就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

忙しいママはいつジョギングしているの?走る効果と続けやすい時間帯

忙しいママはいつジョギングしているの?走る効果と続けやすい時間帯

人通りのある明るい場所を走ろう

夜にママが1人で外に出るなんてちょっと危ないのではと、心配もしますね。できるだけ人通りのある道、街灯や商店のある明るい道を走るようにしましょう。パパにはジョギングに出ること、何時くらいに戻るのかも伝えておきましょう。

警察やコンビニなど、人が確実にいる通りをコースにしたり、ほかにジョギングしている人がいる場所で走ると安心ですね。犯罪がおこりにくいですし、なにかあってもすぐに助けを求められます。服装を男性らしくするのもよいでしょう。まずはトラブルに巻き込まれないようにすることが大切です。

防犯ブザーや、スマホなども持って出かけます。小さくて軽い防犯ブザーもありますし、防犯アプリもありますから利用してみましょう。

イヤホンで音楽を聴くことは避けて

好きな音楽を聴きながらのジョギングは気分がのって気持ちよいですよね。でも夜はイヤホンを使わないようにしましょう。周りの音が聞こえないので、事故にあう危険があります。

ジョギングしていると、自分の足音や呼吸の音がとても大きく聞こえるものです。ゼーゼーという呼吸の音は、普通にしているときの何倍も大きいです。その状態で音楽を聴こうとすると、音楽のボリュームも大きくなり、外からの音はますます聞こえなくなるのです。

昼間でも、イヤホンをしているランナーは「追い越すときに気がついてくれなくて危険だ」などほかのランナーから苦情が出ることもあります。人や車が近づいても気がつかないのは危険ですよね。夜間はもっと危ない環境ですから、イヤホンはしないで走りましょう。

まとめ

ジョギングは手軽に始めやすい運動です。パパが家に帰ってきたら、子どものことをお願いして、外に走りに出てみましょう。ジョギングするときは目立つ服装で、人通りのあるコースを選び安全面には注意してくださいね。

運動することが習慣になると、身軽で積極的な気持ちになります。面倒だと思っていたことでも、ささっと片付けられるようになったり、イライラしていたのが、気持ちの切り替えができるようになったりするかもしれません。運動して体と心の両方を元気に保ちましょう!
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND