバタしてしまうことが予想されます。子どもに早寝早起きさせるためにも、家事は効率よくこなせるようルーティーンを決めておいた方がよいかもしれません。パパの協力も不可欠ですね。

また、日中保育園に預けることで、子どもの「初めて」を見逃す可能性がでてきてしまいます。成長の過程を近くで見られないのは少しさみしいかもしれませんね。

お絵描きしてみよう!汚れの落とし方も紹介

お絵描きを楽しむための準備

しっかりとものを掴めるようになってきたら、お絵描き遊びを始めてみましょう。ただし、「お絵描き」といっても1歳くらいの子どもでは、具体的な対象を描くことは難しいので、画材を持たせて線が引けることを楽しむという感じになります。

1歳児のお絵描きは、紙の中に納まらないことが多々あります。机や床や壁にまで自由に描くことがあるので、まずは汚されては困るものを片付けてしまいましょう。お洋服も汚れるので、スモックを着せたり、汚れてもいい服に着替えた方がよいでしょう。

テーブルクロスを敷いて、その上に紙を広げて描かせると、はみ出して汚れることを気にしなくてもいいのでママのストレスも少なくて済みます。また、紙はマスキングテープなどで机に固定したほうが描きやすいです。

おすすめのファーストクレヨンはこれ!

初めてのお絵描きには、軽い力でも色が出やすいクレヨンがおすすめです。1歳くらいだと、まだまだお口に入れて確認したいお年頃ですよね。安全のためにも「万が一食べても害のない」クレヨンを選ぶと安心です。

ファーストクレヨンにおすすめしたいのは「ベビーコロール」です。舐めても人体に害がなく、しかも手に汚れが付きにくい素材でできています。もちろん服が汚れたときはお洗濯で落とせます。

形状は中が空洞の円すい形で、積み木のように重ねて遊ぶこともできますし、転がっても先端を軸にして回転するだけなので落としたりなくしたりしにくいのが特長です。また、赤ちゃんが握りやすいように持ち手に丸みがあり、力を入れても折れにくくなっています。

紙からはみ出しちゃった!汚れの落とし方

水性クレヨン以外では、汚れをいきなり水拭きしてしまうとかえって落としにくくなる場合があります。一般的なクレヨンでは、油性の汚れであるため、汚れた個所の材質によって落とし方も違ってきます。

【ガラス・金属・プラスチック】
クレンジングオイルをしみこませた布で軽くぬぐい、さらに中性洗剤を付けてふいたあと乾いた布でふき取る。
【木製の家具】
乾いた布で何度もふく。なかなか落ちないときは歯磨き粉をつける。
【壁のクロス】
歯磨き粉を付けた歯ブラシで磨く。または温めたタオルの熱を利用しながら中性洗剤を付けてふく。

いずれにしても大切なのは、できるだけ早く汚れを落とす、ということです。放っておくとこの方法でも完全には落ちなくなってしまうので注意してください。

1歳半健診について詳しく知りたい

1歳半健診はなぜ行うの?

1歳半健診は「母子健康法」で定められており、すべての子どもが受ける必要のある無料の定期健診です。子どもの身体的発達と精神的発達をチェックするためにおこなわれています。

受診方法は自治体によってまちまちですが、多くの場合健診センターなどでの集団健診となります。会場には同じ月齢の子どもがたくさん来ているので、ママ同士話がしやすいかもしれません。

また、子どもの発達だけでなく、ママの健康面・精神面のチェックもおこなわれます。医師や保健師による問診で、ママの育児に関する不安や悩みなどを解消する目的もあるようです。

1歳半頃は乳児期から幼児期に移行するタイミングでもあるので、子どもの発達を確認する意味でも必ず受診しましょう。

身体面の発達はどんなチェックをするの?

一般的なチェック内容としては、まず身体測定で身長・体重・胸囲・頭囲などを測ります。また、産まれたときは開いていた「大泉門」という頭蓋骨のつなぎ目がふさがっているかを確認します。

その後小児科の医師によって、胸の音を聞いたり、骨格や皮膚や性器をチェックしたりします。また、光に反応するか調べたり、聴力検査もおこなわれます。歯科検診では歯の本数や虫歯の有無なども確認します。

転ばずにしっかりと歩けるかもチェックされます。歩き始めには個人差があるので、1歳半で上手に歩けなくてもあまり心配しなくていいといわれていますが、ふだんから子どもの動きで気になることなどがあれば、健診の際に医師に相談してみてもいいかもしれません。

言葉の理解などの精神面の発達もチェック

精神発達や言語の発達については、下記のような方法でチェックするのが一般的のようです。

【つみき】
つみきをいくつか重ねることができるかをみます。

【指さし確認】
動物や車などの簡単なイラストを見せて、「ワンワンはどれかな?」など、いわれたものを指させるかをみます。

【言葉の確認】
「ママ」や「パパ」「ブーブー」など、意味のある言葉がいくつか話せるかをみます。たくさん話せなくても大丈夫なので、普段から声掛けをして言葉を覚えるようにしておくといいかもしれません。

1歳半は人見知りや場所見知りをする子どもも多い時期です。会場の雰囲気や医師におびえて、普段できることができないこともあると思います。その場合は問診の際に普段の様子などを伝えると良いでしょう。

あんよが上達したら靴をゲットしよう!

