就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんのストレスサインとは?快適に過ごすためにママができること

赤ちゃんのストレスサインとは?快適に過ごすためにママができること

赤ちゃんは自分の意思表示をするのが難しく、何事も泣いてママに伝えますよね。頻繁に泣く赤ちゃんに「赤ちゃんの機嫌が悪いのかな?」「どこか体調が悪いのかな?」と心配になる方は多いでしょう。まだ話せない赤ちゃんの異変に、少しでも早くママが気づいて赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう。

赤ちゃんのストレスとはどんな症状?

赤ちゃんの体のストレスに気づこう

赤ちゃんが泣き始めたとき、最初にママは赤ちゃんの体のストレスに対応しましょう。

おむつが汚れていないか確認し、汚れていればおむつを交換します。おむつ交換のときに、赤ちゃんの肌がかぶれていないかも毎回チェックしてくださいね。おむつは蒸れやすく、赤ちゃんの肌は敏感なのですぐにかぶれてしまいます。かぶれると赤ちゃんのストレスになるので、病院で塗り薬をもらうとよいですよ。

次にお腹が空いていないか確認し、授乳します。ミルクの場合、温度が高くて赤ちゃんがうまく飲めないことがあるので、ママは注意が必要です。また、ミルクがぬる過ぎても飲むのを嫌がる赤ちゃんは多いです。ミルクの温度が適温か、ママが確認して授乳することをおすすめします。

毎日の生活環境のストレスとは

赤ちゃんは、毎日の生活環境にもストレスを感じています。例えば、部屋の温度が高過ぎたり、寒かったりすると、大人と同じように赤ちゃんも快適に過ごせません。

特に冬場は赤ちゃんが風邪を引かないように、赤ちゃんに何枚も服を重ねて着せる、毛布をかけるなど、ママは気をつけますよね。しかし、赤ちゃんの体温は大人より少し高めなので、暑くて泣いていることもあります。

毎日の生活のちょっとした変化でも、赤ちゃんにとってはストレスになるものです。慣れない場所に行った日や、家に友だちが遊びにきた日などは、ストレスを感じて一度泣き始めるとなかなか泣き止まないときもあるでしょう。場所見知りや人見知りは、慣れてくるとなくなっていくので気長に待ってくださいね。

ストレスによって体に出る症状

ストレスを感じると大人でも胃が痛くなったり、夜眠れなかったりと、人それぞれの症状が現れます。赤ちゃんも同じで、ストレスによって出てくる症状は赤ちゃんによって違います。

赤ちゃんの中には、ストレスを感じると夜泣きが激しくなるだけでなく、大好きなミルクも飲まなくなる子もいるようです。赤ちゃんは泣き疲れると少しは眠るでしょうが、ミルクをしっかり飲んでいないとお腹が空いてすぐに起きてしまうため、泣いて寝ての繰り返しでママは大変ですよね。

ほかにも、ストレスでお腹の調子を崩し、便秘や下痢になる赤ちゃんもいます。赤ちゃんは言葉でママに気持ちを伝えることができないので、赤ちゃんの排便の回数などもママが毎日確認してストレスを感じ取りましょう。

赤ちゃんが快適に過ごせるようにしよう

過ごしやすい部屋作りをしよう

赤ちゃんは家で過ごすことも多いので、赤ちゃんにとってストレスのない部屋作りが必要です。部屋の温度は冬場は約20℃、夏場は約28℃と季節によって変えましょう。また、エアコンの風が直接当たらない場所に、赤ちゃんを寝かせるようにするとよいですね。

部屋の湿度も、赤ちゃんがいる家庭では確認したい項目です。梅雨の時期は湿気でジメジメして赤ちゃんが過ごしにくく、ぐずってしまうこともあります。

冬場は、乾燥して風邪を引きやすい時期です。加湿器を置くのもよいですが、赤ちゃんが触ると危ないので洗濯物を部屋干ししておくことをおすすめします。湿度を保つのはもちろんですが、洗濯物が早く乾くので、洗濯物が多くなる子どもがいる家庭ではありがたいですよね。