歩きやすい靴を選ぼう!靴選びのポイント

赤ちゃんの足はまだ骨や筋肉が未発達。転倒の危険をできるだけ避けるため、歩き始めの靴はデザインよりも子どもの足に合った歩きやすいものを選びましょう。

靴選びのポイントは、まず第一に「サイズが合っている」ということ。本人には「きつい」や「ゆるい」など履き心地を確認できません。靴を試着させる際、足のサイズを測ってくれるお店を選ぶとよいでしょう。

そして「滑りにくく、やわらかいソール」「かかと部分は硬め」「つま先が少し反っていて指先が動かしやすい」ものが歩きやすいとされています。

また、甲の高さに合わせて調節できるマジックテープのタイプがおすすめです。ジップアップのタイプに比べて脱着しやすいのもいいですね。

ファーストシューズの定番!ニューバランス

大人にも人気の「ニューバランス」は、ファーストシューズの種類も豊富です。履きやすさとデザインのよさ、どちらも満足できるスニーカーとしてファーストシューズでも定番となっています。

もともとニューバランスは矯正靴の製造メーカーだったので、足の構造に関して熟知したうえで開発されていると思うと安心感がありますよね。赤ちゃんの足はまだ土踏まずがなく、偏平な足の裏は脂肪に覆われていて地面をとらえにくい状態です。

ニューバランスのファーストシューズは、地面からの衝撃を吸収してくれるソールで、適度な弾力性があり、未発達な赤ちゃんの足を守ってくれます。また通気性がよく、たくさん動いて汗をかいても蒸れにくい構造になっています。

子どものために作られているベビーメーカー

シューズメーカーの靴もよいですが、もともと子どものために作っているベビーメーカーのファーストシューズも人気です。赤ちゃんの成長に合わせた、ステップごとのシューズが販売されています。中でもおすすめの3つのメーカーをご紹介します。

【ピジョン】そだちおうえんシューズ(4,752円)
足の動きにぴったりフィットして、まるではだしのように歩けるベビーシューズ。

【ミキハウス】ファーストシューズ(5,972円~)
正しい歩行をしっかりサポートするシューズ。世界中で40年以上愛されている老舗メーカーです。

【イフミー】ファーストシューズ(2,916円~)
早稲田大学スポーツ科学学術院と共同開発されているシューズ。お手頃価格も魅力です。

1歳の赤ちゃんが喜んで何度も見たDVD

定番中の定番!NHK関連のDVD

忙しい時間帯に子どもが釘付けになる番組を放送してくれる「Eテレ」。中でも1959年から始まった「おかあさんといっしょ」は、ママたちもお世話になった記憶があるのではないでしょうか。

歌やダンスだけでなく、数字やことばなども教えてくれる番組で、赤ちゃんから幼児期まで長く見続けることのできる内容です。歌に特化したものや、ストーリーがあって楽しめるものまでさまざまな種類が発売されているようです。

「おかあさんといっしょ」に並んで人気の番組「いないいないばあ!」のDVDも定番です。「ワンワン」と「うーたん」が大好きという子どもも多く、はみがきやお着替えなどを人気キャラクターたちが教えてくれるのでママも助かります。

男女問わず人気なアンパンマンシリーズ

赤ちゃんはもともと、丸い形が好きだといわれています。アンパンマンが赤ちゃんの心をつかんで離さないのもこういった理由があるからなのかもしれません。

線が太くて単純に描かれているキャラクターが多く、比較的ゆっくりと話しているので、幼い子どもでも認識しやすいのではないでしょうか。アニメと連動しておもちゃもたくさん発売されているので、身近に感じられてより親しみやすいですね。

アンパンマンシリーズは通常のテレビ放送版のほかに、手遊びや歌、ダンスや英語など、さまざまな種類があります。今も昔も色あせない内容なので、兄弟や親せきからのお下がりでもらって、代々見続けているというご家庭も多いのではないでしょうか。

機関車トーマスやディズニーも大好き!

男の子で0歳のうちから電車や車に興味を示す子どもをよくみかけます。機関車トーマスが好きという男の子は多いですね。プラレールなどのおもちゃで実物を手にしている子どもは、とくに夢中になるかもしれません。

女の子は幼いうちからプリンセスへの憧れがあるようで、「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「リトル・マーメイド」などが人気です。幼い子どもには少し長時間になりますが、ディズニー映画は歌が多く、1歳児でも楽しめる部分は多いと思います。

ディズニー映画は「トイストーリー」や「モンスターズインク」「カーズ」など、ママやパパが見ても十分楽しめるものがたくさんあります。子どもと一緒にDVD鑑賞するのもいいですね。

まとめ

1歳の子どもは成長が著しく、昨日はできなかったのに今日はできた!ということの連続です。たくさんのことに興味を持ち、何でも自分でやってみたいという好奇心にあふれていて、ママは目が離せなくて大変ですが、「1歳」は長い子育ての中でも特別な1年だと思います。

悩んだり不安を感じたりすることもあるかもしれませんが、それはあなただけではなく、一生懸命子どもに向き合っているママはみんな通る道です。ここで紹介したことは一例にすぎないので、子どもに合ったやりかたで、のんびりと構えながら楽しむ1年間にしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018