生活リズムを作って守ろう

赤ちゃんとの生活の中で、生活リズムを守ることは大切です。生後間もない赤ちゃんは、まとまった睡眠を取れないので、生活リズムを整えていくのは難しいかもしれません。

お風呂の時間、ご飯を食べる時間、夜電気を消して寝る時間など、ママとパパのできる範囲で毎日のリズムを作っていくようにしましょう。毎日同じリズムを繰り返すことで、赤ちゃんの体内時計も成長していきます。きちんと守れなくても、無理なく続けられるよう心がけましょう。

例えば、赤ちゃんが起きていても毎日21:00に寝室に行き、電気を消して布団に入る習慣を作るのもよいですね。最初は寝ない日もありますが、続けると21:00前になると自然と赤ちゃんが眠たくなり、寝かしつけが楽になりますよ。

ママと過ごすゆっくりした時間を作ろう

赤ちゃんのストレスに一番影響してしまうのが、育児を頑張っているはずのママです。ママは一日中赤ちゃんと向き合い、育児の悩みや不安を抱えて過ごしています。

ママは育児をしながら家事もこなすため、ホッと一息つく時間がない方も多いですよね。ママが気づかないうちにストレスを溜めていってしまうと、ママから笑顔が減って赤ちゃんは不安になります。

家事をすることも大切ですが、たまには家事をお休みする日や時間を取って、赤ちゃんがママを独り占めできる時間を作りましょう。赤ちゃんとママがゆっくり過ごすことは、ママだけではなく赤ちゃんにとっても癒しの時間です。家以外でも、お散歩に行ってのんびりカフェでお茶するのもよいですよね。

どうしても症状がよくならないときは?  

赤ちゃんの様子をよく観察しよう

赤ちゃんの欲求を満たしたはずなのに、泣き止まないことってありますよね。「部屋の温度も適温だし、どうして泣いているのか全然分からない」と困ってしまうママも多いです。

赤ちゃんは、自分の気持ちを上手くママに伝えることができません。ママは時間がかかっても、赤ちゃんの表情やしぐさなど、じっくり様子を観察してみましょう。

様子を観察していると、いつもとちょっと違うしぐさや、表情に気づけることもあります。赤ちゃんがどうしても泣き止まないときは、一度布団に赤ちゃんを寝かせてじっと様子を観察するのも一つの方法です。ただ構って欲しくて泣いているのか、それとも体調が悪いのかと、ママが落ち着いて赤ちゃんを観察することで、自分で解決できるかもしれませんね。

いつもと違う異変を察知しよう  

赤ちゃんを普段からよく観察していると、ちょっとした赤ちゃんの異変に早く気づくことができます。ママは一日中育児をしていく中で、赤ちゃんの泣き方一つでも「この泣き方はお腹が空いているな」「この泣き声は抱っこして欲しいんだな」とだんだん分かってきますよね。

表情でも、赤ちゃんの異変を察知しやすいです。いつもニコニコしている赤ちゃんなのに今日は全然笑顔が見られないというときは、「赤ちゃんの体調が悪いのかな?」と気づくことができます。

また、赤ちゃんが排便するときに、いつもはすんなりと出ていたのにある日苦しそうにしていたことから、赤ちゃんが便秘になっていると気づくママもいるでしょう。異変に早く気づくことが、早めの対応につながります。

迷ったときはお医者さんに相談しよう

赤ちゃんが泣き止まなかったり、機嫌が悪かったりしたときに、赤ちゃんの様子をじっくり観察しても、原因がどうしても分からないときがあるでしょう。

体調が悪くて泣いている場合もあるので、心配なときは迷わずかかりつけのお医者さんに相談することをおすすめします。お医者さんに相談するときにスムーズに受け答えができるように、ママも赤ちゃんの様子を具体的に伝えてくださいね。

熱があるか、ミルクを飲んでいるか、便秘や下痢はしていないかなど、相談するときにママが落ち着いてお医者さんに分かりやすく伝えましょう。赤ちゃんは急に高熱が出ることもあるので、機嫌が悪い日はこまめに熱を測るとよいですね。自分で解決しないとと思わず、お医者さんに相談するのも重要ですよ。
37 件

関連記事

ピックアップ記事